2019.11.07

一人暮らし社会人の寂しさへの対処法は?孤独との向き合い方

 

一人暮らしが寂しい…。遊ぶ友達もあまりいないし、恋人だっていない。会社で働いている時はまだいいけど、家に帰ってきて夜になるとどうしようもない不安や寂しさが押し寄せる…。

 

そんな悩みを抱えた方に向けて。

 

当記事では、一人暮らしに限らず、社会人が感じる孤独との向き合い方について紹介します。

 

こんにちは、れもん (@lemologue) です。私は、縁もゆかりもない地方都市の企業でサラリーマンとして働きながら一人暮らしをしている20代後半の社会人です。

 

寂しさを感じる時がないといえばウソになりますが、それでも孤独との向き合い方を知っているため、毎日平和に生きています。

 

当記事で伝えたいことはこちら。

  • 人は誰もが孤独であるということ
  • 他人と比較しないことが大切ということ
  • 社会の中で自分の存在意義を見つけること

 

孤独を感じることは極めて正常であり、その中で私たちはなにをすべきか。

 

それらについて詳しく紹介したいと思います。

 

一人暮らし社会人の寂しさへの対処法

一人暮らしで寂しいと感じた時どうすればいいのか。

 

まず、「時間つぶし的な対処法は一時的な気の紛らわしにしかならない」と知っておくといいです。

 

  • テレビをつける
  • 映画を見る
  • ツイッターでつぶやく
  • 恋人をつくる
  • 習い事をする
  • 本を読む

 

時間をつぶすための方法はいくらでもあります。

 

ですが、これらのことをやってみてもきっと寂しさは消えてくれません。

 

一時的には寂しさを忘れても、また数日後の夜にはぶり返しのように訪れるでしょう。

 

そもそもテレビや映画を見て寂しさがきれいさっぱり消えるなら、だれも今頃悩んでいません。

 

寂しさの根幹はもっと深いところにあると思っています。

 

では、寂しくて胸が押しつぶされな夜をどう過ごせばいいのか。

 

答えは、「孤独との向き合い方」にあると思っています。

 

社会人の孤独との向き合い方

「自分はひとりである」

 

寂しさと闘うには、この孤独に向き合っていくしかありません。

 

その上でやるといいことは3つあります。

  1. 友達や恋人がいたら孤独ではなくなるのか考える
  2. スマホから距離を置いて内省する時間を持つ
  3. 社会の中で自分の存在意義をつくる

 

1. 友達や恋人がいたら孤独ではなくなるのか考える

そもそも論ですが、「本当に友達や恋人がいたら寂しくなくなるのか」。

 

友達がいれば寂しくない

恋人がいれば寂しくない

家族がいれば寂しくない

 

「でもそれって本当ですか?」ってことです。

 

実家に暮らしていた時に寂しさを感じたことはないですか?

友達と遊びに行っても家に帰ると寂しさを感じたことはないですか?

恋人がいても寂しさを感じたことはないですか?

 

一人でいる時間を限りなく減らして、人とずっといれば寂しさは解消されるのでしょうか。

 

答えはNOだと思います。

 

どれだけ友達がいても、大好きな彼氏彼女がいても、家族がいても、やっぱり寂しいと感じるときはあります。

 

なぜならば、人は皆ひとりだからです。

 

どれだけ周りに人が溢れている人でも言葉に出さないだけで、ふとっした瞬間に孤独を感じるものです。

 

皆ひとりは寂しいから人の温もりを求めますが、どれだけ近くに誰かがいてもやっぱり人は孤独です。

 

だから、孤独でいることを悪と考えず、「人はみんなひとりなんだ、それで普通なんだ」と考える。

 

このことを考え方のベースに置くといいです。

 

2. スマホから距離を置いて内省する時間を持つ

孤独を感じることの原因に、「他人との比較」があります。

 

そして、他人と比較してしまう大きな要因は、スマホの存在です。

 

