2019.12.15

20代男性ミニマリストが所有する服をすべて公開【全16着+小物】

 

20代ミニマリストは服を何着持っている?どんな服を着ているの?

 

そんな疑問に答えます。

 

当記事では、20代後半のミニマリスト男が持っているすべての服と小物を紹介します。

 

物を持たない暮らしをするようになって、着ていない服を処分しているとどこかでのタイミングで捨てる服がなくなります。

 

そうなった時、クローゼットにある服はすべて、お気に入りの一軍の服たちだけになります。

関連記事:少ない服だけで暮らす3つのメリットを現役ミニマリスト男が紹介

 

20代男性ミニマリストが所有する服をすべて紹介する

▼持っている服・小物一覧

スーツ セーツセレクト:BLL1751
アウター エディフィス:紺ナイロンジャケット
ナノユニバース:紺テーラードジャケット
シャツ スーツカンパニー:白シャツ
フリークスストア:茶コードゥロイシャツ
トップス フリークスストア:黒スウェット
アダム・エ・ロペ:緑トレーナー
ユニクロ:黒モンクニット
インナー ヘインズ:BEFFY Tシャツ
ヘインズ:BEFFY ロングTシャツ
ボトムス ヌーディージーンズ:テープテッド
ラウンジリザード:スーパースリム
グラミチ:ニューナローパンツ
バイタル:ジョガーパンツ
チャンピオン:ショートパンツ
カバン ノーブランド:レザートートバッグ
トライオン:レザーブリーフケース
帽子 レイライン:黒キャップ
ノーブランド:迷彩柄ハット:
革靴 スコッチグレイン:匠シリーズ
ジャランスリワヤ:コインローファー
スニーカー ダナー:ラップトップライト3
スペルガ:2750
下着 ビトーンズ:ボクサーパンツ
メガネ 金子眼鏡店:vintageシリーズ
腕時計 G-SHOCK:GW-M5610-1BJF

 

ミニマリストの服【スーツ編】

1. 【スーツセレクト】ネイビースーツ

スーツセレクトのネイビーのスーツ。

 

スーツセレクトで一番細身の「SKINNY」ラインのBLL1751という商品。値段は28,000円です。

 

タイトなシルエットでかっこいいのですが、仕事用に着るにはけっこう窮屈ですね。ただ、結婚式などのパーティー用にはもってこいのスーツだと思います。

 

ただ、いまからスーツを購入するなら、間違いなくGUのセットアップを購入します。

 

スーツセレクトのスーツが28,000円するのに対して、GUは7,000円と格安で手に入ります。

 

会社に着るスーツとして使えるだけでなく、肩パッドのないリラックスしたデザインは、インナーにTシャツを合わせたカジュアルな着こなしまでカバーしてくれます。

関連記事:ミニマリストのスーツはGUのセットアップが一着あればいい

 

ミニマリストの服【アウター編】

2. 【エディフィス】ネイビーナイロンジャケット

エディフィスの「ナイロンジャケット」。30,000円程度で購入しました。

 

シンプルなデザインで、どんな服装にも似合うので長年愛用しています。

 

シングルライダースを買ってみたり、ステンカラーコートを買ってみたりしたのですが、結局ずっと手物に残っているのは、このエディフィスのナイロンジャケットだけでした。

 

ウールなどの繊細な素材は取り扱いに気を使ったり、大きくてかさ張る服は邪魔になります。

 

その点、ナイロンジャケットは、くしゃくしゃにしても全然気にならないので、いつでもどんな場面でもさらっと着られるのが気に入っているところですね。

 

3. 【ナノ・ユニバース】ネイビーテーラードジャケット

ナノ・ユニバースの定番の「テーラードジャケット」。20,000円ほどで購入したと思います。

 

春秋にTシャツの上にさらっと羽織ったり、結婚式の2次会や仕事の出張などのキチンとした場において、テーラードジャケットが1枚あると便利です。

 

ただ、上記でも紹介している「GUのセットアップ」が1セットあれば不要ですね。

 

1枚でジャケットとしても使えるし、セットアップで着れば仕事用でもカジュアル用でも両方使えることができます。

 

ミニマリストの服【シャツ編】

4. 【スーツカンパニー】スーツ用白シャツ

スーツカンパニーの「白シャツ」。

 

スーツカンパニーの中でも細身のデザインが気に入って5,000円程で購入しました。

 

白シャツはあまり着ないのですが、スーツを着る時のために残しています。

 

