MENU
買ってよかったもの13選
一人暮らしの便利グッズBEST10
節約術まとめ22選
お得なサービス8選
お得なサービス
自宅で筋トレおすすめグッズ10選
サラリーマンがやるべきこと
プロフィール
れもん(29)
20代後半の倹約家サラリーマン。月6万円の生活費で一人暮らしをしています。

社会人4年目に苦手な営業から転職したことをきっかけに、自分にとって理想の暮らしを真剣に考えることに。

現在は、生活コストを徹底的に抑え、本業×副業でお金を稼ぎ、余剰資金を米国高配当株ETFに投資に回すことで、経済的な自由を目指しています。
サイト情報
なにおれ
きっと何者にもなれない俺たちのライフスタイル。通称「なにおれ」。

ミニマリズムをベースに、少ないお金でも楽しく暮らす方法について発信しています。

何者にもなれなかった大人たちに、ゆるく気楽に生きていくライフスタイルを提案。
【無料で資産形成の相談のります】なにおれ公式LINE
ミニマリストが買ってよかったもの13選

普通の生活のハードルをもっと下げたほうが幸せになれる

多くの贅沢は望まない。ただ普通の生活がしたいだけなのに、それでさえ手に入らない…

そんな方に向けて。

こんにちは、なにおれ (@lemologue) です。私は、月8万円の生活費で一人暮らしをしている倹約家ミニマリストです。

普通の生活さえ手に入らない生活に、惨めさや焦りを感じているかもしれません。ですが、「普通の生活」の「普通」って一体なんなのでしょうか?

「普通のハードル」が高くなりすぎている場合、もっとハードルを下げたほうがずっと幸せに暮らせます。

当記事では、普通の暮らしの正体、普通の生活の考え方、普通の暮らしを手に入れるためにやるべきことを紹介します。

目次

普通の生活ってなに?

そもそも、「普通の生活ってなに?」という話から。

  • 戸建のマイホームを持っていて普通
  • それなりの広さのマンションに住むが普通
  • 車は一家に1台あるのが普通
  • 奥さんは専業主婦、子供がいて普通
  • 月に1回はどこかに出かけるのが普通

結論からいえば、全然普通の生活じゃないです。

どちらかというと、「理想の暮らし」というほうが近いと思います。

「普通の生活」という「普通」は、突然どこから湧いて出てくることはありません。

普通というのは、基準があって比較した上で、その基準よりも少し上の状態を呼びます。

で、その基準というのは、自分の育った環境であることが普通です。

自分が育った環境を基準に考えたとき、それと同等か、それ以上の生活をしていないと「普通の暮らし」ができていないと感じてしまいます。

しかし、親世代と今の世代では、世の中の状況が全く違います。

  • 会社に長く勤めても給料が上がらない
  • 会社に尽くしてもリストラのリスクがある
  • 銀行預金してもお金は増えない
  • 社会保険料は年々上がっている

だから、親世代を基準と考えて比較することは、普通のハードルを高くしてしまいがちです。

給料が増える見込みもない、雇用も安定しない状態では、マイホームは持たないことのほうが普通になりますからね。

一方で、昔の暮らしと現代では、明らかに少ないお金で豊かに暮らせるようになりました。

安くてきれいな部屋に住めるし、ネットは格安で使いたい放題だし、服も家電もゲームも高品質のものが安く手に入ります。

つまり、普通の生活のハードルをずっと低く見積もっても、十分に豊かに暮らせるということ。

だから、「普通の基準をもっと低く考えたほうがいい」というのが私の主張です。

普通の生活のハードルを下げよう

理想に近い普通の生活を追い求めるよりも、いま手にしているものに目を向けたほうがずっと豊かです。

不自由があっても生活できていればいい

足りていないことに目が行きすぎていませんか?

  • 部屋が狭い
  • 車が買えない
  • 最新の製品が買えない

少しくらい不自由があったり、足りていない暮らしでも、全然不幸なことはないです。

なぜならば、すでに生活に必要なものは揃っているから

洗濯をするために川まで行ったり、食材を温めるために薪から火を焚べたりする生活は大変です。でも、現代は洗濯機があるし、電子レンジもあります。

最新の洗濯機や電子レンジがほしいと感じるかもしれませんが、できることに違いはほとんどありません。

理想の暮らしを追い求めることは自由ですが、「すでに必要十分なものは揃っている」と知ることは、いまを豊かに生きるためには大切な視点になります。

それに、毎月の家計が赤字になっていないなら、それはもう十分に普通の暮らしです。

もっと、いま普通に暮らせている事実に目を向けて、普通のハードルを下げてみてください。

緩やかでも右肩上がりであればいい

「収入が高い人」、「貯金がたくさんある人」、羨ましくなる気持ちはめちゃくちゃわかります。

ですが、緩やかでも右肩上がりの暮らしであればそれでいいです。

  • 少しでも毎月貯金ができている
  • 毎月少しでも知識が増えている
  • 家族の絆が強くなっている

自分の育った環境や、世間一般と比較してもいいことは一切ありません。

比べるべきは、過去の自分の生活です。

昨年よりも、先月よりも、昨日よりも、少しでも生活がよくなっているならそれでいい

そう考えたほうが、ずっと豊かに暮らせます。¥

「普通という名の理想」を求めすぎるとつらくなります。

必要なものはもう十分に揃っていて、少しずつでも生活が良くなっているならそれで良しとしましょう。

普通の生活を手に入れるためにやるべきこと

とはいえ、生活を支えるのは結局のところお金です。

いまの暮らしを維持しながら、右肩上がりの生活を手に入れるのは、お金のことからは目を背けられません。

やるべきことは3つです。

  1. 転職を視野に入れて働く
  2. 副業に挑戦する
  3. 配当収入を得る

転職を視野に入れて働く

実際のところ、同じような仕事をしているのに、業界や会社が変わるだけで給料が増えることは普通にあります。または、家賃補助などの福利厚生で手取りが増えるケースもあります。

