MENU
プロフィール
れもん(29)
20代後半の倹約家サラリーマン。月6万円の生活費で一人暮らしをしています。

社会人4年目に苦手な営業から転職したことをきっかけに、自分にとって理想の暮らしを真剣に考えることに。

現在は、生活コストを徹底的に抑え、本業×副業でお金を稼ぎ、余剰資金を米国高配当株ETFに投資に回すことで、経済的な自由を目指しています。
サイト情報
なにおれ
きっと何者にもなれない俺たちのライフスタイル。通称「なにおれ」。

ミニマリズムをベースに、少ないお金でも楽しく暮らす方法について発信しています。

何者にもなれなかった大人たちに、ゆるく気楽に生きていくライフスタイルを提案。
【11/27~12/1】Amazonブラックフライデー&サイバーマンデー開催中!ミニマリストがほしいアイテム6選

【節約の必須環境】楽天経済圏で暮らす3つのメリットとポイント還元率20%の達成方法

こんにちは、なにおれ (@lemologue) です。

私は月8万円で一人暮らしをしている20代後半の倹約家ミニマリストです。

『少ないものとお金でも楽しく暮らす』

当ブログではこのテーマで情報を発信していますが、その中でも絶対に生活環境として整えたいことがあります。

それが、楽天経済圏で暮らすことです。

楽天経済圏とは、「楽天が展開するサービスに消費活動を集約すること」をいいます。

普段暮らしで使っているサービスを楽天に集約することで、節約には絶大な効果を発揮します。

  • 節約しているつもりだけどお金が貯まらない…
  • 楽天経済圏ってよく聞くけどよくわからない…
  • とにかくお金を貯めたいだ!

当記事では、そんな方たちに向けて、楽天経済圏で暮らすメリットと具体的な方法を解説します。

目次

楽天経済圏で暮らすメリット

楽天経済圏で暮らすメリット (節約になる理由) は3つあります。

  1. 高ポイント還元率で実質ものが安くなる
  2. 貯まったポイントは無駄なく使える
  3. 衝動的な買い物の抑止力になる

高ポイント還元率で実質ものが安くなる

詳しくは後述しますが、楽天サービスを利用するなどによって、楽天市場での買い物のポイント還元率が高くなります。

どのくらいポイント還元率が高くなるかというと、「最低でも10%、場合によっては20%」も全然ありえます。

高還元率のクレジットカードでもせいぜい2%なので、その差は歴然。

たとえば、50,000円で家電製品を購入したとしましょう。

家電量販店で現金購入すれば、当然ポイントはつきません。還元率2%のクレジットカードで支払えば、1,000円のポイントバック。

それが、還元率20%の状態で楽天市場で購入すれば、なんと10,000円のポイントバックになります。

圧倒的ですよね。

これは、実質的に20%OFFでものを購入しているのと同じです。

つまり、楽天経済圏で暮らしている人とそうでない人で、ものの値段が変わるともいえます。

楽天経済圏で暮らす最大のメリットは、この高ポイント還元率にあります。

貯まったポイントは無駄なく使える

続いて、ふたつめのメリット。

それは、貯まったポイントが無駄なく使えることです。

普通、クレジットカードのポイントだと、マイルやVISAカードにすることが多いと思います。

すると、どうしても使用用途が贅沢遣いになってしまいます。

旅行とか、デパートで買い物とか。

ところが、楽天経済圏で貯まるポイントは、あらゆる楽天サービスで利用できる楽天ポイントです。

  • 楽天市場で、食料品や日用品を購入する
  • 楽天でんきの電気代の支払いに使う
  • 楽天モバイルのスマホ代の支払いに使う
  • 楽天ビューティの美容院に使う
  • 楽天証券でポイント投資をする
  • 楽天ふるさと納税に寄付する

