2019.07.25

仕事の人間関係が苦手なサラリーマンのシンプルな世渡り術

 

「会社の仕事はさほど嫌ではないけど、仕事の人間関係が嫌でしょうがない」

 

世の中には、そんなサラリーマンの方は多くいるはずです

 

そんな仕事の人間関係が苦手なサラリーマンの方は、無理して職場の人と関わる必要はありません。

 

  • 職場ではほとんど喋らない
  • ランチは一人で食べる
  • 飲み会はほぼ不参加
  • 休日に職場の人と遊ぶことはない

 

仕事の人間関係に積極的にならないと職場で孤立してしまい、働きにくくなることを気にする人も多いと思います。

 

当記事では、そんな仕事の人間関係が苦手でどうしたらいいか分からないサラリーマンに向けて、職場の人間関係を円滑にするシンプルな方法を紹介します。

 

仕事の人間関係が苦手なサラリーマンのシンプルな世渡り術

結論からいえば、喋らなくてもいいので、顔をくしゃくしゃにしてとにかく笑うこと」。

 

これで職場の人間関係はなんとかなります。

 

とりあえず顔をくしゃくしゃにして笑っておく

職場のみんなが楽しそうに話していても、無理して会話に入っていく必要はありません。

 

当然、自分が喋って場を盛り上げようなんてことは、全く考えなくていいです。

 

もしも、自分に話が振られたときだけ、とりあえず笑っとくんです

 

とにかく笑っておけば、人間関係なんてなんとかなります。

 

ちゃんと笑ってさえおけば、全然喋らなくても、相手の自己肯定感を満たすことができるからです。

 

「会話にも入ってこない」、「自分の話に何の反応もない」というのは、他人を否定しているようにも受け取られるので避けるべきです。

 

だから、とにかく笑うんです。

 

大丈夫、そんなに相手の顔をじっくり見なくても、全力で顔を崩して笑っておけばOKです。

 

二人のときはとにかく質問しまくる

笑っておけばごまかせるといっても、職場の人と二人になる機会は絶対にやってきます。

 

そんなときは、自分の話は全くしなくていいので、とにかく質問をしまくるのがいいです。

 

人間誰しも、自分を見てほしいという感情が絶対に根幹にはあるはずです。

 

  • 私の話を聞いて欲しい
  • 私の考えに共感してほしい
  • 私の面白い話に笑ってほしい

 

だから、そんな自己肯定感をくすぐるために、どんな話題でもいいから質問しまくって、返ってきた答えをさらに掘り下げてみる。

 

やることはたったこれだけ。

 

要するに、「私はあなたに興味ありますよ。もっとあなたのことを教えてよ!」という雰囲気が伝わればOKです。

 

「休みの日はなにしているですかー?」

「娘さんって今おいくつでしたっけー?」

 

みたいな、そんな程度の話題でいいんです。

 

こんなしょーもない質問しても、今までに100万回くらいは同じような質問されてるんだろうなあ」なんて身構える必要はなくて、ただただ質問する量を増やすだけです。

 

それだけで相手は勝手に「こいつは自分に興味があるんだな」と好意を抱いてくれるはずです。

 

もう自己肯定感をくすぐられっぱなしで、息も絶え絶えすよ。

 

最後に

仕事の人間関係が苦手なサラリーマンにシンプルな世渡り術を紹介しました。

 

当記事をまとめます。

  • 仕事の人間関係が苦手なら無理に関わる必要は一切なし
  • その代わり、職場では顔をくしゃくしゃにして笑いましょう
  • 二人きりの状況になった時は、なにも考えずとにかく質問を浴びせまくりましょう

 

仕事の人間関係はこれだけでうまくいきます。

 

もう一度いいですが、変に面白いことを言ったり、気の利いたことを言う必要なんてありません。

 

ただただ無邪気に笑っておけばいいんです。

 

以上

毎日使う愛用品

20代後半ミニマリスト男が毎日使っている愛用品

Amazonおすすめ商品

月8万円で暮らす20代後半ミニマリストがAmazonで買ってよかったもの8選

映画・ドラマ・アニメが無料で見放題

映画・ドラマ・アニメを289日間無料で見放題にする方法を紹介。

不用品買取・回収サービス

不用品をまとめて処分できるおすすめの不用品買取・回収サービスまとめ23選

レンタル・シャアリングサービス

持たない暮らしに最適なレンタル・シェアリングサービスまとめ10選
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。