MENU
プロフィールの画像
プロフィール
れもん(29)
20代後半の倹約家サラリーマン。月6万円の生活費で一人暮らしをしています。

社会人4年目に苦手な営業から転職したことをきっかけに、自分にとって理想の暮らしを真剣に考えることに。

現在は、生活コストを徹底的に抑え、本業×副業でお金を稼ぎ、余剰資金を米国高配当株ETFに投資に回すことで、経済的な自由を目指しています。
サイト情報の画像
サイト情報
なにおれ
きっと何者にもなれない俺たちのライフスタイル。通称「なにおれ」。

ミニマリズムをベースに、少ないお金でも楽しく暮らす方法について発信しています。

何者にもなれなかった大人たちに、ゆるく気楽に生きていくライフスタイルを提案。

ミニマリスト

ミニマルに暮らす

自分に本当に必要なものを見極め、少ないもので暮らす。

ミニマルな暮らしが体に馴染むようになったころには、たくさんの効果を実感しています。

  • 「なんだか最近疲れている」
  • 「集中力が持たない」
  • 「働いても働いてもお金が貯まらない」
  • 「ストレス発散にお金を使ってしまう」
  • 「自分にとって大切な価値観がわからない」

そんな方は、持っているものを手放し、ミニマルに暮らしてみることをおすすめします。

ものに囲まれて生活していたころには見えなかった世界が見えるようになります。

プロフィール
れもん (29)
  • 20代後半のサラリーマン
  • 月6万円の生活費で一人暮らし
  • 持ち物は全部で97点
  • 服は仕事着も合わせて16着
  • 靴は革靴とスニーカー2足づつ

ミニマルに暮らすメリット

ミニマルに暮らすことの最大のメリット。

それは、「お金が貯まりやすくなること」だと思っています。

現代の日本では、ほとんどお金を使わなくても十分すぎるほどに文化的で豊かな暮らしができます。

実際、私は一人暮らしをしていますが、自分が生活するために使っているお金は月6万円ほどです。

「月6万円の極貧生活なんていやだ!」

と、感じることがほとんどだと思います。

しかし、ものから解放された世界では、「お金を使う ≒ 幸福」だと実感できます。

実体験から確信していますが、少ないお金でも間違いなく幸せは感じられます。

これは、ものを手放す過程で、「自分に本当に必要なものやサービスを見極める力がつくから」です。

暮らしに必要なものが少なくなれば、それだけ生活コストも下がります。

そのため、ミニマリストになれば、だれでもお金が貯まるようになります。

まず読んでほしい記事10選

1. ミニマリストに興味がある人

2. 断捨離の心得

3. ミニマリストが捨ててよかったもの

4. ミニマリストになると節約できる理由

5. ミニマリストは病気なのか?

6. 断捨離で実感した効果

7. 服が捨てられるようになる

8. 断捨離は3ステップ

9. クローゼットの収納術

10. シンプルな部屋作りのコツ