MENU
電子書籍「ミニマリスト式シリーズ」を出版中
ミニマリスト式超節約術:月10万円でも楽しく暮らす

※Kindle Unlimited読み放題対象です

ミニマリスト式超自炊術:質素な食事で愉快にくらす

※Kindle Unlimited読み放題対象です

ミニマリスト式超片付け術:散らかった部屋を整理する10の特効薬

※Kindle Unlimited読み放題対象です

ミニマリスト式超貯金術:20代1,000万円貯めた6ステップ

※Kindle Unlimited読み放題対象です

ミニマリスト式超ヒュッゲ術:少ないお金で毎日を心地よく暮らすアイデア33

※Kindle Unlimited読み放題対象です

ミニマリスト式超Twitter術:1日1ツイートで人生を豊かにするツイッターの使い方

※Kindle Unlimited読み放題対象です

【限定公開コンテンツをお届け】なにおれ公式LINE
【9/23まで】Amazon Music Unlimited3ヶ月無料キャンペーン
30歳ミニマリストが買ってよかったもの21選
20代・30代男性におすすめのファッションアイテム
お得なサービス10選
Kindle Unlimitedで読める面白かった漫画まとめ
サラリーマンがやるべきこと
マイプロテインを1kg2,000円未満で買う方法
プロフィール
れもん(29)
20代後半の倹約家サラリーマン。月6万円の生活費で一人暮らしをしています。

社会人4年目に苦手な営業から転職したことをきっかけに、自分にとって理想の暮らしを真剣に考えることに。

現在は、生活コストを徹底的に抑え、本業×副業でお金を稼ぎ、余剰資金を米国高配当株ETFに投資に回すことで、経済的な自由を目指しています。
サイト情報
なにおれ
きっと何者にもなれない俺たちのライフスタイル。通称「なにおれ」。

ミニマリズムをベースに、少ないお金でも楽しく暮らす方法について発信しています。

何者にもなれなかった大人たちに、ゆるく気楽に生きていくライフスタイルを提案。
【9/21まで無料】Kindle本『ミニマリスト式超Twitter術』を出版しました

枝ものはどこで買える?インテリアにおすすめの切り枝も紹介

飾るだけでおしゃれなインテリアにもなる枝もの。

部屋にいながら季節感も感じられて、観葉植物と比べて手に入れがほとんど必要ないメリットもあります。

一方で、どこで売っているのか、どこで買えるのかが悩ましいところ。

そこで本記事では、枝ものはどこで買うことができるのか、インテリアにおすすめの切り枝も合わせて紹介します。

目次

枝ものはどこで買うことができる?

結論からいえば、4つの場所で購入できます。

枝ものが買える場所
  • ネット通販(花材通販はなどんやアソシエ)
  • 近所の生花店
  • ホームセンター
  • ハンドメイドサイト(クリーマ)

ネット通販(花材通販はなどんやアソシエ)

簡単かつ、お手軽に買えるのは「楽天市場」です。

メリット・デメリット
  • 品揃えが豊富
  • ネットで注文できる
  • 値段が高め
  • 送料がかかる

楽天市場などのネット通販はコストはかかりますが、豊富な種類を家にいながら購入できます。

楽天市場の中でも枝ものの取り扱いが圧倒的に多いショップが、「はなどんやアソシエ楽天市場店」。

季節の枝ものを「1M×5本」などのセットで購入できます。

値段も1,000〜3,000円ほどお手頃です。

ただし、送料が1,000円ほどかかることは注意費が必要。

>>「はなどんやアソシエ楽天市場店」はこちら

近所の生花店

近所の花屋、生花店を探してみること。

メリット・デメリット
  • 現物を見られる
  • 値段が安い
  • 取り扱いがないこともある

花屋や生花店で売っていることがあります。

しかも、1本あたり値段は数百円ほど。

近所に立ち寄ったことのない生花店があれば、一度のぞいてみるといいです。

もし枝ものがなかった場合は、お店の人に相談してみるのもおすすめ。

季節に合わせて、「この花の枝がほしいのですが…」と声をかけてみれば、仕入れてくれることがあります。

そうやってコミュニケーションをとっていると、自分の知らなかった花の枝も仕入れてくれるようになるかも知れません。それも楽しいですよね。

ホームセンター

ホームセンターのガーデンエリアで売っていることがあります。

メリット・デメリット
  • 現物を見られる
  • 値段が安い
  • センスがいまいちなことがある

値段も安いので、近所に生花店がないのであれば、近場の一番大きなホームセンターに一度行ってみるといいです。

切り枝の状態ではなくて、鉢に植わっている状態で売られていることよくありますね。

ハンドメイドサイト(Creema)

