MENU
プロフィールの画像
プロフィール
れもん(29)
20代後半の倹約家サラリーマン。月6万円の生活費で一人暮らしをしています。

社会人4年目に苦手な営業から転職したことをきっかけに、自分にとって理想の暮らしを真剣に考えることに。

現在は、生活コストを徹底的に抑え、本業×副業でお金を稼ぎ、余剰資金を米国高配当株ETFに投資に回すことで、経済的な自由を目指しています。
サイト情報の画像
サイト情報
なにおれ
きっと何者にもなれない俺たちのライフスタイル。通称「なにおれ」。

ミニマリズムをベースに、少ないお金でも楽しく暮らす方法について発信しています。

何者にもなれなかった大人たちに、ゆるく気楽に生きていくライフスタイルを提案。

サラリーマン

これからのサラリーマンの働き方

私たちは働き方を見直す必要があります。

  • 終身雇用の崩壊
  • 退職金の減少
  • 社会保険料の上昇
  • 年金受給の繰り下げ

社会のトレンドからは逃げることはできないからです。

社会が変えられないのなら、自分が変わるしかありません。

  • 低ストレスで働ける仕事を見つける
  • 小さくて収入源を増やして会社に依存しない
  • 持ち運べるポータブルスキルを身につける
  • すべての仕事に通ずる教養や道徳心を学ぶ
  • セミリタイアという可能性を知る

できることはたくさんあります。

めんどくさい気持ちに立ち向かい、楽しい人生のために働き方を見直す。

きっとその先には、今日よりも楽しい未来が待っています。

プロフィール
れもん (29)
  • 20代後半のサラリーマン
  • 月6万円の生活費で一人暮らし
  • 大手企業の事務職
  • 営業から転職歴あり
  • 会社まで片道40分の徒歩通勤
  • 副業 × 配当金で収入の複線化

サラリーマンで働くメリット

正直、私はサラリーマンに向いていません。

全くもって向いていない。

誰かに指示されることも、みんなで足並みを擦り合わせることも好きではありません。みんなが右を向けば、ひとりだけで左を向いて勝手に歩き出したい性格をしています。

それでも、わたしはサラリーマンとして働いています。

なぜならば、サラリーマンにはメリットがたくさんあると知っているからです。

  • 毎月の固定収入が得られる
  • 成果が出なくても給料が支払われる
  • 給与所得控除が大きい
  • 雇用保険・災害保険が手厚い
  • 社会的な信用がある
  • 仕事の仕方やノウハウが身につく

要するに、堅実に資産形成するためにサラリーマンは向いています。

稼いだら稼いだけお金を使っていたら、社会のトレンドに飲み込まれてしまいます。

安定した収入基盤をサラリーマンで構築し並行して、倹約生活や資産運用で資産形成する。

最終的には、少ない労働時間、好きな場所、好きな仕事だけで暮らしていける人生。

これが、サラリーマンの目指すところだと思っています。

まず読んでほしい記事10選

1. 転職エージェントにはとりあえず登録

2. できるだけ働かない人生

3. 副業の心得

4. 社会人が身につけたい教養

5. 会社に搾取されない戦略

6. 社会人のメンタルケア

7. 徒歩通勤が最強の理由

8. 凡人の仕事術

9. 読書習慣のススメ

10. Kindle Unlimitedで読み放題のおすすめ実用書