MENU
プロフィール
れもん(29)
20代後半の倹約家サラリーマン。月6万円の生活費で一人暮らしをしています。

社会人4年目に苦手な営業から転職したことをきっかけに、自分にとって理想の暮らしを真剣に考えることに。

現在は、生活コストを徹底的に抑え、本業×副業でお金を稼ぎ、余剰資金を米国高配当株ETFに投資に回すことで、経済的な自由を目指しています。
サイト情報
なにおれ
きっと何者にもなれない俺たちのライフスタイル。通称「なにおれ」。

ミニマリズムをベースに、少ないお金でも楽しく暮らす方法について発信しています。

何者にもなれなかった大人たちに、ゆるく気楽に生きていくライフスタイルを提案。
【11/27~12/1】Amazonブラックフライデー&サイバーマンデー開催中!ミニマリストがほしいアイテム6選

【年末までに絶対にやるべきこと】楽天ふるさと納税で豪華返礼品をGET

2020年もあと少しで終わり。

そろそろ年末に向けてやるべきことを考え始めていることかと思いますが、絶対に忘れずにやるべきことがあります。

それは、ふるさと納税で豪華返礼品をもらっておくことです。

ふるさと納税は、お金を稼いでいる人であればだれでも等しく100%得をする制度です。

利用しないということは、シンプルに損をしています。

ふるさと納税の区切りは1/1~12/31までなので、2020年度分は12/31までに寄付を完了する必要があります。

当記事では、「まだふるさと納税を始めていない」という人にも、「今年のふるさと納税寄付可能額がまだ余っている」という人にも、おすすめの返礼品を紹介します。

年末が近づくとバタバタするので、早め早めの行動がやっぱりいいと思います。

目次

ふるさと納税の概要

「そもそも、ふるさと納税とはなんぞや?」

という方に向けて、簡単にさくっとだけ概要を説明しておきます。

ざっくりというと、ふるさと納税サイトでほしい返礼品(自治体)に寄付をして、翌年3月頃の確定申告で寄付額を申告することで、2,000円を除いた金額が翌年の住民税から控除される制度です。

つまり、控除が適用される限度額はあるにせよ、実質負担2,000円で豪華な返礼品がもらえるという超お得な制度になります。

簡単にステップをまとめるとこんな感じ。

  1. 自分の所得や家族構成による寄付可能額を確認する
  2. ふるさと納税サイトから、自治体(返礼品)に寄付をする
  3. 自治体から、返礼品と寄付金受領証明書が届く
  4. 翌年3月頃の確定申告で寄付額を申告する
  5. 翌年6月頃の住民税決定通知書で控除されているか確認する

今年でいえば、「2020年1月1日~12月31日までに寄付した分を、2021年3月頃の確定申告で申告することで、2021年6月からの住民税で控除される」というわけですね。

確定申告をしたことない人からすれば、ハードルが高く感じるかもしれません。

ですが、各ふるさと納税サイトが出しているマニュアルに沿って、自宅のパソコンから必要な項目を入力するだけで、あとはポストから投函するだけ。

たったそれだけです。

一度経験してしまえば、誰でもできます。

今年から始めてという人は、ぜひ挑戦してください!

ふるさと納税の寄付可能額

所得と家族構成によって、控除が適用される限度額が違ってきます。

総務省が早見表を公開しているので、まずはざっくりと自分のケースを確認してみてください。

参照:総務省サイト

年収が高くなればなるほど寄付可能額が多くなり、家族が増えるほど寄付可能額が減っていくという仕組みです。

たとえば、年収500万円の独身の人であれば、約61,000円まで控除が適用になります。

この場合、61,000円は一時的に寄付という形で支払うことになりますが、翌年の住民税から2,000円を差し引いた59,000円が控除されます。

(厳密には少し違いますが、説明を簡略化しています)

