MENU
プロフィール
れもん(29)
20代後半の倹約家サラリーマン。月6万円の生活費で一人暮らしをしています。

社会人4年目に苦手な営業から転職したことをきっかけに、自分にとって理想の暮らしを真剣に考えることに。

現在は、生活コストを徹底的に抑え、本業×副業でお金を稼ぎ、余剰資金を米国高配当株ETFに投資に回すことで、経済的な自由を目指しています。
サイト情報
なにおれ
きっと何者にもなれない俺たちのライフスタイル。通称「なにおれ」。

ミニマリズムをベースに、少ないお金でも楽しく暮らす方法について発信しています。

何者にもなれなかった大人たちに、ゆるく気楽に生きていくライフスタイルを提案。
【12/4~11】楽天お買い物マラソン開催中!おすすめの商品は?

キャッシュレス生活が日常に溶け込んで実感した4つのメリット

 

「キャッシュレス化が流行っているけどメリットって?」

 

キャッシュレス生活とは、現金ではなく他の決済方法で支払いを生活することをいいます。

 

「べつに現金で支払ってもよくね?」

 

と思うかもしれませんが、全然そんなことないんですよね。

 

キャッシュレス化には確実にメリットが存在します。

 

当記事ではキャッシュレス生活をおくるメリットとどのように生活が変わるかを紹介します。

 

目次

キャッシュレス生活の4つのメリット

キャッシュレス生活には以下の4つのメリットがあります。

  1. レジ会計の手間が激減する
  2. ポイントが貯まって節約になる
  3. 現金払いしかできない買い物をしなくなる
  4. 財布が軽量化されて身軽になる

 

1. レジ会計の手間が激減する

まずはなんといってもこれ。

 

レジ会計の手間が、現金払いとは比べ物にならないほど楽になります。

 

たとえばスーパーの買い物で、「2,087円」の支払いだったとします。

 

現金払いの場合、きっと頭の中でこう考えながら財布をまさぐるはずです。

 

(1,000円札が2枚と、50円が1枚、、、10円、20円、30円、あと7円が、、、ないやないかい! 100円はあったかな、、、と、あったあった)

 

「2,100円でお願いします」

 

みたいな感じ。

 

この手間、めちゃくちゃ無駄だと思いませんか?

 

おつりが出ないように小銭を探したけど、結局は足りなくて、最終的にはまたおつりをもらうことになる。

 

それがクレジットカードやスマホ決済などのキャッシュレス化をすることで、会計が数秒で終わるようになります。

 

スーパーやコンビニでのクレジットカードではサインレスが一般的なため、カードを渡して数秒で会計が終わります。 財布の中身を確認する必要もありません。

 

これほど快適なことはないです。

 

2. ポイントが貯まって節約になる

キャッシュレスの場合、ポイント還元があることが普通です。

 

サービスによってポイント還元率は異なりますが、たった数パーセントでも”塵も積もればなんとやら”で、気が付いたらまとまったポイントが貯まっていたりします。

 

現金払いではポイントバックが存在しないため、確実にキャッシュレス化したほうが金銭的にトクになるということです。

 

また、最近のポイントは利用できる範囲も広いため、貯まったポイントが無駄遣いになることもありません。現金と同じように使えるので単純な値引きと同じ効果があります。

 

3. 現金払いしかできない買い物をしなくなる

「現金支払いでないと無駄遣いしてしまいそう」

 

と思っている人もいるかもしれません。

 

ですが、むしろ逆です。

 

現金支払いを止めてキャッシュレス化することで、買い物すること自体が減るようになります。

 

たとえば自動販売機。小銭を持っていなければ、そもそも利用しなくなります。

 

ほかには、現金しか使えない個人の定食屋。行けないデメリットも当然ありますが、現金支払いができないお店に近づかなくなるため、自然と無駄遣いは減り、お金が貯まるようになります。

 

4. 財布が軽量化されて身軽になる

最後がこれ。

 

