2019.06.24

【口コミ】楽天モバイル「スーパーホーダイS」を半年間使った感想

 

「結局の所、楽天モバイルのスーパーホーダイっていいの? 悪いの?」

 

他の格安SIMよりも低速通信が速いことを売りにしている「楽天モバイル 」のスーパーホーダイですが、ネットの口コミでは意見が真っ二つに割れています。

 

結局の所、格安SIMはメリットもデメリットもあるので、向いている人には向いている、というのが結論だと思います。

 

そのため、当記事では、楽天モバイルのスーパーホーダイSを半年間使ってみた感想、そして、どんな人におすすめできるかを紹介します。

 

【口コミ】楽天モバイル「スーパーホーダイS」を半年間使った感想

私個人の結論として、契約して大満足です。

 

まず、私のスマホユーザーとしての属性ですが、大体こんな感じです。

  • 主なネットの使用目的は、LINE・SNS・ブログ閲覧・ブログ執筆・Youtube視聴、アニメ視聴
  • Wifiは契約しておらず、パソコンはテザリングして使用している
  • スマホゲームは全くやらない
  • 平日の昼間は会社員なので、スマホはほとんど触らない
  • 通信制限のかかる18:00~19:00は帰宅していたり、残業していたりマチマチ

 

ざっくりとですが、昼間は仕事でほとんどスマホを触らなくて、家に帰ってからの夜の数時間しかネットは使用しない。

 

ほとんどのサラリーマンって、こんな感じなんじゃないですかね。

 

楽天モバイル「スーパーホーダイS」の通信速度をレビュー

数字的な評価ではなく、あくまで個人的な体感的なレビューになります。

 

『低速通信中』・『通信制限中』・『高速通信中』の3パターンを、以下の評価基準で評価しています。

めちゃくちゃ快適
全く問題ない
少し重い (動画は画質が少し落ちるけど問題ない)
止まる

 

それぞれをレビューしていきます。

 

低速通信中

LINE
SNS
ネットサーフィン
Youtube
動画配信サービス

 

楽天モバイル 」スーパーホーダイの最大の特徴でもありますが、低速通信速度が1Mbpsと、他の格安SIMの300Kbpsと比べても速いことがあげられます。

 

ここが賛否両論される部分でもあります。

 

使用感ですが、ネットサーフィンをするだけなら、最初の読み込みが多少遅いかな、ってレベルです。動画についても、Youtubeやネット動画配信サービスも、たまに画質が悪くなるけど、途中で止まることもなく見られます。

 

Wifi速度に慣れていると遅く感じるかもしれませんが、1ヶ月もすれば慣れると思います。

 

通信制限中

LINE
SNS
ネットサーフィン
Youtube
動画配信サービス

 

楽天モバイル 」スーパーホーダイは、12:00~13:00と18:00~19:00の2時間だけは、通信制限がかかり、通信速度が最大300Kbpsになります。

 

この通信制限中は、正直、けっこう重たいです。

 

ネットサーフィンをするにも、ページの読み込みは、体感レベルで遅くなります。また、Youtubeは画質が360pなら止まらずに見られるレベルです。ネット動画配信サービスは止まります。とても、見れたものじゃないです。

 

正直、この通信制限の時間帯は、とても快適とは言い難い通信速度になります。

 

昼休みはスマホゲームせずに仮眠をとる人や、残業で夕方に家にいることがない人には向いています。逆に、四六時中ゲームをやっている人には不向きだと思います。

 

高速通信中

LINE
SNS
ネットサーフィン
Youtube
動画配信サービス

 

楽天モバイル 」スーパーホーダイSでは、月2GBまで高速通信が利用できます。高速通信への切り替えは、楽天モバイルのアプリを起動したらワンタップで可能です。

 

通信速度ですが、あらゆるネット使用目的において、めちゃくちゃ快適です。

 

