2020.04.08

【レビュー】金子眼鏡店のメガネがコスパ最強の理由。値段はいくら?

 

金子眼鏡店のメガネって実際のところどうなの?値段はいくらくらい?安く買う方法は?

 

当記事では、金子眼鏡店のメガネを愛用して5年の私が、金子眼鏡店の魅力について語ります。

 

JINSやZoffなどの格安メガネ、他ブランドのメガネの購入で悩んでいる方は、金子眼鏡店はコスパ最強のメガネなので購入して間違いありませんよ。

 

金子眼鏡店のメガネがコスパ最強な理由

まず、私が愛用しているメガネは、「VINTAGEシリーズのKV-40 BK」というタイプになります。

 

ウェリントン型のプラスチックリムにメタルのテンプルがコンビネーションされたデザイン。全体的に細く華奢な印象ですが、テンプルがメタルで無骨な感じが最高にかっこいいですね。

 

金子眼鏡店のメガネがコスパ最強の理由は5つあります。

  1. 日本人に似合う純ジャパブランド
  2. おしゃれで美しいフレーム
  3. フィッティング性が素晴らしい
  4. 圧倒的に軽い
  5. 本革のメガネケースが付いてくる

 

1. 金子眼鏡店は日本人に似合う純ジャパブランド

おしゃれな大人男性に人気があるメガネブランドといえば、海外ブランドであることが多いです。

  • オリバーピープルズ
  • レイバン
  • トムフォード

 

ですが、顔の印象を大きく左右するメガネは、「日本人の顔や感性に合ったメガネを選ぶこと」といいです。

 

金子眼鏡店は、メガネの聖地と言われる福井県鯖江に本社を置くメイド・イン・ジャパンのメガネメーカー。職人たちの技術力も高く、美しいフレームと驚異のフィッティング性で評判です。

 

そのため、日本人は純ジャパブランドである金子眼鏡店のメガネを選ぶことで満足できるでしょう。

 

2. 金子眼鏡店のメガネはおしゃれで美しいフレーム

まずは見てください、このフレームを。

 

めちゃくちゃ美しくないですか?

 

控えめにいわなくても最高です。

 

金子眼鏡店のメガネはとにかくシルエットがきれいでおしゃれ。

 

サラリーマンの方はシンプルなスーツやジャケパンスタイルがほとんどだと思いますが、そこにワンポイントで洒落たメガネをかけたら一気におしゃれ感が増します。

 

ちなみにメガネを選ぶときは、眉毛のラインに沿ったリムを選ぶと、顔の印象が変えられていいと言われています。

 

金子眼鏡店は、細めのフレームだけなく、リムに幅のあるデザインも数多く揃えているので、初心者はそういったデザインを選ぶといいと思います。

 

金子眼鏡店のカタログは、Flikerで見られます。

メガネカタログ:金子眼鏡店公式Flickr

 

3. 金子眼鏡店のメガネのフィッティング性は素晴らしい

金子眼鏡店の魅力の1つでもあるのが、フィッティング性の素晴らしさがあります。

 

メガネをかけているはずなのに、ほとんど装着感がないレベルです。

 

日本人の耳や鼻にフィットネスするように計算されたデザインなのでしょう。本当に顔に吸い付くように収まります。

 

「ここが私の居場所よ」と言わんばかりに鼻の上で落ち着きます。

 

  • デスクワークでパソコンの作業中
  • 電車通勤で読書する時
  • 会議で資料を見る時

 

こういったシーンで、メガネのフィッティングが悪いとメガネがズリ落ちてきて、かなりストレスを感じますよね。

 

ですが、金子眼鏡店のメガネは、そんなメガネがズリ落ちるストレスから開放してくれます。

 

また、ショップ店員さんにもフィッティングの技術があり、その人の顔の形に合うようにフレームを絶妙に曲げ、最終の微調整を行ってくれます。

 

しかも、経年使用によりメガネがズレてきた場合には、店舗にメガネを持ちこめばいつでも無料で再調整してくれるサービスまでついています。実際、私も何度かお願いしていますが、嫌な顔せず丁寧に対応してくれますね。

 

4. 金子眼鏡店のメガネは圧倒的に軽い

金子眼鏡店のメガネは、とにかく軽いです。

 

私は金子眼鏡店のメガネを購入するまでは、Zoffの3,000円のメガネを数年使っていましたが、比較してみるとその差は歴然です。

 

感覚的ですが、Zoffで購入できるメガネの2倍は軽いんじゃないでしょうか。

 

ファッティング性の良さに加えてメガネ自体も軽いので、メガネをかけていても非常に疲れにくく、肩こりや目の疲れも減ったと感じています。

 

そのため、金子眼鏡店のメガネを一度でもかけてしまったら、安価なメガネにはもう戻れません。

 

もちろんフレームの種類によって重量は変わりますが、メタルフレームで構成されているデザインはとりわけ軽いのでおすすめです。

 

また、重たいメガネを使っていた時は鼻にノーズパッドの跡がつくことがありましたが、金子眼鏡のメガネに変えてからは跡が残ることは一切なくなりました。

 

「ふとっ」メガネを外したときにノーズパッドの跡があるのは恥ずかしいので、メガネの着脱も気兼ねなくできるようになりますよ。

 

5. 金子眼鏡店は本体価格込みでおしゃれなケースが付いてくる

革製品好きにはたまらない高級感のあるメガネケースがなんと、本体価格込みでついてきます。

 