しかし、いま白シャツを買うなら、ユニクロの「スーパーノーアイロンスリムフィットシャツ」を購入すると思います。

出典:https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/416889-60

 

  • 光沢のある高級感がある素材
  • セミワイド、ポケットなしとスタイリッシュなデザイン
  • 細身なシルエット
  • アイロン不要のお手軽さ

 

これだけの商品が、たった3,000円で購入できます。最強のシャツの1つだと思います。

関連記事:ユニクロとGUで揃う大人のビジネスカジュアルの作り方

 

5. 【フリークスストア】茶コードゥロイシャツ

フリークスストアの「コードゥロイシャツ」。セール品で3,000円とかだったと思います。

 

季節感が簡単に出せるコードゥロイは、使いにくそうにみえて、実はけっこう使いやすかったりします。

 

また、ノーカラーのシャツなので、首元がキレイにみえるので、大人の服装にもおすすめだと思います。

 

ミニマリストの服【インナー編】

6.【フリークスストア】黒スウェット

フリークスストアの黒スウェットです。こちらもセール品で3,000円程度で購入しました。

 

黒のスウェットのなにがいいかというと、4シーズン着られることです。春秋は1枚で着られるし、夏はボトムスは短パンにすればいいしい、冬は暖かいインナーになります。

 

フリークスストアが好きなのですが、次に買い換えるならナイキの「クラブフレンリテリークルー」にすると思います。シルエットがきれいなのはもちろん、ナイキのロゴがスポーティーで、トレンドをガッチリ抑えています。

 

7. 【アダム・エ・ロペ】緑トレーナー

アダム・エ・ロペのグリーンのトレーナーです。たしか6,000円くらいでした。

 

個人的にグリーンが好きなので、使いやすいシンプルなグリーンのオーバーサイズのトレーナーを持っています。

 

ミニマリストというと、黒・白・茶・紺・グレーといったアースカラーの服が基本になるので、1着だけでも明るい色の服があると気分が変わっておすすめです。

 

8. 【ユニクロ】黒モンクニット

ユニクロの名作。カシミアを使ったモンクニットです。9,000円くらいしたと思います。

 

値段だけ見ればけっこう高いですが、カシミアを使った服がこの値段はありえません。ユニクロだからできる価格です。

 

カシミアを使っているので、超着心地がいいだけでなく、保温性もとんでもなく優れています。しかも、モンクニットは、タートルネック程首元が長くなく、シルエットがかなりきれいにみえるので、1枚で着ても、冬場のインナーとしても重宝します。

 

毎年、冬になれば店頭に並ぶと思うので、マストバイ商品です。

 

ミニマリストの服【Tシャツ編】

9. 【ヘインズ】白Tシャツ

ヘインズの白ビーフィーです。値段は1枚1,000円です。

 

個人的にTシャツを選ぶ基準には以下の3つがあります。

  1. 生地が分厚くて透けない
  2. 洗濯してもヨレにくい
  3. すぐに買い替えられる値段

 

この3つを完璧に備えているのが、ヘインズの「BEFFY」です。

 

白Tシャツはほぼすべてのアパレルブランドが作っていて、何を選べば良いのかわからないですが、ヘインズのビーフィーを買っておければまず間違いありません。

関連記事:ヘインズビーフィー(BEFFY)はコスパ最強のTシャツ【レビュー】

 

10. 【ヘインズ】黒Tシャツ

同様にヘインズの「BEFFY」。黒Tシャツです。

 

黒Tシャツは、白シャツよりも透けない分、夏場でもサラッと1枚で着やすいです。

 

ちなみに私の場合は、主に仕事用のインナーにしています。仕事にTシャツでいけるのはかなりラクです。ふつうのサラリーマンはシャツを着ると思いますが、1度転職をした時の仕事選びの基準の1つに、「シャツを着ない仕事」というのが、光を得ました。

 

11. 【ヘインズ】黒ロンティー

ヘインズの「ロングスリーブTシャツ」です。部屋着兼用で使っています。

 

リラックスしたデザインなので、寝る時もごわつきません。

 

生地が分厚くて、形もいいので、普通に外でも着られるので、起きてから着替える必要もなく、このまま出かけることもよくあります。

ka関連記事:一人暮らしミニマリスト男の部屋着の賢い選び方【使い古しはダメ】

 

