2019.06.24

節約に疲れるのはなぜ?節約生活の継続に必要なのは信念だけ。

 

「節約して貯金したいけど、どう頑張っても月に1万~2万円くらしか貯金できない」

 

お金をわりと使っていても毎月少しづつでも貯金できている人はマシかもしれません。ですが、収入が低い人にとっては、生活コストを落とした節約生活なしには、貯金はほぼ不可能だと思います。

 

当記事では、20代後半独身一人暮らしサラリーマン×ミニマリストの私が、月10万円の生活費でも生活できるマインドの話を紹介します。節約は小手先のテクニックよりも、揺るぎないマインドセットのほうが圧倒的に効果があります。

 

節約の具体的なテクニックに興味がある方は、以下の記事をご参考頂ければと思います。

一人暮らしでも生活費10万円で暮らすための超具体的な方法。

【節約術まとめ】全て実践すれば年間数十万円の節約効果!?

 

節約に疲れるのはなぜ?

ぶっちゃけ節約生活はかなりきつい思います。

 

実際に節約生活をしたことがある人にとっては当たり前の事実です。

 

  • 新しくて綺麗な部屋に住みたいけど、家賃3万円の部屋に住む
  • トレンドのアウターが欲しいけど、ユニクロで着回す
  • 近所に新しくイタリアンの店ができたけど、家で自炊する
  • たまには牛肉のブロックを食べたいけど、鶏むね肉を買う
  • でっかいSUVの車が欲しいけど、電車に乗る
  • 美容院で5,000円のカットをしたいけど、1,000円カットで髪を切る
  • 最新のMacが発表されたけど、旧式のlenovoを使い続ける

 

などなど。

 

節約生活にはどう考えてもストレスが付き物です。

 

なぜならば、物欲を押し殺して、現状で満足しようとすることこそが節約の本質だから。

 

「足るを知る」なんていいますが、だれだってお金があれば、豪遊はしないにしても、涙ぐましい節約なんて絶対にしないですよ。家で水筒にホットコーヒー入れて持ち運ぶよりも、そこらへんにある自販機で缶コーヒー買いたいです。

 

こう考えるのが普通だと思います。

 

そのため、相当ストレスのたまる節約生活は、モノやサービスを消費することに慣れている現代人は、どこかで絶対に挫折します。無理な糖質制限ダイエットみたいなものです。

 

じゃあ、どうすればいいんだよって話です。

 

節約生活の継続に必要なのは信念だけ

節約生活を長く続けていくには、間違いなく「信念」が必要になります。

 

要するに、「お金を貯めることで、どんな未来が待ち受けているか」を強くイメージすることです。

 

この部分が置き去りになっていると、絶対にどこかで節約生活が嫌になります。

 

「安心のためにお金はいくらあっても困らない」

 

これくらいだと弱いんですよね。

 

1,000万円貯めて実質利回り2%の株に投資していれば、年間で20万円の不労所得が手に入る。そうすれば、生きていくために20万円余分に稼ぐ必要がなくなる。

 

1,000万円貯めれば、月10万円で生活できるとすると、最高100ヶ月は無給でも生きていける。そうすれば、もっと気楽な仕事や自分に合った仕事をゆっくり選ぶことができる。

 

こんな感じでお金があることによって、どんな未来が待ち受けているかを明確にイメージすることができれば、全ての節約行動を肯定化することができるはずです。

 

時間の流れは「未来から今に向かって流れている」ってのが仏教では通説ですが、これは節約でも同じことが言えると思います。

 

今月の貯金が10年後の資産をつくるのではなくて、10年後の資産が今月の貯金をつくっているのです。

 

なんか宗教じみているようで気持ち悪いですが、たぶんこれは事実です。

 

高校生の頃、将来大きな企業に入社したいから、いま、受験勉強を頑張れたように、未来のイメージが今の勉強を頑張る自分をつくっていたと思います。

 

そのため、10年後にいくら貯めればこうなっているという強い信念が、明日や今日の節約生活につながっているはずです。

 

節約生活を続けるコツは持たない暮らし

とはいえ、いくら信念があろうと、毎日続く節約生活は結局ストレスがたまります。

 

そんな節約生活と相性がいいのが、モノを持たないミニマリスト的な暮らしです。

 

ミニマリストとは最小主義者のことで、少ないモノで暮らす変態生物たちですが、所有するモノが少ないと不思議と自分の物欲をコントロールすることができるようになります。

 

ミニマリスト的な生活で「足るを知る」ことが骨の髄まで染み込めば、節約生活はさほど大変でもなくなると思います。モノを持たない暮らしの始め方は、以下の記事を参考にしてみてください。

メルカリでお金を稼ぎながら断捨離する具体的な手順

ミニマリスト×サラリーマンが一人暮らしの部屋で捨てたもの25選

 

最後に

節約疲れすることなく、節約生活を長く続けていくためのマインドについて紹介しました。

 

当記事をまとめます。

  • 節約生活は、闇雲にしていると絶対にどこかで疲弊する
  • 節約生活の継続に必要なのは、「お金を貯めることでどんな未来が待っているか」を明確にイメージすること
  • 節約生活を自然に受け入れるには、ミニマリスト的なモノを持たない暮らしとの相性がいい

 

お金はあればあるほど、私たちを守ってくれる強い味方になります。お金が貯まった未来はどんな自分かを強くイメージし、そのために今日からまた節約生活をしましょう。

 

以上

毎日使う愛用品

20代後半ミニマリスト男が毎日使っている愛用品

Amazonおすすめ商品

月8万円で暮らす20代後半ミニマリストがAmazonで買ってよかったもの8選

映画・ドラマ・アニメが無料で見放題

映画・ドラマ・アニメを289日間無料で見放題にする方法を紹介。

不用品買取・回収サービス

不用品をまとめて処分できるおすすめの不用品買取・回収サービスまとめ23選

レンタル・シャアリングサービス

持たない暮らしに最適なレンタル・シェアリングサービスまとめ10選
by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。