1秒で起動できて、1秒でツイッターを見れてしまう。

 

タイムラインには友達の楽しそうなツイートが並んでいる。

 

「友達は楽しそうにしているのに自分は・・・」

「友達には恋人がいるのに自分は・・・」

「友達は趣味があるのに自分は・・・」

 

そうやってスマホで誰かと自分をすぐに比較できてしまう環境が、自分だけが孤独であるように錯覚させます。

 

ですが、人は皆ひとりです。

 

SNSで楽しそうにしている友人もどこかで孤独を感じています。

 

SNSのタイムラインに流れる投稿は、あくまで時間の一瞬を切り取ったものでしかありません。

 

見えないところでみな孤独を抱えています。

 

だから寂しさを紛らわすようにスマホを触って、他人と自分を比較することは自滅行為でしかありません。

 

スマホから適度に距離を置き、もっと自分の感情を観察する時間が必要です。

 

寂しさを感じた時に気を紛らわすのではなく、「ああ、孤独だ」と観察するということです。

 

意味がないように思えますが、孤独を観察することは孤独を受け入れるための第一歩です。

関連記事:脱スマホ生活を1週間続けてみて実感した4つのこと

 

3. 社会の中で自分の存在意義をつくる

人はみな孤独です。

 

人はひとりが寂しいから群れを作って社会を作りました。

 

だから、社会から必要とされることは自分の存在をとても勇気づけてくれます。

 

社会から必要とされる人間になるのは、何かを消費するのではなく、生み出す側にまわるる必要があります。

 

誰かが作ったテレビ番組を見るのではなく、

誰かが作ったYoutube動画を見るのではなく、

誰かが作った小説を読むのではなく、

誰かが作ったWebメディアを見るのではなく、

 

あなたが作品を創り、そして、それが誰かの役に立つ。

 

そこではじめて社会の中で自分の存在意義を感じられます。

 

つまり、「創作活動をしようぜ」ってことです。

 

なんでもいいから自分の興味のあることで作品をつくってみる。不格好でもいいからとにかくまずは作ってみる。そして、作品が出来上がったらインターネットのプラットフォームを活用して公開してみる。

 

すると、なにかしらの反応があります。

自分に足りないスキルや知識を痛感します。

 

そうすれば、もっといい物を作りたい。もっと誰かの役に立ちたい。

 

そう思えてきます。

 

表面的な人とのつながりに孤独を埋める”なにか”求めるのではなく、社会の中での自分の存在意義をつくる。

関連記事:暇すぎる一人暮らしにはひとりでできる創作活動が最高におすすめ

 

最後に

一人暮らし社会人の寂しさへの対処法について紹介しました。

 

当記事をまとめます。

  • 時間つぶし的な対処法では寂しさは消えない
  • 友達がいても恋人がいても人は皆ひとりであることを知る
  • スマホから距離を置き、自分が孤独であることと向き合う
  • 創作活動を続けて社会の中で自分の存在意義をつくる

 

ひとりでいることは怖い。

孤独は怖い。

 

めちゃくちゃ分かります。

 

でも人はどこまでいってもひとりだから、まずはその事実を受け入れ、社会の中で自分の存在意義を作るために時間を使うべきだと、私は思います。

関連記事:何をやっても楽しくない人に試してほしい対処法【副業推奨】

 

以上

毎日使う愛用品

20代後半ミニマリスト男が毎日使っている愛用品

Amazonおすすめ商品

月8万円で暮らす20代後半ミニマリストがAmazonで買ってよかったもの8選

映画・ドラマ・アニメが無料で見放題

映画・ドラマ・アニメを289日間無料で見放題にする方法を紹介。

不用品買取・回収サービス

不用品をまとめて処分できるおすすめの不用品買取・回収サービスまとめ23選

レンタル・シャアリングサービス

持たない暮らしに最適なレンタル・シェアリングサービスまとめ10選
by
関連記事