2019.08.03

ビジネスマンのベルト選びは太さが重要!1万円で買えるおすすめのベルト

 

「なぜかわからないけど、あの人のスーツの着こなしってかっこいいよなあ」

 

そんなふうに思うときってありますよね。

 

それ、実はベルトのおかげだったりします。

 

意外と軽視されがちなベルトですが、スーツやビジネスカジュアルをかっこよく着こなすためにはベルト選びは超重要です。

 

当記事では、おしゃれになりたいビジネスマンの方に向けて、ベルトの選びのコツと1万円で買えるおすすめのベルトを紹介します。

 

ビジネスマンのベルト選びは「太さ」が重要

ベルトとは、ズボンがズリ落ちるのを防ぐだけのものではなくて、胴体と下半身つないで全身のバランスを整える超重要なファッションアイテムです。

 

そんなおしゃれになるために重要なベルトですが、選び方にコツがあります。

 

それは、幅35mmの太さのベルトを選ぶことです。

 

ベルトの幅は、50mm、35mm、30mmの3つが主流ですが、圧倒的に35mmがおすすめになります。

 

50mmは明らかに太すぎでおじさんっぽくなります。だからといって、30mmは細すぎてビジネスシーンには不向きな印象です。

 

その点、35mmは太すぎず、細すぎずのスタイリッシュな太さになります。

腰回りがスッキリとみえると思いませんか?

 

1万円で買えるビジネスマンにおすすめのベルト

「ベルトの選び方は分かったけど、どれも同じに見えるんだよなあ」

 

そんな人には、predinino (プレディビーノ) の「クロコ型押しレザーベルト」が超おすすめ。値段は1万円です。

 

predibino」とは、イタリアミラノの郊外にあるファクトリーで生産されるフルハンドメイドのオリジナルベルトで、Dolce&Gabbana 向けのOEMもこなす実力のあるファクトリーです。

 

1. イタリア製の本革は使うほどに馴染んでいく

ベルトは安いものだと1,000円からでも購入できますが、本革ベルトを選びましょう。

 

本革は使用経過により、革がボロボロになりません。むしろ、使い込めば使い込むほどに、革が柔らかく体のラインに馴染んでいきます。

 

predibinoのベルトは、イタリア製の本革を使用しており、とにかく頑丈で、使うほどに色気が出てくるとさえ感じます。

 

実際、私は5年近くpredibinoのベルトを愛用していますが、革は全くボロボロになっていません。また、使うほどにクタクタになってしまうこともなく、程よい柔らかさが絶妙に体にフィットします。

ステッチの白字もおしゃれですね。

 

着用しているときは裏側で見えませんが、細部にこだわっている感じがブランド品のいいところです。

 

2. バックルもイタリア製のこだわりが魅力

バックルもイタリア製のこだわりっぷりです。

 

数千円で買えるようなベルトは、バックルにまでコストを余裕がないので、どこか安っぽくなってしまいます。

 

しかし、predibinoのベルトは、革もバックルもイタリア製で統一されており、見た目から高級感が伝わってきます。

 

3. 細かいクロコ型押しが最高におしゃれ

シンプルな真っ黒のベルトを選ぶ方が多いですが、型押しといって柄が入っているデザインを選ぶとおしゃれにみえます。

 

とはいえ、派手なデザインはビジネスの場には向きません。

うっすらと見える程度のクロコ型押しベストを選ぶのがおすすめです。

 

ビジネス用にクロコ柄はちょっと…」と躊躇するかもしれませんが、predibiのベルトは細かい型押しでほとんど目立ちません。近くで見ると、「おっ、クロコ柄だな」ってわかるレベルのものです。

 

仕事着はシャツやスラックスがシンプルになりやすいので、ベルトに遊び心を入れるだけで一気にこなれた感を醸しだせますよ。

 

4. 幅35mmのカーブベルトが体のラインを綺麗に見せる

35mmのカーブベルトになっています。

 

3,000円程度で買えるベルトは真っ直ぐのストレートなのですが、カーブベルトとは、名前の通り、ベルトがカーブ字になっています。

 

カーブベルトを選ぶメリットは3つあります。

  • ウエスト周りがすっきり見える
  • フィット感がある
  • 着生時にベルトの浮き上がりがない

 

つまり、カーブベルトを選ぶことで、ウエスト周りをスッキリとみせることができます。

 

カーブベルトはフルハンドメイドだからこそできる代物で、predibinoの強みでもあります。

 

5. 1万円と手頃な値段で購入できる

イタリア製の本革とバックル、クロコ柄の型押し、フルハンドメイドのカーブベルト。

 

これだけのこだわりがつまったベルトを1万円で購入することができます。

 

ベルトで1万円はちょっと高いな・・・」と感じるかもしれませんが、本革のベルトが一本あれば余裕で何年も使えるので、安物は選ばないほうが絶対にいいです。

 

長い目でみれば、ベルトに1万円だすのはとても合理的な選択ですよ。

 

最後に

ビジネスマンのおすすめのベルトを紹介しました。

 

当記事をまとめます。

  • ベルト選びは、ウエストがスッキリみえる幅35mmを選ぶのがおすすめ
  • 1万円で購入できるベルトでは、predibinoが圧倒的におすすめ
  • イタリア製の本革とバックル、クロコ型押し、35mmのカーブベルトで1万円
 

 

predinino (プレディビーノ) の「クロコ型押しレザーベルト」は1万円で買えるベルトの中では、とにかくおすすめの商品です。

 

仕事用のベルトは、この一本だけを持っていれば、他に買い増しは全く必要ありません。10年でも愛用できる最強の相棒になります。

 

低予算でおしゃれになりたいサラリーマンの方は、他記事もご参考ください。

関連記事:

 

以上

毎日使う愛用品

20代後半ミニマリスト男が毎日使っている愛用品

Amazonおすすめ商品

月8万円で暮らす20代後半ミニマリストがAmazonで買ってよかったもの8選

映画・ドラマ・アニメが無料で見放題

映画・ドラマ・アニメを289日間無料で見放題にする方法を紹介。

不用品買取・回収サービス

不用品をまとめて処分できるおすすめの不用品買取・回収サービスまとめ23選

レンタル・シャアリングサービス

持たない暮らしに最適なレンタル・シェアリングサービスまとめ10選
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。