MENU
プロフィールの画像
プロフィール
れもん(29)
20代後半の倹約家サラリーマン。月6万円の生活費で一人暮らしをしています。

社会人4年目に苦手な営業から転職したことをきっかけに、自分にとって理想の暮らしを真剣に考えることに。

現在は、生活コストを徹底的に抑え、本業×副業でお金を稼ぎ、余剰資金を米国高配当株ETFに投資に回すことで、経済的な自由を目指しています。
サイト情報の画像
サイト情報
なにおれ
きっと何者にもなれない俺たちのライフスタイル。通称「なにおれ」。

ミニマリズムをベースに、少ないお金でも楽しく暮らす方法について発信しています。

何者にもなれなかった大人たちに、ゆるく気楽に生きていくライフスタイルを提案。
インスタグラム 毎日(20:00)更新中

【レビュー】スコッチグレイン匠の黒プレーントゥをおすすめする理由

 

スコッチグレインには、「匠シリーズ」というアウトレットモール限定のシリーズがあるのですが、この匠が値段・革質・デザインのバランスがかなりよくておすすめです。

 

私は、アウトレットで3.5万円くらいで購入して5年近く経つのですが、いまでも履いている大切な相棒です。

 

これからも大切に履いて、修理しながら付き合っていけば、あと10年くらいは履けるのではないかと思っています。

 

当記事では、どんな革靴を買えばいいか悩んでいる人、スコッチグレインの革靴の購入を悩んでいる人に向けて、スコッチグレイン匠の黒プレーントゥをすすめる理由を紹介したいと思います。

 

目次

スコッチグレイン匠の黒プレーントゥをおすすめする理由

スコッチグレイン匠は良質な革で3万円台

匠は、海外の良質の革を使ったシリーズのようで、値段のわりに革質がいいことで評判が高いです。

 

私は革のことに特別詳しいわけではありませんが、アウトレットのショップで普通のシリーズと匠シリーズを並べたときには、明らかに革の艶が違うのが分かりました。

 

そして、履いて、磨いて、履いて、磨いてを繰り返してるうちに、革がどんどん馴染んでいき、艶が増していくのも分かります。

 

安価な革靴の場合、履けば履くほどボロボロになってしまうのですが、スコッチグレインの匠は良質な革で作られているため、逆に足に馴染んでいきます。

 

それが、3万円台で購入できるので、めちゃくちゃおすすめです。

 

黒プレーントゥはカジュアルにも合わせやすい

革靴は、トゥに一文字が入ったストレートチップか、なにもないプレーントゥを選ぶことが基本ですが、個人的にはプレーントゥが好きです。

 

なぜならば、デニムに合わせても違和感がなく、ビジネスカジュアルに合わせた場合でも、カジュアルでありながら、色気があるようにも見えるからです。

 

仕事でスーツを着るときや、結婚式などのカッチリとしたシーンで使うだけでなく、休日ファッションで、スッキリした格好をしたいときにも使いやすくて、気に入っています。

 

グッドイヤーウェルト製法で修理ができる

スコッチグレインの匠シリーズは、ソールの交換が可能なグッドイヤーウェルト製法なので、かかとが磨り減ってしまっても修理することができます。

 

後述しますが、スコッチグレイン専門の修理工房で修理をお願いすれば、オールソールの交換でも1万円前後で修理ができてしまいます。

 

5年近く履いていてまだ修理は頼んだことがないのですが、革靴本体が3万円以上しますので、買い換えるよりも修理したほうが、安くなります。

 

それに、長年履いた革靴は自分の足の形にフィットして履きやすくなっているので、買い換えるよりも修理して履いたほうが満足度が高いと思います。

 

専門の修理工房で安く修理ができる

スコッチグレインは、「匠ジャパン」というスコッチグレイン専用の修理工房を持っています。

 

通常の靴修理にお願いするよりも安く、しかも、ワックスで仕上げもしてくれるサービスまでついています。

 

  • オールソール交換で1万円前後
  • ヒールだけの交換で4千円前後

 

また、工房に直接持ち込まなくても、郵送で工房に送ることができるのでラクチンです。発送するときの送料はこちらで負担になりますが、返送時の送料は匠ジャパンが負担してくれます。

 

革靴は大切にメンテナンスすることでコスパが高くなる

服に同様なことがいえますが、革靴は履けば履くほど、コスパがよくなります。

ミニマリストだけが知っている少ない服で暮らすメリット

 

特に、スコッチグレインの匠のような良質な革で耐久性が高い製品については、購入価格が多少高くても、何年も履くことができるので、結果的にはコスパがよくなります。

 

とはいえ、革靴を雑に履いていては、寿命はそれだけ早くきてしまうと思います。

 

そのため、普段からのメンテナンスが重要です。

 

革靴を履いたあとは、シューキーパーを必ず入れるようにして、革の形が崩れないようにします。

 

スコッチグレインの革靴は、純正のシューキーパーが付属されていますが、私は壊してしまったので、アイリスオーヤマのシューキーパーを使っています。

1つ300円程度と激安なのですが、サイズ調整も可能で、デザインもシンプルな黒色で気に入っています。

created by Rinker
アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
¥788 (2020/09/17 19:37:11時点 Amazon調べ-詳細)

 

また、あまり履いていない時でも保湿クリームはしっかり塗ったほうがいいです。革は生き物で、人間と同じなので、油がなくなると、革がカピカピになってしまうためです。

 

おすすめの保湿クリームは、コロニルのカラーレスの保湿クリームです。

 

値段は高めですが、他のクリームよりも艶が良く出るので気に入っています。革財布などの革製品にも使えるので、一つあると重宝すると思います。

 

最後に

スコッチグレイン匠の黒プレーントゥの魅力ついて紹介しました。

 

当記事をまとめます。

  • 3万円代で購入できるのにで良質な革質
  • ビジネスだけでなく、パーティーや休日ファッションにも使える
  • グッドイヤーウェルト製法で修理ができる
  • 専門工房で安く修理ができる

 

長年の相棒となる革靴として十分におすすめできる商品だと思います。

 

サラリーマンの靴選びについては。他記事でも紹介しているのでご参考ください。

 

以上

ミニマリスト男の厳選愛用品

20代後半のミニマリスト男が毎日使っているコスパ抜群の愛用品たちを紹介。

不用品買取おすすめサービス23選

「断捨離で出てきた不用品を少しでも高く買い取ってほしい!」

そんな方におすすめの買い取りサービスをまとめました。

運営者

20代後半の倹約家サラリーマン。月8万円の生活費で一人暮らしをしています。社会人4年目に苦手な営業から転職したことをきっかけに、自分にとって理想の暮らしを真剣に考えることに。現在は、生活コストを徹底的に抑え、本業×副業でお金を稼ぎ、余剰資金を米国高配当株ETFに投資に回すことで、経済的な自由を目指しています。

コメント

コメントする

目次
閉じる