MENU
プロフィールの画像
プロフィール
れもん(29)
20代後半の倹約家サラリーマン。月6万円の生活費で一人暮らしをしています。

社会人4年目に苦手な営業から転職したことをきっかけに、自分にとって理想の暮らしを真剣に考えることに。

現在は、生活コストを徹底的に抑え、本業×副業でお金を稼ぎ、余剰資金を米国高配当株ETFに投資に回すことで、経済的な自由を目指しています。
サイト情報の画像
サイト情報
なにおれ
きっと何者にもなれない俺たちのライフスタイル。通称「なにおれ」。

ミニマリズムをベースに、少ないお金でも楽しく暮らす方法について発信しています。

何者にもなれなかった大人たちに、ゆるく気楽に生きていくライフスタイルを提案。

お金

お金のこと

将来が不安だからお金を貯めたい。

誰もがそう思っているはずです。

お金を貯める最も簡単な方法は、「生活コストを下げること」

これは間違いありません。

即効性があり、再現性もあります。なにより、節約には、才能もセンスも必要ありません。

やるか、やらないか。

たったそれだけ。

少ないお金でも健康的で楽しく暮らせるかどうかは、知っているか知らないか、やるかやらないかの違いだけです。

プロフィール
れもん(29)
  • 20代後半のサラリーマン
  • 月6万円の生活費で一人暮らし
  • 金融資産1,000万円以上
  • 米国高配当株式ETF + つみたてNISA運用
  • 年間配当金20万円

生活コストを下げるメリット

生活コストを下げる上で一番重要なポイント。

それは、「生活コストを下げると、どんないいことがあるのかを知ること」です。

目的なき行動は、モチベーションの維持ができません。

では、なぜ生活コストを下げるといいのか。

それは、生きるハードルが下がること。そして、まとまった資産は人生の選択肢が広げることができるからです。

想像してみてください。

月6万円でも生活できる人と月20万円ないと生活できない人、どちらが気楽に生きられるでしょうか。

答えは明白。

月6万円で生活できるほうが圧倒的に楽です。

「生活のためだから」と朝から晩まで必死に働いて月20万円を稼がなくても、月10万円をアルバイトで稼げくという選択でもできるかもしれません。

もちろん、月20万円稼ぎながら月6万円で生活して、毎月14万円を貯金したっていい。年間で150万円以上の貯蓄になります。お金が貯まれば、嫌な仕事をやめて転職する余裕もでてきます。

つまり、生活コストが下がるということは、それだけお金を稼がなくても生きていけるということ。お金を稼いでも爆速で貯金できるようになるので、人生の選択肢はどんどん広がっていく。

こういうことです。

まず読んでほしい記事10選

1. 月10万円で暮らすコツ

2. 節約術まとめ

3. 少ないお金で楽しく暮らす生活

4. 倹約家になるメリット

5. 資産1,000万円を作るステップ

6. 米国高配当株ETF【VYM】に投資する理由

7. 楽天経済圏の始め方

8. 資産運用の勉強におすすめの本

9. 食費を月2万円未満にする方法

10. 身の丈で暮らす