2019.10.02

その節約はやめたほうがいい!月8万円で豊かに暮らす私がやらないこと

 

「節約生活がつらい・・・」

 

それ、やりすぎです。

 

いざお金を貯めようと決意した時、無理な節約は厳禁。

 

なぜならば、生活コストは下がるかもしれませんが、それと同時に人生の満足度も一緒に下がってしまう可能性が高いからです。

 

コストと満足度のバランスがとれていないと生活は成り立たないため、あくまで健全に無理のない節約が大切になります。

 

当記事では、月8万円で生活する一人暮らしのサラリーマンがやめたほうがいい節約方法を紹介します。

関連記事:20代一人暮らしミニマリスト男の生活費って?【月8万円で暮らす内訳】

 

やめたほうがいい節約4選

節約しながらも豊かに暮らすためにやめたほうがいい節約は4つ。

  1. 健康を度外視した食費の節約
  2. エアコンの電気代の節約
  3. 毎日使うものの節約
  4. 友達との交際費の節約

 

1. 健康を度外視した食費の節約

食費は削ろうと思えば、どこまででも削ることができます。

 

  • 毎日同じ食材で自炊
  • インスタントラーメン
  • コンビニ飯
  • 牛丼チェーン

 

このような食生活では確かに食費は節約できますが、その代わりに人間で最も大切な資本である体を犠牲にしています

 

そのため、健康を度外視にした食費の節約は絶対にやめたほうがいいです。

 

一人暮らしの人であれば、栄養バランスのとれた健康的な食事をしようとすると最低でも3万円くらいはかかるはずです。

 

もし、月1万円とかに節約している人は健康貯金を前借していると考え直し、多少コストがかかっても食費にはお金を使ったほうがいいと思います。

 

しかし、外食やコンビニ飯で栄養バランスのとれた食事をしようすると1食で1,000円はかかるため、安い食材でもおいしい料理を作れるように自炊のスキルを身につけておいたほうが絶対にいいですよ。

関連記事:男でも料理ができるほうが絶対に人生は豊かになる理由

 

2. エアコンの電気代の節約

夏冬はエアコンの電気代を節約するために我慢している人がいるかもしれません。

 

ですが、電気代の節約は我慢のわりに節約効果が大きくないため、やめたほうがいいかなと思います。

 

エアコンの電気代って、ものすごいざっくりと計算すると6畳用で1時間当たり約15円になります。

 

そのため、1日の中で2~3時間我慢したところで、1ヶ月で900~1,350円の節約にしかなりません。

 

夏場のクソ暑い季節に3時間冷房をつけない、冬場のクソ寒い時期に3時間暖房をつけないことの身体的ストレスは計り知れません。

 

それだけ我慢しても、月で節約できるのはたったの1,000円です。

 

月に1回外食に行くことをやめるだけで、1ヶ月分のエアコンの電気代くらいはペイできますよ。

関連記事:水道光熱費を節約するためにミニマリストが実践する12のテクニック

 

3. 毎日使うものの節約

毎日使うものはケチらないほうがいい」というのが個人的な考えです。

 

  • 下着
  • バスタオル
  • 部屋着

 

このあたりは値段がいくらか高くてもお気に入りのものを買うのがおすすめです。

 

なぜならば、毎日使うものを自分の好きなもので揃えると、使う度に、身につける度に小さな幸せを感じられるからです。

 

「節約だから・・・」と、気に入らないダサいものに毎日触れるのって辛くないですか?

 

私の例をひとつ紹介すると、昔はユニクロの1枚500円のボクサーパンツを身につけていたのですが、1枚2,000円のビトーンズのボクサーパンツに乗り換えました。

 

単純に値段は4倍になっていますが、デザインと履き心地の満足度が格段に上がったため、値段以上の喜びを感じています。

 

また、毎日使うものであれば、多少値段が高くても結果的にはコスパがよくなります。

 

1万円の安価なコートでも1年で5回しか着なければ1回あたりの着用コストは2,000円です。それが、3万円の高価なTシャツでも1年間の半分は着た場合、1回当たりの着用コストは100円になります。

 

そういうことです。

関連記事:少ない服だけで暮らす3つのメリットとは?

 

4. 友達との交際費の節約

これですよ。

 

個人的に一番やめたほうがいいと思う節約。

 

友達や恋人など好きな人と過ごすときにケチること。

 

  • お金を使いたくないから出かけない
  • お金を使いたくないからいいレストランに行かない
  • お金を使いたくないからコンビニに寄らない
  • お金を使いたくないから旅行に行かない

 

これでは寂しすぎますよ。

 

誰かといるときくらいはお金を使おう!

 

いやね、毎日のように誰かと遊んでお金を消費しまくるのはどうかと思いますが、たまに遊びにいくくらいならそこは節約せずに、素直にお金は使ったほうがいいと思います。

 

結局のところ、お金は持っているだけでは幸せになれないので、好きな人と過ごす時間くらいはお金は使ってもいいんじゃない?

 

ということです。

 

逆に、一人で過ごす時間では徹底的に節約して生活コストを下げるのは言うまでもありません。

関連記事:楽しい節約生活を送るシンプルな1つのルール

 

最後に

人生の満足度を下げるやめたほうがいい節約について紹介しました。

 

当記事をまとめます。

  1. 過度な食費の節約は健康貯金を前借しているだけ
  2. エアコンを我慢しても1ヶ月で1,000円程度しか節約できない
  3. 毎日使うものにはお金をかけると満足度が格段に上がる
  4. 好きな人たちと過ごす時間くらいはお金を使おう

 

繰り返しですが、過度な節約は全くおすすめしません。

 

生きていることが辛くなるだけです。

 

ですが、余分な支出をなくて生活コストを圧倒的に下げることで、ずいぶんと気楽に生きられるようになるものです。

 

「節約しよう!」と考えるとストレスがたまりますが、少ないもので暮らすミニマリストになることで自然と支出を減らせるようになると感じています。

関連記事:ミニマリストになれば確実に貯金できるようになる理由

 

以上

毎日使う愛用品

20代後半ミニマリスト男が毎日使っている愛用品

Amazonおすすめ商品

月8万円で暮らす20代後半ミニマリストがAmazonで買ってよかったもの8選

映画・ドラマ・アニメが無料で見放題

映画・ドラマ・アニメを289日間無料で見放題にする方法を紹介。

不用品買取・回収サービス

不用品をまとめて処分できるおすすめの不用品買取・回収サービスまとめ23選

レンタル・シャアリングサービス

持たない暮らしに最適なレンタル・シェアリングサービスまとめ10選
by
関連記事