2019.07.28

楽天経済圏で暮らすメリット!ポイント還元率10%で年間〇〇万円の節約

 

「Amazonか楽天、どちらを使うべき?」

 

この疑問については、一長一短としかいいようがありません。

  • Amazon:欲しいものが探しやすく、配送が早い
  • 楽天    :欲しいものが探しずらいが、ポイント還元率が高い

 

つまり、少しでも快適に買い物をしたい人は「Amazon」、少しでも安く買い物をしたい人は「楽天」ということになります。

 

楽天では、楽天市場での買い物のポイント還元率を10%超まで引き上げることが可能なので、実質的に大きな節約ができます。

 

この楽天ポイントを駆使して節約することを、「楽天経済圏で暮らす」といいます。

 

当記事では、少しでも節約して貯金したい人に向けて、楽天経済圏で賢く暮らすためのコツを紹介します。

 

楽天経済圏で暮らすことのメリットとは?

「楽天経済圏で暮らす」ということについて、もう少し説明します。

 

要するに、「楽天が展開するサービスに消費活動を集約することで、楽天サービスの通貨である楽天ポイントを稼ぐこと」をいいます。

 

楽天サービスを利用するごとに、楽天市場でのポイント還元率がアップする仕組みとなっており、無理なくポイント還元率10%を達成することができます。

 

いかに、主な楽天サービスを並べてみました。

  • 楽天市場
  • 楽天Edy
  • 楽天カード
  • 楽天銀行
  • 楽天証券
  • 楽天ペイ
  • ラクマ
  • 楽天ふるさと納税
  • 楽天トラベル
  • 楽天ブックス
  • 楽天モバイル
  • 楽天でんき

 

大手通販サイトである楽天市場をはじめ、銀行、証券会社、旅行、本、美容院、モバイルなど、生活のあらゆるシーンのサービスを展開していますね。

 

そのため、稼いだ楽天ポイントは、楽天市場で買い物に使えたり、楽天ビューティーで美容院代に使えるたりと、無駄なく節約につながるというわけです。

 

では、ポイント還元率10%の場合、楽天市場での買い物で、どのくらいの楽天ポイントを稼げるかシュミレーションしてみます。

年間利用金額 還元率1% 還元率10%
10万円 0.1万円 1万円
20万円 0.2万円 2万円
30万円 0.3万円 3万円
40万円 0.4万円 4万円
50万円 0.5万円 5万円

 

ご覧の通り、ポイント還元率1%と10%とでは、楽天市場での買い物金額が大きくなればなるほど、獲得できるポイントは加速度的に増えていきます。

 

よって、生活に絶対に必要な食料品や水、あとは日用品などを楽天市場で買うようにすれば、効率的にポイントを稼ぐことができます。

 

楽天経済圏でポイント還元率10%を達成する方法を解説

ポイント還元率をアップする戦略は、通常ポイント (楽天市場で買い物をすれば100円=1ポイントが貯まる) をベースに、ポイント上乗せシステムを最大限活かすことになります。

 

楽天ポイント上乗せのシステムとは、簡単にいうと以下の通りです。

ポイント種類 還元率
通常ポイント 1%
SPU (Super Point Up) 最大+14%
各ショップの個別設定ポイント 最大+19%
ショップ買いまわりポイント 最大+9%

 

後ほど説明しますが、「通常ポイント + SPU」だけでも、無駄にお金を使うこともなくポイント還元率8%前後までいけます。

 

加えて、ショップ個別設定のポイントアップや、定期的に実施されるショップ買いまわりキャンペーン (通称:買い物マラソン) を利用することで、常時10%は余裕で超えることになります。

 

1. SPUでポイント還元率をアップする方法

1-1. 楽天カードの利用【 +2倍】

楽天カードを利用して楽天市場の商品を購入すれば、ポイントが2倍。

 

楽天カードは完全無料で利用できるだけでなく、初回入会キャンペーンで5,000~9,000円分のポイントがもらえるため、登録して絶対に損のないクレジットカードになります。

 

楽天プレミアムカード」または、「楽天ゴールドカードといった上位版カードの場合、ポイントが2倍→4倍になりますが、年会費がかかってくるため、あまり散財をしない倹約家は、通常の楽天カードのほうがいいです。

