MENU
プロフィールの画像
プロフィール
れもん(29)
20代後半の倹約家サラリーマン。月6万円の生活費で一人暮らしをしています。

社会人4年目に苦手な営業から転職したことをきっかけに、自分にとって理想の暮らしを真剣に考えることに。

現在は、生活コストを徹底的に抑え、本業×副業でお金を稼ぎ、余剰資金を米国高配当株ETFに投資に回すことで、経済的な自由を目指しています。
サイト情報の画像
サイト情報
なにおれ
きっと何者にもなれない俺たちのライフスタイル。通称「なにおれ」。

ミニマリズムをベースに、少ないお金でも楽しく暮らす方法について発信しています。

何者にもなれなかった大人たちに、ゆるく気楽に生きていくライフスタイルを提案。
【9/21~26】楽天お買い物ラマソン開催中!おすすめの商品は?

何をやっても楽しくない人に試してほしい対処法【副業推奨】

 

「何をやっても楽しくない。生きるってなんだっけ。」

 

社会人として会社で数年間働いていると、「何をやっても楽しくない」と感じる期間は誰にでも訪れるものです。

 

「毎日が楽しくないなら、趣味でも見つければいいじゃん」と周りの人やネットでは言うかもしれません。

 

  • 好きなものを食べる
  • ドラマや映画を見る
  • 街に買い物に行ってみる
  • 本を読んでみる
  • 温泉に浸かりにいく
  • 運動をしてみる
  • 旅行に行く
  • 散歩してみる

 

でも、こういったエンタメはもう試した上で、それでも楽しくないから悩んでいるんだと思います。

 

めちゃくちゃ分かりますよ。

 

私もそうでしたから。

 

しかし、“あること”を始めてから、やっと人生が楽しいと思えるようになりました。

 

目次

何をやっても楽しくない人に試してほしい対処法

自分の力でお金を稼ぐことは最高に楽しい!

結論からいえば、「自分の力でお金を稼ぐこと」。

 

これに限ります。

 

お金を稼ぐということを、「会社などの組織に所属することの我慢代」のように捉えてしまうのはもったいないということに、最近やっと気が付きました。

 

本来、お金を稼ぐというのは楽しいことです。

 

なぜならば、お金というのは、誰かのために役立つものを提供したことの報酬だからです。

 

結局のところ、人間というのは集団を作って生活しようとする生き物なので、「誰かのために存在している自分」という実感が、一番気持ちよく感じるのだと思います。

 

映画やゲームなどのエンタメを年を重ねるごとにワクワクしなくなるのは、どこかの誰かが作ったものをただ消費しているからでもあります

 

誰かが作った何かをただ消費している自分というのは、誰のためにも存在していません。

 

つまり、「何かをやっていて楽しい!」と感じるためには、自分で何かを創造し、そして、誰かの役に立つ必要があります。

 

いつまでもそこにあるものを消費していては、いつもどこかで物足りなさを感じて生きていくことになるのだと思います。

 

自分の力でお金を稼ぐには自分を発信するのがいい

「なにかをつくって誰かの役に立つといっても、なにをすればいいのか」という問題ですが、個人的には以下の2つがいいと思っています。

 

  1. ワードプレスでブログを運営する
  2. Youtubeで動画を投稿する

 

なぜならば、ワードプレスでのブログ運営もYoutubeへの動画投稿も、広告収入を得るビジネスモデルでお金に換えやすいプラットフォームだからです。

 

ブログ運営や動画投稿に、高度な専門知識や人脈は必要ありません。

 

ただ自分が好きなこと、自分が悩んだことなんかを、それをまだ知らない人たちに向けて分かりやすく、そして熱量を持って発信することによって、自らの作品が広告塔となり、お金を稼ぐことができます。

 

読書、映画、漫画、アニメ、小説、料理、イラスト、カメラ、釣り、アウトドア、ガジェット、インテリア、掃除、片付け、節約、ビール、ワイン、ウイスキー、スキー、サーフィン、コーヒー、果物、筋トレ、陶器、バイク、ファッション、靴、デニム、DIY、瞑想、哲学、ダイエット、仕事、登山、散歩、カフェ。

 

なんでもいいんです。

 

自分がこれまでの人生で一番時間をかけたこと、救われてきたことを誰かに向けて発信する。

 

それによって、また救われる人もいます。その結果として、お金を稼ぐことができます。

 

これほど面白く、そして、やりがいのあることは他にありませんよ

 

楽しくなるまでには時間と努力が必要

しかし、ブログ運営やYoutubeへの動画投稿を「楽しい!」と感じるまでには時間がかかります。

 

なぜならば、はじめのうちは記事や動画などの作品を作ったとしても、誰の目にも触れず、誰かの役に立っているという証明のお金が稼げないからです。

 

それこそ、空気に話かけているような虚しさを覚えるかもしれません。

 

ですが、「もっと誰かに胸に届くにはどうすればいいか」ということを考えに考え抜いて作品を作り続ければ、時間はかかりますが、きっと結果として跳ね返ってきます。

 

そして、自分の生んだ作品がお金となって返ってきた時、大きな充実感と自分の存在意義を感じることができるはずです。

 

最後に

何をやっても楽しくない人に試してほしい対処法を紹介しました。

 

当記事をまとめます。

  • 自分で何かをつくり、誰かの役に立つことで、お金を稼ぐことが最高に楽しい
  • 何をつくればいいか分からない人は、ブログか動画をつくるのがおすすめ
  • 特別な知識なしに、自分の知っていることを分かりやすく熱量を持って発信すればいい

 

自分の作品が誰かに響くのには、時間がかかるかもしれません。

 

途方もない虚無感だって感じます。

 

ですが、人生も長いので、焦らず、ゆっくりと自分の力で作品を作り続ければいいのだと思います。

 

私もまだまだ道半ばですが、この先の人生でもなにか作品を自分で作り、誰かのために在りたいと思っています。

 

そんな人生って楽しくないですかね。

 

以上

ミニマリスト男の厳選愛用品

20代後半のミニマリスト男が毎日使っているコスパ抜群の愛用品たちを紹介。

不用品買取おすすめサービス23選

「断捨離で出てきた不用品を少しでも高く買い取ってほしい!」

そんな方におすすめの買い取りサービスをまとめました。

運営者

20代後半の倹約家サラリーマン。月8万円の生活費で一人暮らしをしています。社会人4年目に苦手な営業から転職したことをきっかけに、自分にとって理想の暮らしを真剣に考えることに。現在は、生活コストを徹底的に抑え、本業×副業でお金を稼ぎ、余剰資金を米国高配当株ETFに投資に回すことで、経済的な自由を目指しています。

コメント

コメントする

目次
閉じる