ミニマリストの服【ボトムス編】

12.【ヌーディージーンズ】インディゴジーンズ

ヌーディージーンズのインディゴデニム「テープテッド」です。たしか、30,000円くらいで購入したと思います。

 

私の休日ファッションのメインボトムスです。こいつさえ履いておけば、他はどんな服でも似合います。

 

しかも、ヌーディージーンズは第二の肌と言われるほど、履き心地がいいので、ずっと履いてますね。ヌーディージーンズは、少ない服で暮らしたい人にとって本当におすすめです。

関連記事:ミニマリストのファッションにジーンズは必須【ヌーディージーンズが最高】

 

13.【ラウンジリザード】黒スキニージーンズ

ラウンジリザードのスーパースリムデニムです。15,000円程でした。

 

ドメスティックブランドとして20年間続いていたようですが、残念ながら2018年10月にブランドが終わってしまいました。

 

いまでこそスキニーデニムはメンズファッションの主流ですが、このスーパースリムデニムはその先駆けといってもいいスキニーデニムです。男らしく尖ったデザインで、ユニクロのスキニーを履く時とは明らかに違う喜びを感じることができます。

 

14.【グラミチ】クライミングパンツ

会社に履いていくパンツとして、グラミチの「ニューナローパンツ タイトフィット」を愛用しています。

 

ユニクロの「EZYスキニーフィット」を仕事用として履いていましたが、もっと動きやすくて、シルエットがきれないパンツを探しているときに見つけたのがニューナローパンツでした。

 

値段も1万円と手頃で、テーパードがきれいにかかったシルエットと、180度開脚が可能なデザインは、まさに仕事着にうってつけです。

関連記事:グラミチ『ニューナローパンツ タイトフィット』は大人に最高の一本

 

15.【vital】グレージョガーパンツ

ノーブランドのジョガーパンツです。6,000円ほどでした。

 

基本的には、夏場以外の部屋着として使っていますが、生地が分厚くて、テーパードが強めにかかったきれいなシルエットなので、普通に外で着る時にも履いています。

 

ジョガーパンツはリラックスした感じを出しながら、足首がシュッとしているので、スキニーデニムのような使いかたができます。少ない服しか持たない人にとって、コーディネートの幅を広げてくれるので、おすすめです。

 

ただ、もし、ジョガーパンツをまだ持っていないのなら、ナイキの「テックフリースジョガーパンツ」がいいです。12,000円と値段は張るのですが、シルエットがとにかくキレイで履き心地もいいです。

 

16.【チャンピオン】短パン

チャンピオンの3,000円ほどの「ショートパンツ」です。夏場の部屋着用と兼用で使っています。

 

夏場は短パンで過ごすことが多いですが、短パンを履くと幼く見えてしまいがちです。そのため、色は黒にしています。

 

上着にTシャツだと少年スタイルになってしまうので、シャツを着たり、トレーナーを着たりするようにしています。

 

また、短パンは、グラミチの「ニューナローショーツ」もおすすめです。シルエットがいいのはもちろんですが、180度開脚できる独自のデザインは、部屋着としてもかなり優秀です。

 

ミニマリストの小物【カバン編】

【ノーブランド】ブラウンレザートートバッグ

かれこれ10年近く愛用しているレザーのトートバッグです。当時は、10,000円で購入したと思います。

 

普段はカバンは持たないので出番は少ないですが、旅行に出かけるときや、どうしても荷物を持たないといけないときに出番がやってきます。

 

10年の月日で革の持ち手は渋くエイジングしており、手に馴染む感覚はカバンを手に取るたびに幸せを感じます。ブランドなんて関係なくて、自分が好きなモノを持つ喜びを教えてくれる私にとって代表的な持ち物です。

関連記事:男性ミニマリストの愛用カバンを紹介【機能性よりも愛着を重視】

 

【トライオン】黒革ブリーフケース

TRIONのブリーフケースです。値段は20,000円ほど。

 

私は普段会社までは手ぶらで徒歩通勤をしているのですが、スーツを着る機会や仕事用でカバンが必要なときのために持っています。

 

最大の特徴は、薄くて軽いことです。

 

ビジネスバッグというと、トゥミみたいな大きなバッグが主流ですが、これだけコンパクトで薄くて軽いバッグだと持っていても全然気になりません。

関連記事:【レビュー】ミニマリストの通勤バッグには軽くて薄いTRIONがおすすめ

 

ミニマリストの小物【帽子編】

【レイライン】黒キャップ

Leylineのキャップです。5,000円と割と高かったです。

 

