2019.06.24

最強の節約方法はお金を使わない日を作ること。今日から始めるゼロ円生活。

 

「節約を意識して生活しているのに、なぜかお金が貯まらない・・・」

 

そんな人には、「お金を使わない日を増やす」ことを意識することがおすすめです。

 

最強の節約方法はお金を使わない日を作ること

最強の節約方法は、どう考えても「お金を使わないこと」です。

 

「・・・??どゆこと?」

 

そのままの意味で、節約したいなら、お金を使わなければいいんです。

 

もっと具体的にいうと、お金を使う日を極限まで少なくすることで、お金を節約できるようになります。

 

節約意識の高い人でも、電気代節約のためにクーラーを少し我慢したり、食費を節約するために、半額シールの貼ったお肉を買ったり、工夫するわけですが、お金を使う金額を減らすよりも、そもそもお金を使う日を減らしたほうが効果は大きいと思います。

 

1回の食材の買い物で、2,000円するところを、節約して1.500円に抑えたとしても、会社でドリンクを買ったり、お菓子を買っていては、「結局のところ、食費は高くなるよ!」ってことです。

 

どうすればお金を使わない日が作れるか?

じゃあ、「どうすれば、お金を使わない日を作ることができるのか」ということですが、具体例をいくつかあげてみたいと思います。

 

会社には水筒を持参する

会社にはホットコーヒーを水筒を入れて持参して、自動販売機で缶コーヒーや紙ドリンクを買うことを止めましょう。

 

会社でドリンクを買うことが日課になっている人ってけっこう多いです。

 

朝、出社してモーニングショット。昼飯を食べてから、さらに食後の一杯。もうこれで2杯です。

 

1杯100円なら1日で200円。1ヶ月に換算すると、約4,000円の出費になります。

 

1日単位でみれば些細な金額ですが、こういった小さな金額が積もり積もって大きな出費になることは当然の話です。

 

会社に水筒を持参することがある人は、以下の記事を参考にしてみてください。会社に水筒を持っていくメリットを紹介しています。

コーヒー代の節約。お気に入りの水筒で始める節約生活。

 

週末にまとめて作り置きしておく

仕事で残業が続くと、コンビニでご飯を買ったり、スーパーの惣菜を買ったりするようになります。

 

そうなると、当然ですが、毎日毎日お金を使って、ご飯を買うことになります。これでは、お金は貯まりません。

 

では、どうすればいいか?

 

週末に食材をまとめ買いして、平日5日分の食事を作り置きするのがおすすめです。

 

料理をあまりしない人からするとハードルが高く感じるかもしれませんが、慣れれば、2時間程度で4品~5品くらいは作れるようになります。

 

食材があっても、仕事帰りに料理するのは相当タフな精神力がいるので、レンジでチンすれば食べられる状態まで調理しておくことがポイントです。

 

家にさえ帰れば、レンジでチンするだけで数分後には、栄養があって、ボリュームのあるご飯が食べれるので、仕事帰りにコンビニやスーパーに寄る必要はありません。

一人暮らしでも栄養を摂る。安くて簡単にできる意識高い系の自炊術。

 

家におやつを常備する

仕事で疲れていると、ついついコンビニに寄ってチョコレートやスナック菓子などのお菓子を買ってしまいます。

 

「節約したいならコンビニには近づかな!」

 

そう言うのはカンタンですが、お菓子は大量の油・砂糖・塩が使われていることで、依存症がかなり強いです。そのため、自分の意思ではコンビニに行くことを止められない人が多いです。

 

そのため、コンビニに寄らなくてもすむように、家におやつを常備しておくのがいいです。

 

チョコレート、アイスクリーム、ポテトチップスなどを常備していては、依存症から抜けられないので、普段は買わないような身体にいいおやつをネットでまとめ買いしておくのがおすすめです。

 

具体的には、「ブルーベリー」と「くるみ」がいいと思います。

 