実際私も転職していますが、仕事は楽になって手取りは増えました。

そのため、ひとつの会社で定年まで勤めるつもりで働くよりも、いつでも他の会社に移ることを意識しながら働くほうが、経済的には豊かになりやすいです。

「とはいえ、なにからすればいいかわからない…」

という人は、とりあえず転職エージェントに登録するといいです。

まずは、転職エージェントに登録して求人情報を眺めること。

ここから始めるといいです。

求人情報を眺めているだけでも、自分の職務経験がいくらぐらいで市場で求められているか、年収アップにはどんなスキルが必要か、というのがよくわかります。

登録も利用も完全無料なので、とりあえず登録しておいて損はありません。

▼いますぐ転職するつもりがなくても転職エージェントには登録したほうがいい理由、最初の登録におすすめの転職エージェントは、こちらの記事で詳しく紹介しています

副業を挑戦する

会社の給料だけに依存していると、給料は上がらない、ボーナスカット・退職金カット、リストラのリスクが常につきまといます。

解決策は、お金を自分で稼げる力を育てること。

つまりは、副業です。

会社以外で月1万円でもお金を稼げるようになると、生活も、精神的にも楽になります。

とはいえ、副業を初めてする人が月1万円を稼ぐのはかなり大変です。

小中高と10年近くサラリーマンになるための教育を受けてきた私たちなので、いきなりお金は稼げないことのほうが普通です。

そのため、2年3年と時間がかかることを前提に挑戦すること

副業に挑戦し続けてさえいれば、知識や経験が蓄積されて、いつか稼げるようになります。

副業におすすめは、インターネットビジネスです。

初期費用もほとんどかからず、一人で自宅でできて、時間もコントロールしやすい特徴があります。

▼ブログが特におすすめ。お金を稼げる可能性を秘めているだけでなく、日常生活が楽しくなったり、お金を稼ぐ本質であるマーケティングの勉強にもなります

配当収入を得る

給料・副業以外にも、収入を得る方法があります。

それが、配当収入です。

お金を銀行に預けるのではなく、配当を出す企業に投資することで配当収入が得られます。

株式投資になるのでハイリスクな投資にはなりますが、配当収入は完全な不労所得になります。

そのため、本などから勉強をして、挑戦してみる価値は十分にあります。

必要最低限の暮らしに満足しながら、少ないお金で暮らす → 会社員と副業でお金を稼ぐ → 余剰資金を高配当株に投資する → 収入が増える

この循環を回すことで、生活はどんどん楽になります。

▼米国の高配当株式への投資は、配当収入がほしい凡人にとっては最良の選択だと思っています。こちらの記事で詳しく紹介しているので、合わせて見てください

最後に

普通の暮らしのハードルを下げたほうがいい理由、普通の暮らしを手に入れるためにやるべきことを紹介しました。

当記事をまとめます。

まとめ
  • 必要なものが揃った現代においては、普通のハードルを下げたほうがいい
  • 多少の不自由があっても、普通に生活できていることに目を向ける
  • 過去の自分の生活と比べて、緩やかでも右肩上がりならそれでいい
  • 一方で、普通の暮らしを続けるには、お金を稼ぐことも重要
  • まずは転職エージェントに登録して、転職することを前提に会社で働く
  • 時間はかかってもいいから、長い目で自分でお金を稼ぐ力を育てる
  • 余剰資金を高配当株に投資することで、不労の収入源を増やせる

「いまの自分の生活」を考える上では、もっと普通のハードルを下げてみると楽になれます。

いま生活が成り立っているのであれば、それはもう十分に普通に暮らしています。「普通という名の理想」に惑わされず、もっといまの暮らしの豊かさに目を向けてみてもいいと思います。

ただ、これからもその生活を維持、もっと楽にしていくためには、転職を視野に入れて働いたり、お金を稼ぐ力を育てたり、資産運用をしたりすることは大切です。

いずれも時間を味方につければいつかは成果が出るので、まずは始めて、とにかく続けることがすべてです。

▼関連記事

以上

よかったらシェアしてね!

節約術まとめ22選

月8万円の生活費で一人暮らしをしている倹約家ミニマリストが実践している、節約術をまとめて紹介します。

運営者

20代後半の倹約家サラリーマン。月8万円の生活費で一人暮らしをしています。社会人4年目に苦手な営業から転職したことをきっかけに、自分にとって理想の暮らしを真剣に考えることに。現在は、生活コストを徹底的に抑え、本業×副業でお金を稼ぎ、余剰資金を米国高配当株ETFに投資に回すことで、経済的な自由を目指しています。

目次
閉じる