MENU
プロフィール
れもん(29)
20代後半の倹約家サラリーマン。月6万円の生活費で一人暮らしをしています。

社会人4年目に苦手な営業から転職したことをきっかけに、自分にとって理想の暮らしを真剣に考えることに。

現在は、生活コストを徹底的に抑え、本業×副業でお金を稼ぎ、余剰資金を米国高配当株ETFに投資に回すことで、経済的な自由を目指しています。
サイト情報
なにおれ
きっと何者にもなれない俺たちのライフスタイル。通称「なにおれ」。

ミニマリズムをベースに、少ないお金でも楽しく暮らす方法について発信しています。

何者にもなれなかった大人たちに、ゆるく気楽に生きていくライフスタイルを提案。
【年末までに絶対にやるべきこと】楽天ふるさと納税で豪華返礼品をGET

最強の節約方法は「お金を使わない日」をたくさん作ること

節約を意識しているのにお金が貯まらない…

そんな人は、「お金を1円も使わない日」を1日でも増やすことです。

こんにちは、なにおれ (@lemologue) です。私は、月8万円の生活費で一人暮らしをしている20代後半の倹約家サラリーマンです。

私が1ヶ月の中でお金を使う日は、4, 5日しかありません。

おそらくかなり少ない方だと思いますが、これはお金を使わない日をたくさん作ることこそが、最強の節約方法だと知っているからです。

当記事では、1円もお金を使わない日を増やすと節約になる理由、お金を使わない日を作る方法を紹介します。

プロフィール
れもん(29)@倹約家サラリーマン
  • 20代後半サラリーマン
  • 月6万円の生活費で一人暮らし
  • 20代で1,000万円以上の蓄財
  • 全97点の持ち物で暮らすミニマリスト
目次

最強の節約方法は「お金を使わない日」をたくさん作ること

最強の節約方法。

それはどう考えても「お金を使わないこと」です。

「・・・??どゆこと?」

って感じですよね。

でも、言葉の意味のままで、節約したいならお金を使わなければいいんです。

あなたは、なにか買い物をするときに余分になにを買ってしまった経験ってありませんか?

たとえば、コンビニでおにぎり1個買うつもりが、アイスコーヒーとお菓子も買っていた。本来、100円しかお金を使わないでいいところを、300円使ってしまった。

みたいな。

つまり、お金を使うことで、余計なお金まで使ってしまう。

だから、お金を使わない日をできるだけたくさん作ることで、お金を節約できるようになります。

節約というより、「浪費しなくなる」という表現のほうが正しいかもしれません。

「固定費の節約などを積極的にしているのに、お金が全然貯まらない」

そんな人は、お金を使う日を減らすことを意識してみてください。

普段から、いかに浪費しているかに気が付くでしょう。

お金を使わない日を作る方法

「でも、どうやってお金を使わない日を作ればいいのか?」

そんな疑問に答えます。

私が実践している具体例を4つ紹介します。

  1. 週末に作り置きをする
  2. 果物やナッツを常備しておく
  3. 会社に水筒を持参する
  4. 歩ける距離は歩く

週末にまとめて作り置きをする

フルタイムで働いていると、コンビニ飯やスーパーの惣菜を買ってしまいがち。

自炊に比べるとそもそも高いだけでなく、仕事のストレスを発散するためにビールやお菓子まで買ってしまう可能性も高いです。

これではお金は貯まりません。

「では、どうすればいいか?」

週末に食材をまとめ買いして、平日5日分の作り置きをするのがおすすめ。

作り置きをしておくことで、「家に帰っても食事がある状態」を作ることが大切。

家に帰りさえすれば、電子レンジでチンするだけで、栄養もあって、ボリュームのある食事ができると思うと、仕事帰りにコンビニやスーパーに寄る必要はありません。

料理をあまりしない人にとって作り置きはハードルが高く感じるかもしれません。

しかし、慣れてしまえば、2時間もあれば4~5品くらいは作れるようになります。

それに、料理のスキルは身につければ一生使えます。

できるだけ早く身につけておくと、それだけ長く効果を発揮してくれますよ。

果物やナッツを常備しておく

仕事で疲れがたまると、チョコレートやスナック菓子などを買ってしまいます。

「節約したいならコンビニには近づかな!」

そういうのは簡単です。

ですが、お菓子には大量の油・砂糖・塩が使われており、依存性がかなり強いことが問題です。

そのため、自分の意思ではお菓子を買うことは止められません。

「では、どうすればいいのか?」

家に果物やナッツなど栄養のある食べ物を常備しておくことがおすすめ。

チョコレートやアイスクリーム、ポテトチップスなどを常備していては、より依存症から抜け出せなくなります。

体にいい果物やナッツ類をストックしておくことで、口寂しいときに食べるようにします。

具体的には、「冷凍ブルーベリー」と「くるみ」がいいと思います。

冷凍ブルーベリーは、ひんやりとシャーベットのようで、そのまま摘まむだけでもかなり満足度が高い果物です。

しかも、ブルーベリーは、記憶力の向上・アンチエイジング・気分をよくするドーパミンの分泌など、体に超いいスーパーフードでもあります。

ベジフル大和の「冷凍ブルーベリー」を、私は愛用しています。

created by Rinker
ベジフル大和
¥4,800 (2020/12/02 11:43:04時点 Amazon調べ-詳細)

大粒で甘く、3kgとたくさん入って5,000円。

3ヶ月は持つので、1ヶ月換算で1,666円とかなりお得。

これならお菓子を買うよりも安くなりそうですよね。しかも、健康やお肌にもいいです。

くるみを常備しておくのもおすすめ!