楽天ふるさと納税がおすすめの理由

ふるさと納税は、各ふるさと納税サイトで寄付をすることになります。

「さとふる」や「ふるチョイス」などのサイトが有名。

ですが、その中でも圧倒的におすすめなのが、「楽天ふるさと納税」。

他サイトと比べて参加自治体は少なめですが、その代わり、楽天ポイントがゴリゴリ貯まるので、金銭的には最もお得になるのが魅力です。

すでに楽天経済圏で暮らしている人であればポイント還元率が高くなりお得ですが、そうでなくてもやっぱりお得です。

楽天カードだけ発行して、楽天市場でのお得なキャンペーンに便乗すれば、ポイント還元率15%までいきます。

  • 楽天市場 +1%
  • 楽天カード +2%
  • 0と5が付く日 +2%
  • 買い物マラソン +10%

月に1度ほど開催される楽天お買い物マラソン期間中の0か5が付く日に、まとめてふるさと納税や日用品を購入すれば、ポイントがたくさんつくというからくりです。

たとえば、ふるさと納税も含めて5万円の買い物をしたとすると、ポイント還元率15%で7,500円分のポイントバックになります。

貯まったポイントは、あらゆる楽天サービスで使えるので無駄もありません。

他のふるさと納税サイトの特典なんて霞んで見えるレベルで楽天はお得なのです。

これを機会に楽天経済圏の環境を整えれば、節約は加速します。

楽天ふるさと納税でおすすめの返礼品

年末までの駆け込みで楽天ふるさと納税をする場合、おすすめの返礼品を紹介します。

カテゴリーは大きく分けて3つ、全10商品を紹介します。

  1. 年末年始の豪華食事【6選】
  2. 食品の節約【3選】
  3. おしゃれな家電製品【1選】

年末年始の豪華食事【6選】

まずおすすめは、年末年始向けの豪華な食事。

せっかくの年末年始なので、普段なら買わない贅沢品をふるさと納税でお得にもらっちゃいましょう!

