2020.01.29

ゴリマッチョよりも細マッチョを目指したほうがいい理由【コスパ重視】

 

細マッチョかゴリマッチョのどちらを目指したらいいだろう。かっこいい体になりたい!

 

そんな悩みを持つ方に向けて。

 

こんにちは、なにおれ (@lemologue) です。私は20代後半のサラリーマンで、身長173cm、体重62kg、体脂肪率12%の体型をキープしています。いわゆる、細マッチョ体型です。

 

筋肉隆々の体には憧れますが、ゴリマッチョ体型を目指すつもりはありません。

 

当記事では、ゴリマッチョか細マッチョかどちらを目指すべきか迷っている人に向けて、細マッチョを目指したほうがいい理由を紹介します。

関連記事:ジム通いなしで誰でも細マッチョになる方法【完全ガイド】

 

ゴリマッチョよりも細マッチョを目指したほうがいい理由

まずは結論から。

 

ゴリマッチョになるためには、お金がかかりすぎるからです。

 

なぜならば、ゴリマッチョになるためには必要以上にご飯を食べて、スポーツジムに通ってフリーウエイトをして、プロテインやサプリを常用する必要があるからです。

 

▼ゴリマッチョと細マッチョの毎月のコスト比較

  ゴリマッチョ 細マッチョ
スポーツジム代 ~1万円 0円
プロテイン代 ~0.5万円 0.2万円
サプリ代 ~0.3万円 0円
食費 ~4.5万円 ~3万円
合計 ~6.3万円 ~3.2万円

 

ゴリマッチョが月6万円かかるのに対して、細マッチョは月3万円と、毎月かかるコストは2倍近く変わってきます。

 

なぜ、細マッチョにはお金がかからないかというと理由は4つあります。

  1. スポーツジムに通う必要がない
  2. プロテインは体脂肪を落とすことが目的
  3. サプリメントの必要がない
  4. 食事量を無理に増やす必要がない

 

1. スポーツジムに通う必要がない

ほどよく筋肉があって、腹筋がくっきりと現れる体型を目指すだけなら、スポーツジムに通う必要はありません。

 

自宅でできる自重トレーニングだけでも十分です。

 

なぜならば、細マッチョでは筋肉隆々の筋肥大化を目指すのではなく、体脂肪を落として引き締まった体を目指すからです。

 

自重トレーニングでは筋肉の肥大化ができない一方で、チーターのように引き締まった機能的な体を作ることができます。

 

そのため、細マッチョになるためにわざわざジムに通わなくても、一切お金のかからない自宅での自重トレーニングだけで十分というわけです。

 

逆に、ゴリマッチョ体型を目指すとなると、筋肥大のために体に強烈な負荷を与える必要があり、スポーツジムに通ってフリーウエイトトレーニングをすることになります。

 

さらに、人間の体は生命維持に必要のない筋肉はエネルギーとして使われるため、一度手に入れたゴリマッチョ体型を維持するにはウエイトトレーニングをずっと続ける必要があります。

 

そうすると、ゴリマッチョ体型をキープしようとする限り、ジム費用が発生し続けるということです。

関連記事:自重トレーニングのみで体脂肪率12%の体型になるトレーニング方法【1日5分】

 

2. プロテインは体脂肪を落とすことが目的

細マッチョになるためには体脂肪を落とすことです。

 

そのため、コスパのいいプロテインを朝食の置き換えで飲む程度で十分。

 

朝にプロテインを飲むことで以下のメリットがあります。

  • 睡眠中に吸収されたたんぱく質を補給できる
  • たんぱく質には食欲を抑える作用がある
  • 脂肪は空腹期間に燃焼される

 

つまり、筋肉量を維持するためのたんぱく質を補給し、無駄な食べ物を口にしないように食欲を抑え、空腹期間を作ることで体脂肪を燃焼することができる、というわけです。

 

一方で、ゴリマッチョを目指すとなると1日に何度もプロテインを飲む必要があります。

 

トレーニング後にホエイプロテインを飲み、寝る前には消化のゆっくりなソイプロテインを飲む。それぐらい飲まないと、体を大きくするためのカロリーが十分に摂取できないからです。

 

そうなると、プロテイン代だけでも1ヶ月で5,000円はかかってしまいます。

 

