2019.09.12

高い買い物で失敗しないためのベストな判断基準とは?【失敗談も紹介】

 

「高い買い物だったのに全然使っていない」

 

値段は高いけど、直感で気に入ったから衝動で買ってしまった。

 

これは物を手に入れた豊かさではなくて、お金を消費すること自体に一時的な快楽を買っただけにすぎません。

 

当記事では、私がこれまでの買い物の失敗から学んだ「高い買い物で失敗しないためのベストな判断基準」を紹介します。

関連記事:一人暮らしの社会人が生活費を抑えるには?月10万円で暮らす超具体的な方法

 

高い買い物で失敗しないためのベストな判断基準とは?

結論としては、「日常的に使うかどうか」。

 

これを判断基準にするのがベストだと思います。

 

理由は単純で、1年に数回しか出番がないような物を買ったところで、豊かになったことを実感できないからです。

 

10万円のアルマーニのスーツを買う瞬間はワクワクするかもしれません。試着室の鏡に映った自分を見て、「あ、やべえ、おれモテちゃうな」。そんな妄想に駆り立てられるかもしれません。

 

ですが、年に1度か2度の結婚式くらいでしか着る機会がない。それではお金を払った分だけの価値を感じづらいと思うのです。

 

そのため、高い買い物をするときには、「これってどのくらいの頻度で使うかなあ」と考えて、毎日とか毎週触るものなら買っても後悔しないと思います。

 

目に入る瞬間、手で触れる瞬間に、「ああ、ほんと買ってよかった」と何度も感じることができるはずです。

関連記事:「もう服の買い物で失敗しない!」財布を出す前に考えるべき5つのこと

 

成功した高い買い物・失敗した高い買い物

「日常的に使うかどうかの基準なんて曖昧で分かりにくい」

 

そんな人のために、直近5年で私がした高い買い物の中で、成功した買い物・失敗した買い物を紹介したいと思います。

 

▼直近5年で買った高い買い物ランキング

買ったもの 購入価格
250ccバイク 40万円
ノートPC 10万円
メガネ 5万円
コインローファー 3.5万円
ナイロンジャケット 3.5万円
プレーントゥ革靴 3万円
ステンカラーコート  3万円
ライダースジャケット  3万円
財布 2.5万円 
スーツ 2万円

 

成功:バイク【40万円】

バイクは40万円の買い物でしたが、「買ってよかった」と思っています。

 

バイクに乗るのは休日だけですが、よく晴れた日にふらーっと目的もなく走るだけでとんでもなく愉快な気持ちになれます。

 

私は引きこもり体質なので、これがクルマだったり自転車だったりしたら、天気がよくてもわざわざ外に出かけることは少なかったと思います。

 

バイクだからこそ、休日になると私を外の世界に連れ出してくれました。

関連記事:月8万円で暮らす節約系ミニマリストがバイクに乗り続ける理由

 

成功:ノートPC【10万円】

HPの「ENVY 15 x360」というパソコンを10万円で購入しています。

 

今の時代、3万円もあれば必要十分なスペックのノートパソコンは購入できますが、それでも10万円出した価値はあったと感じています。

 

ボディが美しい・画面が綺麗・音質がいい・処理速度が早い。このパソコンにはこれだけの魅力があります。

 

私は毎日ブログをパソコンで書いているし、映画もYoutubeもパソコンで見ます。

 

そのため、毎日触るパソコンなので、お金で妥協しなくて本当によかったと感じています。

関連記事:【レビュー】HP ENVY 15 x360 (AMD) を買った!10万円以下で最強のノートPC!

 

成功:メガネ【5万円】

過去の買い物でもトップクラスに満足度の高い買い物。

 

それが金子眼鏡店のメガネです。

 

Zoffなどで1本3,000円でメガネが買える時代に、5万円のメガネは高い買い物であることは間違いありません。

 

しかし、金子眼鏡店のメガネの5万円の中には、デザインが美しいだけでなく、軽量さとフィッティング性の良さも含まれています

 

メガネは自宅で毎日使うものなので、かけていることに苦痛を感じないメリットは計り知れません。

関連記事:【レビュー】金子眼鏡店のメガネがコスパ最強の理由。値段はいくら?

