MENU
【限定コンテンツ】なにおれニュースレター
なにおれ初の紙本出版しました!
31歳、夫婦2人、月13万円で、自分らしく暮らす。:僕たちが見つけた質素で最強の生き方
Kindle本『ミニマリスト式シリーズ』を出版中
ミニマリスト式超人生戦略術:敏感な人が会社を辞めてラクに生きていく方法

※Kindle Unlimited読み放題対象です

ミニマリスト式超節約術:月10万円でも楽しく暮らす

※Kindle Unlimited読み放題対象です

ミニマリスト式超自炊術:質素な食事で愉快にくらす

※Kindle Unlimited読み放題対象です

ミニマリスト式超片付け術:散らかった部屋を整理する10の特効薬

※Kindle Unlimited読み放題対象です

ミニマリスト式超貯金術:20代1,000万円貯めた6ステップ

※Kindle Unlimited読み放題対象です

ミニマリスト式超ヒュッゲ術:少ないお金で毎日を心地よく暮らすアイデア33

※Kindle Unlimited読み放題対象です

ミニマリスト式超Twitter術:1日1ツイートで人生を豊かにするツイッターの使い方

※Kindle Unlimited読み放題対象です

ミニマリスト式超買い物術:無駄遣いをなくす「5つの考える力」を鍛える

※Kindle Unlimited読み放題対象です

ミニマリスト式超引っ越し術:人生を変える攻めの引っ越しの技術

※Kindle Unlimited読み放題対象です

ミニマリスト式超運動術:楽しく歩くことだけ考えればいい

※Kindle Unlimited読み放題対象です

なにおれYouTube【週2本更新】
2022年度 なにおれの活動予定
30歳ミニマリストが買ってよかったもの21選
20代・30代男性におすすめのファッションアイテム
なにおれ楽天ROOM
お得な優良サービス10選
Kindle Unlimitedでおすすめの本・漫画50選
会社員が転職エージェントに登録するべき理由
マイプロテインを1kg2,500円未満で買う方法
なにおれ (31)
naniore
31歳。男。生活費8万円の一人暮らしを経て結婚。現在は、夫婦二人で月13万円で質素に暮らしています。

社会人4年目に辛かった営業職から転職したことをきっかけに、「いつでも好きな場所に引っ越せる」という自分の理想とする暮らしを目指しはじめる。

「質素倹約生活 × 副業 × 米国株投資」のおかげで、30歳でセミリタイア。

※2022年度の主な活動:「YouTubeを週2本投稿」「Instagramを毎日更新」「Twitterにも毎日生息」「たまにブログ更新」「紙の書籍を出版(11月)」
なにおれ
少ないものとお金で楽しく暮らす
「きっと何者にもなれない俺たちのライフスタイル」をつづったブログ。通称「なにおれ」。

「少ないものとお金でも楽しく暮らす」をコンセプトに情報を発信。

何者にもなれなかった大人たちに、ラクに生きていくライフスタイルを提案します。
> なにおれKindle本『ミニマリスト式シリーズ』10冊が無料で読めます

サラリーマンに革靴は何足もいらない!おすすめのビジネスシューズ3選

結局のところ、サラリーマンって革靴を何足揃えればいいの?

そんな疑問に答えます。

なにおれ

こんにちは、なにおれ(@lemologue)です。全16着の服で生活している30代ミニマリストです。

「社会人なら3〜5足をローテンションするのがいい」なんてことをよく聞きます。

理想をいえば、それだけの革靴を揃えるのが理想だと思います。

しかし、ソールの交換できる革靴を買うと1足3万円はします。すると、ビジネスシューズとして3足揃えるだけでも10万円近いお金がかかることになります。

お金を稼ぎに会社で頑張って働いているのに、働くためにお金をたくさん使っていたら本末転倒です。

実際のところ、仕事用の革靴は1足あれば十分です。     

そこで本記事では、会社員に革靴が何足もいらない理由、おすすめの革靴も合わせて紹介します。

目次

サラリーマンは革靴を何足も揃える必要はない

結論からいえば、革靴はコスパのいいものが1足あれば十分です。

理由は3つあります。

革靴は1足あればいい理由
  1. コスパのいい革靴を履き潰せばいい
  2. 無難なシンプルなデザインを選べばいい
  3. 私服にも合わせられる革靴を別で買えばいい