おすすめのプロテインは、リミテストの「ウルトラバリュー」。

 

3kgで5,000円と格安で購入できるプロテインで、1ヶ月のプロテイン代は2,000円にもなりません。

 

値段が安いからといって品質が悪いわけでもなく、1食当たり27gのたんぱく質含有していたり、砂糖・甘味料・着色料などを一切使っていなかったりと、健康上も安心して愛用することができます。

関連記事:1日2食の朝食抜き生活を365日続けて実感した5つの効果

 

3. サプリメントの必要がない

細マッチョになるためにサプリは不要です。

 

時間はかかりますが、自重トレーニングを継続していれば、自分の体型に見合った筋肉は間違いなくつきます。そして、健康的で栄養のある食事を習慣化することで、自然と体脂肪は落ちていき、引き締まった体になります。

 

しかし、体を大きくゴリマッチョを目指すなら、「ビタミンD」や「クレアチニン」といったサプリを摂取したほうが効率がよくなります。

 

ただし、サプリは食事は置き換えにならず、あくまで栄養補給が目的です。

 

そのため、サプリを使えば使うほど、お金がかかるということです。

created by Rinker
NOW Foods(ナウ・フーズ)
¥1,320 (2020/04/08 21:59:08時点 Amazon調べ-詳細)

 

4. 食事量を無理に増やさなくていい

細マッチョ体型を目指すのであれば、消費カロリーと同程度のカロリー摂取だけで十分。

 

そのため、無理に食事量を増やす必要がありません。

 

高たんぱく質・低脂質の食事中心で1日に必要な栄養とカロリーを摂る。

 

意識することはこれだけです。

 

「鶏肉、豚肉、卵、納豆、豆腐、野菜」など安価で手に入る食材を使った料理を食べるだけなので、月に3万円もあれば十分。

 

逆に、筋肉を大きく肥大化させるためには、消費カロリー以上にカロリーを摂ることが必須です。

 

そのため、カロリーを摂取するために食事の量を増やさなければいけません。

 

カロリーを摂るだけなら、安価で高カロリーなドーナッツや菓子パンを食べればいいわけですが、それでは脂肪も一緒についてしまいます。できるだけ脂肪を増やさずに体重だけを増やそうとすると、食事内容にはかなり気を使わなければいけません。

 

そうなると、お金はたくさんかかってくるというわけです。

関連記事:一人暮らし男性におすすめの食材とは?【節約&筋トレ食材のまとめ】

 

最後に

ゴリマッチョよりも細マッチョを目指したほうがいい理由について紹介しました。

 

当記事をまとめます。

  • ゴリマッチョになるには細マッチョの毎月約2倍のお金がかかる
  • 必要以上の筋肉はエネルギーになるため、ゴリマッチョを維持をする限りお金がかかり続ける
  • 細マッチョ体型であれば、ジム通い不要で健康的な食事と自宅での自重トレーニングだけで十分
  • 体型維持は一生続くため、お金のことを考えると細マッチョのほうが圧倒的にコスパがよくなる

 

筋トレは夏に向けて一時的に行うものではなく、一生にわたって続けていくものです。

 

そのため、お金も、食事も、トレーニングも、できるだけ負荷がかからないことが重要になります。

 

その点、細マッチョ体型の維持には、ジム通い・プロテイン・サプリ・必要以上の食事は不要なので、ゴリマッチョに比べて圧倒的にお金がかかりません。

 

これはとてつもないメリットだと思います。

 

▼自宅でのトレーニングはプリズナートレーニングがおすすめ

関連記事:プリズナートレーニングの進め方を解説!初心者でも挫折しないコツ


以上

毎日使う愛用品

20代後半ミニマリスト男が毎日使っている愛用品

Amazonおすすめ商品

月8万円で暮らす20代後半ミニマリストがAmazonで買ってよかったもの8選

映画・ドラマ・アニメが無料で見放題

映画・ドラマ・アニメを289日間無料で見放題にする方法を紹介。

不用品買取・回収サービス

不用品をまとめて処分できるおすすめの不用品買取・回収サービスまとめ23選

レンタル・シャアリングサービス

持たない暮らしに最適なレンタル・シェアリングサービスまとめ10選
by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。