MENU
プロフィールの画像
プロフィール
れもん(29)
20代後半の倹約家サラリーマン。月6万円の生活費で一人暮らしをしています。

社会人4年目に苦手な営業から転職したことをきっかけに、自分にとって理想の暮らしを真剣に考えることに。

現在は、生活コストを徹底的に抑え、本業×副業でお金を稼ぎ、余剰資金を米国高配当株ETFに投資に回すことで、経済的な自由を目指しています。
サイト情報の画像
サイト情報
なにおれ
きっと何者にもなれない俺たちのライフスタイル。通称「なにおれ」。

ミニマリズムをベースに、少ないお金でも楽しく暮らす方法について発信しています。

何者にもなれなかった大人たちに、ゆるく気楽に生きていくライフスタイルを提案。
インスタグラム 毎日(20:00)更新中

ミニマリストのインテリア術!シンプルでおしゃれな部屋を作る7つのポイント

 

お金をできるだけかけずに、少ないインテリアでスッキリと片付いたシンプルな部屋を作りたい!

 

そんな方に向けて。

 

こんにちは、なにおれ (@lemologue) です。私は1k8畳の部屋でミニマムな一人暮らしをしている20代後半のサラリーマンです。

 

シンプルでスッキリとおしゃれな部屋を作りたいなら、インテリア家具を減らすのがおすすめ。

 

当記事では、少ないインテリア家具でおしゃれな部屋を作るポイントと、一人暮らしの部屋におすすめの家具について紹介します。

関連記事:【断捨離を実践】20代後半ミニマリスト男の一人暮らし部屋を公開

 

目次

ミニマリストのインテリア術!シンプルでおしゃれな部屋の作り方

少ないインテリアでおしゃれな部屋を作るポイントは7つあります。

  1. 部屋のテーマを決める
  2. 家具家電のブランドを統一する
  3. 床にものをできるだけ置かない
  4. 天井に空間をつくる
  5. 吊るし収納を活用する
  6. 生活感のあるものは隠す
  7. 枝ものを飾る

 

1. 部屋のテーマを決める

部屋づくりに欠かせないテーマ決め。

 

インテリア家具を揃える前に、「どんなイメージの部屋にしたいのか」を考えておくことが重要です。

 

なぜならば、部屋作りには「統一感」という考え方が大切だから。

 

機能性を重視した家電、なんとなく気に入った家具や雑貨をバラバラに買い集めていても、どこかちぐはぐな部屋になってしまいます。

 

そのため、まずは作りたい部屋のイメージを固めましょう。

  • ものがないミニマリスト部屋
  • モノトーンでスタイリッシュな部屋
  • まるで森の中のような部屋
  • 海をイメージした明るい部屋
  • 畳を活用した和モダンな部屋
  • 男心をくすぐる冒険心がある部屋

 

Pinterest」で部屋の写真をたくさん見てみるのがおすすめ。

 

2. 家具家電のブランドを統一する

おしゃれな空間を作るには、「統一感」が重要です。

 

イケてるあの街も、イケてるあのショップも、イケてるあの人の部屋も、必ずコンセプトがあります。一見、無秩序に感じるアンティークショップも、「アンティーク」という統一感があります。

 

統一感を簡単に出す方法が、「家具家電のブランドを揃えること」です。

 

ブランドにはコンセプトが必ずあるため、ブランドを揃えるだけで自然と統一感を生むことができます。

 

リーズナブルな商品でも、ブランドを揃えるだけで印象は大きく変わってきます。

 

とはいえ、部屋に置くすべてのもののブランドを揃えることは現実的でありません。

 

そのため、ベッドやテーブルなど大型家具だけでも揃えるといいです。

 

おすすめのブランドは「無印良品」。

 

お値段は高めですが、シンプルなデザインと質感・あらゆる生活用品をカバーする品揃え・実用面でも優れた機能性と大きな欠点がないのが無印良品です。

関連記事:一人暮らしミニマリストが揃えたい家具家電は「無印良品」が鉄板な理由

 

3. 床にものをできるだけ置かない

床に設置する家具は極力減らします。

 

理由は、開放感が生まれて、部屋がずっと広く見えるから。

 

具体的にはこんなイメージです。

  • ベッドは脚付きにする
  • ベッド下に衣装ケースは置かない
  • チェストは置かない
  • 本棚は置かない
  • ソファーは脚付きにする
  • テレビ台は置かない

 

床にベタッとつく家具が減るだけで部屋の印象は軽やかになります。

 

また、副産的な効果として、掃除がしやすくなるメリットがあります。

 

掃除機がなくても、「ホウキ」でお手軽にささっと掃除できますよ。

 

部屋のホコリやゴミは嫌な匂いの原因になるので、消臭効果にもなります。

 

4. 天井に空間をつくる

部屋に圧迫感がでないように、天井空間を作るようにします。

 

