MENU
プロフィール
れもん(29)
20代後半の倹約家サラリーマン。月6万円の生活費で一人暮らしをしています。

社会人4年目に苦手な営業から転職したことをきっかけに、自分にとって理想の暮らしを真剣に考えることに。

現在は、生活コストを徹底的に抑え、本業×副業でお金を稼ぎ、余剰資金を米国高配当株ETFに投資に回すことで、経済的な自由を目指しています。
サイト情報
なにおれ
きっと何者にもなれない俺たちのライフスタイル。通称「なにおれ」。

ミニマリズムをベースに、少ないお金でも楽しく暮らす方法について発信しています。

何者にもなれなかった大人たちに、ゆるく気楽に生きていくライフスタイルを提案。
20代後半ミニマリストが毎日使う愛用品12選!

細マッチョ

理想の体型を目指す意義

今の自分の体型は理想的ですか?

もしそうでないなら、絶対に努力したほうがいいです。

なぜならば、理想の体型でいることは、お金があることと同じくらい人生の満足度を上げてくれるから。

努力で顔のパーツや骨格を変えることはできません。

しかし、体型だけは、食生活の見直しと簡単な筋トレを続けていれば絶対に手に入れられます。

  • 自分に自信がない
  • 仕事がうまくいかない
  • 人間関係が苦手
  • いつもイライラしている
  • モテたい

筋肉で全部解決します。

なんだか心地いい言葉ですが、これは本当です。

健康的な食事をしましょう。1日1分でいいから筋トレをしましょう。

そうすれば、間違いなく自分の肉体は変化します。

プロフィール
れもん (29)
  • 20代後半サラリーマン
  • 月6万円の生活費で一人暮らし
  • 体脂肪率12%をキープ
  • 朝食抜きの1日2食生活
  • 料理のレパートリーは100種類以上
  • プリズナートレーニング愛好者

細マッチョになる方法

細マッチョになるためにやることは3つ。

  1. 食生活を健康的に見直すこと
  2. 毎日筋トレを続けること
  3. よく歩くこと

基本はこれだけ。

ジム通いも、サプリも不要。

食生活を見直して体脂肪を落とし、運動習慣で食欲をコントロールし、自重トレーニングで筋肉をつける。

やることは意外とシンプルです。

1ヶ月では大きな変化はないかもしれませんが、半年、1年と細々と続けていくと確実に効果は肉体にあらわれます。

大事なことは長く続けること。

そのため、無理な食事制限や、1日30回の腕立て伏せを3セットなんてことはやらなくていいです。

むしろ、やっちゃダメ。

日常生活で無理のない範囲で、意思の力をつかわない生活習慣を身につければ、もう勝ちは確定します。

まず読んでほしい記事10選

1. 自宅だけで細マッチョになる方法

2. ゴリマッチョより細マッチョ

3. 細マッチョになる食生活

4. 筋トレをしたほうがいい理由

5. 筋トレのモチベーション維持

6. 意識高い系の自炊

7. 食べてはいけないもの

8. ダイエットはTDEEを知ることから

9. 体脂肪を簡単に減らす方法

10. 痩せる習慣