MENU
Kindle本新シリーズ「生きづらい人のためのシリーズ」
生きづらい人のための人生戦略: ゼロから「自分」を作り変える10ステージ

※Kindle Unlimited読み放題対象です

シリーズ第2巻
生きづらい人のためのミニマル戦略: 「考える力」が身につく!ものを手放す4ステップ

※Kindle Unlimited読み放題対象です

シリーズ第3巻
生きづらい人のための貯金戦略: 節約からはじめるお金の不安のなくし方

※Kindle Unlimited読み放題対象です

なにおれ書籍の重版が決定!
31歳、夫婦2人、月13万円で、自分らしく暮らす。:僕たちが見つけた質素で最強の生き方
なにおれムック本を全国の書店で発売中
なにおれ流 少ないものとお金で楽しく暮らす
Kindle本「ミニマリスト式シリーズ」10冊
ミニマリスト式超人生戦略術:敏感な人が会社を辞めてラクに生きていく方法

※Kindle Unlimited読み放題対象です

2024年のなにおれ活動計画
なにおれYouTube
なにおれVoicy
なにおれInstagram
なにおれTwitter
なにおれ楽天ROOM
なにおれ会員限定ニュースレター
Kindle Unlimitedでおすすめの本・漫画50選
なにおれ (32)
naniore
32歳男性。妻と二人でセミリタイア生活中。SNS総フォロワー16万人。商業出版2冊。Kindle本の総レビュー7000件超。新作「生きづらい人のための人生戦略」をKindle Unlimitedで公開中

※2024年度の主な活動:「Voicyを平日毎朝更新」「Kindle本生きづらい人のためのシリーズを2ヶ月に冊後出版」「Instagramストーリーズ毎日更新」「Twitterにも毎日生息」
なにおれ
少ないものとお金で楽しく暮らす
「きっと何者にもなれない俺たちのライフスタイル」を語ったブログ。通称「なにおれ」。

「少ないものとお金でも楽しく暮らす」をコンセプトに情報を発信。

何者にもなれなかった大人たちに、いまよりも心地よく生きていくライフスタイルを提案します。
> 【新作】なにおれ本『生きづらい人のための人生戦略』をKindle Unlimitedで公開中

ミニマリストが選ぶ照明!クリップライトがひとつあればいい

実際に使用した商品サービスのみを紹介しています。アフィリエイト広告を含みます。

ミニマリストは照明をどうしてる?

そんな疑問に答えます。

なにおれ

こんにちは、なにおれ(@lemologue)です。1k8畳の部屋で暮らしているミニマリストです。

シーリングライトやスポットライト、ペンダントライトなど照明器具は種類もデザインもたくさんあるので、なにを選べばいいか悩みます。

そこで本記事では、1k8畳の部屋に一人暮らしいているミニマリストが使っている照明を紹介します。

目次

ミニマリストが選ぶ照明はクリップライト

1k8畳の賃貸に住んでいますが、クリップライトひとつだけしかつけていません。

ちなみに、天井照明は取り外しています。

クリップライトの間接照明でちょうどいい

1k8畳くらい広さであれば、クリップライトがひとつあれば普通に生活できます。

明るくはないですが、むしろ、ちょうどいいと感じています。

なぜならば、天井照明の光は強すぎるからです。

クリップライトひとつで薄暗いくらいのほうが刺激が少なく、リラックスできます。

実際のところ、昼間は会社で働いていると、部屋で明かりが必要なのは夜くらいです。

すると、2,3時間もすればあとは寝るだけです。

それであれば、実用性よりも照明の光量は落として刺激を減らしたほうが、家での時間も落ち着くと感じています。

クリップライトはLED電球込みで2,000円

天井照明は買うとそこそこいい値段がします。

スポットライトやペンダントライトなどのおしゃれ照明を買おうとすると、安いものでも10,000円プラスLED電球代がかかります。

その点、クリップライトは本体1,000円とLED電球1,000円の2,000円ほどで買えます。

この安さは大きな魅力です。

私が愛用しているのは、ELPAの「クリップライト」。

1,000円未満で買えますが、質感もマットで安っぽさはありません

created by Rinker
エルパ(Elpa)
¥1,153 (2024/02/26 17:10:14時点 Amazon調べ-詳細)

LED電球は「40W」あるといいです。

created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥1,465 (2024/02/26 07:22:38時点 Amazon調べ-詳細)

天井照明がないと部屋が広く感じる

ただですら狭い一人暮らし部屋の中央に、スポットライトやペンダントライトがあると余計に狭く感じます。

私も大学を卒業して初めての一人暮らしで浮かれていたときは、「おしゃれな部屋ですね」なんて言われたいがために、4灯のシーリングライトを買いました。

ですが、当時住んでいた6畳1Kの部屋にはじゃまでした。

しかし、天井の照明は取り外してしまえば狭い部屋でも広く感じることができます。

クリップライトならカーテンレーンなどのちょっとしたスペースに取り付けることもできるので省スペースです。

最後に

ミニマリストが照明にはクリップライトを愛用する理由を紹介しました。

まとめ
  • クリップライトの間接照明のほうがリラックスできる
  • クリップライトはLED電球込で2,000円と安い
  • 天井照明を取り外せば狭い部屋でも広く感じられる

天井照明を手放すことで引っ越しも身軽になります。

また、引っ越し先で天井のコンセント形状を気にする必要がなくなるのも大きなメリットの1つです。

部屋の照明のクリップライト化はおすすめなので、一度お試してみてください。

▼関連記事

以上

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

なにおれKindle本「生きづらい人のためのシリーズ」を公開中

本書は、「生きづらさを抱える人が、生きづらさから抜け出し、最後には自分だけの生きる意味を見出すまでの道のり」を、全10のステージで解説しています。

いってしまえば、"生きづらい人に特化した超実践的な生き方の指南書" です。

運営者

生きづらさからの脱却の実践家。妻と二人で月13万円で質素に暮らす32歳。SNS総フォロワー16万人。商業出版2冊。Kindle本10冊「ミニマリスト式シリーズ」の総レビュー7000件超。新作「生きづらい人のための人生戦略」をKindle Unlimitedで公開中

目次