「どうしてもすぐに調べたいことがある!」、「道に迷ってグーグルマップを早く読み込みたい!」、「いますぐ高画質でアニメ見ないと死ぬ!」って時だけ、高速通信に切り替えればOKです。

 

必要なときだけ高速通信に切り替えることで、2GBでも1ヶ月持ちます。というより、私の場合だと毎月通信量は余るので、次月に持ち越すくらいです。

 

楽天モバイル「スーパーホーダイS」の料金ををレビュー

楽天モバイル 」スーパーホーダイSの年間コストを比較してみました。

ネット環境 年間コスト
大手キャリア+Wimax 13.2万円
格安SIM+Wimax 5.6万円
楽天モバイル 1.9万円

 

私の場合、以前までは『格安SIM (OCNモバイル) + Wimax』のネット環境だったので、年間で5.6万円の通信コストがかかっていました。

 

それが、Wimaxを解約して、楽天モバイルの一本化にしたいので、年間コストは1.9万円まで下がります。

 

つまり、同じ格安SIMからの乗り換えなのに、年間4万円近くの節約になったわけです。

 

しかも、楽天モバイルの魅力でもありますが、楽天経済圏でうまいこと楽天ポイントを貯められれば、実質の支払い金額はもっと少なくなります。

 

↓私の場合、この半年間で支払ったお金は、1,833円だけです。

笑っちまいますよね。

 

LINEも、SNSも、ネットサーフィンも、ブログ執筆も、Youtubeも、アニメも使いたい放題・見放題で、半年間で支払ったお金はたったの1,833円ですからね。

 

倹約家の人にとっては、これほどコスパに優れた格安SIMはありません。

 

「楽天経済圏で楽天ポイントを効率的に稼ぎたい!って人は、以下の記事をご参考ください。

楽天経済圏で大幅節約!10%超のポイント還元で年間数万円の節約効果!

 

楽天モバイル「スーパーホーダイS」がおすすめできる人

楽天モバイル 」スーパーホーダイを半年間使ってみた感想を紹介しました。

 

最後に、「楽天モバイル 」を契約するのに向いている人をまとめます。

  • 動画の画質は多少悪くても気にならない
  • スマホゲームは全くやらない
  • 通信コストを徹底的に抑えたい
  • 節約のために楽天ポイントを貯めている
  • 会社員で通信制限がかかる時間帯はあまり家にいない

 

通信制限中でなくても、急に速度が落ちるときもたまにあります。ですが、「そんなことよりも徹底的に通信コストを抑えたい!」って人には完全に向いていますね。

 

私がそうであるように。

 

私の場合、LINEが普通に使えて、ブログを閲覧・執筆できて、「dアニメストア 」でアニメが見られて、たまにYoutubeが見られれば、それだけで満足です。

 

通信速度が遅いときには、「本を読めばいいわ!」くらいにしか思っていません。

 

そんなスマホのライトユーザーには「楽天モバイル 」のスーパーホーダイは本当におすすめです。

 

最後に

大手キャリアがインターネット回線を牛耳っていた時代と比べると、月額1,600円でネットが使いたい放題なんて考えられませんでした。

 

しかも、楽天モバイルは楽天ポイントから支払いをすれば、実際の支払い金額をゼロ円にすることも十分に可能です。

 

低コストで暮らすためには、多くを望みすぎず、そこそこで満足することが重要です。そのために、楽天モバイルは強い味方になってくれると、この半年で確信しました。

 

以上

毎日使う愛用品

20代後半ミニマリスト男が毎日使っている愛用品

Amazonおすすめ商品

月8万円で暮らす20代後半ミニマリストがAmazonで買ってよかったもの8選

映画・ドラマ・アニメが無料で見放題

映画・ドラマ・アニメを289日間無料で見放題にする方法を紹介。

不用品買取・回収サービス

不用品をまとめて処分できるおすすめの不用品買取・回収サービスまとめ23選

レンタル・シャアリングサービス

持たない暮らしに最適なレンタル・シェアリングサービスまとめ10選
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。