具体的には、背の高いインテリア家具を置かないこと。

 

くつろぎ空間でもあるリビングは背の低いインテリア家具で統一したほうがいいです。

 

背の高い本棚やチェストを置いてしまいがちですが、できるだけコンパクトに収納するようにします。

 

また、一人暮らしで住むような狭いに部屋には天井照明はなくても問題ありません。

 

シーリングライトはあまり邪魔になりませんが、見た目はださいです。だからといって、スポットライトのような高さのある照明は、狭い部屋には圧迫感を与えてしまいます。

 

そのため、天井照明を取り外す代わりに、「クリップライト」を設置するのがおすすめ。

created by Rinker
ELPA(エルパ)
¥801 (2020/09/18 23:10:19時点 Amazon調べ-詳細)

 

1つだけでも部屋をスポットで照らすには十分です。

 

電球色の間接照明にすれば、むしろリラックスできる部屋にすることができます。

 

値段も1,000円程と安く、手の平サイズでコンパクトなのでスペースもとりません。

関連記事:ミニマリストがおすすめする照明器具とは?【一人暮らしに天井照明は不要】

 

5. 吊るし収納を活用する

シンプルでおしゃれな部屋にするには収納家具を持たないこと。

 

そのためには、「なんでも吊るして収納する」のが見た目もよくて省スペースでおすすめ。

 

  • 部屋の雰囲気にあった木製ハンガーで衣服をかける
  • 鉄製のS字フックにデニムを武骨に吊るす
  • 同ブランドの料理器具を規則的に吊るす

 

▼カバンをS字フックで吊るす

 

▼衣服をすべてハンガーにかけて収納する

 

▼調理器具をS字フックで吊るす

 

吊るし収納のメリットは、適当に吊るしても “サマ” になるところです。

 

「収納性」と「おしゃれさ」の観点から、あらゆるものを吊るして収納する方法は非常におすすめ。

関連記事:ミニマリストのキッチンに必要なものは?おすすめのキッチン用品を紹介。

 

6. 生活感のあるものは隠す

おしゃれな部屋づくりにおいて、「生活感」は邪魔になります。

 

  • コードの配線
  • ティッシュ箱
  • ゴミ箱
  • コンビニの袋
  • 安っぽい食器
  • 市販の洗剤パッケージ
  • 調理器具

 

自分の部屋を見渡せば、生活感のあるもので溢れかえっているはずです。

 

そのため、生活感を彷彿させるものは徹底的に隠す。

 

せっかく部屋のテーマを決めて、統一感のあるアイテムを揃えても、そこにコンビニで買ったティッシュ箱が裸で置いてあれば台無しです。部屋は陳腐に見えてしまいます。

 

ティッシュ箱はテーブルの裏に取り付けて隠したり、ケースを自作・購入したりする。トイレットペーパーで代用してそもそも持たない。

 

他にも、調味料はガラス容器に移し替えたり、洗剤類やシャンプーなども詰め替えボトルに移し替えたりすると、一気に生活感がなくなります。

 

▼調味料やスパイスはガラス容器に移し替える

 

▼洗剤容器のラベルは剥がす

 

▼ゴミ箱はシンク下に隠して収納する

 

ゴミ箱を排除すると部屋の印象はかなり変わるので是非!

関連記事:ミニマリストの部屋に「ゴミ箱は不要」と断言できる理由

 

7. 枝ものを飾ってみる

部屋の中にグリーンがあるとおしゃれ感が増します。

 

ただ、等身大の大型観葉植物は値段も高く、なにより手入れが大変です。

 

そこでおすすめなのが、枝ものを飾ること。

 

1本100円とかで手に入り、肥料を与える必要もなく、ガラス瓶などに水を張って刺しておくだけ。

 

観葉植物と違って部屋にいながら季節を感じられるので、引きこもりタイプの人には特におすすめ。

関連記事:ミニマリストの部屋には枝ものをインテリアとして飾るのがおすすめ

 

ミニマリストの部屋づくりにおすすめのインテリア家具5選

おすすめのインテリア家具は5つあります。

  1. 脚付きマットレス
  2. ダイニングテーブル
  3. アンティークチェア
  4. クリップライト
  5. 薄手のカーテン

 

1. 脚付きマットレス

無印良品の「脚付きマットレス」。

 

シンプルなデザインと脚付きによって床との設置がないことが魅力。

 

ベッドを買うつもりなら、脚付きマットレス一択でいいと思います。

 

ミニマリストはベッドを持たないイメージがあるかもしれませんが、やっぱりベッドはいいですよ。

関連記事:ミニマリストがベッドを断捨離しない理由。捨てたほうがいい人は?