このように、生活に絶対必要な支出にも充てることができます。

この無駄にならないポイント使いが節約には効果大です。

衝動的な買い物の抑止力になる

直接的な節約ではありませんが、このメリットも大きいです。

それは、衝動的な買い物の抑止力になるということ。

たとえば、暇だったから街でウインドーショッピングをしていたとしましょう。そして、たまたま入ったセレクトショップで、気になった服を見つけたとします。

普通であれば衝動的に買ってしまうこともあると思います。

しかし、楽天経済圏で暮らしていると、「楽天市場で買ったほうがポイントがつくしなあ」と、一瞬冷静になることができます。

このワンクッションは、買い物で失敗しないコツでもあります。

一度家に帰って冷静になると、「結局いらなかった」ということはよくあります。

買い物をする場所は楽天市場になるので、この街での買い物の抑止力になる効果は大きいですよ。

楽天経済圏でポイント還元率20%を達成する方法

「では、どうやってポイント10~20%を達成するのか?」

具体的に順を追って解説します。

まず、楽天市場でのポイントUPの種類は4つあります。

ポイント種類還元率
通常ポイント1%
SPU (Super Point Up)最大+14%
各ショップの個別設定ポイント最大+19%
ショップ買いまわりポイント最大+9%

「通常ポイント + SPU」だけでも、無駄にお金を使うことなくポイント還元率8%までいけます。

プラス、「ショップ個別設定のポイントアップ」と「定期的に実施されるショップ買いまわりキャンペーン」の利用で、10%は超えます。

再現性はかなり高いので、ぜひ最後までご覧ください。

SPU

まずは、SPU (Super Point Up) について。

いわゆる、楽天サービスを利用することでポイントアップする仕組みです。

最大+14%になりますが、ポイント還元率をUPするために無駄遣いをしていたら本末転倒です。

そのため、無駄のないサービスだけを利用してポイントUPを目指します。

利用する楽天サービスはこちら。

楽天カードの利用【 +2%】

楽天カードを利用して楽天市場の商品を購入すれば、ポイントが2倍。

楽天カードは完全無料で利用できるだけでなく、初回入会キャンペーンで5,000~9,000円分のポイントがもらえます。

登録して絶対に損のないクレジットカードです。

楽天ゴールドカードといった上位版カードの場合、ポイントが+2%→+4%になりますが、年会費が2,200円かかります。

単純にポイント還元率10%で、年間22万円以上楽天市場で買い物をするなら、ゴールドカードがお得です。

ただし、節約志向の一人暮らしであれば、通常の楽天カードでいいと思います。

楽天銀行 【 +1%】

楽天カードの引き落とし口座を「楽天銀行」に設定しておくことで、楽天市場での買い物すべてがポイント1倍

楽天銀行口座を開設して、楽天カードの引き落とし先に設定するだけ。

それだけでポイント還元率が1%UPします。

楽天銀行はネットバンクなので、ネット上で送金などができるので使い勝手がいいです。

また、預金額などによって会員ステージがアップし、ATM利用手数料の無料回数が増えたり、他行への振込手数料無料回数が増えたりします。

楽天経済圏への移行をきっかけに、預金は楽天銀行の一本化がおすすめです。

楽天証券【+1%】

楽天証券」でポイント投資500円以上することで、同じ月の楽天市場での買い物がすべてポイント1倍。

楽天証券口座を開設しましょう。

もちろん、開設や利用料は完全無料です。

ポイントを絡めて月500円分以上の投資信託に投資する必要があります。

おすすめは、つみたてNISAを自動積立すること。

年間上限が40万円なので、できる人は月3.3万円を積み立て投資して、そのうち100円分とかをポイントで投資すればOK。

「どんな銘柄を選んでいいかわからない!」

という人は、全世界、もしくは、米国の指数に連動したインデックスファンドがおすすめ。

こちらの記事で、具体的な銘柄も解説しているので参考にしてください

楽天モバイル【 +1%】

楽天モバイル」の 通話SIMを契約中は、楽天市場の商品すべてがポイント1倍。