ですが、シンプルに黒色のデザインん、白字のブランドロゴがクールです。スーパーに買い物に行くときなど、髪の毛を調えるのがめんどうなときにキャップが1つあると、すぐに準備が完了します。

 

また、キャップはNIKEの「ヘリテージ86」もおすすめです。値段も3,000円程と安くて、かぶるだけでスポーティーMIXな格好ができます。

 

【ノーブランド】ハット

迷彩柄のハットです。タイ旅行中に2,000円ほどで購入したものです。

 

普通にデザインがかっこいいので、アウトドアなどのときによく被っています。

 

ぶっちゃけなくても困らないですが、邪魔になるものでもないので、長いこと使っています。

 

ミニマリストの小物【靴編】

【スコッチグレイン】黒プレーントゥ

スコッチグレインの匠シリーズです。35,000円ほどでアウトレットモールで購入。

 

内羽根でプレーントゥという、わりと珍しいデザインで、スタイリッシュに見えるのがお気に入りです。

 

スーツを着る時にしか基本出番はないですが、デニムと合わせることもできます。

関連記事:【レビュー】スコッチグレイン匠の黒プレーントゥをおすすめする理由

 

【ジャラン・スリワヤ】黒コインローファー

ジャランスリワヤの「コインローファー」です。値段は35,000円ほど。

 

単調になりがちなシンプルな服装を一気に小洒落た雰囲気に昇華させてくれるのが、コインローファーです。

 

3万円程度で、シンプルなローファーがなかなか見つからなかったのですが、やっとジャランスリワヤで見つけました。シンプルで、履き心地もいいので最高にお気に入りです。

関連記事:ミニマリストが絶対に欲しい靴はシンプルなローファー。サイズ選びのコツは?

 

【ダナー】黒レインシューズ

ダナーの「ラップトップライト3」。

 

コンバースの「オールスターOX」をずっと愛用していたのですが、履きつぶしてしまったので乗り換え。

 

ラップトップライト3はいわゆるレインシューズという靴で、なんといっても高い防水性が魅力です。ダイビング用のスウェットスーツにも使われる素材でできており、雨の日や水溜りはもはや敵ではありません。

 

デザインもかっこよくて、しかも7,560円と手頃な値段もいい。最高に気に入っています。

関連記事:雨が好きになるスニーカー「ダナーラップトップライト3」を買った感想

 

会社でも違和感のないスニーカーを探しているなら、アディダスのスタンスミスが鉄板におすすめです。

関連記事:スタンスミスがミニマリストのスニーカー選びに鉄板におすすめな理由

 

【スペルガ】白スニーカー

スペルガの「2750」の白色です。

 

4,000円で購入できるわりに、コンバースオールスターのような細身でスタイリッシュなデザインです。

 

キャンバス地のスニーカーで、ほどよくリラックス感があるので、大人の男性がスラックスに合わせたり、デニムに合わせたりすると、いい感じのバランスで履けると思います。

 

ミニマリストの小物【下着編】

【ビトーンズ】ボクサーパンツ

ビトーンズ」のボクサーパンツです。ユニクロのボクサーパンツが1枚500円で買えるのに対して、1枚2,000円と4倍の値段がします。

 

ですが、ボクサーパンツにはお金をかけたほうがいいと思っています。

 

なぜならば、24時間身につける衣服は下着以外にないからです。そのため、好みのデザインを選べば履くだけで毎日テンションが上がり、そして、履き心地に優れていれば言うことはありません。

 

ビトーンズのボクサーパンツはその2つを十二分に満たしており、しかも、クオリティーのわりに2,000円という値段は安いと感じるはずです。もう他のパンツに浮気できなくなりなす。

関連記事:BETONES(ビトーンズ)のボクサーパンツを愛して止まない4つの理由

 

ミニマリストの小物【メガネ編】

【金子眼鏡店】メタルフレームメガネ

4年近く愛用している超お気に入りのメガネ。

 

無骨ながらもスタイリッシュなメタルフレームが男心をくすぐりまくります。

 

金子眼鏡店のメガネは、レンズ代込で5万円前後と高い買い物になりますが、それだけのお金を出す価値が間違いなくあります。

  • デザインがシンプルで使いやすい
  • フィッテイングが素晴らしい
  • とにかく軽くて疲れない
  • おしゃれなメガネケースが付属

 

メガネは家にいる時間はほとんどかけるだけでなく、気分を変えるファッションアイテムにもなります。

関連記事:【レビュー】金子眼鏡店のメガネがコスパ最強の理由。値段はいくら?

