2020.06.10

社会人が楽しく暮らすための時間配分戦略!本業・副業・家事・自己研鑽の四均等法

 

楽しくて充実した毎日を過ごしたいのなら、会社のために時間を全振りするのではなく、もっと家事などの日常生活を大切にしたり、少額でもいいから収入の複線化に挑戦したりするほうがいいのでは?

 

という話です。

 

こんにちは、なにおれ (@lemologue) です。私は、普通の会社で働く20代後半の一人暮らしサラーリマンです。

 

普通でないのは私の時間の使い方で、仕事はキッカリ定時で退社、ゴルフや飲み会は全断りする代わりに、ブログを書いたり、米国株ETFに積み立て投資したり、自炊や掃除も完璧にこなす生活をしています。

 

結局のところ、人生の目的は、お金がたくさん稼ぐことではなく、「楽しく幸せに暮らすこと」です。

 

毎日必死に会社で働いていても、充実感や喜びが得られないのなら、手段を変えなければいけません。

 

当記事では、私が実践している楽しく暮らすための時間配分の考え方について紹介します。

 

関連記事:20代後半ミニマリスト×会社員の生活を公開【1日の過ごし方】

 

社会人が楽しく暮らすための時間配分戦略

 

毎日、会社と家の往復の生活に虚無感があるのは、「時間配分の比重が仕事に偏りすぎていること」が原因です。

 

本来、本業は生活できるだけのお金が稼げればいいわけで、情熱が注げない仕事なのであれば、手を抜くことだってライフハックのひとつのはずです。

 

しかし、私たちはこのように考えることができません。

 

なぜならば、「会社は一生懸命に働く場所! 手を抜くなんて言語両断だ!」と教育されているからです。

 

その固定概念を断ち切り、もっと充実した日常を過ごすためにも、私たちは時間を使い方をもっと自分の頭で考えなければいけません。

 

とはいえ、そんなことを考えたことのない人にとっては難解でしょう。

 

そこで推奨したいのが、「本業・副業・家事・自己研鑽の四均等法」です。

 

要するに、「1日で使える時間を100と考えた時、25づつを本業と副業と家事と自己研鑽に配分しよう」という考え方。

 

  本業に全力 四均等法
本業 100% 25%
副業 0% 25%
家事 0% 25%
自己研鑽 0% 25%
合計 100% 100%

 

本業に100%の時間を突っ込んでも、70点から85点くらいにしかないかもしれません。

 

これは、30点から70点に上げるより、70点から100点を目指すほうが遥かに難しいからです。

 

学校のペーパーテストや資格試験でも同じですよね。

 

そうであれば、本業に100%の時間を使って100点を目指すよりも、時間配分を変えて、いろいろなことで70点を目指したほうがトータルで人生の満足度は高くなるというわけです。

 

本業に25%

まずは会社のために配分する時間を見直すことです。

 

  • 人間関係は必要最低限にする
  • 社内の飲み会はすべて欠席する
  • 休日のゴルフコンペは断る
  • キッカリ定時で退社する
  • 業務は平均評価を目指す

 

まずは、飲み会や付き合いゴルフなどを断る、定時で退社するなど、物理的な時間を確保すること。

 

会社に拘束される時間が長ければ長いほど、他のことに時間を割くことができません。

 

また、苦手な仕事はどれだけ時間をかけてもうまくいかないことがあります。それなら、無理せずに平均評価を狙いにいくのも大いにありだと思います。

 

考えようによっては、自分にとって楽な仕事に転職するという選択肢だってあるわけです。

 

実際、私は営業から年収ダウンで事務職に転職しましたが、仕事のストレスが大きく減り、副業をする時間が確保できたり、ストレス発散による支出も減ったりで、資産形成のスピードは転職前よりも加速しました。

 

時間を確保するために、程よく仕事の手を抜くことや職を変える考えは必要です。

 

関連記事:全サラリーマンが転職エージェントに登録しておいたほうがいい理由

 

