MENU
プロフィールの画像
プロフィール
れもん(29)
20代後半の倹約家サラリーマン。月6万円の生活費で一人暮らしをしています。

社会人4年目に苦手な営業から転職したことをきっかけに、自分にとって理想の暮らしを真剣に考えることに。

現在は、生活コストを徹底的に抑え、本業×副業でお金を稼ぎ、余剰資金を米国高配当株ETFに投資に回すことで、経済的な自由を目指しています。
サイト情報の画像
サイト情報
なにおれ
きっと何者にもなれない俺たちのライフスタイル。通称「なにおれ」。

ミニマリズムをベースに、少ないお金でも楽しく暮らす方法について発信しています。

何者にもなれなかった大人たちに、ゆるく気楽に生きていくライフスタイルを提案。
インスタグラム 毎日(20:00)更新中

【9月最新】GoToトラベルを超わかりやすく解説【宿だけ予約で最安旅行】

Go Toトラベルは安いって聞くけど、複雑すぎてよくわからない…。

そんな方に向けて。

こんにちは、なにおれ (@lemologue) です。私は、月8万円の生活費で一人暮らしをしている倹約家サラリーマンです。

さて、Go Toトラベルキャンペーンですが、複雑すぎて情報格差が発生しているように感じます。

要は、ネットを上手に使える人だけが得をしている。

自分も制度をお得に使えるようになるまでかなり時間を使いました。

当記事では、調べごとが苦手な人に向けて、細かい部分は省きわかりやすさ重視で、「どうすればお得に利用できるか」を解説します。

プロフィール
れもん(29)@倹約家サラリーマン
  • 20代後半サラリーマン
  • 月6万円の生活費で一人暮らし
  • 20代で1,000万円以上の蓄財
  • 全97点の持ち物で暮らすミニマリスト
目次

GoToトラベルキャンペーンの概要

なるべく簡潔に概要をまとめるとこうなります。

  • 対象期間:2020年7月22日~2020年3月?
  • 宿泊代金の35%が割引、15%が旅行中に使えるクーポンとして還元
  • 自治体や宿予約サイトが独自に発行しているクーポンとも併用可能

つまり、ベースの考え方は宿泊代が35%OFFになる。加えて、予約サイトや自治体が独自に発行しているクーポンでさらに割引。

トータルで35~60%OFFくらいで宿に泊まれる。

こんな感じです。

15%の地域共通クーポンは10/1から開始なので、受け取り方など詳しい情報がまだ出ていません。

どのくらいの店で地域共通クーポンが使えるかはまだなんともいえませんが、当日のお昼ご飯代にすることや、宿は安い朝だけプランを予約して、夜は地域クーポンで外に食べに行く。

そんなパターンもありだと思います。

GoToトラベルをお得に利用する5ステップ

では、具体的にどうやって利用すればいいのか。

GoToトラベルは、旅行代理店のツアーや個人でパッケージを予約するなど、使えるパターンはかなり幅広く、ただ、逆にそれが複雑さを増しています。

最も安く旅行に行くという観点から、「じゃらん」か「楽天トラベル」で “宿だけ” を予約する。

当記事では、このパターンに絞って解説します。

ステップは5つです。

  • ステップ1:じゃらんか楽天トラベルに絞る
  • ステップ2:自治体クーポンを確認する
  • ステップ3:予約サイトクーポンを確認する
  • ステップ4:宿泊プランを決める
  • ステップ5:当日は地域共通クーポンを使う

ステップ1:じゃらんか楽天トラベルに絞る

宿を予約するのは、「じゃらん」か「楽天トラベル」に絞ってください。

使い勝手や独自の割引クーポンなどの汎用性から、この2つだけでいいです。

他にも調べ始めると迷路に迷います。

Go To トラベルキャンペーンの対象かどうかは、宿情報に「Go Toトラベル対象」と書いてあるのですぐわかります。

対象の宿は、ネットで予約するときに35%OFFが適用されます。

ステップ2:自治体クーポンを確認する

続いて、自治体が発行しているクーポンの適用を確認します。

自治体クーポンとは、国のGoToトラベルキャンペーンに便乗して旅行喚起をするため、全国の各自治体が独自に行っているキャンペーンです。GoToトラベルとも併用可能。