 

ミニマリストの小物【腕時計編】

【G-SHOCK】黒ラバーベルト腕時計

腕時計はG-SHOCKの「GW-M5610-1BJF」のラバーベルト1本しか持っていません。

 

むしろ、この1本以外に必要だとも思いません。

 

G-SHOCKは、かなりカジュアルな時計ですが、デザインをオールブラックにすることで、ビジネスでも違和感なく使えます。さらに、本来のアウトドアでも活躍するため、ほぼすべてのシーンで身につけることができます。

関連記事:ミニマリストの腕時計にはG-SHOCK「GW-M5610-1BJF」が最適【レビュー】

 

ミニマリストが少ない服だけで暮らすコツは「兼用化」

少ない服の数で暮らすためには、兼用化という考え方が必要になります。

 

ビジネス用の服も、休日のカジュアルな服も、部屋できる服も、すべて兼用化させることのメリットとして、コスパが抜群に高くなるということがあります。

 

単純な話ですが、服を兼用化して服の数を減らすことで、それだけ同じ服を着る回数が増えます。そうすると、1回あたりの着用コストというのは、どんどん下がっていくことになります。

関連記事:少ない服だけで暮らす3つのメリットを現役ミニマリスト男が紹介

 

1. ビジネス用の服を兼用化する

サラリーマンの方は、ビジネス用の服を揃えるのではなく、休日のファッションにも使える服を選ぶといいです。

 

以下の記事では、お金をかけずに、少ない服でおしゃれなビジネスマンファッションの作り方を紹介しています。

関連記事:

 

2. 部屋着を兼用化する

部屋着についても外で着られる服と兼用化をはかることで、服の枚数を減らすだけでなく、部屋にいても好きな服を着ることができます。

関連記事:一人暮らしミニマリスト男の部屋着の賢い選び方【使い古しはダメ】

 

最後に

20代後半ミニマリスト男が所有するすべての服と小物を紹介しました。

 

愛用品をまとめます。

スーツ セーツセレクト:BLL1751
アウター エディフィス:紺ナイロンジャケット
ナノユニバース:紺テーラードジャケット
シャツ スーツカンパニー:白シャツ
フリークスストア:茶コードゥロイシャツ
トップス フリークスストア:黒スウェット
アダム・エ・ロペ:緑トレーナー
ユニクロ:黒モンクニット
インナー ヘインズ:BEFFY Tシャツ
ヘインズ:BEFFY ロングTシャツ
ボトムス ヌーディージーンズ:テープテッド
ラウンジリザード:スーパースリム
グラミチ:ニューナローパンツ
バイタル:ジョガーパンツ
チャンピオン:ショートパンツ
カバン ノーブランド:レザートートバッグ
トライオン:レザーブリーフケース
帽子 レイライン:黒キャップ
ノーブランド:迷彩柄ハット:
革靴 スコッチグレイン:匠シリーズ
ジャランスリワヤ:コインローファー
スニーカー ダナー:ラップトップライト3
スペルガ:2750
下着 ビトーンズ:ボクサーパンツ
メガネ 金子眼鏡店:vintageシリーズ
腕時計 G-SHOCK:GW-M5610-1BJF

 

服というのはつい欲しくなってしまう魔法がかかっていますが、実際に着る服というのはずっと少ないはずです。

 

自分が本当に気に入っていて、ずっと手元に置いておきたい服だけを厳選することで、毎日服を着ることが楽しくなります。そして、好きな服をたくさん着られるので、服のコスパも高くなります。

 

少ない服で暮らすこと、本当におすすめです。

関連記事:【服の断捨離】ミニマリスト男が教える捨てられない服を捨てる10のコツ

 

以上

毎日使う愛用品

20代後半ミニマリスト男が毎日使っている愛用品

Amazonおすすめ商品

月8万円で暮らす20代後半ミニマリストがAmazonで買ってよかったもの8選

映画・ドラマ・アニメが無料で見放題

映画・ドラマ・アニメを289日間無料で見放題にする方法を紹介。

不用品買取・回収サービス

不用品をまとめて処分できるおすすめの不用品買取・回収サービスまとめ23選

レンタル・シャアリングサービス

持たない暮らしに最適なレンタル・シェアリングサービスまとめ10選
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。