副業に25%

本業に費やす時間比率を下げることに成功したら、副業にも挑戦してみること。

 

  • SNSでフォロワーを増やす
  • Instagramでフォロワーを増やす
  • Youtubeに動画を投稿する
  • ブログを始めてみる
  • 株投資で配当金を得る

 

副業で月20万円も30万円も目指す必要はありません。

 

副業のメリットは収入額だけではないので、月1万円でもまずは十分です。

 

月1万円でも自分で稼げるようになると、視界が大きく開ける体験をすることになります。

 

会社に依存せずにお金を稼げるということは、それだけ生き方の選択肢が増えるということです。

 

月1万円稼ぐまでには1年や2年かかるかもしれません。

 

ですが、コツコツと続けていれば、月1万円ならほぼ間違いなく誰でも到達できます。

 

その先をもっと見たければもっと時間を使ってもいいわけです。

 

家事に25%

仕事だけではなく、家事にも時間を配分しましょう。

 

  • できるだけ自炊をする
  • 洗濯を溜め込まずにする
  • 週に1度は部屋の掃除する
  • 断捨離をして部屋を片付ける
  • ベッドメイキングを毎日する

 

完璧な家事を目指す必要はありません。

 

しかし、「家事は人生の邪魔者」と考えてしまうのはあまりにももったいないです。

 

むしろ、家事こそが人生を豊かにするカギになると思っています。

 

なぜならば、家事は完全に自分のコントロール化にあり、やったら確実に成果が出て、達成感も味わえるからです。

 

人生はうまくいかないことばかりです。

 

会社員として組織で働いていたら、理不尽な指示や非効率的な業務に不満を感じることも多いことでしょう。頑張ったからといて、確実に結果がついてくるわけでもないし、給料が増えるわけでもありません。

 

しかし、家事は違います。

 

自分流のやり方にアレンジでき、自分が納得するまで追求でき、掃除をすれば部屋は確実にきれいになり、きれいになった部屋で過ごす時間は気持ちが良いです。

 

この自由度の高さと報酬のバランスの良さは、家事特有のメリットではないでしょうか。

 

自己研鑽に25%

最後に、自分の心と体の健康、知識やスキルのために時間を使うこと。

 

  • 好きな小説を読む
  • 興味のあることを勉強する
  • 筋トレして体を鍛える
  • 外出時はなるべく歩く
  • お金のことを学ぶ
  • 道徳や教養を身につける
  • ないものは自分でつくる
  • 歯をしっかり磨くこと

 

など。

 

忙しく働きすぎるあまり、自分の能力を開発したり、心と体の健康を育んだりすることを疎かにしてしまいがちです。

 

とはいえ、日常的に自己研鑽の時間を作ることは簡単ではありません。

 

そこで意識すべきは、日常生活に散らばったスキマ時間にうまく組み込むこと。

 

・30分早く起きるようにして、家を出るまでの30分で本を読む

 

・会社までの通勤経路の中で歩く範囲を増やしたり、片道1時間くらいなら徒歩通勤に切り替えたりする

 

・空いている時間やベッドでゴロゴロしている時は、Youtubeでお金の勉強をする

 

・部屋にはヨガマットを敷きっぱなしにして、気が付いた時にいつでも筋トレできるようにする

 

仕事終わりにランニングや勉強を継続することは、ほぼ不可能です。

 

人間の意志の力はそれほど強くありません。

 

無意識の力と強制力の力をフルに活用して、日常生活で散らばったスキマ時間を埋めるのです。

 

▼歩く習慣を身につける方法

関連記事:いい習慣とは?「歩くこと」が最強の習慣である5つの理由

 

▼筋トレを続ける方法

関連記事:筋トレが続かない忙しいサラリーマンでも絶対にできる習慣化のコツ

 

▼本を読む方法

関連記事:社会人が毎朝30分の読書を1年間続けて実感した良かったこと

 

