MENU
Kindle本新シリーズ「生きづらい人のためのシリーズ」
生きづらい人のための人生戦略: ゼロから「自分」を作り変える10ステージ

※Kindle Unlimited読み放題対象です

シリーズ第2巻
生きづらい人のためのミニマル戦略: 「考える力」が身につく!ものを手放す4ステップ

※Kindle Unlimited読み放題対象です

シリーズ第3巻
生きづらい人のための貯金戦略: 節約からはじめるお金の不安のなくし方

※Kindle Unlimited読み放題対象です

なにおれ書籍の重版が決定!
31歳、夫婦2人、月13万円で、自分らしく暮らす。:僕たちが見つけた質素で最強の生き方
なにおれムック本を全国の書店で発売中
なにおれ流 少ないものとお金で楽しく暮らす
Kindle本「ミニマリスト式シリーズ」10冊
ミニマリスト式超人生戦略術:敏感な人が会社を辞めてラクに生きていく方法

※Kindle Unlimited読み放題対象です

2024年のなにおれ活動計画
なにおれYouTube
なにおれVoicy
なにおれInstagram
なにおれTwitter
なにおれ楽天ROOM
なにおれ会員限定ニュースレター
Kindle Unlimitedでおすすめの本・漫画50選
なにおれ (32)
naniore
32歳男性。妻と二人でセミリタイア生活中。SNS総フォロワー16万人。商業出版2冊。Kindle本の総レビュー7000件超。新作「生きづらい人のための人生戦略」をKindle Unlimitedで公開中

※2024年度の主な活動:「Voicyを平日毎朝更新」「Kindle本生きづらい人のためのシリーズを2ヶ月に冊後出版」「Instagramストーリーズ毎日更新」「Twitterにも毎日生息」
なにおれ
少ないものとお金で楽しく暮らす
「きっと何者にもなれない俺たちのライフスタイル」を語ったブログ。通称「なにおれ」。

「少ないものとお金でも楽しく暮らす」をコンセプトに情報を発信。

何者にもなれなかった大人たちに、いまよりも心地よく生きていくライフスタイルを提案します。
> 【新作】なにおれ本『生きづらい人のための人生戦略』をKindle Unlimitedで公開中

ミニマリストの腕時計にはG-SHOCK「GW-M5610-1BJF」が最適【レビュー】

実際に使用した商品サービスのみを紹介しています。アフィリエイト広告を含みます。

 

腕時計って服装やシーンによって、ふさわしい・ふさわしくないがあるので、何本も欲しくなりますよね。

 

  • スーツスタイルには金属の腕時計を1本
  • カジュアルな服装には革ベルトの腕時計を1本
  • アウトドア用には防水の腕時計を1本

 

ですが、1本だけであらゆるシーンをカバーできる腕時計があります。

 

それは、G-SHOCKの「GW-M5610-1BJF」という腕時計です。

created by Rinker
G-SHOCK(ジーショック)
¥23,790 (2024/02/26 20:39:03時点 Amazon調べ-詳細)

 

目次

ミニマリストの腕時計はG-SHOCK「GW-M5610-1BJF」が最適

G-HSOCKの「GW-M5610-1BJF」がミニマリストに最適な理由は以下の6つです。

  1. オールブラックのデザインで仕事用の白シャツとも相性がいい
  2. Tシャツ×デニムのカジュアルファッショにも似合う
  3. 防水機能でアウトドアシーンでも活躍する
  4. フルオートLEDで夜間でも使用できる
  5. ソーラー充電で永久に電池交換が必要ない
  6. 15,000円と手頃な値段

 

1. オールブラックで仕事用の白シャツとの相性抜群

仕事用の白シャツに合わせてみました。

 

若干のカジュアルさはありますが、職場でも使えるデザインではないでしょうか。

 

ブラックのラバーバンドにブラックのディスプレイと、黒色でまとまっていて統一感があります。

 

仕事で使う腕時計となると、派手なデザインは好まれないですが、オールブラックの落ち着いたデザインであれば使いやすいです。

 

仕事で身につけるアイテムはブラックで統一にすることで、ラバーの腕時計やスニーカーといったカジュルなアイテムでも、十分に使うことができます。

 

また、仕事用で使うとなると腕時計に傷がつくのが気になりますよね。

 

その点、G-SHOCKは衝撃や振動でも強い設計になっているため、仕事でもガシガシ使えるのはいいところです。さらに、ストップウォッチ機能も付いているので、作業時間を計測できたりと、実用面でも強いです。

 