 

2. ダイニングテーブル

スペースはとりますが、ダイニングテーブルはあったほうがいいです。

 

私もずっとローテブルを使っていましたが、ダイニングテーブルに乗り換えて明らかに生活のクオリティが上がりました。

 

なぜならば、食事をゆっくり楽しめるようになったことと、パソコン作業や読書などが捗るようになったため。

 

楽天市場で20,000円程度で良さそうなものが購入できますが、カラーやサイズを好きなようにカスタマイズしたいならDIYがおすすめ。コストも15,000円くらいですみます。

created by Rinker
¥18,990 (2020/09/18 09:41:51時点 楽天市場調べ-詳細)

 

関連記事:【工具不要】予算1.5万円でおしゃれなダイニングテーブルをDIYする方法

 

3. アンティークチェア

ダイニングセットと合わせて購入したいところ。

 

イームズチェア」も定番でいいですが、こだわりの一脚を持つのもおすすめ。

created by Rinker
アイリスプラザ(IRIS PLAZA)

 

椅子は毎日使うので、お金をかけても最終的にはコスパがよくなります。

 

英国ブランドのERCOLのアンティークチェアなんかはシンプルにかっこいいですね。

出典:FURNI

 

30,000円と値段は高めですが、長く愛着を持って使えると思います。

 

もっと安く手に入れたいなら、ヤフオクを使うのがおすすめです。

 

4. クリップライト

部屋の間接照明にクリップライトはおすすめ。

 

魅力は3つ。

  • LED電球と合わせて2,000円と格安
  • どこでもクリップで取り付けられる
  • 手の平サイズでコンパクト

 

おしゃれな天井照明やスタンドタイプの間接照明はかっこいいですが、値段も高く、場所もとります。

 

その点、手頃な価格で、どこでも手軽に着脱できるクリップライトはかなりおすすめ。

関連記事:ミニマリストが選ぶ照明器具とは?【クリップライト最強】

 

5. 薄手のカーテン

カーテンに厚手の遮光タイプは必要ないと思います。

 

部屋の印象も重たくなってしまうし、それなりのものになるとお金もかかります。

 

薄手のカーテンは見た目も軽やかで、値段も安く、外からの目隠しには十分です。

created by Rinker
¥1,680 (2020/09/18 18:56:42時点 楽天市場調べ-詳細)

 

「カーテンはつけなければいけない」という固定観念は一度取り払い、まずは薄手のカーテンだけで生活してみるといいです。

 

ちなみに、私の部屋にカーテンはもうありません。太陽が昇るとともに起きる生活にはカーテンがむしろいいです。

関連記事:部屋にカーテンはなしでいい理由【ミニマリストのカーテンなし生活】

 

最後に

ミニマリストのインテリア術について紹介しました。

 

当記事のまとめます。

  1. 部屋のテーマを決めることで、部屋に統一感が生まれる
  2. 統一感を簡単に作るには、家具家電のブランドを揃える
  3. 床の上になるべく置かないことで、圧迫感がなくなる
  4. 背の高い家具を置かないことで、開放感が生まれる
  5. 吊るし収納を活用することで、おしゃれで省スペース収納ができる
  6. 生活感のあるものは徹底的に隠すことで、落ち着いた部屋になる
  7. 枝もの飾ることで、一気に部屋が明るくなる
  8. ベッドは脚付きマットレスがシンプルでおすすめ
  9. ダイニングテーブルがあると食生活や作業が捗る
  10. 毎日使う椅子はこだわりのアンティークチェアがおすすめ
  11. 照明器具にはクリップライトが安くて実用的でおすすめ
  12. カーテンはまずは薄手のカーテンだけで生活してみるのがおすすめ

 

少ないインテリアでもおしゃれな部屋づくりはできます。

 

むしろ、インテリアが厳選された余白のある空間はとても居心地がいいですよ。

 

▼シンプルで機能的なキッチンづくりのコツについて紹介

関連記事:ミニマリストが実践したシンプルなキッチンを作る4つのコツ

 

▼狭い部屋でもスッキリと収納するコツについて紹介

関連記事:ミニマリストの収納術10選!1k8畳でも広々と暮らすためのアイデア

 

▼部屋から生活感をなくす方法について紹介

関連記事:一人暮らしの部屋から生活感をなくすお手軽テクニック5選

 

以上

ミニマリスト男の厳選愛用品

20代後半のミニマリスト男が毎日使っているコスパ抜群の愛用品たちを紹介。

不用品買取おすすめサービス23選

「断捨離で出てきた不用品を少しでも高く買い取ってほしい!」

そんな方におすすめの買い取りサービスをまとめました。

運営者

20代後半の倹約家サラリーマン。月8万円の生活費で一人暮らしをしています。社会人4年目に苦手な営業から転職したことをきっかけに、自分にとって理想の暮らしを真剣に考えることに。現在は、生活コストを徹底的に抑え、本業×副業でお金を稼ぎ、余剰資金を米国高配当株ETFに投資に回すことで、経済的な自由を目指しています。

コメント

コメントする

目次
閉じる