MENU
プロフィール
れもん(29)
20代後半の倹約家サラリーマン。月6万円の生活費で一人暮らしをしています。

社会人4年目に苦手な営業から転職したことをきっかけに、自分にとって理想の暮らしを真剣に考えることに。

現在は、生活コストを徹底的に抑え、本業×副業でお金を稼ぎ、余剰資金を米国高配当株ETFに投資に回すことで、経済的な自由を目指しています。
サイト情報
なにおれ
きっと何者にもなれない俺たちのライフスタイル。通称「なにおれ」。

ミニマリズムをベースに、少ないお金でも楽しく暮らす方法について発信しています。

何者にもなれなかった大人たちに、ゆるく気楽に生きていくライフスタイルを提案。
【年末までに絶対にやるべきこと】楽天ふるさと納税で豪華返礼品をGET

ミニマリストになれば低収入でも貯金ができる3つの理由

 

ミニマリストになれば貯金ができるって聞いたけど、本当?

 

そんな疑問に答えます。

 

こんにちは、なにおれ (@lemologue) です。私は、年間300万円以上貯金している一人暮らしのミニマリストサラリーマンです。年収は決して高くはありませんが、年間支出が100万円程度ですんでいることが大きいです。

 

ミニマリストになれば、我慢に我慢を重ねた貧困生活みたいな感じではなくて、お金をかけずに暮らせるようになります。

 

だから、自然とお金が貯まります。

 

当記事では、ミニマリストになれば低年収でも貯金ができるようになる理由を解説します。

関連記事:20代一人暮らしミニマリスト男の生活費って?【月8万円で暮らす内訳】

 

目次

ミニマリストになれば低収入でも貯金ができる3つの理由

ミニマリストになると貯金できるようになる理由は3つあります。

  1. 暮らしに必要ないものが見極められるようになる
  2. 物欲を刺激されることが減る
  3. 少ないもので暮らす快適さを体感できる

 

1. 暮らしに必要ないものが見極められるようになる

まずはなんといってもこれ。

 

ミニマリストになると、自分の暮らしになくても困らないものを見極められるようになります。

 

会社の同僚や友達と話していると、「見栄」や「便利さ」、「安心」のためにお金をたくさん使っているなあ、と感じます。

 

  • 家電
  • ガジェット機器
  • 保険
  • インテリア
  • 高速通信
  • 月額会員
  • スポーツジム

 

これらのものはあったほうが豊かな暮らしであることは間違いありません。

 

ですが、別になくても困らないこともまた事実。

 

それでも、「別になくても困らないこと」にすら気が付いていない人が多いのです。

 

ミニマリストとなって持っているものを手放す過程で、「これは捨てると困るかな?必要かな?」と自分と対話することによって、自分にとって本当に必要なものを見極めるスキルが自然と身につきます。

 

だから、ミニマリストは支出を抑えることができます。

関連記事:【ミニマリスト向け】社会人男性の一人暮らしでいるもの【まとめ】

 

2. 物欲を刺激されることが減る

続いてはこれ。

 

ミニマリストになると、物欲を刺激されることが減る。

 

物欲って意思の力でコントロールすることは相当難しいと思っています。

 

コンビニでチョコレート売り場の前に立っていると、「チョコを食べたい!」という欲求を抑えられなくなりますよね。これがダイエット中で食べてはいけないと頭で分かっていても、同じようにチョコを買ってしまうのが人間というものです。

 

では、どうすればいいのか。

 

それは、ものを手放すことで物欲を刺激するものから物理的に距離を置くことです。

 

具体的には「テレビ」。他にも、「日用品のパッケージ」や「雑誌」などからも刺激を受けます。

 

自分では物欲が刺激されていると思っていなくても、無意識のうちに刺激されているものです。

 

たとえば、テレビドラマを見ていてかっこいい俳優が出演していたとしますよね。その俳優が着ている服や乗っている車を目にするだけで「あんな服や車があれば俺もかっこよくなれるかなあ」と無意識に思ってしまうものです。

 

だから、ものを手放して物欲を刺激するものから距離を置くことで、自然と余計なものを買わなくなるということです。

関連記事:ミニマリストでなくてもテレビを断捨離するべき5つの理由

 

3. 身軽に暮らすことの快適さを体感する

最後に3つめです。

 

身軽に暮らすことの快適さを体感することで、ものを持ちたいと思わなくなります。

 

少ないもので暮らすとわかるのですが、家の中にものが少ないだけでめちゃくちゃ快適になるんですよ。

 

  • 部屋が広く感じる
  • 掃除の時間が減る
  • 物に集中力が散らせれない
  • 引っ越しが楽

 

家中にものが溢れていると圧迫感を感じたり、掃除の手間が増えたりするだけでなく、なにかと選択肢の多さに脳が疲れてしまうんですよね。

 

ですが、ものが少ないだけで物理的な解放感を感じられたり、服を選んだりする選択肢も少なくなるため、暮らしがずっとシンプルになるんですよね。

 

もう、これが病みつきになるほど快適。

 

だから一度でも、ものを減らすことで、ものを増やしたいとは思わなくなります。

 

「ものを増やさない」ということは、「お金を使わない」ということとほぼイコールなので、当然支出も減ります。

関連記事:身軽に暮らすための断捨離のコツとは?【30cm以上のモノは持たない】

 

ミニマリストになれば生活費はいくらで生活できるのか?

