MENU
プロフィール
れもん(29)
20代後半の倹約家サラリーマン。月6万円の生活費で一人暮らしをしています。

社会人4年目に苦手な営業から転職したことをきっかけに、自分にとって理想の暮らしを真剣に考えることに。

現在は、生活コストを徹底的に抑え、本業×副業でお金を稼ぎ、余剰資金を米国高配当株ETFに投資に回すことで、経済的な自由を目指しています。
サイト情報
なにおれ
きっと何者にもなれない俺たちのライフスタイル。通称「なにおれ」。

ミニマリズムをベースに、少ないお金でも楽しく暮らす方法について発信しています。

何者にもなれなかった大人たちに、ゆるく気楽に生きていくライフスタイルを提案。
【11/27~12/1】Amazonブラックフライデー&サイバーマンデー開催中!ミニマリストがほしいアイテム6選

もう一歩踏み込んだお金の知識をつける5つの経験

「お金の知識をつけることは大事」ってよく聞くけど、なんだかいまいちピンと来ない。

そんな方に向けて。

こんにちは、なにおれ (@lemologue) です。月6万円の倹約生活、副業ブログの運営などにより、20代で資産1,000万円以上を作ったサラリーマンです。

お金の知識を身につけるには、お金の本を読むとか、家計簿をつけてみるとかがいいっていうけど、なんだかしっくりこない。

その気持ち分かります。

本を読んだからといって、なにかが変わるわけではないですからね。

つまり、知識は学ぶだけでは不十分ということ。

「もう一歩踏み込んだお金の知識」をつけるには、経験することが重要です。

当記事では、ただの知識で終わらないお金の知識をつける方法について紹介します。

プロフィール
れもん(29)@倹約家サラリーマン
  • 20代後半サラリーマン
  • 月6万円の生活費で一人暮らし
  • 20代で1,000万円以上の蓄財
  • 全97点の持ち物で暮らすミニマリスト
目次

もう一歩踏み込んだお金の知識をつける5つの経験

経験してほしいことは、5つあります。

  1. 生活費を身の丈に合わせてみる
  2. つみたてNISAで資産運用してみる
  3. 1円を自分の力で稼いでみる
  4. ふるさと納税で確定申告してみる
  5. 1,000円で誰かにプレゼントしてみる

生活費を身の丈に合わせること

お金の知識といえば、まずは節約です。

支出を下げることで、お金は貯まりやすくなり、生活のために稼がなければいけないお金も少なくてすむので、生きることがずいぶんと楽になります。

節約というと、たくさんのノウハウが出回っていますよね。

  • 家賃を抑える
  • 格安SIMに変える
  • 自炊する
  • 中古品を買う

しかし、節約においてひとつ疑問が浮かびます。

(一体、どれだけ節約すればいいのか?)

ということ。

大切なことは、自分の収入の身の丈に合った生活費で暮らすことです。

具体的には、最低でも手取り25%は貯蓄できること。

あくまで最低限なので、貯蓄率50%を目指したいところです。

月の手取りが15万円なら、生活費は月7.5~11万円。手取り20万円なら、月10~15万円。

多くの人は自分の身の丈に合わない部屋に住んだり、身の丈に合わないブランド品を持ちたがります。

しかし、自分の身の丈を自覚して、背伸びせずに生活することを経験すると、その居心地の良さに驚くと思います。

お金も貯まるようになるので、メンタル面でも安心を得られます。

こちらの記事では、身の丈に合った暮らしをしていない人の特徴と対策を紹介しています。

つみたてNISAで資産運用すること

「お金を増やす」というお金の知識。

銀行預金は良くて年利0.1%と、ほとんど意味のないものです。1,000万円預金しても、年1万円の利益にしかなりません。

そのため、適切なリスクをとって、金融資産を現金以外に分散することが資産形成においてhhあ重要です。

  • 現金
  • 債権
  • 投資信託
  • ETF
  • 不動産
  • etc.

資産の分散先は無数にありますが、リスクとリターンのバランスがいいのは、「株式」でしょう。

株式投資の中でも、銘柄分散された投資信託やETF(上場投資信託)は初心者向けです。

日本では、株投資での利益には税金が約20%かかりますが、NISA口座を活用すれば、投資で得た利益には税金がかかりません。

NISA口座には、投資上限や銘柄・金融商品の制限はありますが、その節税メリットが大きいので、使わない理由がありません。

NISA・つみたてNISA口座を開設している人は、日本の労働人口の約30%といわれています。

実際には、口座を保有していても投資している人はもっと少ないため、NISA枠で投資をするだけでも全体の20%程度の人になると思います。

つまり、NISA口座で投資をするだけで、あなたは金融リテラシーのあるマイノリティ (少数派) ということです。

つみたてNISAで、投資商品を選ぶポイントは3つあります。

  1. 信託報酬が安いこと
  2. 長期で5~10%の成長が期待できること
  3. 広く銘柄が分散されていること

(銘柄とか商品とかよく分からないから、おすすめの投資先が知りたい)

本来、株投資の勉強をすることは大切ですが、まずはさっさとつみたてNISA口座を開設して、投資してみることも重要です。

個人的な見解として、つみたてNISAの投資先は、米国市場に連動したインデクッス投資がおすすめ。

  • eMAXIS Slim 米国株式(通称:S&P500)
  • 楽天・全米株式インデックス・ファンド(通称:楽天VTI)