おせち

京都府京都市の冷凍おせち。

計40品の3~4人前の京おせちが、40,000円です。

普通に購入すれば、20,000円以上はするので超お得ですね。

「せっかくの新年だからおせち料理を食べたいけど、作るのは大変。だからといって買うとなると高い」

という悩みをばっちり解決してくれます。

作りたてを急速冷凍しているので、解凍しても味が落ちないのでいいですね。

2020年12月29日に届く設定になっているので、受け取りの日数を考える必要もありません。大みそかの日からゆっくり解凍すれば、元旦に食べられます。

うなぎ

宮崎県都農町のうなぎの蒲焼。

国産のうなぎで大人気の返礼品です。

うなぎを自分で買うとかなり高いのでお得です。それに蒲焼の状態になっているので、確実に自分で調理するよりもおいしく食べられます。

容量によって選べるのもありがたいです。

  • 2尾:12,000円
  • 4尾:20,000円
  • 5尾:24,000円

ただ、45日以内の発送になるので、年末年始までにということなら、11月中旬までには申し込みましょう。

カニ

北海道根室市のズワイガニ。

カット済みで食べやすい状態に加工された1.5kgのズワイガニが、20,000円。

ズワイガニも普通に購入すると高級食材なので、ふるさと納税でもらうのはおすすめ。

年末年始に家族でカニを囲んで食べるのなんていいですよね。

刺身から、鍋、しゃぶしゃぶ、焼きガニまでなんでもいけます。

到着に2~3週間かかるので、12月上旬までには申し込みをしましょう。

エビ

福井県敦賀市の高級ブラックタイガー。

50~80尾が入っていて、10,000円。

スーパーではなかなか手に入らない特大サイズなので、年末年始向けの見た目も華やかなエビチリやエビマヨなどの大皿料理にも使えておすすめ。

背ワタもとってあるので、調理の手間もかからず楽です。

アイスクリーム

酪農王国である北海道十勝のドリームヒルという農場が作っているアイスクリーム。

乳牛の飼育からアイスクリーム作りまで一貫して行っているため、新鮮な生乳のアイスクリームが食べられます。

14個入りで15,000円です。

普通に購入すれば1個320円はするので、14個で4,480円とお得。

冷凍保存ができるので、年末年始でたくさん人が集まっても、いつでも振舞えます。

ビール

年末年始用に、大量のビールをふるさと納税でもらうのは大いにあり。

たくさんストックしておけば、年末年始も楽しく過ごせそうです。

個人的に、ビールといえばサッポロ黒ラベル。もちろん、アサヒスーパードライやキリン一番搾りなどの返礼品もあります。

350mlの1箱が15,000円。

普通に購入すれば約5,000円はするので、こちらもお得です。

食費の節約【3選】

ふるさとの納税は、食費の節約と相性がいいです。

そのため、年末年始に関係なく、コスパのいい食品をもらることもおすすめ。

お米

食費の節約に一番強いのが、お米。

お米を返礼品にしている自治体は多いですが、1kg5,000円以下の自治体だとコスパがよくなります。

熊本県産のお米「ひのひかり」が、10,000円で12kg。

お米は1kgで500円ほどなので、6,000円近くの節約になります。

出荷時期も選べるので、米のストック状況に合わせて申し込みできるのがいいですね。

鶏の炭火焼き

宮崎県高鍋町の鶏の炭火焼き。

この商品は私も大好きで、何度もリピートして申し込んでいます。

冷凍で小分け方法された宮崎県産の鶏の炭火焼きが20袋も入って、14,000円。

なんといっても味が最高にうまい。居酒屋で食べれば680円はする味です。

冷凍保存ができるので、晩御飯がないときやもう1品ほしいときに活躍します。

ハンバーグ

福岡県飯塚市のデミグラスハンバーグ。

激うまのハンバーグが20個入りで10,000円と格安。

1個あればメインの食事にもなるので、かなりコスパがいいです。

普段は作り置きなどをして、食事が足りなくなってしまったときなどに食べると、食費が無駄にかかりません。

おしゃれ家電製品【1選】

ふるさと納税は食品が主流ですが、家電製品を返礼品にしている自治体もあります。

家電製品は高額になりがちなので、一般的な収入の世帯だと寄付可能額をはみ出てしまいますが、手頃な価格で魅力的な商品を紹介します。

グリル&トースター

大人気のアラジンのグリル&トースター。

これはかなりおすすめです。

50,000円の寄付でもらえるので、年収500万円程度の人であれば、寄付可能額に収まります。

普通に購入すると22,000円かかりますが、実質2,000円で購入できるので超超お得ですね。

見た目がレトロでおしゃれなことは言うまでもありませんが、280℃まで温度が上がるので、オーブンのような使い方もできます。

トースターやオーブンレンジを買うか迷っている人であれば、ふるさと納税でもらうのはマヂで大ありです。

まとめ

年末までに絶対にやっておきたいこととして、楽天ふるさと納税をすることを紹介しました。

ふるさと納税は、1/1~12/31が区切りになるので、まだ寄付可能額が余っている人は、12/31までには絶対に申し込むようにしましょう。

これまでにふるさと納税をやったことがない人も、この機会にぜひ挑戦してみてください。

誰でも確実にお得に利用できる国の制度です。

活用しない選択肢はありません。

年末年始に向けておせちや豪華食材、ビールをもらってもいいし、食費の節約にお米やストック食品をもらってもいいです。もし食品に興味がなければ、便利な家電製品を選んでもOK。

ふるさと納税は、ほぼタダ (実質負担2,000円) でもらえるカタログみたいなものなので、ふるさと納税サイトを眺めているだけでも楽しいと思いますよ。

以上

よかったらシェアしてね!

ミニマリスト男の厳選愛用品

20代後半のミニマリスト男が毎日使っているコスパ抜群の愛用品たちを紹介。

不用品買取おすすめサービス23選

「断捨離で出てきた不用品を少しでも高く買い取ってほしい!」

そんな方におすすめの買い取りサービスをまとめました。

運営者

20代後半の倹約家サラリーマン。月8万円の生活費で一人暮らしをしています。社会人4年目に苦手な営業から転職したことをきっかけに、自分にとって理想の暮らしを真剣に考えることに。現在は、生活コストを徹底的に抑え、本業×副業でお金を稼ぎ、余剰資金を米国高配当株ETFに投資に回すことで、経済的な自由を目指しています。

目次
閉じる