コスパのいい革靴を履き潰せばいい

まず第一に、仕事用の革靴はコスパのいいシューズを履き潰せばいいです。

結局のところ、革靴を何足も揃えてローテーションさせるのは、いい靴を傷まないようにするための処置です。

それなら最初から履きつぶすつもりで革靴を買えばよくなります。

もちろん、何万円もするブランドの革靴と比べれば安っぽさはります。

しかし、仕事用の革靴は結局のところ、仕事用の革靴でしかありません。

革靴って、「仕事の戦闘服」である一方、「趣味の領域」です。

仕事用は仕事用と割り切って、1足を毎日履いて履きつぶしてしまうくらいのほうがいいです。

結果的にそのほうが雨の日や汚れを気にしたりする必要もなく、革靴のストレスからも開放されてラクに仕事ができるようになります。

無難なシンプルなデザインを選べばいい

革靴を1足しか持たない場合は、無難なシンプルなデザインを選ぶこと

条件はこの3つです。

シンプルなデザインの条件
  • 色はブラック
  • プレーントゥかストレートチップ
  • 革はエナメル加工でなければいい

革靴のデザインは色々とありますが、カラーはブラックで、トゥの部分に何も飾りがない「プレーントゥ」か、トゥに横の線が一本入った「ストレートチップ」を選んでください。

羽が外を向いた「外羽根」と内側を向いた「内羽根」も選ばないといけないですが、ストレートチップかプレーントゥを選んでおけばあまり気にしなくていいです。

また、革はエナメル加工のものは選ばないこと

エナメル加工された革靴は革に樹脂をふきつけたもので、光沢感があるので見た目が華やかです。

しかし、温度の変化に弱く、ひび割れが発生しやすいのでコスパが悪くなります。

プライベート用は好きな革靴を買えばいい

ということで、仕事用の革靴には無難なデザインの安い革靴を1足だけ買って履き潰せばいいです。

とはいえ、中にはプライベートでも革靴を履きたい人がいるかもしれません。

そんなときは、仕事でも履けるようなデザインの革靴を買えば、仕事用の勝負靴として使うこともできます。

ビジネス用の革靴は私服では合わせにくいことが多いので、プライベートとして使えることをメインに考えて、仕事用に兼用できるものを選ぶのがポイント。

私の場合、ジャランスリワヤのコインローファー「98589」を兼用で使っています。

ローファーは簡単におしゃれ感を醸し出せるのでおすすです。

関連記事:【レビュー】ジャランスリワヤ ローファー「98589」を5年愛用!サイズ感は?

1万円未満で買えるコスパのいいおすすめ革靴

では、「コスパのいい革靴といっても、どの革靴を選ぶべばいいのか」というのが次の問題になります。

結論からいえば、1万円未満、できれば5,000円前後の革靴がおすすめです。

1足5,000円であれば、1年で履きつぶしてしまっても30,000円の予算で6年使えます。

おすすめの革靴はこちらの3足。

1万円未満でおすすめの革靴
  • GU:リアルレザーダービーシューズ
  • フォックスセンス
  • ハルタ:6776

GU:リアルレザーダービーシューズ

出典:GUオンラインショップ

一番おすすめは、GUの革靴。

1足なんと3,990円です。

このお値段でアッパー部分には本皮を使用しているので、合皮のような安っぽさもありません。

ユニクロやGUでは毎年などの頻度で新しい革靴を発売しているので、そのときのタイミングで売られている革靴を買えばいいです。

デザインも品質も毎年良くなっているので、かなりおすすめです。

フォックスセンス

続いておすすめが、「フォックスセンス」の革靴。

合皮ですが、限りなく本皮に近づけた自然な風合いで評判が高いです。

値段も6,000円ほどと安く、コスパのいい革靴としてはおすすめ。

Amazonでサイズやデザインの展開も多いので、いつでも自分に合うものが買えるのも高ポイント。

ユニクロやGUの革靴が値段も安くてデザインもいいのですが、サイズが在庫切れになっているときもあるので、そんなときにおすすめです。

[フォクスセンス] プレーントゥ 内羽根 ブラック R165-01
Foxsense(フォクスセンス)

