MENU
プロフィール
れもん(29)
20代後半の倹約家サラリーマン。月6万円の生活費で一人暮らしをしています。

社会人4年目に苦手な営業から転職したことをきっかけに、自分にとって理想の暮らしを真剣に考えることに。

現在は、生活コストを徹底的に抑え、本業×副業でお金を稼ぎ、余剰資金を米国高配当株ETFに投資に回すことで、経済的な自由を目指しています。
サイト情報
なにおれ
きっと何者にもなれない俺たちのライフスタイル。通称「なにおれ」。

ミニマリズムをベースに、少ないお金でも楽しく暮らす方法について発信しています。

何者にもなれなかった大人たちに、ゆるく気楽に生きていくライフスタイルを提案。
【12/4~11】楽天お買い物マラソン開催中!おすすめの商品は?

筋トレのモチベーションを維持する最強の方法【モテたいでは続かない】

 

「筋トレして、いい体になってモテたい!!」

 

気持ちはわかりますが、ちょっと待ってください。

 

その考え方では、十中八九モチベーションが維持できずに挫折してしまいます。

 

筋トレのモチベーションを維持するためには、もっといい方法があります。

 

こんにちは、なにおれ (@lemologue) です。私は、一人暮らしをしている20代後半のサラーリマンです。平日は仕事に家事と忙しく生活していますが、2年以上毎日の筋トレを継続しています。

 

当記事では、モテたいという欲望だけでは筋トレが続かない理由とモチベーションを維持する効果抜群の方法を紹介します。

 

関連記事:【筋トレ飯】一人暮らし男の1ヶ月の自炊内容を紹介!食費はいくら?

 

目次

モテたいでは筋トレのモチベーションを維持できない

「モテたい」という欲望は爆発的なモチベーションを生みます。

 

しかし、現実はそう甘くはありません。

 

筋トレを始めたからといって、急にモテるようになることはありません。

 

1ヶ月やそこら筋トレしたからといって劇的に肉体が変化することもなく、筋トレを始めたことを周りに気付いてすらもらえないかもしれません。

 

そのため、筋トレしたらモテると幻想を抱いていると、そのギャップにモチベーションは急激になくなってしまいます。

 

そもそも、「細マッチョになればモテる」なんてことも幻想です。

 

引き締まった体になったとしても、服を着ていたらそれほど外見には変化がないからです。Tシャツの袖から溢れんばかりの上腕二頭筋、Tシャツが引きちぎれそうなほどの大胸筋があれば別ですが。

 

つまり、筋トレをしても、モテるという効果を実感することができない。引き締まった体になっても、外形ではそれほど変化はないため、外見でモテることもない、というわけです。

 

筋トレのモチベーションを継続する最強の方法

では、なにを筋トレのモチベーションにしたらいいのか。

 

答えはひとつ。

 

「自分は日々成長している」という実感です。

 

「今日も腕立て伏せを10回できた。昨日よりも今日の自分は確実に成長している」

 

そう思うことが、なによりのモチベーションの源泉となります。

 

当然ですが、1日10回の腕立て伏せをしたところで急激に筋肉が大きくなることはありません。強くなることもないです。

 

しかし、「自分は成長のために苦しいトレーニングをやり遂げた」という感覚は間違いなく残ります。

 

この感覚こそが重要です。

 

また、「筋トレで自分は成長している」という感覚を増大する方法もあります。

 

それは、筋トレ後に全身鏡で自分の体を眺めることです。

 

1日に腕立て伏せを10回頑張ったとします。

 

すると、大胸筋や上腕三頭筋などの筋肉中の血液が増大して膨らむ「パンプアップ」という現象が起こります。

 

このパンプアップした自分の体を鏡で眺めることで、「昨日よりも今日の自分は少しでも成長している」という確かな感覚を味わうことができます。

 

▼おしゃれで大きな全身鏡でも1.5万円程度で購入できます。

 

筋トレを続けることで自信が手に入るとモテるかも

筋トレを続けることで自分に自信が持てるようになります。

 

それもそうですよね。

 

毎日毎日、全身鏡で自分の体を眺めながら、「うんうん、今日もおれは成長しているぞ」と自分に言い聞かせてきたわけなので。

 

自分を成長させるためにきつい筋トレを続けたきたという事実は、強い自分への自信に繋がります。

 

自信があると顔つきも変わります。

 

姿勢も正しくなります。

 

なにげない仕草や行動も変わってきます。

 

つまり、筋トレで鍛えた体でモテることはありませんが、筋トレを続けることで手に入れた自信によってモテる可能性は大いにあると思います。

 

だから、「モテたいという欲望」をモチベーションにするのではなく、「自分は成長しているという感覚」をモチベーションにしましょう。

 

その先には、モテも待っているかもしれません。

 

最後に

筋トレのモチベーションを維持する最強の方法について紹介しました。

 

当記事をまとめます。

  • 筋トレをしたらモテるなんてことは幻想にすぎない
  • モテる効果は実感しずらく、筋トレを続けるモチベーションが維持できない
  • 筋トレをすることで日々成長している実感こそが、筋トレの強いモチベーションになる
  • 筋トレ後には全身鏡で自分の体を眺めて、筋肉の変化を感じ取るといい
  • 筋トレを続けていると自分に自信がつき、顔つきや姿勢、仕草も変わってくる
  • 筋トレで手に入れた自信は、最終的にはモテに繋がるかもしれない

 

せっかく筋トレを始めようと思ったので、体に変化が出るまで続けたいものです。

 

そのためにも、筋トレを続けるためのマインドセットは非常に重要です。

 

「1ミリでも、昨日の自分よりも今日の自分は成長している」という感覚は、本当に強いモチベーションになりますよ。

 

▼細マッチョになるためのステップを具体的に紹介しています。

関連記事:ジム通いなしで誰でも細マッチョになる方法【完全ガイド】

 

▼筋トレで成果を上げるには、トレーニング内容以上に食事の見直しが大事です。

関連記事:細マッチョになるには食事の見直しが必須【10のルール】

 

▼筋トレを習慣化することで、自己肯定感を得られるという話。

関連記事:自己肯定感が低い大人が自信を取り戻す3ステップ【実体験】

 

以上

よかったらシェアしてね!

ミニマリスト男の厳選愛用品

20代後半のミニマリスト男が毎日使っているコスパ抜群の愛用品たちを紹介。

不用品買取おすすめサービス23選

「断捨離で出てきた不用品を少しでも高く買い取ってほしい!」

そんな方におすすめの買い取りサービスをまとめました。

運営者

20代後半の倹約家サラリーマン。月8万円の生活費で一人暮らしをしています。社会人4年目に苦手な営業から転職したことをきっかけに、自分にとって理想の暮らしを真剣に考えることに。現在は、生活コストを徹底的に抑え、本業×副業でお金を稼ぎ、余剰資金を米国高配当株ETFに投資に回すことで、経済的な自由を目指しています。

コメント

コメントする

目次
閉じる