2020.03.19

時間の無駄?ひまつぶしという概念は捨てたほうがいい理由

 

なんかひまつぶしになることないかなあ。


そんなふうに思っている方に向けて。

 

こんにちは、なにおれ (@lemologue) です。私は、趣味×副業でブログを書く兼業サラリーマンです。

 

「ひまをつぶす」という考え方を手放し、限られた時間をどう使うかを意識するようになってからというもの、明らかに毎日が充実するようになりました。

 

当記事では、時間を無駄にしないためにひまつぶしという概念を捨てたほうがいい理由について紹介します。

関連記事:20代後半ミニマリスト×会社員の生活を公開【1日の過ごし方】

 

時間の無駄?ひまつぶしという概念は捨てたほうがいい理由

「ひまをつぶす」という考え方は捨ててしまおう。

 

なぜならば、結局のところ、ひまをつぶしても幸福感を味わえないから。

 

このことは過去の経験からあなたも知っているのではないでしょうか。

 

どれだけインターネットでひまつぶしのアイデアを検索して試してみようが、心からの充実感を感じることはなかったはずです。

 

だからといって、目的もなく、だらだらと過ごすことが必ずしも悪いことだとは思いません。

 

時間の使い方は自由で、その時間に心地よさや充実感を得ているのなら、もちろんそれでいいと思います。

 

しかし、もっと充実した日々を送りたい。

 

「楽しい!」

「嬉しい!」

「生きてるって素晴らしい!」

 

そんな感情を味わいたいのなら、「ひまつぶし」という概念は手放すことです。

 

そして、ひまつぶし以外の時間を使い方を知り、実践することです。

 

ひまをつぶさない時間の過ごし方

では、ひまな時間をどう過ごせばいいのか。

 

アイデアを3つ紹介します。

  • なにもしないという意思を持つ
  • 受動的なことはやめて能動的になる
  • お金を稼ぐために時間を使ってみる

 

1. なにもしないという意思を持つ

なにもやることがないのなら、「意思を持ってなにもしない」という過ごし方。

 

漫然とテレビやスマホを眺めるのではなく、ベッドに横になり、目を瞑ること。

 

天気のいい晴れた午後でも、雨で外出できない休日でも、仕事終わりの平日の夜でも、「なにをしない」と明確な意思を持ってなにもしないこと。

 

なにもしないことこそ、時間の無駄と感じてしまうかもしれません。

 

ですが、それは違います。

 

なにもしない時間は脳と体を休められるだけでなく、頭の中を流れる言葉に耳をすませることができます。

 

いまその瞬間に感じていること。

なにか悩んでいること。

これからの将来のこと。

 

忙しさやひまつぶしによって目を背けていた、自分の深いところに眠った言葉に出会うことができます。

 

意思を持ってなにもしない。

 

「なにかしなければいけない」と不安になる気持ちを押し殺し、あえてなにもしないこと。

 

そんな時間をの過ごし方も時には必要です。

 

2. 受動的なことはやめて能動的になる

ひまつぶしが面白くないと感じるのは、受動的なことばかりだからです。

 

誰かが作ったものをただ漫然と消費するだけ。

 

そこには面白さの限界があります。

 

少年時代ほどRPGを面白く感じられなくなったみたいな。

 

だから、消費ではなく創造すること。

 

そのためには、受け取るのではなく、自ら生み出し、発信すること。

 

  • ゲームをするならゲームを作る
  • Youtubeを観るなら動画をつくる
  • ネットサーフィンをするならブログを書く
  • Twitterを眺めるツイートする
  • 買い物をするならクラフトする
  • 漫画を読むなら漫画を描く
  • 音楽を聴くなら音楽を作る
  • 他人を羨むなら勉強する
  • 消費するなら節約の工夫をする
  • 外食するなら料理を作る
  • だらだらするなら寝る
  • 集中できないのなら断捨離する
  • 本を読むなら小説を書く

 

「自分にはできないと」と諦めてしまうのではなく、好きなことを自分で生み出そうとしてみる。

 

時間をつぶすことが目的なら、消費をしようが、創造をしようが同じです。

 

それなら間違いなく創造のほうが面白いです。

関連記事:暇すぎる一人暮らしにはひとりでできる創作活動が最高におすすめ

 

3. お金を稼ぐことに時間を使ってみる

お金を稼ぐために時間を使ってみる。

 

「ひまな時間まで労働かよ・・・」と思うかもしれません。

 

ですが、会社員としての給料所得以外の収入源があると、明らかにメンタルが安定します。

 

なにより、月1万円でも自分で稼げるようになれば、働くことの面白さを実感できたり、自分の自信にも繋がったりします。

 

しかし、自分でお金を稼ぐことは簡単ではありません。

 

それなりの努力と時間が必要になります。

 

ただ、あなたは、「時間をつぶしたい」と思えるほど時間をすでに持っています。

 

  • どんなことでお金を稼ぐか考える
  • 収益を得るための勉強をする
  • 勉強したことを実践する
  • 失敗した理由を考えて改善する
  • なぜうまくいったのかを考える

 

お金を稼ぐためにやることはそれこそ無限大にあります。

 

「ひまをつぶす」なんて考える余裕がないくらいに、やらなければいけないことが頭に浮かぶようになります。

 

忙しくはなりますが、自分のために過ごす密度の濃い時間は本当に心が満たされます。

 

一度この感覚を味わえば、もう「ひまをつぶす」なんて考え方はしなくなります。

あ関連記事:暇なサラリーマンはすぐに副業を始めたほうがいい

 

最後に

ひまつぶしという概念を捨てたほうがいい理由について紹介しました。

 

当記事をまとめます。

  • ひまをつぶしたところで幸福感は得られない
  • 「楽しい」、「嬉しい」と感じたいなら、「ひまつぶし」の概念を捨てる
  • なにもやることがないのなら、「なにもしない」という意思を持つ
  • 誰かの作ったものを消費だけするのではなく、自ら創作活動をする
  • 月1万円を目指してお金を稼ぐために脳を絞り、手を動かす

 

私たちに与えられた時間は決して多くはありません。

 

ただ漫然と命の灯が消える日までひまをつぶすのも自由です。

 

ですが、せっかくなら時間の使い方に満足しながら生きたいとは思いませんか?

 

▼日常生活に喜びを見つける方法

関連記事:つまらない日常を楽しむことが最強のライフスタイル

 

▼サラリーマン人生のお手本

関連記事:本多静六から学ぶサラリーマン人生の歩み方

 

▼日常を楽しむにはブログを書くのが最強

関連記事:毎日やることのない暇な社会人はブログを書けば日常が変わる

 

以上

毎日使う愛用品

20代後半ミニマリスト男が毎日使っている愛用品

Amazonおすすめ商品

月8万円で暮らす20代後半ミニマリストがAmazonで買ってよかったもの8選

映画・ドラマ・アニメが無料で見放題

映画・ドラマ・アニメを289日間無料で見放題にする方法を紹介。

不用品買取・回収サービス

不用品をまとめて処分できるおすすめの不用品買取・回収サービスまとめ23選

レンタル・シャアリングサービス

持たない暮らしに最適なレンタル・シェアリングサービスまとめ10選
by
関連記事