1-2. 楽天銀行 【 +1倍】

楽天カードの引き落とし口座を「楽天銀行」に設定しておくことで、楽天市場での買い物すべてがポイント1倍

 

楽天銀行への預け入れ額などで会員ステージがアップするので、ネット銀行はすべて楽天銀行に集約したほうが便利です。それに、残高の管理もしやすくなると思います。

 

出典:楽天銀行ホームページ

 

1-3. 楽天証券【+1倍】

「楽天証券」でポイント投資500円以上することで、同じ月の楽天市場での買い物がすべてポイント1倍。

 

楽天証券を開設して、「楽天VTI」に毎月ポイント投資するのがおすすめです。

 

楽天VTIとは、全米株式にインデックス投資するETFをそのまま買い付けている投資信託になります。

 

つまり、経済成長が顕著な米国市場の企業に満遍なく分散投資している金融商品を、手数料など激安で買い付けている、みたいな感じです。

 

楽天証券では、NISA・つみたてNISAも含めて、投資信託を楽天カードで決済すると、年間60万円 (5万円/月) の投資までポイントが1%がつきます。

 

そのため、「つみたてNISA」の年間40万円の上限に合わせて、毎月3.3万円を積み立てれば、毎月330ポイントをもらえます。あとは、残りの170ポイントと合わせて「楽天VTI」に毎月500ポイント投資すれば、この条件は毎月達成できます。

関連記事:将来が不安なサラリーマンはつみたてNISAで月3.3万円投資すればいい

 

1-4. 楽天モバイル【 +2倍】

楽天モバイル」の 通話SIMを契約中は、楽天市場の商品すべてがポイント2倍。

 

格安SIMは、楽天モバイルに乗り換えましょう。

 

「スーパーホーダイS」は月額1,600円で、10分の電話無料と2GBの高速通信、そして低速モードでも最大1Mbpsが出る高コスパの格安SIMです。

 

他社の格安SIMが300Kbpsとかに比べて、低速モードでも普通にYouTubeやAmazon Primeも見られるので、状況によっては、WiFiも不要になります。

 

私の一人暮らしのネット環境は、楽天モバイルだけなので、毎月の通信費は2,000円以下です。

関連記事:【口コミ】楽天モバイル「スーパーホーダイS」を半年間使った感想

 

1-5. 楽天市場アプリ【+0.5倍】

楽天市場アプリで買い物すればポイント0.5倍。

 

楽天市場での買い物は楽天アプリから購入しましょう。

 

楽天市場での買い物をブラウザからでなく、アプリから購入するだけです。

 

ただ、アプリは使いにくい部分もあるので、ブラウザで買い物かごに商品を入れておいて、購入のときだけアプリで行うほうが使いやすいと思います。

 

1-6. 楽天ブックス・楽天kobo【+1倍】

楽天ブックスまたは、「楽天kobo」で当月2,000円以上の買い物で、楽天市場での買い物が+1倍。

 

紙の本の買い物は楽天ブックスでしましょう。

 

Amazonの電子書籍端末であるKindleを持っておらず、電子書籍に興味がある方は、楽天koboの利用を考えてもいいと思います。

 

本は書店で買おうが、Amazonで買おうが同じ値段なので、ポイント還元率アップとポイント獲得のために楽天ブックスの利用に集約するといいです。

 

購入した本をメルカリで販売すれば、実際の支払額はだいぶ抑えることができます。私もよくこの戦略をとっています。

関連記事:本を安く買うためのシンプルな方法【新刊本でも半額になる!?】

 

1-7. 楽天ビューティ【+1倍】

「楽天ビューティ」での月1回のネット予約 & 来店で、楽天市場の買い物が+1倍。

 

これまでホットペッパーを利用していた方は、楽天ビューティでの予約に変更しましょう。

 

ただ、今の時代、1,000円カットでも十分おしゃれにヘアカットしてもらえるので、毎月の支出をさらに抑えたい人は、1,000円カットのほうがいいかもしれません。

 

いくらポイントが稼げたとしても、節約への道はキャッシュアウトを減らすことが最重要です。

関連記事:1000円カットで美容院代を節約!格安カットでもおしゃれになれる方法

 