くるみは、良質な脂質であるオメガ3を豊富に含んでいるだけでなく、食べ応えもあって味もおいしいので、寂しい口にも最適です。

カークランドの「くるみ」が大容量で安くておすすめ。

created by Rinker
KIRKLAND(カークランド)
¥2,749 (2020/12/02 10:59:30時点 Amazon調べ-詳細)

1.36kgで約2,500円。

2ヶ月は持つので、1ヶ月で1,300円ほど。

▼冷凍ブルーベリーとくるみを使った自家製の激うまスイーツも紹介しておきます

会社には水筒を持参する

会社の自動販売機でコーヒーを買う人も多いのではないでしょうか。

朝出社してモーニングショット。昼飯を食べてから、さらに食後の一杯。もうこれで2杯です。

1杯100円なら1日で200円。1ヶ月に換算すると、約4,000円の出費にもなります。

これもなくしていきましょう。

ホットコーヒーを水筒を入れて持参すること。

インスタントのコーヒーを淹れていけば、1杯10円とかです。

保温もできるので長持ちもします。

1日単位でみれば微々たるお金ですが、こういった小さな金額が積もり積もって大きな出費になります。

こちらの記事では、会社に水筒を持っていくメリットを詳しく紹介しています。

歩ける距離は歩く

休日にちょっと買い物に出かけたり、友達と飲みに出かけたり。

そんなとき電車やバスを使うことも多いと思います。

しかし、片道5kmくらいであれば1時間も歩けば着けるので、とにかく歩ける距離は歩くこと。

歩くことでお金を使う機会を減らすことができます。

また、歩くことには、お金を節約する以上のとんでもない効果があります。

それは、歩くことで脳を鍛えられることです。

脳を鍛えるには運動しかない!」という本で解説されており、ウォーキングなどの有酸素運動によって脳にいい作用があると研究でわかっています。

いい作用というのは具体的に、

  • 学習能力の向上
  • ストレスの減少
  • 不安な気持ちの減少
  • うつの抑制
  • 注意力散漫の防止
  • 依存症からの脱出
  • 加齢を抑制

最強ですよね。

脳を鍛えることでネガティブな感情を抑制できます。

また、アルコールやお菓子などの依存症から抜け出すことにも効果があるので、コンビニなどについ行ってしまう人も、運動で解決できる可能性は大いにあります。

それでもお金を使ってしまう場合は?

「お金を使わない日を作っても、それでもお金を使ってしまう」

そんなときはもう諦めましょう。

お金を使わずに節約することも大切ですが、それ以上にお金を使うことも大切です。

お金を使わない日を増やすことの目的は、無駄な浪費を減らすことです。

つまり、お金を使うことで「幸せだ!」と感じられるなら、それはそれで正しいと思います。

我慢に我慢を続けて苦しくなるくらいなら、開き直ってお金を使ってしまったほうがいい場合だってあります。

お金を使わない日を増やして無駄遣いを減らす。お金を使う時は思う存分に楽しんでやる。

それでいいと思います。

いや、それ “が” いいです。

自分の日常生活を振り返って、「どんな場面でよく財布を開いているか」を思い出してみてください。

まずはそれを止める工夫から始めてみてください。

最後に

最強の節約はお金を使わない日をたくさん作ることについて紹介しました。

当記事をまとめます。

  • お金を使うと、つい余計なことにまでお金を使ってしまう
  • だから、お金を1円を使わない日を増やすことが大事
  • 週末に作り置きすることで、コンビニや外食には行く必要がなくなる
  • 果物やナッツを常備しておくことで、お菓子中毒から脱却する
  • 会社には水筒を持参し、自動販売機は使わない
  • 歩ける距離は歩くことで、お酒やお菓子の依存からも脱却できる
  • お金を使わない日を増やして、心から幸せだと思うことにはお金は使えばいい

「節約してお金を貯めてなんの意味があるんだ…」

ふとっ、そう思うこともあるでしょう。

しかし、お金を貯める最大のメリットは、人生の選択肢を増やしてくれることにあります。

辛い状況から逃げ出せたり、やりたいことに挑戦できたりします。

だから、節約方法を知り、お金を貯めることは必要だと思っています。

なにより、未来の自分を救ってくれます。

こちらの記事では、できるだけ若くからお金を貯めたほうがいい理由を解説しています

以上

よかったらシェアしてね!

ミニマリスト男の厳選愛用品

20代後半のミニマリスト男が毎日使っているコスパ抜群の愛用品たちを紹介。

不用品買取おすすめサービス23選

「断捨離で出てきた不用品を少しでも高く買い取ってほしい!」

そんな方におすすめの買い取りサービスをまとめました。

運営者

20代後半の倹約家サラリーマン。月8万円の生活費で一人暮らしをしています。社会人4年目に苦手な営業から転職したことをきっかけに、自分にとって理想の暮らしを真剣に考えることに。現在は、生活コストを徹底的に抑え、本業×副業でお金を稼ぎ、余剰資金を米国高配当株ETFに投資に回すことで、経済的な自由を目指しています。

コメント

コメントする

目次
閉じる