気楽に働く方法まとめ

当記事では、気楽に働く方法をまとめています。

 

気楽に働いていくには5つのポイントがあると思っています。

  1. 通勤を快適にする
  2. 職場の人間関係を良好にする
  3. 転職を視野に入れて働く
  4. 副業で収入源を多角化する
  5. 配当による不労所得を育てる

 

通勤を快適にする

サラリーマンの最大にして最強に苦痛なこと。

 

それは「通勤」です。

 

通勤時間を減らし、通勤手段を徒歩に変えるだけで、圧倒的に仕事への苦痛感が和らぎます。

 

▼関連記事一覧

 

職場の人間関係を良好にする

良くも悪くもサラリーマンの仕事は人間関係に依存します。

 

つまり、職場の人間関係を良好にさえできれば、サラリーマンの仕事もそれほど苦痛ではなくなります。

 

▼関連記事一覧

 

転職を視野に入れて働く

「ひとつの会社でしか働けない」という思い込みは、自分で自分の首を絞めることになります。

 

よりいい条件、よりいい環境で働くためには、常に転職を視野に入れた働き方をする必要があります。

 

自分に向いている仕事を模索し、自分に足りないスキルを自覚し、スキルを伸ばせる仕事をとりにいく。与えられた仕事を思考停止して働けばよかった時代はもう終わったのです。

 

▼関連記事一覧

 

副業で収入を複線化する

サラリーマンの仕事を辛いと感じるのは、「逃げ道がないから」です。

 

つまり、会社に依存してしまっている状態。

 

そのため、会社からの収入だけに頼らず、自分でいくつかの収入源を持つことが気楽に働くためには超重要。

 

1年で10万円稼げる方法を5年かけて5つ作るくらいのイメージが最高。

 

▼関連記事一覧

 

配当による不労所得を育てる

より自由に、より気楽に働くためには、不労所得を得ることが最強です。

 

誰でも手が出せるのは不労所得は、「配当による所得」。

 

まとまった資本がないと旨味を感じられないので、若いうちからガッツリ生活コストを落としてガッツリ働くことが大切です。

 

▼関連記事一覧

 

以上