スマホ回線は、楽天モバイルの「楽天UN-LIMIT」に乗り換えましょう。

月額2,980円で、楽天回線エリア内なら高速通信が使い放題、エリア外でも1Mbpsの速度で使い放題です。楽天アプリを使えば電話も完全無料。

最強ですね。

エリア外の通信でも、480pのYouTube動画やAmazon Primeで映画も普通に見られます。

人によってはWiFiも解約してしまってOK。

通信費の節約という側面でも、楽天モバイルへの乗り換えは限りなく正解です。

楽天市場アプリ【+0.5%】

楽天市場アプリ」で買い物すればポイント0.5倍。

楽天市場での買い物は、ブラウザではなく、楽天アプリから購入しましょう。

楽天アプリから購入するだけでポイントアップします。

ただ、アプリで買い物はしにくいので、「ブラウザで買い物かごに商品まで入れておいて、購入のときだけアプリ」という方法がおすすめです。

楽天ブックス・楽天kobo【+0.5%】

楽天ブックスか、楽天Koboで当月1,000円以上の買い物で、楽天市場での買い物が+0.5倍。

本の買い物は楽天ブックスでしましょう。

本は書店で買おうがAmazonで買おうが同じ値段です。

そのため、本を買うなら楽天ブックスの利用に集約するといいです。

もし、Amazonの電子書籍端末であるKindleを持っておらず、電子書籍に興味がある方は、楽天koboの利用を考えてもいいと思います。

楽天koboで電子書籍を買っても、+0.5%がつきます。

楽天ビューティ【+1%】

楽天ビューティでの月1回1,500円以上の利用で、楽天市場の買い物が+1倍。

ホットペッパーを利用していた人は、楽天ビューティでの予約に変更しましょう。

美容院には毎月行かないという人は、「美容院に行く月で楽天市場で買い物をする」というルールもいいと思います。

無理に美容院に行ってお金を使うのは本末転倒です。

あくまで、必要な支出として使うことと楽天経済圏を絡めるべきです。

キャンペーン

続いては、キャンペーンについて。

SPUと同じくらいポイント還元率UPに重要になります。

参加するキャンペーンは2つです。

  1. 買い回りキャンペーン
  2. 5と0がつく日キャンペーン

結論からいえば、買い回りキャンペーンが開催されている5か0がつく日にまとめ買いをする。

この作戦が鉄板中の鉄板です。

※キャンペーンの注意点として、事前エントリーが必須になるので、忘れないようにすること

買い回りキャンペーン

1~2ヵ月置きに定期的に発生する「買い回りキャンペーン」。

通称、楽天お買い物マラソン。

お買い物マラソンとは、1,000円以上 (税込 ) 購入したショップの数がそのままポイント倍率になるキャンペーンです。

たとえば、1店舗1,000円以上の買い物をすれば+1%、2店舗なら+2%、最大10店舗で+10%といった感じ。

そのため、パラパラと買い物をするのではなく、キャンペーン中に食料品や日用品などをまとめ買いすることで、ポイント還元率を大きくアップできます。

本も対象になるので、違うショップで本10冊とかでもOK。

あとは、金額の大きいふるさと納税も対象になるため、同じタイミングで寄付すると効率的です。

この買い物マラソンは、通常10日前後の期間で実施されているため、次に紹介する「5と0がつく日キャンペーン」と絡めるようにしましょう。

5と0がつく日キャンペーン

続いては、「5と0がつく日キャンペーン」。

5と0がつく日キャンペーンとは、楽天カード使用によるポイントが2%→5%になるキャンペーンです。

事前エントリーが必要ですが、5と0がつく日に買い物するだけで+3%になります。

お買い物マラソンは10日前後開催され、最低でも1日は5か0のつく日があります。

その日にまとめて買い物することで、最大限ポイント還元率をUPできます。

ポイント個別設定店舗

3つのポイントアップの種類。

それは、ポイント個別設定店舗での購入です。

楽天市場では、同じ商品であっても、販売している店舗によって個別ポイントを設定している場合があります。

つまり、同じ商品でもポイント還元率が高い店舗で購入すれば、それだけポイントアップするということ。