ここから複雑になるので、できるだけ簡潔に説明します。

まず、予約サイトによって使える自治体クーポンが異なります。

つまり、じゅらんでしか使えない自治体クーポンもあれば、楽天トラベルでしか使えないクーポンもあるということです。

また、自治体クーポンには枚数制限があり、先着順での利用になります。

割引率の大きいクーポンはすぐになくなるため、以前からやっているようなクーポンはほぼ終了していると思ったほうがいいです。

そのため、やるべきは、今後発行される自治体クーポンを確認して、先着で予約すること。

もしくは、自治体クーポンにとらわれず、GoToトラベルキャンペーンの35%OFFだけでもいいと思います。

それだけでも十分にお得です。

▼各自治体が発行しているクーポン、今後発行されクーポンは、こちらのサイトがわかりやすくまとめてくれています

関連サイト:【ご予約はこちら】自治体独自の宿泊割引クーポン全まとめ

ステップ3:予約サイトクーポンを確認する

続いて、予約サイトが独自に発行しているクーポンを確認します。

GoToトラベルで最大割引を達成するための方程式はこうです。

GoToトラベルキャンペーン35%OFF + 自治体クーポン + 予約サイトクーポン

自治体クーポンと予約サイトクーポンを併用することで、割引が大きくなります。

またややこしいのが、各予約サイトによってクーポンの種類がたくさんあること。

当記事では、「じゃらん」と「楽天トラベル」に絞って解説します。

詳しくはまた後ほど。

ステップ4:予約プランを検討する

自治体クーポンと予約サイトクーポンを確認するのと並行して、予約プランを決めます。

GoToトラベルで安く宿を利用する肝は、割引率の大きいクーポンを利用することです。

そして、割引率の大きいクーポンは、「〇〇円以上の予約で適用」と適用の最低金額が制約されていることがほとんど。

つまり、「高めの宿を予約する」もしくは、「1泊ではなく2泊利用する」とお得なクーポンが使いやすくなります。

とはいえ、支払う絶対額が多くなるので、予算との相談は必要です。

クーポンを意識するあまり、予算以上に高い宿に泊まるのは本末転倒かもしれません。

ステップ5:当日は地域共通クーポンを使う

当日は、地域共通クーポンを使ってお得に食事をしましょう。

10月1日以降に出発する旅行から適用」されると発表されていますが、詳しい情報はまだあまり出ていません。

概要をまとめるとこんな感じ。

  • 10月1日以降に出発する旅行から適用開始
  • 旅行代金の15%相当が旅行先で使えるクーポンとして発行
  • クーポン発行は1,000円未満は四捨五入 (=500円なら1,000円クーポン)
  • クーポンの上限は1人1泊6,000円 (=1人1泊40,000円が上限)
  • 紙クーポンと電子クーポンの2種類があり、お店によって対応OKが異なる
  • 有効期限は、宿泊の場合は宿泊日とその翌日
  • 有効エリアは、宿泊施設の隣接県まで

いやー、ややこしいですね。

とりあえず分かっていることは、旅行代金の15%相当が1人1泊MAX6,000円まで発行される。

つまり、1人15,000円の宿に2人で1泊したら、5,000円のクーポンが発行 (旅行総額30,000円×15%=4,500円が四捨五入で5,000円)。このクーポンは隣接県まで使えて、宿泊した翌日までは使える。