本業・副業・家事・自己研鑽の四均等法に潜むリスク

本業・副業・家事・自己研鑽に時間を配分することで、もっと毎日を楽しめるようになります。

 

しかし、リスクも存在します。

  1. 本業での出世や能力開発に影響が出るかも
  2. 時間コントロールできないとパンクするかも

 

1. 本業での出世や能力開発に影響が出るかも

会社は組織なので、能力が高く、扱いやすい人のほうが好かれます。

 

・残業で業務をゴリゴリ進めてくれる

・溢れた業務を手伝ってくれる

・周囲と積極的にコミュニケーションがとれる

・飲み会で上司をおだてられる

 

組織の潤滑油としての役割は、間違いなく評価されます。

 

しかし、本業の手を抜くということは、この役割を放棄するといことです。

 

これは昇進にも影響が出るかもしれません。

 

また、本業で手を抜くことで取得できたはずのスキルが身につかない可能性があります。

 

そのため、今の仕事が自分の理想の未来に繋がっていると思うのなら、副業なんてせずに本業にもっと時間を割くのが正解になると思います。

 

2. 時間をコントロールできないとパンクするかも

うまく時間をコントロールできないと、やることで溢れてパンクするリスクがあります。

 

毎日残業を2時間して、家に帰ったら自炊をして、夜には副業をしたり、お金の勉強をしたり。

 

まず無理ですよね。

 

パンクするだけならいいのですが、「自分はなんてダメなやつなんだ」と、自己嫌悪に陥ってしまう真面目なタイプの人もいます。

 

パンクする原因のほとんどは、本業に時間を奪われすぎていることでしょう。

 

そのため、まずは本業で手を抜く練習をしたり、定時退社するために生産性を上げたり、飲み会に参加しないキャラを築いたり、転職をしたりすることが大事になります。

 

焦らずに、少しづつ時間の配分を分散させていけばいいのです。

 

最後に

楽しく暮らす社会人の時間配分戦略について紹介しました。

 

当記事をまとめます。

  • 仕事のために自分の時間の100%を使わない
  • 本業・副業・家事・自己研鑽に25%づつ時間を配分する
  • 仕事で100点を目指すより、いろいろなことで70点を目指すほうがハードルが低い
  • 本業では手を抜くことを覚え、飲み会や休日の付き合いは全て断る
  • 本業で減らした時間で副業や投資に挑戦する
  • 自分のやりたいように好きにできる家事を楽しむ
  • スキマ時間をフル活用して心と体を鍛えたり、知識やスキルを身につける
  • 本業で手を抜きすぎると昇進やスキアップに影響があるかもしれない
  • 時間をうまくコントロールできないとパンクするリスクがある

 

時間の使い方は人それぞれ自由です。

 

それゆえに、時間の使い方次第で辿り着く先は大きく変わります。

 

本業はほどほどに、副業と投資で収入を複線化し、家事は楽しく取り組み、空いた時間で自己研鑽する。

 

どうでしょうか。

 

本業一本の生活よりも、ずっと暮らしは楽しそうに思えませんか?

 

▼目に見えないもやもやがつっかえて取れない人は、こちらの記事をご覧ください。

関連記事:もやもやしながら会社で働いている人が絶対に考えておきたいこと

 

▼なんだかいつも疲れている人は、刺激に弱い性質を持っている可能性があります

関連記事:疲れやすい人が今日からできる5つのこと【原因は体力ではない】

 

▼毎日がつまらないと感じる人は、休日よりも平日の過ごし方を変えましょう

関連記事:人生がつまらないと感じる社会人は平日の過ごし方を変えるべき

 

以上

毎日使う愛用品

20代後半ミニマリスト男が毎日使っている愛用品

Amazonおすすめ商品

月8万円で暮らす20代後半ミニマリストがAmazonで買ってよかったもの8選

不用品買取・回収サービス

不用品をまとめて処分できるおすすめの不用品買取・回収サービスまとめ23選
by
関連記事