2019.08.15

節約家がおすすめする楽天期間限定ポイントの使い道【残高ポイント別】

 

「楽天でポイントを稼いだのはいいけど、期間限定ポイントだから早く使わないといけない」

 

楽天期間限定ポイントの有効期限は約1ヶ月と短いので、行き当たりばったりでは余分な物を買ってしまい、「結局、節約にならなかった」なんてことになりがちです。

 

そのため、戦略的にポイントの使い道を考えることが節約には重要

 

当記事では、生活コストを抑えるための楽天期間限定ポイントのおすすめの使い道を紹介します。

関連記事:楽天経済圏で暮らすメリット!ポイント還元率10%で年間〇〇万円の節約

 

節約家がおすすめする楽天期間限定ポイントの使い道

まずは結論。

 

節約家目線で、期間限定ポイントのおすすめの使い道をポイント残高別でまとめました。

ポイント残高 使い道
~2,000ポイント スマホ代
2,000~4,000ポイント 食品・日用品代
4,000~6,000ポイント 美容院代
6,000~8,000ポイント 服代
10,000ポイント~ ふるさと納税

 

基本的な戦略は、毎月絶対にかかってくる固定費の低減に充てることです。

 

~2,000ポイント:スマホ代

楽天経済圏で暮らすことで、毎月1,000~2,000円分のポイントは簡単に貯まります。

 

そこでおすすめの使い道は、楽天モバイルの月額料金の支払いです。

 

スーパーホーダイプランSであれば月額1,600円なので、実質の支払金額をゼロ円にすることも射程圏内になります

 

楽天モバイルの支払いには100円で1ポイントしか付与されないため、ポイントを使うのはもったいない気もしますが、貯金する上で毎月の固定費を削減できることのメリットは大きいです。

関連記事:通信費の節約には楽天モバイルが最強!月1,600円でWiFiもいらない!

 

2,000~4,000ポイント:食品・日用品代

お買い物マラソンや各種キャンペーンを駆使すれば、2,000~4,000ポイントくらいは常時貯まっているという方も多いと思います。

 

おすすめの使い道は、食品・日用品などの生活必需品の購入。

 

生活必需品の購入を楽天ポイントに変えるだけで、毎月のキャッシュアウトを大きく減らすことができます。

 

さらに、楽天市場ではポイントの買い物でもポイントが付与されるので、ポイント還元率10%で4,000円分の買い物をすれば、さらに400ポイント返ってきます。

 

このように楽天市場で買い物を循環させることで、ポイントによる固定費の削減を継続できる可能性が高くなります。

関連記事:【1kg1,666円】コスパ最強のプロテイン「リミテスト」をレビュー

 

4,000~6,000ポイント:美容院代

4,000ポイントあると選択肢も増えてきます。

 

おすすめの使い道は、楽天ビューティーにて美容院の利用です。
 

美容院も毎月発生する固定費と考えるべきでしょう。

 

一般的な美容院でヘアカットは4,000円前後かかるため、美容院代にポイントを充てることで固定費の節約になります。

 

さらに、楽天ビューティーでは店舗によって15%のポイントバックなどをキャンペーンをよくやっているため、うまく利用すればポイントの好循環もできます。

 

とはいえ、美容院代のキャッシュアウトを減らすには、1,000円カットを利用するのが最強です。

関連記事:1000円カットで美容院代を節約。格安カットでもおしゃれになれる理由。

 

6,000~10,000ポイント:服代

6,000ポイントを毎月持っている人は少ないでしょう。楽天ふるさと納税をまとめて行った場合とかであれば持っているかもしれません。

 

おすすめの使い道は、欲しかった服を買うことです。

 

服は現金では買わずに、「ポイントが貯まったときだけ買う!」といったように決めておくと無駄遣いになりません。

 

事前にメルカリで取引価格を確認しておけば、飽きたら現金に換金することもできてしまいます。

関連記事:もう二度と後悔しないための服の買い物術5選

 

10,000ポイント~:楽天るさと納税

最後に、10,000ポイント以上の場合です。

 

初回利用キャンペーンや大きな買い物でもしない限り、10,000ポイント以上を常時保有していることはまずありません。

 

おすすめの使い道ですが、ふるさと納税。

 

なぜならば、ふるさと納税で最も多い寄付額が10,000円だからです。10,000円の寄付金額であれば、幅広い返礼品を選ぶことができます。

 

ふるさと納税を期間限定ポイントで支払ってしまうことで、実質負担金ゼロ円で所得税の還付と来年の住民税控除がされます

 

この使い道は節税の恩恵をより大きく感じることができるはずです。

 

ふるさと納税ってなんかめんどくさそう」という人は損しているので、今すぐにでもはじめることをおすすめします。

 

格安で様々な返礼品がもらえるだけでなく、楽天ポイントの獲得も加速するのでかなりおトクです。

 

最後に

節約家がおすすめる楽天期間限定ポイントの残高別ポイントの使い道を紹介しました。

 

当記事をまとめます。

  • 2,000ポイント未満なら、楽天モバイルの支払いに充てる
  • 4,000ポイント未満なら、食品・日用品の支払いに充てる
  • 6,000ポイント未満なら、美容院代に充てる
  • 10,000ポイント未満なら、欲しかった服代に充てる
  • 10,000ポイント以上なら、楽天ふるさと納税に充てる

 

楽天サービス網の幅広さを考えれば、「楽天ポイントは現金」といってもいいです。

 

ポイントを賢く稼いで、生活コストを下げるために使ったり、欲しかった服代に使ったりすることで、生活はより豊かなものになると思います。

関連記事:楽天経済圏で暮らすメリット!ポイント還元率10%で年間〇〇万円の節約

 

以上

毎日使う愛用品

20代後半ミニマリスト男が毎日使っている愛用品

Amazonおすすめ商品

月8万円で暮らす20代後半ミニマリストがAmazonで買ってよかったもの8選

映画・ドラマ・アニメが無料で見放題

映画・ドラマ・アニメを289日間無料で見放題にする方法を紹介。

不用品買取・回収サービス

不用品をまとめて処分できるおすすめの不用品買取・回収サービスまとめ23選

レンタル・シャアリングサービス

持たない暮らしに最適なレンタル・シェアリングサービスまとめ10選
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。