※ただ、このクーポンの受け取り方法などが、「じゃらん」と「楽天トラベル」ではまだ公開されていません。

10月1日までには公開されるでしょう。

どのくらいのお店で利用できるかわかりませんが、旅行先でのご飯代やお土産代にあてるのが定石でしょう。

もしくは、宿のプランを「朝食だけ」の安いプランで予約して、夜には地域共通クーポンを使って外で食べに行く。

このパターンも効率的でありだと思います。

なんともいえないのが、紙クーポンと電子クーポンが店によって対応OKが異なるという点。

電子クーポンはQRコードの読み取り機械を無料で店側に支給しているため、おそらく両方OKの店が多いと思いますが、なんともいえません。

GoToトラベル【じゃらん編】

それでは、じゃらんでお宿を予約編いってみましょう。

おそらく、GoToトラベルでは、じゃらんが一番使いやすいと思います。

ステップ1:じゃらんか楽天トラベルに絞る

「じゃらん」を利用します。

GoToトラベル対象宿の検索はこちら。

じゃらんでGoToトラベル対象の宿を探す

ステップ2:自治体クーポンを確認する

利用できる自治体クーポンは以下から確認できます。

じゃらん自治体クーポンはこちら

ステップ3:予約サイトクーポンを確認する

じゃらん独自のクーポンは以下から検索。

根気よく使えるクーポンを探しましょう。

じゃらんで利用できるクーポンを検索

ステップ4:予約プランを決める

好きな宿泊プランを選択しましょう。

クーポンを利用して予約画面を進めていきます。

「支払情報入力」の画面で、クーポンが適用されているかを確認します。

ステップ5:地域共通クーポンを使う

じゃらんでは、地域共通クーポンの受け取り方法などは未発表です。

GoToトラベル【楽天トラベル編】

続いて、楽天トラベルでお宿を予約編。

楽天ユーザーや、新規で楽天カードを発行すればポイントを使えていいかも。

あと、クーポンの割引率はじゃらんよりも大きい気がします。

ステップ1:じゃらんか楽天トラベルに絞る

「楽天トラベル」を利用します。

まずは、GoToトラベルキャンペーンのクーポンを獲得します。(じゃらんでは、特にクーポン獲得は不要)

楽天トラベルでGoToトラベル対象の宿を探す

ステップ2:自治体クーポンを確認する

利用できる自治体クーポンは以下から確認できます。

適用地域のクーポンを獲得して、対象宿を探します。

楽天トラベル自治体クーポンはこちら

ステップ3:予約サイトクーポンを確認する

クーポンの種類は大きく分けて3つ。

ひとつは、「楽天トラベルクーポン」。

対象の宿でクーポンが利用できます。

ふたつめは、「楽天トラベル Racoupon」。

宿泊料金によっては、けっこう大きな割引もあったりします。

みっつめは、「ダイヤモンド会員クーポン」。

楽天ユーザーでダイヤモンド会員なら、対象の宿が10%OFFになります。

ついでに、「楽天トラベルアプリで予約キャンペーン」もあります。

対象期間は、9月1日~10月1日。

アプリ経由で、「2名以上」、「住んでいる地域の近くで宿泊」、「国内宿泊初めての利用」で2,500円分のポイントバック。

事前エントリーが必要なので、当てはまる人はお忘れなく。

ステップ4:予約プランを決める

好きなプランを選択しましょう。

クーポンを利用して予約画面を進めていきます。

予約画面で、クーポンが適用されているかを確認します。

ステップ5:地域共通クーポンを使う

楽天トラベルでは、地域共通クーポンの受け取り方法などは未発表です。

ステップα:楽天カードを新規発行しておく

楽天カードを持っていない人は、事前に発行しておくこともおすすめ。

楽天カードの新規発行は、2,000円分のポイント + 初めての利用で3,000円分のポイントのキャンペーンを常時実施しています。

2,000円分のポイントだけでは、カードが発行されてから数日で獲得できます。

そのため、旅行に行く前に2,000ポイントもらっておけば宿代も安くなりますよ。

楽天カードの申し込みはこちらから

最後に

GoToトラベルキャンペーンをお得に利用する方法を解説しました。

当記事をまとめます。

  • GoToトラベルキャンペーンは、2021年3月頃まで実施している
  • 旅行代金の35%OFF + 15%の旅行先で使えるクーポンを発行
  • 宿の予約は35%OFFに加えて、自治体や予約サイトのクーポンが併用できる
  • 予約サイトは、「じゃらん」か「楽天トラベル」がいい

うまく自治体クーポンや予約サイトクーポンが使えれば、GoToの35%OFFよりさらにお得に宿に泊まれます。

でもあまり無理せずに、「近場の安めの宿で35%OFF + 地域共通クーポン15%だけ」でもかなり安く旅行できると思います。

2人で1泊2日朝・夕食付で、15,000円とか。

もしくは、思い切って2泊宿を予約して、割引率の大きいクーポンを使ったり、地域共通クーポンをたくさんもらったりもいいと思います。

いずれにせよ、せっかくなので、1度くらい利用してみてはいかがでしょうか。

以上

ミニマリスト男の厳選愛用品

20代後半のミニマリスト男が毎日使っているコスパ抜群の愛用品たちを紹介。

不用品買取おすすめサービス23選

「断捨離で出てきた不用品を少しでも高く買い取ってほしい!」

そんな方におすすめの買い取りサービスをまとめました。

運営者

20代後半の倹約家サラリーマン。月8万円の生活費で一人暮らしをしています。社会人4年目に苦手な営業から転職したことをきっかけに、自分にとって理想の暮らしを真剣に考えることに。現在は、生活コストを徹底的に抑え、本業×副業でお金を稼ぎ、余剰資金を米国高配当株ETFに投資に回すことで、経済的な自由を目指しています。

目次
閉じる