結論、東京をでなければ一人暮らしでも月10万円あれば暮らせます。

 

もちろん、ものを手放しただけでいきなり月10万円で暮らせるようになるわけではありません。

 

ものを手放すことを経験することで、大雑把ですがこんな感じの気づきがあるはずです。

  1. まずは持っている物を手放す
  2. 意外とものがなくても生活できることを経験する
  3. サービスも必要最小限に見直したくなる
  4. サービスもあまり必要ないことに気がつく
  5. いつの間にか支出を抑えた暮らしができていた

 

もっと具体的にいうと、ミニマリストの思考回路ってこんな感じなんですよね。

家賃 「少ないものしかないから狭い部屋でもいいや」
水道光熱費 「快適な暮らしのためにここはケチるとこではないな」
スマホ代 「Youtubeが見れれば十分だから格安SIMでいいや」
保険代 「お金を貯めればいいや」
車維持費 「車のいらないところに住もう」
食費 「外食のほうがコスパ悪いなあ」
娯楽費 「お金を使わなくても楽しいことってあるよな」
日用品 「これとあれは兼用化できそう」
美容費 「ほんとに美容院って必要?」
衣服費 「好きな服だけあればいいや」
交通費 「歩けばよくない?」

 

必要最低限の身の丈にあった暮らしができるようになるので、自然と生活コストは下がります。

 

もし、月10万円で生活できるようになれば、手取り20万円の人で毎月10万円も貯金できるということになります。

 

貯金って月に1万円とか2万円とかではあまり効果を実感しないんですよね。1年経っても10万円、20万円しか貯まらないので、せっかく貯めたのに「んー」みたいな。

 

でも、生活コストを下げられれば、給料が変わらなくてもガツンッとお金が貯められるようになります。

 

月10万円貯金できれば、年間で100万円とまとまった金額になるので、10万円や20万円と比べるとずいぶんと安心感がありますよね。

 

貯金が増えれば人生の選択肢も広がるので、生活を下げるメリットって計り知れないですよ。

関連記事:20代は貯金がいくらあればいい?若いうちからお金を貯めたほうがいい理由

 

最後に

ミニマリストになれば低年収でも貯金できるようになる理由を紹介しました。

 

当記事をまとめます。

  1. ミニマリストは生活コストが下がるため貯金ができるようになる
  2. ものを手放す過程でなくても困らないものを見極められるスキルが身につく
  3. ものから物欲を刺激されることが減り、余計なものを買わなくなる
  4. 少ないもので暮らす快適さを体感し、ものを増やしたいと思わなくなる

 

会社員の上がらない給料、終身雇用の崩壊、増え続ける社会保険料。

 

これらの社会背景を考えても、堅実にお金を貯めることは誰にとっても大切です。

 

給料を上げることはすぐにはできないため、生活コストを下げることが凡人にとって貯金する重要な鍵になります。

 

贅沢な暮らしに慣れてしまった人にとっては生活コストを下げることも難しいため、まずは持っているものを手放しましょう。

 

ものを手放し、ものから解放されることで、自然と支出をしない暮らしができるようになります。

 

▼一人暮らしで捨ててよかったものを紹介しています

関連記事:ミニマリスト×サラリーマンが一人暮らしで捨てたもの25選

 

▼断捨離のやり方は3ステップに分けて考えることができます

関連記事:【断捨離のやり方】一人暮らしミニマリストが実践した3ステップ

 

▼少ないお金でも豊かに暮らす方法について紹介しています

関連記事:少ないお金で豊かに暮らす10のコツ!月8万円で暮らす倹約家が紹介

 

▼ミニマリスト直伝の節約テクニックをすべて公開しています

関連記事:【節約術まとめ】月8万円で生活するミニマリストの節約テクニック22選

 

以上

よかったらシェアしてね!

ミニマリスト男の厳選愛用品

20代後半のミニマリスト男が毎日使っているコスパ抜群の愛用品たちを紹介。

不用品買取おすすめサービス23選

「断捨離で出てきた不用品を少しでも高く買い取ってほしい!」

そんな方におすすめの買い取りサービスをまとめました。

運営者

20代後半の倹約家サラリーマン。月8万円の生活費で一人暮らしをしています。社会人4年目に苦手な営業から転職したことをきっかけに、自分にとって理想の暮らしを真剣に考えることに。現在は、生活コストを徹底的に抑え、本業×副業でお金を稼ぎ、余剰資金を米国高配当株ETFに投資に回すことで、経済的な自由を目指しています。

目次
閉じる