 

成功:コインローファー【3.5万円】

ジャランスリワヤの「98589」という型番のコインローファー。

 

こいつも買ってよかった。

 

正直、ローファーは毎日や毎週履くわけではありません。

 

しかし、ビジネス・カジュアル・パーティーとどんなシーンでも履きこなすことができます。つまり、汎用性が抜群がいい。

 

そのため、靴の中でも出番が多いのがローファーの魅力です。

 

それに、ジャランスリワヤのコインローファーはソールを交換できる製法で作られており、修理しながら長く愛用できるため、満足度もそれだけ高くなります。

関連記事:ミニマリストが絶対に欲しい靴はシンプルなローファー。サイズ選びのコツは?

 

成功:ナイロンジャケット【3万円】

エディフィスで買った「ナイロンジャケット」。

 

これまで、「ステンカラーコート・チェスターコート・ブルゾン・ライダース・テーラードジャケット・ピーコート」など、色々なアウターを買ってきましたが、ナイロンジャケットはとにかく使いやすい

 

夏以外の全シーズンに着られて、シルエットもジャケットに近くスタイリッシュ、素材もナイロンなので雑に扱ってもよくて、省スペースで邪魔にもならない。

 

最高ですね。

 

ナイロンジャケットではなくて、マウンテンパーカーでも同じように満足度が高いです。

関連記事:メンズミニマリストにおすすめのアウター3選|マウンテンパーカー最強

 

失敗:ステンカラーコート【3万円】

アーバンリサーチで買った「ステンカラーコート」。

 

個人的にこのコートの買い物は失敗でした。

 

ウールの質感がめちゃくちゃよかったので購入したのですが、真冬の期間しか着られないこと、コーディネートを考えるのがめんどくさいこと、ウールの取り扱いがめんどくさいこと。

 

着られる期間が限られており、翌年には流行りのデザインも変わっているため、コスパの悪い買い物でした。

 

失敗:シングルライダース【3万円】

エディフィスの「シングルライダース」。

 

これも失敗。

 

よく考えれば分かったことなのですが、ライダースを着る機会はかなり限られています。

 

それに、トレンド要素もかなり強いアイテムなので、買ったのはいいけど全くといっていいほど着ることもなく、メルカリに売りに出しました。

 

失敗:スーツ【2万円】

スースセレクトの「ネイビースーツ」。

 

失敗とまではいいませんが、GUのセットアップスーツの存在をもっと早く知っていれば、「買わなかったなあ」と思っています

 

GUのセットアップは上下7,000円で購入できて、ジャケットだけでも、スラックスだけでも、カジュアル用として使っても普通にかっこいいのが魅力

 

スーツ専門店のスーツはどうしてもスーツとしてしか使えないため、出番はそれだけ少なくなります。

関連記事:社会人はスーツを何着揃えるべき?無地スーツが1着だけあればいい理由

 

成功:財布【2.5万円】

私が使った歴代の財布の中でも、抜群に気に入っているが土屋鞄製造所の「ウルバーノジャケットパース」。

 

デザイン・サイズ感・細部へのこだわり・エイジング・値段どれをとっても最高の財布。

 

いや、財布なんてその人の用途によって好みは変わってくるのですが、「普段カバンは持たずに、ポケットに財布を入れる人」に向いています。

 

財布も毎日持ち歩くものなので、デザインが好きで実用的な財布を選ぶといいでしょう。

関連記事:【レビュー】土屋鞄製造所の財布ウルバーノジャケットパースは最高

 

最後に

高い買い物で失敗しないためのベストな判断基準について紹介しました。

 

当記事をまとめます。

  • お金を使う一瞬に快楽を求めていては豊かになれない
  • 「日常的に使うかどうか」を考えることが失敗しない買い物のコツ
  • 毎日使うものにお金をかけると毎日がちょこっと幸せになる

 

高い買い物では日常的に使うかを考えるのがいいですが、なんでもかんでも高い物を買っていてはお金は貯まりません

 

自分の給料に見合ったお金を使い方をすることも大切です。

 

「自分の身の丈に合った暮らしってどんな感じだろう」と考えてみると、お金を削る部分と使う部分の線引きができるようになると思います。

関連記事:一人暮らしでは貯金ができない?身の丈にあった暮らしでお金は貯まる

 

以上

毎日使う愛用品

20代後半ミニマリスト男が毎日使っている愛用品

Amazonおすすめ商品

月8万円で暮らす20代後半ミニマリストがAmazonで買ってよかったもの8選

映画・ドラマ・アニメが無料で見放題

映画・ドラマ・アニメを289日間無料で見放題にする方法を紹介。

不用品買取・回収サービス

不用品をまとめて処分できるおすすめの不用品買取・回収サービスまとめ23選

レンタル・シャアリングサービス

持たない暮らしに最適なレンタル・シェアリングサービスまとめ10選
by
関連記事