2019.07.06

自己投資か貯金のどちらをするべき?無駄にならないお金の使い方

 

「自己投資」という言葉は都合がよくて、自分のためには使うお金はなんでもOKみたいな風潮があります。いや、企業の陰謀なのか、無責任な大人たちのせいだと思います。

 

  • 本を買う
  • ジムに通う
  • 服を買う
  • エステに行く
  • 飲み会に行く

 

新しい知識、新しい経験、自分の外見のケア。自分のために使うお金をすべて正当化してしまうと、お金はいくらあっても足りません。

 

当記事では、そもそも自己投資とはなんなのか、どんなことに自己投資を行なうべきなのか、といった疑問に対する考え方を紹介したいと思います。

 

自己投資か貯金のどちらをするべき?無駄にならないお金の使い方

そもそも、なぜ自己投資をしなければいけないのでしょう。

 

それは、自分という人的資本に時間とお金を投資することで、将来に利益としてリターンを受け取るため、だと思っています。この「利益を享受する」という考え方が大切です。

 

つまり、自己投資とは、将来にお金を生むことに繋がらないと意味がないと思っています。

 

お金を生むどころか、自己投資に消費しまくって、最終的にリターンを獲得できなかったら意味がないです。投資である以上、リターンを得てこそ意味があります。

 

ここでいう、リターンとは、やはりお金だと思うんです。

 

読書

「たくさん本を読め」なんてよく言われていますが、すべてが正しいとは私には思えません。

 

たった1,500円とかで、著者の人生のエッセンスを享受できるという点に関しては、コスパが優れたものだとは思っています。

 

ですが、いくらたくさんの本を読もうが、それだけでお金として返ってくると考えるのは、少し浅はかなように感じます。お金を稼ぐための手段として、知識を得るために本を買うのはいいと思います。

 

ですが、さまざまな本を読んで、新たな価値観に出会うことなら、市の図書館で本を借りたり、kindle unlimitedで多読すればいいといいと思います。

楽天ユーザーの私が「Kindle unlimited」を使い続ける理由

 

もし、新たな新しいやスキルを学びたいなら、別に本でなくても、インターネット上で無料で高品質の情報は山程転がっています。

 

お金を使わずとも、本を読むという目的は達成することができるというわけです。本に投資するなら、お金を生むことができるために使うべきです。

 

スポーツジム

健康でいるためにジムに通うことで、病気などになりずらく、結果的に無駄な出費が減る。そういう考え方もできますが、本当にスポーツジムに通う必要はあるかは疑問です。

 

健康でいることが目的なら、自炊のスキルを高めて栄養バランスのいい食事をとることや、自宅で自重トレーニングをするだけでも十分すぎるほどの結果でます。

ジム通いなしで誰でも細マッチョになる方法【完全ガイド】

 

もし、ウェイトトレーニングや水泳がしたいなら、市の施設を使えばワンコインです。

 

ファッション

高いスーツ、高い時計、高い時計。本当にこれは自己投資でしょうか。

 

外見のためにお金を使ったことが、将来に自分の稼ぎに繋がるかはかなり疑問です。サラリーマンの方で、いいスーツや時計をしたからといって、収入を増やすことができるのでしょうか。

 

もし、本当にかっこいい人になりたいと思うなら、外見を着飾るファッションに不要なお金はかけずに、自宅で継続的にカラダを鍛えたほうが、よっぽどかっこよくなれると思います。

 

美容

美容のためにお金をつかうのであれば、アンチエイジングに効く食品を食べるように心がけたり、天然のオイルで保湿することのほうがいいです。

 

また、美容院で高いお金を出して、髪の毛をいじることでお金が生み出せるなら、日本はお金持ちで溢れています。いくら外見にお金をだしたって、それでお金持ちになれるなら誰も苦労しません。

美容院代の節約!男は1,000円カットでも十分おしゃれになれる

 

飲み会

人とのつながりが、人脈となり、将来にお金を生み出すための潤滑油となる可能性はあります。

 

「お金を出してでも会って話がしたい!」と思えるような人との食事会であれば、間違いなくお金を投下してでも行くべきだと思います。

 

ただ、それが、会社の上司や同僚であれば、とても将来の人脈として利益につながるとも、とても考えられません。

 

自己投資はお金を生むことだけに使うべき

繰り返しますが、自己投資とは、お金を生むことに使うべきです。

 

そのため、逆に考えれば、倹約に努めて資産を増やし、資産運用することで利益を出すことも自己投資だと思います。

 

1年で200万円を貯蓄に回せられれば、10年で2000万円です。この資本金を、リスクの低いインデックス投資に突っ込むと、たった1%の値が動くただけでサラリーマンの月収くらいの額が動くことになります。

 

そのため、収入が安定しているサラリーマンにとっては、下手に「自己投資」という名の無駄遣いにお金を使うくらいなら、徹底的に倹約に努めて、資産を形成したほうがよっぽどいいと思います。

 

これが、フリーランスとなると、継続的にお金を稼ぎ続けるために、お金を使うことが必要になるのかも知れません。

 

最後に

お金を稼ぐために使うお金、それは正しい自己投資だと思います。

 

自己投資ビジネスの罠に引っかからないように、本当にお金を使うべきことのなのか、お金できるだけ使わずに最大の効果を得ることはできないか。

 

こういったことを自分の頭で考えることが重要だと思います。

 

以上

毎日使う愛用品

20代後半ミニマリスト男が毎日使っている愛用品

Amazonおすすめ商品

月8万円で暮らす20代後半ミニマリストがAmazonで買ってよかったもの8選

映画・ドラマ・アニメが無料で見放題

映画・ドラマ・アニメを289日間無料で見放題にする方法を紹介。

不用品買取・回収サービス

不用品をまとめて処分できるおすすめの不用品買取・回収サービスまとめ23選

レンタル・シャアリングサービス

持たない暮らしに最適なレンタル・シェアリングサービスまとめ10選
by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。