ハルタ:6776

最後におすすめは、ハルタの「6776」。

学生靴でおなじみのハルタですね。

革は合皮ですが値段が7,000円と安く、品質にも安心感があります。

デザインもシンプルで鉄板におすすめできます。

created by Rinker
HARUTA(ハルタ)
¥7,590 (2022/11/27 20:50:13時点 Amazon調べ-詳細)

職場にはスニーカーで通勤する選択肢もある

もしくは、「3万円ほどのお気に入りの革靴を1足だけ買って、通勤時にはスニーカーを履く」という選択肢もあります。

通勤の移動にはスニーカーを履いて、会社のロッカーやデスク下に革靴を置いておけばいいだけです。

これであれば、お気に入りの高い革靴でもあっても毎日履いて傷めるリスクも減ります。

この選択肢のメリットは、通勤そのものがより快適になること。

スニーカーで通勤すれば歩きやすくて疲れにくく、汚れなどもさらに気にならなくなります。

アディダスの「スタンスミス」やダナーの「ラップトップライト3」はオールブラックで革靴にもデザインが近いので、職場でも普通に履けるかもしれません。

そもそものところで、「本当に革靴って履かないといけないのか?」を考えてみるのもいいと思います。

関連記事:スニーカー通勤歴2年の私が教えるスニーカー通勤の3つのメリット

最後に

ということで、サラリーマンは革靴が1足あれば十分ということを紹介しました。

まとめ
  • コスパのいい革靴1足を履き潰したほうがストレスもなくて経済的
  • 黒のプレーントゥかストレートチップを選べば仕事で万能に履ける
  • プライベート用の革靴を買って、仕事で兼用すれば無駄がない
  • 一番おすすめは「GU」の革靴で、値段とデザインのバランスがいい
  • 在庫切れの場合は、「フォックスセンス」か「ハルタ」の革靴がおすすめ
  • 通勤だけスニーカーですれば、値段の高い革靴1足だけでも傷まない
  • そもそもスニーカーで仕事ができないかを考えてみるのもあり

「社会人は革靴を何足も足持っていたほうがいい」

というのは、売り手の思惑が入っていることを疑ったほうがいいかもしれません。

実際には、革靴1足だけを毎日履いたほうがよりストレスも少なく、より経済的です。

革靴はどこまでいっても消耗品です。

なので、仕事用は仕事用と割り切って、コスパのいいものを履きつぶすことをおすすめします。

▼関連記事

以上

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

なにおれKindle本「ミニマリスト式シリーズ」を出版中

Kindle Unlimitedで読み放題対象

生きづらさを抱える人が、会社を辞めても心穏やかに、楽しく生きていくための人生戦略を解説。私が試行錯誤を続けた3年間の、知識と経験の集大成です。

30日間のお試し登録で無料で読めます。

運営者

セミリタイア中の31歳。現在は妻とニ人で、月13万円で質素に暮らしています。総フォロワー13万人の各SNSでは、生きづらい人がラクに生きられるあれこれを発信。出版中のKindle本10冊『ミニマリスト式シリーズ』の総レビューが4000件を超えました。出版社から紙の書籍も出版。

会員限定コンテンツ(無料)

限定記事「ミニマリスト式超思考術」も公開中

読者様からのお悩みに、私の持ちうるすべてを知識と思想を持って全力で回答しています。

閲覧も、お悩み相談も、すべて無料です。

高額商材なんかを売りつけたりもしないので、安心してください(笑)

なにおれを好きになってくれた方に、私なりの助力をしたいと思っています。

目次