MENU
プロフィールの画像
プロフィール
れもん(29)
20代後半の倹約家サラリーマン。月6万円の生活費で一人暮らしをしています。

社会人4年目に苦手な営業から転職したことをきっかけに、自分にとって理想の暮らしを真剣に考えることに。

現在は、生活コストを徹底的に抑え、本業×副業でお金を稼ぎ、余剰資金を米国高配当株ETFに投資に回すことで、経済的な自由を目指しています。
サイト情報の画像
サイト情報
なにおれ
きっと何者にもなれない俺たちのライフスタイル。通称「なにおれ」。

ミニマリズムをベースに、少ないお金でも楽しく暮らす方法について発信しています。

何者にもなれなかった大人たちに、ゆるく気楽に生きていくライフスタイルを提案。
インスタグラム 毎日(20:00)更新中

インテリアに枝ものを飾るのがおすすめな3つの理由!枝ものはどこで買う?

 

インテリアグリーンに観葉植物を買う人は多いです。

 

しかし、枝もののほうが断然おすすめ。

 

こんにちは、なにおれ (@lemologue) です。私は、少ないものだけで暮らすミニマリストなので、質素でシンプルな部屋に暮らしています。

 

しかし、枝ものを定期的に買うようになってから、シンプルで味気ない部屋が華やかになりました。

 

当記事では、インテリアに枝ものを飾るのがおすすめな理由について紹介します。

 

関連記事:【断捨離を実践】20代後半ミニマリスト男の一人暮らし部屋を公開

 

目次

インテリアに枝ものを飾るのがおすすめな3つの理由

理由は3つあります。

  • 飾るだけでおしゃれな部屋になる
  • 観葉植物よりも手入れが楽
  • 季節を感じることができる

 

1. 飾るだけでおしゃれな部屋になる

枝ものは飾るだけのおしゃれに見えます。

 

この理由は、”高さ” にあると思っています。

 

花や観葉植物よりも高さがあるため、リビングなどの広い空間に直置きしても、圧倒的な存在感があります。

 

シンプルな部屋であればあるほど、その存在感は強くなります。

 

また、枝を小さくカットして飾れば、テーブルインテリアにもなります。

私も、普段パソコン作業をするテーブルには枝ものを飾っています。

 

視界に入るところに自然なグリーンがあるだけで癒やされているような気がします。

 

洗面所やキッチン、トイレなどの水回りに飾ってもいいです。

薄い白の小皿に枝を浮かべたり、透明のグラスに浮かべるのもかわいいいと思います。

 

2. 観葉植物よりも手入れが楽

インテリアグリーンには、花や観葉植物のほうが一般的です。

 

しかし、花や観葉植物の手入れはけっこう大変。

 

鉢探しから土や肥料の交換、枯れさせないために太陽の光があたる場所に動かすことや、水も定期的に与えなければいけません。

 

あなたも観葉植物を枯らしてしまった経験があるのではないでしょうか。

 

その点、枝ものの手入れはめちゃくちゃ簡単で楽です。

 

やることといえば、ガラスの水を定期的に変えることくらい。

 

観葉植物のように水受けのこととか考える必要もなく、ガラス瓶の中の水を交換するだけ。

 

鉢もいらず、土や肥料を用意する必要もありません。

 

好きなガラス瓶を用意すればいいです。

 

3. 季節を感じることができる

個人的に枝ものが好きな理由がこれ。

 

部屋にいながら、季節を感じることができるから。

 

春には、サクラやユーカリ

夏には、ダウダンツツジ

秋には、カエデ

冬には、ヤドリギ

 

枝も生き物なので寿命があります。

 

せいぜい2週間というところです。

 

しかし、寿命が短いからこそ、季節とともに変えていくことができます。

 

季節の枝ものには、季節のにおいもします。

 

部屋が自然のにおいでふんわりと香ります。

 

そんな季節の枝ものたちが部屋の中にある暮らしを想像するだけで心は踊りませんか。

 

枝ものはどこで売ってる?

方法は3つあります。

  1. 生花屋で買う
  2. 生花屋で仕入れてもらう
  3. 楽天市場で買う

 

1. 生花屋で買う

枝ものは近所の生花屋で売っています。

 

しかも、1本あたり値段は数百円ほど。

 

枝ものは2週間~1ヶ月くらいで枯れてしまうので、枯れそうになったら生花屋に足を運ぶといいです。

 

そうやって、花を通して季節を感じる暮らしは悪くないありません。

 

近所に立ち寄ったことのない生花屋があれば、一度覗いてみるといいと思います。

 

2. 生花屋に仕入れてもらう

近所の生花屋で枝ものがなかった場合。

 

そんなときは、お店の人に相談してみるといいです。

 

季節に合わせて、「この花の枝がほしいのですが」と声をかけてみれば、仕入れてくれるかもしれません。

 

そうやってコミュニケーションをとっていると店の人と仲良くなることも面白さのひとつ。

 

自分の知らなかった花の枝も仕入れてくれるかもしれません。

 

3. 楽天市場で買う

楽天市場の「花材通販はなどんやアソシエ」がおすすめ。

 

品揃えが豊富で、値段も手頃なのが魅力。

 

送料がかかるので、実店舗で購入するよりはどうしても高くなってしまいます。

 

ですが、季節に合わせていろいろな切り枝を選べるのは嬉しいです。

 

それに、近所の生花屋に切り枝が売っていないのであれば、選択肢はネット購入しかありません。もしくは、遠方の生花屋まで買いに行くか。

 

一度試しにどんなものか購入してみてもいいと思います。

 

ショップサイト:花材通販はなどんやアソシエで枝ものを購入する

 

最後に

インテリアに枝ものを飾るのがおすすめな理由について紹介しました。

 

当記事をまとめます。

  • シンプルな部屋に枝ものを飾ると一気におしゃれに見える
  • 枝ものは高さがあるので、広いリビングでも存在感がでる
  • 手入れはガラス瓶の水を変えるだけで、観葉植物よりも断然楽
  • 部屋にいながら季節を目で楽しみ、匂いでも楽しむことができる
  • 一束で数百円~数千円と安価で購入できる
  • まずは近所の生花屋に立ち寄り、売っていない場合は仕入れを相談してみる
  • 楽天市場の「花材通販はなどんやアソシエ」でも豊富な切り枝が購入できる

 

ごちゃごちゃとインテリア雑貨を置くよりも、枝ものをひとつだけ置く。

 

そのほうがおしゃれだし、お金もかかりません。

 

部屋にいながら季節も感じられて、落ち着く空間をつくることもできます。

 

興味がある人はぜひにどうぞ!

 

季節の枝ものにどんな枝があるかを調べるには、「花材通販はなどんやアソシエ」を覗いてみてください。

 

ショップサイト:花材通販はなどんやアソシエで季節の枝ものを調べる

 

以上

ミニマリスト男の厳選愛用品

20代後半のミニマリスト男が毎日使っているコスパ抜群の愛用品たちを紹介。

不用品買取おすすめサービス23選

「断捨離で出てきた不用品を少しでも高く買い取ってほしい!」

そんな方におすすめの買い取りサービスをまとめました。

運営者

20代後半の倹約家サラリーマン。月8万円の生活費で一人暮らしをしています。社会人4年目に苦手な営業から転職したことをきっかけに、自分にとって理想の暮らしを真剣に考えることに。現在は、生活コストを徹底的に抑え、本業×副業でお金を稼ぎ、余剰資金を米国高配当株ETFに投資に回すことで、経済的な自由を目指しています。

コメント

コメントする

目次
閉じる