ハンドメイドサイトでも個人の方が販売していることがあります。

メリット・デメリット
  • スワッグなど可愛くアレンジされていることもある
  • 種類は少なめ
  • 値段も高め

おすすめは、Creema(クリーマ)。

Creemaの公式サイト」から、買いたい枝の名前で検索してみてください。

クリーマで「ユーカリ」で検索

枝そのもので売っていることはあまりないですが、スワッグなどで売られています

フラワーベースでなく部屋に吊るして飾っても可愛いので、クリーマで買うのもありだと思います。スワッグをばらして、花瓶に活けることもできます。

>>Creemaの公式サイトはこちら

インテリアにおすすめの切り枝

続いて、インテリアにおすすめの枝物(切り枝)を紹介します。

個人的におすすめはこちらの3種類。

おすすめの切り枝
  1. ドウダンツツジ
  2. ユーカリ
  3. オリーブ

ドウダンツツジ

春から夏頃にかけて出回る「ドウダンツツジ」。

鉄板中の鉄板、人気の枝ものですね。

大きな枝をフラワーベースに活けてインテリアにしてもいいし、枝を50cmほどにカットしてテーブルフラワーにもしてもかわいいです。

おしゃれなインテリアとして、買って間違いありません。

>>はなどんやアソシエ楽天市場店(ツツジ類)

ユーカリ

ユーカリは、丸っこい葉っぱがかわいいです。

女性に人気の枝物ですね。

ユーカリの代表的な品種の季節は、9〜10月頃。4〜5月が季節の「ポポラス」という品種もあります。

また、ユーカリはドライにしやすいことも特徴なので、ドライであればいつでも手に入ると思います。

>>はなどんやアソシエ楽天市場店(ユーカリ類)

オリーブ

オリーブの枝は、シルバーがかっていて、かっこいい印象。

50cmほどの枝が束になっているだけでもおしゃれです。

オリーブの季節は5〜10月頃。

スタイリッシュな部屋作りがしたいなら、オリーブの枝を買うのがおすすめです。

>>はなどんやアソシエ(オリーブ)

最後に

枝ものがどこで買えるか、インテリアにおすすめの切り枝を紹介しました。

当記事をまとめます。

まとめ
  • はなどんやアソシエ楽天市場店」は種類も多くて、一番おすすめ
  • 近所の生花店をのぞいてみて、なかったら店員さんに仕入れられるか相談してみる
  • 近場の大きめのホームセンターのガーデンエリアをのぞいてみる
  • ハンドメイドサイトの「Creema」では、枝物のスワッグなどが売られている
  • 「ドウダンツツジ」は、鉄板におすすめの枝もの
  • 可愛らしい枝ものが好きなら、「ユーカリ」がおすすめ
  • 「オリーブ」の枝は、かっこいい感じの印象

ごちゃごちゃとインテリア雑貨を置くよりも、枝ものをひとつだけ置く。

そのほうがおしゃれで、お金もそれほどかかりません。

部屋にいながら季節も感じられて、落ち着く空間を作れますよ。

【生花】ドウダンツツジ(枝物)1m程度[5本]

▼関連記事

以上

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

買ってよかったもの

30歳ミニマリスト男が、これまでに買って本当に良かったものだけを厳選して紹介しています。

運営者

月6〜8万円で暮らす30歳ミニマリスト。社会人4年目に苦手な営業から転職したことをきっかけに、自分にとって理想の暮らしを真剣に考えることに。現在は、生活費を徹底的に抑え、本業×副業でお金を稼ぎ、余剰資金を米国高配当株ETFに投資に回すことで、経済的な自由を目指しています。電子書籍も5冊出版中。

目次
閉じる