2019.07.13

レビューサイトに惑わされない!本当にいいものを選ぶシンプルな方法

 

何かものを買おうとした時って、グーグル検索で評判を調べるのがいつの間にか当たり前になりましたよね。

 

実店舗で買い物するのが普通だった時代って、ものを買うのにそこまで悩んだことがなかったような気がします。それって、ネット通販が大衆化して、選択肢が膨大になったからだと思います。

 

たくさんのブランドが同じような製品を販売していて、「結局、なにがいいのか分からない!」。レビューサイトを見てみても、みんながみんな、自分が買ったものだから「これはおすすめです!」って紹介している。

 

当記事では、そんなモノで溢れた現代において、レビューサイトに頼らずにとも、本当にいいものを選ぶシンプルな方法を紹介します。

 

レビューサイトに惑わされない!本当にいいものを選ぶシンプルな方法

その方法とは、「できるだけシンプルに構成されたモノを選ぶ」ということです。

 

これだけモノで溢れた世の中において、ほとんどのものは同じような性能しか持たないのが現実だと思います。

 

しかし、企業は自社の繁栄のため製品を売らないといけないので、他社と差別化を図るために、プラスアファを足し算方式で付け足しています

 

ただ、その付け足された機能というのは、本質の部分にはあまり影響がなくて、ほとんどがあってもなくてもいいようなものばかりです。むしろ、ないほうがいい場合だってあると思います。

 

そのため、モノを選ぶときは、複雑な工程や材料で作られたものではなくて、なるべくシンプルで簡素な構成ものを選ぶのがいいというわけです。

 

実例をいくつか考えてみたいと思います。

 

日用品の選び方

たとえば、日用品。

 

シャンプー、ボディーソープ、化粧水、洗濯用洗剤、などなどです。

 

ネット通販で、シャンプーひとつ買おうとしても、300円くらいの安価な商品から、何千円もするような高級品もあります。その違いをみてみると、髪の毛にいい成分が含まれていることや、いい香りがすることを売り文句にしていますよね。

 

そして、そういった特徴を売りにしているものの成分表を見てみると、カタカナ文字の”なにか”がたくさん含まれていることでしょう。

 

しかも、肌に触れるシャンプーのようなもので、よく分からないものがたくさん入っているのって、なんとなく怖くないですか。結局のところ、「水と石鹸」。それだけ入っていればいいんじゃないですかね。

 

たとえば、「無添加せっけん シャンプー 」。

 

全成分が「水」と「カリ石ケン素地」のみです。構造が極めてシンプルなので、値段も安くて、長く安心して使える商品だと思います。

 

シャンプーに限らず、できるだけ少ない成分で、シンプルで簡素に作られたもの。それさえ選んでおけばよっぽど間違うことはないと思いますよ。

 

食品の選び方

カップラーメン、お菓子、缶詰、などなど。

 

どんな加工食品でもそうですが、加工食品を買うときは、工場のベルトコンベアに流れて加工されるところを想像したほうがいいと思います。

 

当然、加工するためにはマシーンが使われていて、食材と機械がくっつかないようにたくさん油が使われているだろうし、いろんな味があるなら、それだけ製造工程も複雑になるでしょう。

 

パッケージの成分表を見て、ズラズラと文字が書いてあるものは、そうやって工場でたくさん加工されている証拠です。

 

そのため、安全でカラダにいいものを食べたいのなら、言うまでもなく、なるべくシンプルに構成されたものの選んだほうがいいです。

 

たとえば、お菓子。

 

チョコレートやアイスクリームの成分表を見てみると、化学調味料なのかなんなのかよくわからないけど、たくさんいろんなモノが入っていますよね。

 

それなら、せんべいとか、まんじゅうとか、どら焼きとかの和菓子を選んでみたらどうですか。和菓子って、基本的にかなりシンプルな作りなので、安心して食べられるし、太りにくいお菓子でもあります。

 

調味料の選び方

続いて、調味料。

 

醤油、料理酒、みりん、お酢、味噌、など。

 

自宅にある調味料の成分表を見てもらえると分かりますが、スーパーでよく売られている調味料って、無駄に塩と砂糖とかが入っています

 

たとえば、料理酒。

 

よくある透明のボトルにはいった料理酒って、「米、米麹、食塩、ぶどう糖果、アルコール」なんかが入っているんですよね。

 

だから、料理酒を買うなら、安くていいから普通に飲める日本酒を買ったほうが絶対にいいです

 

日本酒は「水」と「米」でしか作られていないからです。

 

↓料理酒にするにはもったいないけど、獺祭 (だっさい) なんてめちゃくちゃおいしいですよね。

 

調味料を選ぶときは、余分な成分が入っていないシンプルなモノを選ぶのがおすすめです。値段は高くなりますが、料理の味は良くなるし、過度な塩分や糖質の摂取にもなりません。

 

家電製品・電子機器の選び方

冷蔵庫、電子レンジ、パソコン、テレビ、など。

 

スペックによって値段が大きく変わるのが電化製品です。

 

家電製品・電子機器の構造がシンプルかどうかは素人ではわからないので、シンプルな機能かどうかを考えるのがいいと思います。

 

ほとんどの人にとって、電化製品や電子機器ってオーバースペックだと思うんですよね。

 

あれば便利かもしれないけど、なくてもいい機能がついた製品。

 

レビューサイトなんかを見ていると、スペックが高いものには高評価がつきやすいですが、大事なことって、自分に必要なスペックかどうかと手頃な値段か、ということだと思います。

 

自分の暮らしに本当に必要なスペックを考えてみれば、安価でシンプルな機能な製品で満足できることがほとんどなんじゃないですかね。

 

「別に必要なかった・・・」とあとになって後悔しないためにも、デザインだけでなくて、機能もシンプルな製品を選ぶのがいいと思います。

 

最後に

レビューサイトに惑わされない本当にいいものを選ぶシンプルな方法を紹介しました。

 

「できるだけシンプルに構成されたものを選ぶ」

 

この判断基準を持つのは本当におすすめです。

 

そのモノ自体のスペックに依存するのではなくて、万物に共通する考え方なので、どんな買い物をするときでも役に立つと思います。

 

シンプルな構造のものは総じて安価なので、経済的にも優しいはずです。

 

ネット情報に惑わされず、自分の基準でモノを選べるようになると、生活はとても快適になるので、参考にしてもらえたらと思います。

関連記事:ミニマムな生活ってどうなの?お金で悩まずにゆるりと生きたい人におすすめ。

 

以上

毎日使う愛用品

20代後半ミニマリスト男が毎日使っている愛用品

Amazonおすすめ商品

月8万円で暮らす20代後半ミニマリストがAmazonで買ってよかったもの8選

映画・ドラマ・アニメが無料で見放題

映画・ドラマ・アニメを289日間無料で見放題にする方法を紹介。

不用品買取・回収サービス

不用品をまとめて処分できるおすすめの不用品買取・回収サービスまとめ23選

レンタル・シャアリングサービス

持たない暮らしに最適なレンタル・シェアリングサービスまとめ10選
by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。