必要最低限の現金だけ持ち運べばよくなるため、コンパクトな財布で身軽に生活できるようになります。

 

もはや財布は持たずに、名刺入れやコインケースだけでもいいくらいです。

 

私の場合、財布には以下のものしか入っていません。

  • 運転免許証
  • クレジットカード
  • 交通系ICカード
  • ATMカード
  • 現金 (数千円分)
  • 部屋の鍵

 

カード4枚と非常用に数枚のお札、あとは部屋の鍵だけです。

 

女の人だとカバンを持ち歩くのでそこまでのメリットは感じないかもしれませんが、カバンを持たない男の人であれば、ポケットにスマホと財布だけ突っ込んで出かけられます。

 

私は土屋鞄製作所の「ウルバーノジャケットパース」を愛用しています。手の平サイズで二つ折り財布のような厚みもないので、デニムの後ろポケットやジャケットの内ポケットにもスッポリと収まり、かなり快適ですね。(一番左)

関連記事:【レビュー】土屋鞄製造所の財布ウルバーノジャケットパースは最高

 

キャッシュレス生活の始め方

キャッシュレス生活を始めるためには、以下を揃える必要があります。

  1. クレジットカード
  2. 交通系ICカード
  3. ETCカード
  4. スマホ決済
  5. 現金 (数千円分)

 

1. クレジットカード

キャッシュレス生活のベースとなるのがクレジットカードです。

 

クレジットカードは主に以下の支払い時に利用します。

  • スーパー
  • 水道光熱費
  • 通信費
  • ガソリンスタンド
  • ネット通販

 

ネット通販での買い物や水道光熱費・通信費の支払いでは銀行引き落としもできますが、クレジットカードで支払うようにしましょう。

 

なぜならば、クレジットカードの支払いならポイントが貯まるからです。

 

高額の買い物であったり、毎月かかる固定費をクレジットカードで支払うだけでもけっこうポイントが貯まります。たとえば毎月5万円は支払っていて、ポイント還元率1%のカードなら500円分がポイントバックされることになります。

 

意外とばかにできない金額ですよね。

 

楽天カード」がクレジットカードの中ではおすすめ。

楽天カード

 

入会費+年会費は完全無料で、むしろ、入会特典として5,000~9,000円分のポイントが確実にもらえます。また、「楽天経済圏」で暮らすことで、ポイント還元率は跳ね上がり、大幅な節約ができます。

関連記事:楽天経済圏で暮らすメリット!ポイント還元率10%で年間〇〇万円の節約

 

2. 交通系ICカード

ほとんどの人が利用していますが、交通系ICカードもキャッシュレス化の一種です。

 

交通系ICカードでは公共交通機関の支払いで利用できます。

  • 公共交通機関の支払い

 

電車や地下鉄の利用が現金⇒カードに変わったことで、駅での利便性が大幅に向上しましたよね。

 

また、意外と知らない人が多いですが、交通系ICカードではポイントが貯まります。

 

私は愛知住まいなのでmanacaユーザーですが、年間で数千円のポイントが貯まります。suicaやicocaでもポイント還元サービスがあるので、一度調べてみるといいと思います。

関連記事:マナカポイント還元ちゃんとしてる?損をしない還元タイミングを解説

 

3. ETCカード

車に乗る人のほとんどは持っているETCカード。

 

これもキャッシュレス化の一種です。

 

ETCカードは高速道路での支払いを大幅に利便にしました。

  • 高速道路

 

ETCカードは高速道路の利便性を上げるだけでなく、ポイントプログラムがあります。

 

ETCマイレージサービス」というのですが、事前に登録しておくだけでポイント還元を受けることができます。登録も年会費もタダで利用でき、ETCカードでの通行料によってポイントが付与されるようになります。

 

