MENU
プロフィール
れもん(29)
20代後半の倹約家サラリーマン。月6万円の生活費で一人暮らしをしています。

社会人4年目に苦手な営業から転職したことをきっかけに、自分にとって理想の暮らしを真剣に考えることに。

現在は、生活コストを徹底的に抑え、本業×副業でお金を稼ぎ、余剰資金を米国高配当株ETFに投資に回すことで、経済的な自由を目指しています。
サイト情報
なにおれ
きっと何者にもなれない俺たちのライフスタイル。通称「なにおれ」。

ミニマリズムをベースに、少ないお金でも楽しく暮らす方法について発信しています。

何者にもなれなかった大人たちに、ゆるく気楽に生きていくライフスタイルを提案。
【12/4~11】楽天お買い物マラソン開催中!おすすめの商品は?

少ない服だけで暮らす3つのメリットを現役ミニマリスト男が紹介

 

「少ない服で暮らして、なにか意味あるの?」

 

だれでも普通はそう思います。

 

色とりどりの服でコーディネートを考えることは間違いなく楽しいです。ですが、それでもミニマリストが少ない服だけで暮らすのには理由があります。

 

当記事では、全16着の服で暮らす20代後半ミニマリスト男の私が、少ない服で暮らす3つのメリットを紹介したいと思います。

20代男性ミニマリストが所有する服をすべて公開【全16着+小物】

 

目次

少ない服だけで暮らす3つのメリットを現役ミニマリスト男が紹介

まずは結論ですが、少ない服だけで暮らすメリットは以下の3つがあります。

  1. 服にお金を使う機会が少なくなる
  2. 服のコスパが最高になる
  3. 服のコーディネートに優先順位がなくなる

 

それぞれについて、詳しく紹介していきたいと思います。

 

メリット1: 服にお金を使う機会が少なくなる

少ない服だけで暮らそうと思うと、「自分に本当に必要な服はなにか」とよく考えてから服を買うようになります。すると、衝動的に服を買うことがなくなり、服を購入する機会というのが圧倒的に少なくなります。

 

つまり、シンプルに服にお金を使わなくなります。

 

服をたくさん持っている人というのは、戦略的に服を買えていないことが多いように感じます。ちょっと立ち寄ったセレクトショップでおしゃれに並んだ服に欲望を駆り立てられ、購入に至っていることはないでしょうか。

 

では、服を戦略的に買うとはなにか?

 

それは、高い服と安い服の買う基準を明確にすることです。

  • 高価な服は、トレンドに流されないシンプルなデザインで、リペアしながら長く愛用できるものを選ぶ
  • 安価な服は、トレンド品であったり、ON・OFF兼用できるデザインで高頻度で着られるものを選ぶ

 

高い服は長く着ることを前提に、そして、ユニクロなどの安価な服は、トレンドアイテムや仕事でも使える兼用品を選ぶ。この判断基準を持つだけで、服にお金を使う機会はぐっと少なくなります。

 

服のトレンドの大きな変化は、おおよそ5年に1度のタイミングで起こりますが、毎年少しづつトレンドは変化しています。

 

そのため、セレクトショップでトレンドアイテムを選んでいては、お金がかかってしょうがないです。そのため、トレンドのアイテムはユニクロやGUなどで揃えるだけでも、お金を無駄にしません。

 

メリット2: コストパフォーマンスが最高になる

少ない服だけ暮らすとは、それだけ同じ服をたくさん着るチャンスがあるということです。

 

同じ服をたくさん着ることで、服のコストパフォーマンスが最高になります。

 

そもそも、コストパフォーマンスとは、コスト (費用) とパフォーマンス (効果) を対比された度合いのことです。つまり、費用に対して効果が高くなればなるほど、コスパが高くなるということです。

 

それでは、服における「効果」とはなんでしょうか。

 

「おしゃれに見えること」でしょうか。もし、ハイブランドで高価な素材の服を着ておしゃれに見えたとしても、その服を年に1回しか着ないなら、それはコスパがいいと言えるのか。

 

私にはそうは思えません。

 

服におけるコスパとは、「着用回数」だと思っています

 

当然、おしゃれに見えることも服を着る効果の1つではあると思いますが、服が消耗品である以上は「着用回数」が効果だと思います。

 

高価な服は長く愛用することでたくさん着る。安価な服は1年での買い替えを前提に、高頻度で着る。そうすることで、その服に支払ったコストとその服を着ることで得られる効果はどんどん高まっていきます。

 

メリット3: コーディネートに優先順位がなくなる

少ない服で暮らすことで、いつ着る服でも自分の中でのナンバーワンのコーディネートにすることができます。

 

服をたくさん持っている場合、「最近この服着てないから、着ておかないともったいないし、久しぶりに着るかあ~」ってな感じで、着ることを忘れてしまっていた服を着ることにもなるはずです。

 

それはつまり、自分であえて二軍の服を選んで服のコーディネートをしているということです。

 

それってなんか微妙ですよね。

 

クローゼットを開けば、自分がじっくり悩んで揃えた最高の服が並んでいて、どの服を手にとっても最高のコーディネートができる。

 

絶対にこっちのほうが幸せだと思います。

 

最後に

ミニマリストが少ない服だけ暮らすメリットを紹介しました。

 

当記事をまとめます。

  • 服の買い方をよく考えるようになり、無駄な出費をしなくなる
  • 同じ服をたくさん着るようになり、服のコスパが最高になる
  • 服の組み合わせに優先順位がなくなり、いつでもお気に入りのコーディネートができる

 

服は自分が本当に好きで必要な服だけに厳選し、同じ服を何度も着ることで服の費用対効果を最大限まで高める。だから、ミニマリストは少ない服で暮らすんです。

 

服の断捨離方法が知りたい方は、以下の記事をご参考ください。

 

以上

よかったらシェアしてね!

ミニマリスト男の厳選愛用品

20代後半のミニマリスト男が毎日使っているコスパ抜群の愛用品たちを紹介。

不用品買取おすすめサービス23選

「断捨離で出てきた不用品を少しでも高く買い取ってほしい!」

そんな方におすすめの買い取りサービスをまとめました。

運営者

20代後半の倹約家サラリーマン。月8万円の生活費で一人暮らしをしています。社会人4年目に苦手な営業から転職したことをきっかけに、自分にとって理想の暮らしを真剣に考えることに。現在は、生活コストを徹底的に抑え、本業×副業でお金を稼ぎ、余剰資金を米国高配当株ETFに投資に回すことで、経済的な自由を目指しています。

コメント

コメントする

目次
閉じる