特に、ブルーベリーは、自然の甘みがあって、そのままつまむだけでもかなり満足度が高いです。しかも、ブルーベリーは、「記憶力の向上」、「老化防止」、「気分をよくするドーパミンの分泌」などなど、カラダにいいスーパーフードです。

楽天市場やAmazonで、2.27kgが2,000円程度で購入できるので、冷凍庫に常備しておくと、甘い物が食べたくなったときの抑制力になります。

 

くるみも1kg1,000円程度と安価で購入することができて、絶対に摂りたい栄養のオメガ3を豊富に含んでいるだけでなく、食べごたえもあって、味もおいしいので、おすすめです。

 

歩ける距離は電車を使わずに歩く

休日にちょっと買い物に出かけたり、友達と飲みにでかけたりすると思います。

 

そんな時に、当たり前のように電車やバスを使うと思いますが、片道5kmくらいであれば、1時間も歩けばたどり着けるので、とにかく歩ける距離は歩くことを意識することで、お金を使う機会をなくすことができます。

 

さらに、歩くことには、お金を節約する以上の効果があります。

 

それは、歩くことで、脳を鍛えることができます。

 

「脳を鍛えるには運動しかない!」という本でも紹介されているので、ウォーキングなどの有酸素運動によって、脳にいい作用があります。

 

  • 学習能力の向上
  • ストレスの減少
  • 不安な気持ちの減少
  • うつの抑制
  • 注意力散漫の防止
  • 依存症からの脱出
  • 加齢を抑制

 

脳の性能を高める効果から、ネガティブな感情を抑制する効果があります。また、アルコールやお菓子などの依存症から抜け出すことにも効果があるので、コンビニなどについつい行ってしまう人も、運動で解決する可能性はあります。

 

それでもお金を使ってしまう場合は?

「お金を使わない日を作ることを意識しても、それでもお金を使ってしまう・・・」

 

そんなときは、もう諦めましょう。

 

お金使わずに節約することも大切ですが、それ以上にお金の使い方というのも大切です。

 

お金を使うことで「幸せだ!」と感じることができるなら、それもいいでしょう。我慢に我慢を続けて、苦しくなるくらいなら、開き直ってお金を使ってしまったほうがいい場合だってあります。

 

ですが、無意識でお金を使っているようなら、それはやっぱり意識して使わないようにすることがベストです。

 

一度、日常生活を振り返って、「どんな場面でよく財布を開いているか」を思い出して、それを止めるための方法を考えるといいと思います。

 

最後に

「お金を貯めるために節約したいなら、お金を使わない日を作ることが重要」ということを紹介しました。

 

  • 会社には水筒を持参して自動販売機を使わない
  • 週末に作り置きを作って、コンビニやスーパーには行かない
  • 果物やナッツを家に常備して、お菓子中毒から脱却する
  • 歩ける距離は歩くことで、脳を鍛え、依存症からの脱却にも効果あり

 

お金を貯めるメリットというのは、「人生の選択肢を増やしてくれる」。

 

これに尽きます。

 

特に若い人は、しっかりとお金を貯めて、生活を安定させることで、新しいことに挑戦したり、嫌なことから逃げ出す選択肢を持てるので、節約意識を持って、お金を貯める暮らしをデザインするといいと思います。

貯金に意味はない?貯金は老後の自分ではなく、数年後の自分を救う。

 

以上

毎日使う愛用品

20代後半ミニマリスト男が毎日使っている愛用品

Amazonおすすめ商品

月8万円で暮らす20代後半ミニマリストがAmazonで買ってよかったもの8選

映画・ドラマ・アニメが無料で見放題

映画・ドラマ・アニメを289日間無料で見放題にする方法を紹介。

不用品買取・回収サービス

不用品をまとめて処分できるおすすめの不用品買取・回収サービスまとめ23選

レンタル・シャアリングサービス

持たない暮らしに最適なレンタル・シェアリングサービスまとめ10選
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。