2019.09.22

ゴリマッチョは金がかかりすぎる!細マッチョはコスパがいい理由

 

「ゴリマッチョと細マッチョどっちを目指すべき?」

 

ゴリマッチョと細マッチョ。

 

これから体を鍛えようとしている人はどちらを目指したほうがいいのか悩みますよね。

 

ゴリマッチョは細マッチョの先にあるため、はじめからゴリマッチョを目指したほうがいいような気がしますが、ゴリマッチョになるにはひとつ大きな欠点があります。

 

それが、お金がかかりすぎること。

 

筋トレは生涯にわたって長く続けていくものなので、お金のかかりすぎるゴリマッチョよりも細マッチョを目指したほうがいい、というのが私なりの見解です。

関連記事:ミニマリストの筋トレは囚人トレーニングがおすすめな理由

 

ゴリマッチョは金がかかりすぎる!

ざっくりとですが、ゴリマッチョと細マッチョで毎月かかるコストを比較してみました。

 

▼毎月のコスト比較

  ゴリマッチョ 細マッチョ
ジム代 ~1万円 0円
プロテイン代 ~0.5万円 0.2万円
サプリ代 ~0.3万円 0円
食費 ~4.5万円 ~3万円
合計 ~6.3万円 ~3.2万円

 

ゴリマッチョと細マッチョでは、毎月かかるコストが2倍近く変わってきます。

 

ゴリマッチョを目指すには食費も含めて1ヶ月で6万円近くかかります。それに対して、細マッチョを目指すのであれば3万円と約半分のコストですみます。

 

正直、ゴリマッチョは趣味の領域になるため、普通の人はお金のあまりかからない細マッチョを目指したほうがいいでしょう。

 

細マッチョはコスパがいい理由

細マッチョがコスパいい理由は4つあります。

  1. ジム通いが必要ないから
  2. プロテイン代がほとんどかからないから
  3. サプリがいらないから
  4. 食事量を増やさなくていいから

 

1. ジムに通う必要がないから

程よく筋肉がついて、腹筋がくっきり現れる細マッチョ体型を目指すだけなら、スポーツジムに通う必要はありません。

 

自宅でタダでできる自重トレーニングだけでも十分です。

 

これがゴリマッチョの肉体を手に入れるようとすると、ジムに通ってフリーウエイトトレーニングをする必要があります。

 

自重トレーニングでは自分の体重分だけしか負荷を与えられないため、筋肥大には効率が悪くなるからです。

 

しかし、ジムに通うとなると、入会費に加えて月額で5000円~13,000円くらいのお金がかかります。

 

さらに、生命維持に必要のない筋肉はエネルギーとして使われてしまうため、一度手に入れたゴリマッチョ体型を維持するためにはウエイトトレーニングをずっと続けることになります。

 

そうすると、ゴリマッチョ体型を維持しようとする限り、ジムの費用が発生ということです。

 

その点、細マッチョ体型であれば自宅での食事管理と自重トレーニングを続けるだけでなれるため、一生ジムに行く必要がないということです。

関連記事:細マッチョを目指すならジム通いはお金の無駄【自宅で鍛える】

 

2. プロテイン代がほとんどかからない

本気でゴリマッチョを目指すなら、1日に何度もプロテインを補給する必要があります。

 

トレーニング後にホエイプロテインを飲み、寝る前には消化のゆっくりなソイプロテインを飲む。それぐらいしないと、体を大きくするためのカロリーが摂取できないからです。

 

そうすると、プロテイン代だけでも1ヶ月で5,000円はかかってきます。

 

一方で、細マッチョを目指すならプロテインは最悪なくてもいいくらいです。

 

筋肉を肥大化することを目的にしていないため、栄養のある食事だけで十分です。

 

ただ、プロテインなしではたんぱく質が不足しやすく、筋肉がつきにくくなるため、朝食に1杯プロテインを飲むがおすすめ!

 

リミテストの「ウルトラバリュー」は3kgで5,000円で買えるので、1ヶ月のプロテイン代は2,000円にもなりません

関連記事:1日2食の朝食抜き生活を365日続けて実感した5つの効果

 

3. サプリが必要ないから

本気でカラダを大きくしようと思うと、『ビタミンD』や『クレアチニン』といったサプリを摂取したほうがいいです。

 

サプリはあくまで栄養補助食品なので、食事の置き換えにはなりません。

 

つまり、サプリを使えば使うほど、お金がかかるということです。

 

しかし、引き締まった体を目指すのであれば、サプリの力を借りなくても問題ありません。

 

時間はかかりますが、健康的で栄養のある食事を習慣化し、自重トレーニングを継続して行えば間違いなく筋肉はついてきます。

 

そして、体脂肪は落ちていき、引き締まったカラダになっていきます。

 

4. 食事量を増やさなくていいから

筋肉を大きく肥大化させるためには、消費カロリー以上にカロリーを摂ることが必須になります。

 

そのため、カロリーを摂取するために食事の量を増やさなければいけません。

 

つまり、それだけ食費がかかるということです。

 

カロリーを摂るだけなら、安価で高カロリーなドーナッツや菓子パンを食べればいいのですが、それでは脂肪も一緒についてしまいます。

 

できるだけ体脂肪を増やさずに体重だけを増やそうとすると、食事内容にはかなり気を使わなければいけません。そうなると、お金はたくさんかかってきます。

 

一方で、細マッチョ体型を目指すのであれば、消費カロリーと同程度のカロリー摂取だけで十分です。

 

無理に食事量を増やす必要はなく、高たんぱく質・低脂質の食事で1日に必要なカロリーを摂るだけ。

 

「鶏肉、豚肉、卵、納豆、豆腐、野菜」といった安価で手に入る食材で作った料理を食べるだけなので、月に3万円もあれば十分収まります。

関連記事:一人暮らし男性におすすめの食材とは?【節約&筋トレ食材のまとめ】

 

最後に

ゴリマッチョはお金がかかりすぎるため、細マッチョを目指したほうがいい理由を紹介しました。

 

当記事をまとめます。

  • ゴリマッチョになるには細マッチョの毎月2倍のお金がかかる
  • 体型維持をする限りはお金がかかり続ける
  • 細マッチョ体型であれば、ジム通い不要で健康的な食事と自宅での自重トレだけで目指せる
  • 体型維持は一生続くため、お金のことを考えると細マッチョのほうが圧倒的にコスパがよくなる

 

筋トレは夏に向けて一時的に行うものではなく、生涯にわたって続けていくものです。

 

そのため、食事もトレーニングも、お金の負担があまりかからないことが重要になります。

 

細マッチョでは、ジム通い不要・プロテイン不要・サプリ不要なので、ゴリマッチョに比べて圧倒的にお金がかかりません。

 

▼自宅でのトレーニングはプリズナートレーニングがおすすめ

関連記事:プリズナートレーニングの進め方を解説!初心者でも挫折しないコツ


以上

毎日使う愛用品

20代後半ミニマリスト男が毎日使っている愛用品

Amazonおすすめ商品

月8万円で暮らす20代後半ミニマリストがAmazonで買ってよかったもの8選

映画・ドラマ・アニメが無料で見放題

映画・ドラマ・アニメを289日間無料で見放題にする方法を紹介。

不用品買取・回収サービス

不用品をまとめて処分できるおすすめの不用品買取・回収サービスまとめ23選

レンタル・シャアリングサービス

持たない暮らしに最適なレンタル・シェアリングサービスまとめ10選
by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。