このどちらかを選んでおけば、まず間違いないでしょう。

違いは、S&P500は米国の大型株500社に分散されているのに対して、楽天VTIは米国上場企業約4,000社に分散されています。

とはいえ、大型株500社で米国上場株の約80%を占めるので、同じようなものです。

米国市場は、世界を牽引する国であり、今後も労働人口が増えていくので、米国市場の繁栄を信じられるなら、米国市場への一極投資でもいいと思います。

▼つみたてNISAの始め方は、こちらの記事で詳しく紹介しています

1円でも自力で稼いでみること

お金を稼ぐこと」も、お金の知識のひとつです。

日本の労働人口の約90%は、企業や公務員などの雇われ賃金労働者だといわれています。労働時間と対価に、給料としてお金を得る人たちです。

賃金労働者は、極端にいえば、なにもしなくてもお金が稼げます。

一方で、終身雇用の崩壊により、ひとつの企業に収入源を完全依存している状態は危険といえます。

いきなりリストラはないにしても、業績悪化によりボーナスカットや、給料減などはこれからどんどん増えていくでしょう。

そのため、個人事業主として、企業から支払われる給料とは別に、自分でお金を稼げたほうが間違いなくいいのは想像できるはずです。

まずは、1円を稼いでみる経験をすること。

(たかだか1円稼いだところで…)

そう思ったあなた!

自分で体験してみればわかりますが、1円稼ぐことはめちゃくちゃ難しいです。

しかし、1円稼げれば10円稼ぐことができます。10円稼げれば100円稼ぐことができます。100円稼げれば1,0000円稼ぐことができます。

そうやって、一歩一歩稼ぐ力を磨くこと、それが踏み込んだお金の知識というものです。

▼「どんなことでお金を稼げばいいか分からない」という人は、ブログがおすすめです。他のビジネスと比べても、ブログほど優れたビジネスはありません。

ふるさと納税で確定申告すること

節税とは、お金を守ること。

サラリーマンは源泉徴収というシステムによって、毎月の給料から自動的に税金や年金を差し引かれてしまいます。

しかし、確定申告という手段をとることで、実際に支払う税金を減らすことができます。

確定申告することがないと嘆く(なげく)のではなく、確定申告するには何をすればいいかを学ぶことが重要です。

その中でも、簡単で、実利の大きいこと。

それが、ふるさと納税です。

ざっくりとですが、ふるさと納税とは、2,000円の負担額で全国から好きな返礼品をもらいながら、寄付額は所得税の還付と翌年の住民税から控除される仕組みのこと。

ふるさと納税で所得税の還付や住民税の控除をするには、確定申告をしなければいけません。

「めんどくさい」と感じるかもしれませんが、確定申告の経験こそ、お金を守る心強い知識となります。

こちらの記事では、ふるさと納税でおすすめの返礼品を紹介。個人的には、食費を減らすために食品を貰うのが好きですね。

1,000円で誰かにプレゼントすること

お金を貯めることも大切ですが、お金本来は使ってこそ意味があります。

そのため、お金を上手に使うこともお金の知識といえます。

でも、お金の上手な使い方と言われても…

おすすめは、誰かにプレゼントを贈ること。

欲しかったものを自分のために買うこともいいですが、誰かを喜ばせることにお金を使ってみてください。

贈り物をする相手の喜ぶ顔を想像してプレゼントを探す時間は、本当に心が満たされます。

きっと、お金の持つ素晴らしい力を実感できるはずです。

高価なプレゼントをする必要はありません。

1,000円で十分です。

  • 生花やドライフラワーを買ってみる
  • ケーキやチョコレート買ってみる
  • 器や箸を買ってみる

ぜひ、”なんでもないただの日” にプレゼントを贈ってみてください。

何でもない日に贈るからこそ、価値が増しますよ。

▼1,000円プレゼントについては、こちら記事でも詳しく紹介しています

最後に

もう一歩踏み込んだお金の知識を手に入れるために、経験しておきたいことについて紹介しました。

当記事をまとめます。

  • 最低限手取り25%以上の貯蓄ができる生活費で暮らすこと
  • つみたてNISA口座で全世界、もしくは、米国市場に投資すること
  • ふるさと納税をして、確定申告を自分でやってみること
  • 1円でもいいから、雇われではなく、自分で稼いでみること
  • なんでもない日に、誰かに1,000円でいいからプレゼントを贈ること

お金を知識をいくら本で勉強しても、それは知識でしかありません。

知識は、「経験」というフィルターを通すことで、大きく理解が深まります。

当記事で紹介したことは、お金の知識を深く理解するための大きな一歩になります。

順番に自分で経験してみてください。

きっと見える世界は変わります。

▼まずはお金の知識に関する本を読みたいなら、こちら記事におすすめ本をまとめています。参考にしてみてください。

以上

よかったらシェアしてね!

ミニマリスト男の厳選愛用品

20代後半のミニマリスト男が毎日使っているコスパ抜群の愛用品たちを紹介。

不用品買取おすすめサービス23選

「断捨離で出てきた不用品を少しでも高く買い取ってほしい!」

そんな方におすすめの買い取りサービスをまとめました。

運営者

20代後半の倹約家サラリーマン。月8万円の生活費で一人暮らしをしています。社会人4年目に苦手な営業から転職したことをきっかけに、自分にとって理想の暮らしを真剣に考えることに。現在は、生活コストを徹底的に抑え、本業×副業でお金を稼ぎ、余剰資金を米国高配当株ETFに投資に回すことで、経済的な自由を目指しています。

目次
閉じる