2019.11.12

一人暮らしの部屋から生活感をなくすお手軽テクニック5選

 

一人暮らしをしているけど、なんだか生活感が丸出し。いつでも友達や恋人を呼べるようなシンプルで生活感のない部屋にしたい。

 

そんな疑問を持つ人に向けて。

 

私は、1k6畳の部屋で一人暮らしをするミニマリストです。

部屋をできるだけシンプルにするために生活感を徹底的に排除しました。

 

当記事では、その中でも効果の大きいと感じたテクニックを5つ紹介します。

関連記事:【断捨離を実践】20代後半ミニマリスト男の一人暮らし部屋を公開

 

一人暮らしの部屋から生活感をなくすお手軽テクニック5選

生活感をなくすテクニックはこちら。

  1. ゴミ箱を隠す
  2. 日用品は詰め替える
  3. ティッシュ箱は隠す
  4. テーブルにものを置かない
  5. カーテンを外す

 

1. ゴミ箱を隠す

これだけでもかなり部屋から生活感がなくなります。

 

それが、ゴミ箱を隠すこと。

 

こちらは我が家のキッチンです。

キッチン

ゴミ箱がないだけでも、かなりスッキリと見えませんか?

 

「ゴミ箱はどこに行ったんだ」って話ですが、シンク下の収納スペースに隠しています。

シンク下にゴミ箱を設置してみると実感するのですが、ゴミ箱の本来の居場所はここのような気がします。

 

外から目に触れることもなく、機能性も悪くなく、冷暗所でにおいの原因にもなりくい。

 

私の場合はダンボールにゴミ袋を被せていますが、大きなショップバッグにゴミ袋を設置すれば、嫌な臭いのついたショップバッグを簡単に交換することもできます。

 

ゴミ箱を隠すためにやることは簡単。

  1. これまで使っていたゴミ箱は捨てる
  2. シンク下の収納を空っぽにする
  3. ゴミ袋を設置する

 

これだけで生活感のない実用的なキッチンを作ることができます。

関連記事:ミニマリストのキッチンに「ゴミ箱は不要」と断言できる理由

 

2. 日用品は詰め替える

日用品は詰め替える。

 

日用品のパッケージは生活感の塊です。

 

  • 食器用洗剤
  • 洗濯用洗剤
  • シャンプー
  • ボディーソープ

 

などなど。

 

日用品は購入したまま置いておくのではなくて、ボトルに詰め替えてインタリア化させるのがおすすめ。

 

詰め替えボトルは、「無印良品」で1本300円とかで購入できます。

出典:無印良品

 

部屋中のボトルを無印良品で統一させるだけでも生活感をなくすことができます。

関連記事:無印良品で買ってよかった一人暮らしにおすすめのアイテム

 

3. ティッシュは持たない

ティッシュ箱も部屋にあるだけで生活感丸出しです。

 

そのため、ティッシュ箱はどこかに隠す。もしくは、そもそも持たないことがおすすめ。

 

個人的には、ティッシュは必要ないと思っています。

 

なぜならば、トイレットペーパーかキッチンペーパーで代用可能だからです。

 

私の場合、ティッシュが必要になった時だけ、トイレットペーパーかキッチンペーパーを使っています。

 

ティッシュ箱を持たないことで部屋から生活感をなくすことができるだけでなく、地味な節約につながるので一石二鳥ですね。

関連記事:日用品代を節約するために兼用化できるアイテム15選

 

4. テーブルに物を置かない

テーブルにあれこれと物を置くのはやめましょう。

 

  • ティッシュ箱
  • テレビのリモコン
  • メガネ
  • 雑誌

 

などなど、テーブルの上に物が散らかっていませんか?

 

テーブルは”物を置くため”の場所ではありません。

 

物を”使うため”の場所です。

 

食事をしたり、本を読んだり、日記を書いたり、パソコン作業をしたり。

 

そのため、本質から外れて物置場として使っているのは違和感が生まれるわけです。

 

まずはいらないものを徹底的に捨てて、残った物はきちんと置き場所を決める。

 

それだけでテーブルの上に物が溢れることはなくなるはずです。

関連記事:【断捨離のやり方】一人暮らしミニマリストが実践した3ステップ

 

5. カーテンを外す

部屋を部屋らしくしてしまっている原因に、カーテンの存在があります。

 

雑貨屋、美容院、モデルルームなどを見ればわかりますが、おしゃれで生活感のない空間にはカーテンがありません

 

そのため、カーテンなし生活を試してみるのもいいです。

 

実際、私の部屋でもカーテンを外しています。

 

カーテン「あり」と「なし」で、どう見た目に影響するか比較してみます。

 

▼カーテンあり

カーテン

 

▼カーテンなし

どうでしょうか。

 

カーテンがないだけで、かなりスッキリとした印象になる思いませんか?

 

個人的には、部屋の中が丸見えだからといって大した問題ではないと思っており、また、朝陽で自然に目が覚めるようになるので快適ですね。

 

とはいえ、女性の一人暮らし、マンションの1階、人通りの多い場所、街灯の光が入る場所などの場合、カーテンを取っ払ってしまうのは難しいかもしれません。

 

「なくても気にならない」という人だけ、カーテンなし生活を試してみてはどうでしょうか。

関連記事:部屋にカーテンはなしでいい理由【ミニマリストのカーテンなし生活】

 

最後に

一人暮らしの部屋から生活感をなくすお手軽テクニックについて紹介しました。

 

当記事をまとめます。

  1. ゴミ箱をシンク下のスペースに隠す
  2. 日用品は無印良品の詰め替えボトルに移す
  3. ティッシュはそもそも持たない
  4. テーブルの上はなにも物を置かない
  5. 気にならない人はカーテンを外す

 

生活感といっても、「いい意味の生活感」と「悪い意味の生活感」があると思います。

 

悪い意味の生活感とは、無駄な物が多くて、コンセプトのバラバラの物で散らかっている状態。いい意味の生活感とは、スッキリと機能的に生活ができる状態のことをいうと思っています。

 

無駄な物がなく、生活がしやすいようにカスタムされたいい生活感のある部屋で暮らすのは、本当に心地がいいのですよ。

 

▼少ないインテリアでシンプルな部屋作りを作るコツを説明

関連記事:ミニマリスト流!少ないインテリアでおしゃれな部屋を作る7つのコツ

 

▼過剰なインテリアは圧迫感を生むので、シンプルな部屋を作りために手放すといいインテリアを紹介

関連記事:インテリアの断捨離でシンプルな部屋作り!ミニマリストが捨てたもの8選

 

▼一人暮らしのミニマリストがこれまでに捨てたものたちを紹介

関連記事:ミニマリスト×サラリーマンが一人暮らしの部屋で捨てたもの25選

 

以上

毎日使う愛用品

20代後半ミニマリスト男が毎日使っている愛用品

Amazonおすすめ商品

月8万円で暮らす20代後半ミニマリストがAmazonで買ってよかったもの8選

映画・ドラマ・アニメが無料で見放題

映画・ドラマ・アニメを289日間無料で見放題にする方法を紹介。

不用品買取・回収サービス

不用品をまとめて処分できるおすすめの不用品買取・回収サービスまとめ23選

レンタル・シャアリングサービス

持たない暮らしに最適なレンタル・シェアリングサービスまとめ10選
by
関連記事