2019.07.06

本をたくさん読むことで自分の身に起きる変化

 

本をたくさん読むことの効果を考えてみました。

 

  • 文章の読解力が上がる
  • 対人コミュニケーション能力があがる
  • 頭の回転がはやくなる
  • 人生で失敗しにくくなる

 

それっぽい効果がいろいろとありそうですが、私個人の考えとしては、あまり本を読むことを神聖化しすぎないほうがいいと思っています。それは、本を読むだけで人生が劇的に良くなるようなことはないと思うからです。

 

ただ、それでも、本を読むという行為は、じわじわと、でも確かに私たちの思考回路を変え、人生をよりよい方向へ導いてくれるものだとも思っています。

 

本をたくさん読むことで自分の身に起きる変化

人格が入れ替わる

人間という生き物はなんとも不思議なもので、普通に生きていると自分と同じようなレベルの人としか出会えないようにできていると思います。

 

大企業のサラリーマンで、座っているだけで仕事をしていなくても給料を貰える人が、バリバリの自営業の方と出会って仲良くなる、みたいないことはまず起こらないと思います。

 

ですが、読書をすることで普通に生きていたら出会えないような人たちに、本の中で出会うことができ、そして、その思考に触れることができます。

 

自分の知らないこと、知りたいことを本の中で詳しい人に教えを乞うことができます。

 

そして、本の中で自分とかけ離れたレベルの人たちと出会うことで、自分の価値観や思考回路はどんどん変わっていき、ゆっくりと、でも確実に人格までにも影響を及ぼしていきます。

 

自分このことが好きになれないと嘆く人がいれば、本をたくさん読んでみたらいいです。少しは自分のことを好きになれるようになると思います。

 

思考の幅が広がる

人間は自分が獲得している知識の中でしか思考できないし、判断ができないのではないか、と思っています。  

 

例えば、中学生から30歳くらいの年齢になるまで、1冊の本も読まなかったとしたら、その人の思考の幅は、その間に出会ってきた人たちの中でしか形成されません。  

 

仕事はめちゃくちゃ大変でクソみたいにつまらないけど、「みんなこうやって歯を食いしばって生きているだ」と、自分の育った環境の中でしか、物事を考えることができません。 

 

実際には全然そんなことなくて、世の中にはいろいろな生き方があって、想像もしていないような暮らし方をしている人だっています。

 

でも、そんなことは本でも読まない限り、知ることさえないでしょう。

 

だから、たくさん本を読んで、世界の成り立ちを知って、いろんな人の生き方を知って、より生きやすくなる知恵を知って、そうやって本を読むことで、少しずつ広く物事を思考できるようになると思います。

 

ひまに感じる時間がなくなる

人生において、ひまだと感じる時間があるほど、虚しいことはないと思います。

 

ですが、本を読むことが楽しくなると、人生でひまだと感じる時間がなくなり、毎日が充実することを体感することができます。

 

一冊の本の中には情報がぎっしりと詰まっており、無駄な部分がないように校正されています。無駄な情報をぎっしり詰め込んだテレビとは真逆の位置にあるものです。

 

だから「テレビをみることを暇つぶしだと感じる」のに対して、「本を読むことを暇つぶしだとは感じない」のだと思います。

 

本はどんなジャンルを読めば良いのか

どんな本を読めばいいか分からないと悩む人がいるかもしれません。

 

ですが、「どんな本を読めばいいかわからない」という人は、本を読む行為を神聖化しすぎています。本はもっと自由で、もっと楽しいものです。

 

映画を観たり、漫画を読んだりする時みたいに、自分の心が引かれる本を読めばいいです。

 

そうやって本を読むことを繰り返して、いろいろな本に触れているあいだに、自分の興味の幅はどんどん広がっていき、自然と読みたい本が分かるようになってきます。

 

もし、それでも具体的なおすすめの本が知りたいということであれば、こちらの記事をご参考下さい。20代の方であれば興味を持てる内容の本だと思っています。

20代で出会えて本気でよかったと感じる6冊の本

 

お金をかけずに本をたくさん読む方法

図書館で本を借りる

たくさんの本を読みたいという人は、図書館を利用するのが一番です。

 

知識の幅を広げるために同じジャンルの本はまとめて借りてみたり、楽しめるかわからないジャンルの本に挑戦するとき、図書館で本を借りれば金銭的な負担がありません。

 

「本はお金を出して買え」という人もいますが、お金をかけたからといって、本が無条件で私たちに何かを与えてくれるわけではありません。

 

本から何かを得たいなら、それは目的があってこそです。

平凡なサラリーマンが自己投資でお金を失わないための考え方

 

目的のない、ただ純粋を本を読んで知識を広げたり、新しいジャンルの本に挑戦したりするときには、わざわざお金をかけなくても図書館で本を借りてしまえばいいです。

 

それで、手元に置いておきたい本に出会うことができれば、その本をきちんと買って、ボロボロになるまで何度も読めばいいです。

 

メリカリで売買する

図書館にないような本で、それでもどうしても読みたい本があれば、それは絶対に買ったほうがいいです。

 

ですが、わざわざ新品を買う必要もありません。

 

メルカリで中古本が売られているか確認して、それで売られていないなら新品で購入すると本代の節約になります。

 

読み終わったとは手元に置いておくほどの本でもなかったら、メルカリですぐに売ってしまえば実質の負担額を大幅に下げることも可能です。

劇的に本代が節約できるとっておきの方法【新刊も半額以下】

 

Kindle unlimitedを契約する

図書館で本を借りるのはめんどう、メルカリで本の売買するのもめんどう、という人であれば、Amazonのkindleを購入して、kindle unlimitedを契約するといいです。

 

月額1,000円で、さまざまなジャンルの本を読むことができます。

 

kindle unlimitedで読み放題の対象となっている本は限られていますが、だからこそ、自分の興味のなかったジャンルの本を読むいい機会になると思います。

楽天ユーザーの私が「Kindle unlimited」を使い続ける理由

 

最後に

本を読んで劇的に人生が変化することは、まずないと思います。

 

それでも、たくさんの本を読むことで、少しずつ自分の人格が入れ替わっていき、新たな思考を手に入れることができると思っています。

 

本を読むことを神聖化しすぎないで、是非いろいろな本を手にとってみることをおすすめします。

 

以上

毎日使う愛用品

20代後半ミニマリスト男が毎日使っている愛用品

Amazonおすすめ商品

月8万円で暮らす20代後半ミニマリストがAmazonで買ってよかったもの8選

映画・ドラマ・アニメが無料で見放題

映画・ドラマ・アニメを289日間無料で見放題にする方法を紹介。

不用品買取・回収サービス

不用品をまとめて処分できるおすすめの不用品買取・回収サービスまとめ23選

レンタル・シャアリングサービス

持たない暮らしに最適なレンタル・シェアリングサービスまとめ10選
by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。