このメガネケースは、単体で数千円出していいレベルの出来だと思います。

 

色は黒とブラウンから選べるのですが、持っている財布やカバンの色と合わせるのが得策。個人的には、革小物はブラウンのほうがこなれた感じがあって好きです。

 

外出先でメガネを取り出す際に、安いメガネケースだと出すを躊躇しますが、このケースなら堂々と出すことができます。

 

むしろ外に出したい。「もっと見て欲しい」。そんな感じです。

 

金子眼鏡店のメガネの値段は他社よりも安いのが魅力

純ジャパブランドでメガネを探していると、以下のブランドが選択肢に入ってきます。

ブランド 本体価格 レンズ価格
Zoff 0.3万円~ 本体価格込み
金子眼鏡店 3万円~ 1万円~
白山眼鏡店 3万円~ 1.5万円~
999.9 3万円~ 3万円~

 

見ての通り、他のブランドのメガネと比べると、金子眼鏡店のメガネハ比較的安価で購入できます。

 

メガネ本体や選ぶレンズにもよりますが、金子眼鏡店のメガネは3~5万円ほどで購入できると思っておけばいいです。

 

とはいえ、ブルーライトカットレンズや薄型レンズにすると当然価格は高くなります。高価なレンズを選ぶと、それこそ本体と同じくらいの値段もかかることになります。

 

金子眼鏡店のメガネを安く購入する方法

金子眼鏡店のメガネを安く購入する方法は2つあります。

  1. 店舗のセールを狙う
  2. メルカリで購入する

 

1. 店舗のセールを狙う

金子眼鏡店はネット通販がされていない分、全国の大型ショッピングモールに入っている店舗でセールを行っていることがあります。

 

タイミングが合えばセール価格で購入できたり、ポイントがついたりしてお得に購入できます。

 

ただ、セールを待つあまり購入が遅れてしまうのももったいないので、気に入ったメガネがあれば思い切って購入してもいいと思います。

 

10年とかのレベルで愛用できるので、長期的に見れば誤差になります。

 

2. メルカリで購入する

金子眼鏡店のメガネは人気があるので。中古市場でも多く流通しています。

 

出品数が特に多いのが、「メルカリ」です。

 

フレームが1~2万円程度で取引されているので、レンズ代を合わせても3万円前後で手に入ります。

 

また、逆をいえば、新品で購入した金子眼鏡店のメガネを中古で売ることも容易ということ。

 

最悪、デザインに飽きてしまってもメルカリで売ることで、実際の負担金額はもっと安くもなります。

メルカリ:金子眼鏡店で検索

 

値段の高いメガネのほうが実はコスパがいい

「外では基本コンタクトだから、家でしか使わないメガネに5万円はちょっと・・・」

 

そんな気持ちも分かります。

 

ですが、おしゃれで実用性に優れた金子眼鏡店のメガネにお金をかけることは、結果としてコスパは高くります。

 

シルエットがとにかく美しいメガネなので、かけるだけでもおしゃれに見られます。

 

サラリーマンにとって「おしゃれに見られる」ってけっこうメリットがありますからね。

 

また、もし仕事でメガネはあまりかけないという方でも、自宅にいるほとんどの時間はメガネをかけていると思います。

 

これまで紹介してきた通り、金子眼鏡店のメガネは軽くてフィッティング性もいいです。

 

そのため、自宅で本を読んでいる時や、家事をしている最中でもメガネのズリ落ちのストレスから解放されます。

 

そのため、お金を出すだけの価値は十分にあります。

 

コストだけの話をしても、5万円のメガネを購入しても最低5年は飽きずに使えるはずです。すると、単純計算で年間で1万円。月換算では月1,000円もかからない計算になります。

 

これだけコスパのいいメガネはそうないと思います。

 

最後に

金子眼鏡店のメガネはコスパ最強の理由を紹介しました。

 

当記事をまとめます。

  • 長く飽きずに使えるシンプルでスタイリッシュなデザイン
  • ビジネスファッションでもかけるだけでおしゃれに見られる
  • 実用性に富んだ「フィッティング性」と「軽さ」が魅力
  • 5万円程度と手が届く価格帯で、もし飽きても中古で売ることができる

 

安価なメガネと比べれば金子眼鏡店のメガネは高価ですが、それだけの価値ははあります。

 

購入に迷っていれば、間違いなく買って損のないメガネだと思いますよ。

 

ちなみに、せっかく購入したメガネなので普段使いしたいですよね。

 

2weekのコンタクトレンズを使っている人は、気分でメガネをかけられるように1dayコンタクトに変更するのがおすすめ!

 

「1dayコンタクトは高いから…」と諦めている人には、diconの「定額制コンタクトレンズ」がコスパ◎。

UVカット仕様で、潤いも長続きして、1ヶ月分が1,900円と格安です。

 

私も10年近く2weekのコンタクトを使っていましたが、diconのコンタクトに乗り換えてから生活も快適になり、しかも、コストも下がりました。

関連記事:1dayコンタクトは高いと諦めている人には定額制コンタクトがおすすめ

 

以上

毎日使う愛用品

20代後半ミニマリスト男が毎日使っている愛用品

毎日使う愛用品

20代後半ミニマリスト男が毎日使っている愛用品

Amazonおすすめ商品

月8万円で暮らす20代後半ミニマリストがAmazonで買ってよかったもの8選

不用品買取・回収サービス

不用品をまとめて処分できるおすすめの不用品買取・回収サービスまとめ23選
by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。