楽天市場の商品ページにポイント還元率が表記されているため、簡単にわかります。

店舗によっては+10%とかもあるので、ポイント還元率も含めて購入する店舗を決めるといいです。

ただし、ポイント還元率が高いからといって、商品自体の値段が高かったり、送料が多くかかっていたりしては意味がありません。

少し手間ですが、「商品価格 + 送料 – ポイント還元」の計算で、最も安く買える店舗を探すと節約になります。

各種イベント

最後、4つめのポイントアップ種類。

完全に運要素になりますが、たまにポイント還元のイベントが発生することがあります。

たとえば、「バルセロナFCの試合があった日に勝てば +〇%」みたいな感じ。

買い物時にたまたまバルセロナの試合などがあると、ポイント還元率がアップします。

自分ではコントロールできないため、これはあまり気にしなくていいです。

「イベントがあればラッキー♪」くらいに思っておきましょう。

ひとつ注意があるとしたら、事前エントリーが必須なこと。

楽天市場で買い物をするには忘れずにエントリーしておきましょう。

楽天のキャンペーンやイベントは、ほぼすべて事前エントリーが必須なので、とりあえず片っ端からエントリーしておけばいいです。

メールがたくさん届くくらいの被害です。

まとめ

楽天経済圏で暮らすメリットとポイント還元率をアップする方法を紹介しました。

メリットは3つあります。

  1. 高ポイント還元率のおかげで、実質的な値引きになる
  2. 貯まったポイントは電気代やスマホ代の支払いなどに使える
  3. 楽天市場での買い物が当たり前になると、街での衝動買いが減る

ポイント還元率アップのための方法はこちら。

  • 楽天カードを発行する:+2%
  • 楽天銀行」を開設する:+1%
  • 楽天証券」で投資信託にポイント投資する:+1%
  • 楽天モバイル」の楽天UN-LIMITに乗り換える:+1%
  • 楽天ブックス」で本を買う:+0.5%
  • 楽天ビューティで美容院を利用する:+1%
  • 「楽天アプリ」で買い物を決済する:+0.5%
  • お買い物マラソン期間中の5か0のつく日にまとめ買いする:+3~13%
  • ポイント還元率の高いショップで買い物する:~+19%
  • 買い物をする前にはイベントにエントリーする:+1%~

楽天サービスを利用することで、5~8%ほど。加えて、そこにキャンペーンでのまとめ買いで5~10%ほど。

ポイント還元率の高い店舗があれば、さらにポイントアップです。

全てを達成していなくても、ポイント還元率10~20%は簡単にいくはずです。

お米や日用品ふるさと納税、美容院などをある月にまとめて利用すれば、1万円とかは普通に使うはずです。

その20%だとすると、2,000円分の楽天ポイントを獲得できます。

獲得したポイントは、楽天モバイルのスマホ代、楽天ビューティーの美容院代、楽天でんきの電気代の支払いに充てることで、毎月の生活費を下げることができます。

これが楽天経済圏です。

節約環境を作るには、もはや必須だと思います。

楽天サービスに移行したりするのはめんどくさいですが、手間がかかるのは最初の1回だけです。

重い腰を上げて頑張りましょう!

楽天経済圏では暮らすには、まずはなんといっても、「楽天カードの発行が最優先。

楽天カードは完全無料で発行できて、しかも、新規入会で5,000~9,000円分のポイントまでもらえる神カードです。

発行しないほうが損ですよ。

以上

よかったらシェアしてね!

ミニマリスト男の厳選愛用品

20代後半のミニマリスト男が毎日使っているコスパ抜群の愛用品たちを紹介。

不用品買取おすすめサービス23選

「断捨離で出てきた不用品を少しでも高く買い取ってほしい!」

そんな方におすすめの買い取りサービスをまとめました。

運営者

20代後半の倹約家サラリーマン。月8万円の生活費で一人暮らしをしています。社会人4年目に苦手な営業から転職したことをきっかけに、自分にとって理想の暮らしを真剣に考えることに。現在は、生活コストを徹底的に抑え、本業×副業でお金を稼ぎ、余剰資金を米国高配当株ETFに投資に回すことで、経済的な自由を目指しています。

コメント

コメントする

目次
閉じる