ポイント還元率は以下の通り。

道路事業者 ポイントの付き方
NEXCO東/中/西日本・宮城県道路公社 10円につき1ポイント
本州四国連絡高速道路株式会社 10円につき1ポイント
名古屋高速道路公社 100円につき1ポイント+α
愛知県道路公社 100円につき1ポイント+α
神戸市道路公社 50円につき3ポイント+α
広島高速道路公社 100円につき1ポイント+α
福岡北九州高速道路公社 100円につき1ポイント+α

出典:ETCマイレージサービスサイト

 

高速道路の支払いは金額が大きいため、ポイントはガンガン貯まりますよ。

 

貯まったポイントはインターネットで簡単に通行料に充てることができるので、利便性も抜群です。

 

登録していない人はかなり損しているので登録をおすすめします。

公式サイト:ETCマイレージサービス

 

4. スマホ決済

近年出てきたキャッシュレス手段に「スマホ決済」があります。

 

利便性ではクレジットカードにまだまだ勝てないですが、ポイント還元率の高さやある特定の条件下においては、かなり便利なのがスマホ決済です。

 

スマホ決済が活躍するシーンは以下の通り。

  • コンビニ
  • 友達との割り勘

 

高ポイント還元率、また、定期的に配布されるクーポンによって、コンビニで安く買い物ができるようになります。 (無駄遣いしないようにすることが大切ですが…)

 

そして、スマホ決済の一番のメリットともいえるのが、友達との割り勘で使いやすいところです。

 

全員が同じスマホ決済サービスを利用していることが条件になりますが、物理的に離れている相手にもスマホの数タップ操作だけで、1円単位で支払いができるようになりなす。手数料も無料です。

 

そのため、飲み会や旅行の割り勘時に大活躍します。

 

LINEペイ」が、全員が同じスマホ決済を使っているという点では優れています。。

LINEはもはやインフラとして人々の生活に浸透しているので、誰もが利用しやすいからです。大手コンビニではどこでも使えるので、「使い道がない!」なんてことにもなりません。

 

5. 現金 (数千円分)

どれだけキャッシュレス化を進めても、完全に現金を持たない生活はまだできません。

 

硬貨は持たないにしても、財布には緊急用に紙幣を入れておきましょう。

 

即金性で現金に勝るものはありません。

 

最後に

キャッシュレス生活を続けて実感した4つのメリットを紹介しました。

 

当記事をまとめます。

  • ストレスのたまるレジ会計の手間が激減する
  • ポイント還元によって節約につながる
  • 現金しか使えない店などは利用しなくなり無駄遣いが減る
  • 財布を小型化でき、身軽に行動できるようになる
  • クレジットカードは「楽天カード」でポイントが爆貯まりする
  • 交通系ICカードではポイント還元を忘れずにする
  • ETCカードは「ETCマイレージサービス」に登録してポイントを貯める
  • LINEペイ」の利用で割り勘をノーストレスにする
  • どれだけキャッシュレス化を進めても非常用に現金は持つべき

 

キャッシュレス生活では利便性が上がるだけでなく、ポイント還元の恩恵が受けられるため節約につながるのが大きなポイントです。

 

古い考えに縛られず、便利でお得なサービスは積極的に利用しましょう。

 

「知らないこと」は「損をしていること」と同じです。

関連記事:月8万円で生活するミニマリストの節約テクニック22選【難易度:低】


以上

よかったらシェアしてね!

ミニマリスト男の厳選愛用品

20代後半のミニマリスト男が毎日使っているコスパ抜群の愛用品たちを紹介。

不用品買取おすすめサービス23選

「断捨離で出てきた不用品を少しでも高く買い取ってほしい!」

そんな方におすすめの買い取りサービスをまとめました。

運営者

20代後半の倹約家サラリーマン。月8万円の生活費で一人暮らしをしています。社会人4年目に苦手な営業から転職したことをきっかけに、自分にとって理想の暮らしを真剣に考えることに。現在は、生活コストを徹底的に抑え、本業×副業でお金を稼ぎ、余剰資金を米国高配当株ETFに投資に回すことで、経済的な自由を目指しています。

コメント

コメントする

目次
閉じる