2019.12.26

平凡な人間が人生のバイブルにしている3冊の本

 

平凡な人間はどんな生き方を目指したらいいのか分からない。

 

そんな悩みを持つ方に向けて。

 

世の中のほとんどの人は平凡な人間なわけで、周囲の人を見渡しても同じような人ばかりなわけです。

 

だから、「自分も今のままでいっか」と安心してしまう。

 

でも、周りの人と同じように生きていたら、同じような人生しか歩めません。

 

周囲の人が自分の理想の生き方をしているのならそれでいいのかもしれません。

 

ですが、「自分はあんなふうにはなりたくないな。でも、どうしていいのか分からない」と思うことがほとんどなのではないでしょうか。

 

「いまよりもっと毎日が充実していて、もっと自由な生き方がしたい!」

 

そう思うなら、マインドを切り替えるしかありません。

 

当記事では、月8万円で一人暮らしをしながら副業でもお金を稼ぐサラリーマンである私が、人生のバイブルにしている3人の偉人とおすすめ書籍について紹介します。

関連記事:20代一人暮らしミニマリスト男の生活費って?【月8万円で暮らす内訳】

 

平凡な人間が人生のバイブルにしている3冊の本

私が人生のバイブルにしている3冊の本はこちら。

  1. 本田静六:私の生活流儀
  2. 岡本太郎:自分の中に毒を持て
  3. 渋沢栄一:論語と算盤

 

1. 本田静六:私の生活流儀

created by Rinker
¥376 (2020/04/08 16:07:47時点 Amazon調べ-詳細)

 

私の人生の指針といっていい人物。

 

それが、本田静六です。

 

本田静六は、日本中に公園を作りまくったり、東大教授を定年退職後は投資で稼いだ巨額の資産を全額寄付したりと、並みの人間ではできないことをしています。

 

ですが、その根幹にはストイックな質素な暮らしや、給料の4分の1を天引きして投資に回すといった、地味だけど地に足のついた生き方が見えます。

 

そんな本田静六の本から私たちが学べること。

  • 質素に暮らすことが蓄財に繋がること
  • 歩くことが健康に生きる上で大切ということ
  • 自由に生きるにはお金が必要だということ
  • 仕事を道楽化できたら老いないということ
  • 給料の4分の1を投資に回し続けること
  • よく働き、よく食べ、よく寝ることが幸せということ

 

当たり前のことのようだけど、私たちは日常生活の中で大切なことを見落としています。

 

苦しみながらサラリーマンを続け、仕事のストレス発散にお金を散財しているわけで、この状況は明らかに真っ当ではありません。

 

周りの人間も同じだから仕方がないと諦めてはいけません。

 

もっと健全な方向に人生の舵をきるべきです。

 

職業観やお金のこと、日常生活のことに触れた「私の生活流儀」は、平凡なサラリーマンにぜひ読んでほしい1冊です。

created by Rinker
¥376 (2020/04/08 16:07:47時点 Amazon調べ-詳細)

 

▼Kindle UnlimitedとAudibleでも対象本なので、無料体験でタダで読むこともできますよ!

Kindle Unlimited:月額980円で対象本を読み放題

Audible:月額1,500円で月に1冊オーディオブックが聴ける

 

2. 岡本太郎:自分の中に毒を持て

 

大阪万博の太陽の塔をつくったことで有名な岡本太郎。

 

芸術家である岡本太郎ですが、常識に中指立てるかなり尖った思考の持ち主。

 

ですが、岡本太郎の価値観は、終身雇用・年功序列といった誰しもが横並びの時代が終焉を迎えた現代において、とてもしっくりときます。

 

  • 忠実に生きることは甘えていることにすぎない
  • 自分自身と闘い、自分の殻を突き破る
  • 型通りの生活は人生をあきらめること
  • 危険だと感じる道は自分が本当は行きたい道
  • 自分を大事にしようとするから生きがいを失う
  • 出る杭にならなければ人生は切り開かれない

 

なんともゴリゴリな思想。

 

しかし、これまでの日本は”みんな同じ”でも社会の仕組みが生活を保障してくれていましたが、私たちがこれから生きる時代は無差別級の時代。

 

他人と同じことをしていたらダメなわけです。

 

だから、社会の型式にはまった生き方ではなくて、恐怖を乗り越えて挑戦的な生き方を目指していかなければいけません。

 

無難な生き方は楽で簡単だから流されてしまう。

 

「でもそれではダメなんだ!頑張れ俺!」と勇気をくれる1冊です。

 

3. 渋沢栄一:論語と算盤

created by Rinker
KADOKAWA
¥836 (2020/04/08 09:50:33時点 Amazon調べ-詳細)

 

現代も生き残る日本の大企業の設立に関わりまくった大実業家。

 

それが、渋沢栄一。

 

「実業家なんてサラリーマンの自分には全く関係ない」

 

そう思うかもしれません。

 

ですが、渋沢栄一から学べることは経営に関する考え方だけではありません。

 

渋沢栄一は、孔子の生き方である「論語」を日常生活でも根底においており、その生き方の哲学からは学びがあります。

 

論語に一度でも触れたことがある人は分かると思いますが、論語ってすごく難しいんですよね。

 

「なんとなくいいことを言っているっぽいけど、なんだかよくわからない」

 

そんなどこか腹落ちしない論語を、日常生活や仕事にどうやって融合させるかを気づかせてくれます。

 

論語と算盤」は、経営者向けのビジネス書になりますが、平凡なサラリーマンが個人でも副業でお金を稼げる時代です。

 

商売における根っこの根っこの考え方を、自分に植え付けるためにも最適な1冊になります。

created by Rinker
KADOKAWA
¥836 (2020/04/08 09:50:33時点 Amazon調べ-詳細)

 

最後に

平凡な人間が人生のバイブルにしている3冊の本について紹介しました。

 

当記事をまとめます。

  • 本田静六からは、よく働き、よく食べ、よく眠るという当たり前な生き方を知る
  • 岡本太郎からは、世間の常識に縛られず、尖った生き方をするための勇気をもらえる
  • 渋沢栄一からは、道徳心を持って生きることの大切さを学べる

 

「もっと人間らしく、もっと楽しく、もっと刺激的に、もっと愛される生き方をしたい!」

 

そう願うのなら、人生の指針となる人物を見つけるのが早道です。

 

しかし、そんな目指すべき人生の哲学を持った人はなかなか周囲にはいません。

 

だから、本を読もう。

 

本の中で自分にとっての目標を見つけだして、その人のエキスをたくさん自分の中に取り込む。

 

そんな人生のバイブル本を見つけられたなら、人生は今よりも間違いなくいい方向に開けます。

関連記事:社会人が教養として絶対に身につけておきたい3つのこと

 

以上

毎日使う愛用品

20代後半ミニマリスト男が毎日使っている愛用品

Amazonおすすめ商品

月8万円で暮らす20代後半ミニマリストがAmazonで買ってよかったもの8選

映画・ドラマ・アニメが無料で見放題

映画・ドラマ・アニメを289日間無料で見放題にする方法を紹介。

不用品買取・回収サービス

不用品をまとめて処分できるおすすめの不用品買取・回収サービスまとめ23選

レンタル・シャアリングサービス

持たない暮らしに最適なレンタル・シェアリングサービスまとめ10選
by
関連記事