MENU
電子書籍「ミニマリスト式シリーズ」を出版中
ミニマリスト式超節約術:月10万円でも楽しく暮らす

※Kindle Unlimited読み放題対象です

ミニマリスト式超自炊術:質素な食事で愉快にくらす

※Kindle Unlimited読み放題対象です

ミニマリスト式超片付け術:散らかった部屋を整理する10の特効薬

※Kindle Unlimited読み放題対象です

ミニマリスト式超貯金術:20代1,000万円貯めた6ステップ

※Kindle Unlimited読み放題対象です

ミニマリスト式超ヒュッゲ術:少ないお金で毎日を心地よく暮らすアイデア33

※Kindle Unlimited読み放題対象です

ミニマリスト式超Twitter術:1日1ツイートで人生を豊かにするツイッターの使い方

※Kindle Unlimited読み放題対象です

ミニマリスト式超買い物術:無駄遣いをなくす「5つの考える力」を鍛える

※Kindle Unlimited読み放題対象です

ミニマリスト式超引っ越し術:人生を変える攻めの引っ越しの技術

※Kindle Unlimited読み放題対象です

【限定公開コンテンツをお届け】なにおれ公式LINE
30歳ミニマリストが買ってよかったもの21選
20代・30代男性におすすめのファッションアイテム
楽天ROOM
お得なサービス10選
Kindle Unlimitedでおすすめの本・漫画50選
サラリーマンがやるべきこと
マイプロテインを1kg2,000円未満で買う方法
なにおれ (30)
naniore
30歳の倹約家ミニマリスト。月6〜8万円の生活費で一人暮らしをしています。

社会人4年目に苦手な営業職から転職したことをきっかけに、「住む場所に縛られずに生きる」という自分の理想とする暮らしを目指すことに。

現在は、「質素倹約生活 × 副業 × 米国株投資」のおかげで、サイドFIREの条件をクリア。
なにおれ
少ないものとお金で楽しく暮らす
きっと何者にもなれない俺たちのライフスタイルを綴ったブログ。通称「なにおれ」。

ミニマリズムをベースに、「少ないものとお金でも楽しく暮らす」をコンセプトに情報を発信。

何者にもなれなかった大人たちに、ゆるく気楽に生きていくライフスタイルを提案します。
30歳ミニマリストが本当に買ってよかったもの21選 >

特別な日でなくても適当に理由をつけてお祝いするライフハック

こんにちは、なにおれ (@lemologue) です。月8万円の貧乏生活をしているので、いかにお金をかけずに楽しく暮らせるかを考えています。

ところで、お祝いっていいですよね。

自分や家族の誕生日に、彼女と付き合って1年記念日、結婚記念日など。

1年の中で1日だけ訪れる特別の日。

でも、ある日ふとっと思ったんですよ。

別に特別な日ではなくても、お祝いしたってよくね?むしろ、それって素敵じゃね?」と。

そんなわけで、なにもないただの日に適当に理由をつけてお祝いするライフハックを紹介します。

特別な日でなくても適当にお祝いしてみる

「で、具体的にどういうことよ?」

という話なんですが、言葉の意味のままです。

なにもない日でも適当に理由をつけて、まるで素晴らしい日であるかのように錯覚させるというわけです。

私がよくやっているのは、「今日はよく晴れたからお祝いしよう」というネタ。

雲ひとつない晴天の日だったら、近所のケーキ屋さんで好きなケーキをひとつだけ買ってきて、よく晴れた日のお祝いをする。

理由なんて本当になんでもいいんですよ。

  • 彼女がかわいかった記念日
  • 道端でかわいい犬に出会った記念日
  • 春がやってきましたよ記念日
  • 自分の誕生日の246日前記念日
  • 早く起きられた記念日

みたいなね。

なんでもない日に、なにか理由を持たせてお祝いする。

それだけでもけっこう日常は楽しくなります。

なにもない日をお祝いすることの魅力

なにもない日をお祝いすることの魅力をもうちょっと説明しますね。

たとえば、「今日はお菓子が食べたいなあ」と思う日ってあるじゃないですか。でも、スーパーやコンビニでお菓子を買うことにちょっと罪悪感ってありませんか?

「あー、またお菓子を買っちゃったよ…」みたいな。

でももし、「今日は天気がよかったお祝いにお菓子を買おう、だって大切な記念日なんだから」と思ったら、お菓子を買うことがなんだかとても素敵なことに思えてきませんか。

もちろん、毎日毎日こんなことをやっていたらお金がかかるし、健康にもよくないと思います。

でも、些細な日常の幸福感を上げるライフハックとしては、すごくいいです。

小さな幸福感を見つけるコツは気の持ちよう

小さな幸福って日常のそこら中に落ちていると思うんですよね。

ただ毎日が忙しすぎて、あるいは、そこにあることが当たり前になりすぎて気が付いていないだけ。

そう思うわけです。

だから、お菓子を買って食べることだって本来はとても幸せなことなのに、なんだか罪悪感を感じてしまう。

結局のところ、小さな幸福を見つけるコツは気の持ちようだと思います。

お菓子を買うという行為そのものに違いは全くないのだけど、「自分の欲望に押し流されて買った」のと、「今日は素敵な日だからお祝いをしようと買った」のでは、やっぱり感じ方は全然違います

だから、日常に転がる小さな幸せを意識して探す努力をして、工夫をしてあげれば、もうちょっと毎日は豊かで楽しいものになるんじゃないかなあ、思うわけです。

最後に

特別な日でなくても適当に理由をつけてお祝いする幸福のライフハックを紹介しました。

毎日当たり前のように目が覚めて、健康に動けることって実はすごく素敵なことだと思います。

健康な体と心があってこその人生ですからね。

健康でいることに感謝して日々を過ごすことはなかなかしないけど、そういう当たり前のことにもっと意識して目を向けてみると、いかに日常が素晴らしいかに気が付けるのかもしれません。

というわけで、今日も私は、朝5時から駄文を書いていることをお祝いしようと思います。

それでは、なにおれ (@lemologue) でした。

▼関連記事

少ないお金で幸福感を得るには、なんでもない日に誰かにプレゼントをするのもおすすめ。誕生日とかではなくて、なんでもない日にするのがポイントです

生きる理由をもやもやと考えていた時期もありますが、芝生公園でゴロゴロするために生まれてきたと、今ではわりと本気で思っています

以上

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

運営者

月6〜8万円で暮らす30歳ミニマリスト。社会人4年目に苦手な営業職から転職したことをきっかけに、「住む場所に縛られずに生きる」という自分の理想とする暮らしを目指すことに。現在は、「質素倹約生活 × 副業 × 米国株投資」のおかげで、サイドFIREの条件をクリア。