2. Tシャツ×デニムのシンプルなファッションによく似合う

大人になると、休日のプライベートのファッションは、Tシャツ×デニムなどのシンプルな服装をすることが多くなると思います。

 

そんなシンプルな服装には、男らしいG-SHOCKがよく似合います。

 

また、他にも、きれいめなシャツやマウンテンパーカーなどの服装でも違和感なくハマるので、G-SHOCKの腕時計1本で1年中着こなすことだって可能です。

 

3. 防水機能で水道水で洗えるのでアウトドアでも活躍

アウトドアで腕時計をつけているとけっこう汚れますよね。

 

  • キャンプで泥がついた!
  • 釣りで魚くさくなった!
  • 突然の雨で濡れてしまった!

 

そんな時でも安心です。

 

この時計は、WATER RESISIT 20BAR仕様で、「水泳、サーフィン、スキンダイブング」などでも使用できます。

そのため、水道水の蛇口でばしゃばしゃ洗うこともできます。

 

また、プールにそのままつけて入れるので、スポーツジムで水泳に通っている人になんかにもおすすめですね。

 

4. フルオートLEDライトで夜間の使用も快適

腕を傾けるだけでディスプレイにLEDライトが点きます。

 

地味ですが、この機能はめちゃくちゃ便利です。

 

仕事からの帰り道や、夜のランニングで時間を確認したいときに、腕を傾けるだけで”スッ”と時間を確認できます。

 

ランニングやスポーツをしている時にはスマホは邪魔になるので、腕時計だけで時間が確認できて、しかも、ストップウォッチの機能もあり、スポーツシーンにももってこいです。

 

5. ソーラー充電で永久的に電池交換の必要がない

極めつけは、電波ソーラー充電仕様なので、電池の入れ替えも必要なく、普通に身に着けていれば勝手に充電してくれます。

 

つまり、永久に電池交換の必要がありません。

 

デジタル腕時計って、気がつくと電池が切れていて時計屋に電池交換をしてもらう必要があります。その分、手間もお金だってかかります。だからといって、手巻きの上で時計はめんどくさい。

 

その点、腕時計をつけて普通に過ごしているだけで充電してくれるので、電池交換のストレスから解放されます。

 

このメリットは大きいです。

 

6. 15,000円と手頃な値段で購入できる

「仕事、カジュアル、アウトドア、スポーツ」など、あらゆるシーンで活躍するだけでなく、永久に電池交換の必要もない。

 

ファッショナブルで実用性に優れたG-SHOCK「GW-M5610-1BJF」ですが、お値段は15,000円です。

 

「やっすうぅぅう!」

 

下手に壊れやすい安い腕時計を買ったり、高級腕時計を買うよりも汎用性が高いので、ほとんどの人におすすめできる商品

created by Rinker
G-SHOCK(ジーショック)
¥23,790 (2024/02/26 20:39:03時点 Amazon調べ-詳細)

 

最後に

ミニマリストの腕時計選びにはG-SHOCKGW-M5610-1BJFが最適、という紹介でした。

 

当記事をまとめます。

  • 仕事用の白シャツと相性がいい
  • シンプルなカジュアルファッションによく似合う
  • 防水機能付きで汚れても水道水で洗える
  • 夜道で腕を傾けるだけでLEDライトが点灯する
  • ソーラー充電で永久に電池交換の必要がない
  • それでいて15,000円という手頃な価格

 

デザインも飽きのこないシンプルなデザインで、頑丈さもG-SHOCKなので申し分ありません。

 

本当に長くずっと使えるので、それだけ愛着だって湧きます。

 

大好きG-SHOCK。

created by Rinker
G-SHOCK(ジーショック)
¥23,790 (2024/02/26 20:39:03時点 Amazon調べ-詳細)

 

少ない服で、お金をかけないファッションについては、他の記事でも紹介しているのご参考ください。

関連記事:

 

以上

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

なにおれKindle本「生きづらい人のためのシリーズ」を公開中

本書は、「生きづらさを抱える人が、生きづらさから抜け出し、最後には自分だけの生きる意味を見出すまでの道のり」を、全10のステージで解説しています。

いってしまえば、"生きづらい人に特化した超実践的な生き方の指南書" です。

運営者

生きづらさからの脱却の実践家。妻と二人で月13万円で質素に暮らす32歳。SNS総フォロワー16万人。商業出版2冊。Kindle本10冊「ミニマリスト式シリーズ」の総レビュー7000件超。新作「生きづらい人のための人生戦略」をKindle Unlimitedで公開中

目次