MENU
プロフィール
れもん(29)
20代後半の倹約家サラリーマン。月6万円の生活費で一人暮らしをしています。

社会人4年目に苦手な営業から転職したことをきっかけに、自分にとって理想の暮らしを真剣に考えることに。

現在は、生活コストを徹底的に抑え、本業×副業でお金を稼ぎ、余剰資金を米国高配当株ETFに投資に回すことで、経済的な自由を目指しています。
サイト情報
なにおれ
きっと何者にもなれない俺たちのライフスタイル。通称「なにおれ」。

ミニマリズムをベースに、少ないお金でも楽しく暮らす方法について発信しています。

何者にもなれなかった大人たちに、ゆるく気楽に生きていくライフスタイルを提案。
【年末までに絶対にやるべきこと】楽天ふるさと納税で豪華返礼品をGET

最愛のひとにできる3つのこと

 

こんにちは、なにおれ (@lemologue) です。

 

私は20代後半の独身サラリーマンです。恋愛についてなにかアドバイスできるような人間でもないので、あくまで私の恋愛観を言葉にしてみます。

 

恋愛においては、「頭で考えていること」と「理性の部分」で食い違いが生まれてしまうこともありますが、それでも自分なりの哲学を持っていたいな、と思っています。

 

目次

最愛のひとにできること

私が最愛の恋人にできること。

  1. 相手の楽しいことを奪わないこと
  2. 相手のすべてを肯定すること
  3. 相手を幸せにしようと思わないこと

 

1. 相手の楽しいことを奪わないこと

いわゆる価値観の違いを相手に押し付けないこと。

 

どれだけ価値観の合う人だと思っていても、自分の考えや感じていることが相手と必ずしも一致しているとは限りません。むしろ、一致していないことのほうが自然です。

 

たとえば、「一人の時間が好き」という価値観が一致していたとします。

 

しかし、「人と話すことがあまり得意ではなくて一人でいたい」というパターンと、「人と話すことも好きだけど、一人の時間も好き」というパターンの2種類が存在していたとします。

 

この場合、自分は人と話すのが苦手だから一人でいることを好みますが、この自分の感じ方を相手にもあてはめようとすると、最愛のひとが人と話すことに違和感を感じることになります。

 

だからといって相手を縛り付けてはいけないです。

 

それは相手の楽しみを奪っていることになるから。

 

だから、自分と相手が同じ感じ方をしているとは錯覚せずに、最愛のひとが何に楽しさや心地よさを感じているかを知ろうとし、その邪魔をしないこと。

 

そのことを考えるようにしています。

 

最愛のひとが自分と一緒にいることで、楽しいと感じることを奪ってしまっては一緒にいる意味がありません。

 

だから、最愛のひとが楽しそうにしている時間を見守るのが自分にできることなのだと思っています。

 

もし、それで自分が嫉妬心や我慢ばかりになってしまうのなら、その人は自分にとって最適なパートナーではないということになるのだと思います。

 

2. 相手のすべてを肯定すること

人間は誰しもが不完全です。

 

最適なゴールが分かっていても、行動できないのが人間というものです。

 

だから、相手の発言や行動を否定せずにすべてを肯定すること。

 

相手を否定してところでなにも生まれません。

 

そもそも、相手を否定するという行為は、「自分の方が正しい」という自尊心や相手を支配しようとする心から生まれるものであって、相手の為を想って行われないことがほとんどです。

 

だから、自分の価値基準で物事を判断しようとせず、相手がいいというのならいいし、やりたいことがあるのなら応援をする。

 

しかし、それでもどうしても理解できないこともあります。

 

そこは決定的な価値観のズレであり、あまりにもこのズレが大きいのなら、パートナーとして一緒にいることは難しいと思います。

 

3. 相手を幸せにしようと思わないこと

恋愛において、お互いが経済的にも精神的にも自立していることが必要だと思っています。

 

「自分ひとりでも楽しいし、なにも不自由はないけど、あなたといれば2倍楽しい」

 

この状態が、私がパートナーに求める関係です。

 

小さな悩みの解決や、生活基盤は自力で築き上げて、相手に依存しない。でも、二人にやったほうが楽しいことはなんでも共有する。

 

だから、「相手を幸せにしよう」とか、「悩みがあったら話してほしい」とかは思っていなくて、自力で幸せになってほしいし、自力で悩みには向き合ってほしい。

 

相手を幸せにしようとしなくても、お互いがお互いがいることによって勝手に幸せを感じられるのなら、それは相手を幸せにしていることと同じです。

 

相手が喜んでくれることを嬉しいと感じる自分。

相手が楽しいとはしゃいでいる姿に幸せを感じる自分。

 

「相手を幸せにする」なんて自分の理想を押し付けずに、「最愛のひとが自分といることで幸せそうにしてくれるのなら、少なくても自分は幸せになれる」。

 

そのくらいでちょうどいいと思っています。

 

最後に

恋愛において、結婚はゴールではありません。

 

結婚とは、楽しい人生の道半ばにあるイベントのひとつでしかないと思っています。

 

自分が我慢してまでするものでもないし、親や世間体のためにもするものでもないし、誰かの人生を背負うものでもないです。

 

「ひとりで生きても楽しいけど、あなたといれば2倍楽しい」

 

私の恋愛観はここにしかありません。

 

だから、最愛のひとにとっての楽しいことを奪ってはいけないし、独占しようとしてしてはいけないし、行動や挑戦をすべて肯定したいし、自分が守ってやろうとも思いません。

 

あなたといれば私は楽しい。そんな私といるあなたも楽しい。

 

そんな関係は結婚にはちょうどいいのではないかと思っています。

 

▼私が自分の人生になにを望むのかを考えた記事

関連記事:【人生戦略】やらなくてもいいことを好きなだけできる人生を目指す

 

▼私が人生論の参考にしているおすすめの本

関連記事:平凡な人間が人生のバイブルにしている3冊の本

 

▼「豊かさ」という曖昧な状態について考えた記事

関連記事:「自分にとっての豊かさとは何か?」を知ることが豊かさへの第一歩

 

以上

よかったらシェアしてね!

ミニマリスト男の厳選愛用品

20代後半のミニマリスト男が毎日使っているコスパ抜群の愛用品たちを紹介。

不用品買取おすすめサービス23選

「断捨離で出てきた不用品を少しでも高く買い取ってほしい!」

そんな方におすすめの買い取りサービスをまとめました。

運営者

20代後半の倹約家サラリーマン。月8万円の生活費で一人暮らしをしています。社会人4年目に苦手な営業から転職したことをきっかけに、自分にとって理想の暮らしを真剣に考えることに。現在は、生活コストを徹底的に抑え、本業×副業でお金を稼ぎ、余剰資金を米国高配当株ETFに投資に回すことで、経済的な自由を目指しています。

目次
閉じる