2. 買い物マラソンでポイント還元率をアップする方法

2-1. 買い物マラソン

定期的に発生する「買い物マラソンキャンペーン」にて、日用品などの生活必需品をまとめて購入することで、ポイント還元率を大きくアップすることができます。

 

「買い物マラソン」とは、1,000円以上 (税込 ) 購入したショップの数がそのままポイント倍率になります。

 

具体的には、1店舗1,000円以上の買い物をすれば+1%、2店舗なら+2%、最大10店舗で+10%といった感じです。

 

また、この買い物マラソンは、通常10日前後の期間で実施されており、ほかのキャンペーンと合わせることでさらにポイント還元率がアップできます。

 

2-2. 5と0がつく日キャンペーン

楽天市場では、「5と0がつく日には、事前のキャンペーンエントリーにより、楽天カード使用によるポイントが2倍→5倍になるキャンペーン」というものがあります。

 

つまり、楽天市場での買い物は、買い物マラソンが実施されている期間中の「0か5がつく日」にまとめ買いすることで、ポイント還元率が大幅にアップできるということです。

 

日用品のまとめ買いや楽天ふるさと納税を買い物マラソンのタイミングですることで、簡単にポイント還元率アップができ、さらに、利用金額も大きくなるので、稼げるポイントも多くなります。

関連記事:楽天ふるさと納税を利用して無駄なく節約する方法【一人暮らし必見】

 

3. ポイント個別設定店舗の買い物でポイント還元率をアップする方法

楽天市場では、同じ商品であっても、店舗によって個別ポイントを設定している場合があります。

 

楽天市場の商品ページにポイント還元率が表記されているため、同じ商品でもポイント還元率が高い店舗で購入すれば、さらにポイント還元率がアップします。

 

ただし、いくらポイント還元率が高いからといって、商品自体の値段が高かったり、送料が余分にかかっていては意味がありません。

 

どちらが安くなるかは計算して、最も安く買える店舗を探しましょう。

 

4. 各種イベントでポイント還元率をアップする方法

完全に運要素になりますが、バルセロナFCの試合があった日に勝てば +〇%といったイベントが発生する場合があります。

 

自分ではコントロールできないですが、買い物時にたまたまバルセロナの試合などがあると、ポイント還元率がアップします。

 

ただし、事前エントリーが必須なので、楽天市場で買い物するには、まずはイベントがあるか確実に確認してからにしましょう。

 

楽天経済圏で暮らすには楽天カードの利用が必須

楽天カードの利用は、楽天経済圏で暮らすためのチケットみたいなものです。

 

楽天ゴールドカードは、楽天市場でのポイント還元率が4%と、通常の楽天カードの2%よりも高く設定されていますが、年会費が2,000円かかります。

 

そのため、単純計算で年間10万円以上を楽天市場で買い物をするなら、ゴールドカードのほうがコスパがよくなります。

 

ここは、ご自身の生活レベルと相談して、どちらのカードがいいかをご検討ください。

 

楽天カードは完全無料で利用できるのですが、新入会時には5,000~9,000円分のポイントがもらえるので、発行しないほうが損をしています。

 

最後に

楽天経済圏で暮らすことのメリットを紹介しました。

 

当記事をまとめます。

  • 節約生活を極めたいなら、「Amazon」よりも「楽天」のほうが向いている
  • 楽天では条件さえ揃えれば、常時ポイント還元率10%も簡単に達成できる
  • 楽天カードは完全無料で、新規入会で5,000~9,000円分のポイントがもらえる

 

楽天のサービスは、今後も拡大していくと予想しています。

 

そうなってくると、楽天経済圏で暮らすのメリットはさらに大きくなります。

 

お金を貯めるために節約したい!」という方は、この機会に楽天経済圏への移住をおすすめします。

 

以上

毎日使う愛用品

20代後半ミニマリスト男が毎日使っている愛用品

Amazonおすすめ商品

月8万円で暮らす20代後半ミニマリストがAmazonで買ってよかったもの8選

映画・ドラマ・アニメが無料で見放題

映画・ドラマ・アニメを289日間無料で見放題にする方法を紹介。

不用品買取・回収サービス

不用品をまとめて処分できるおすすめの不用品買取・回収サービスまとめ23選

レンタル・シャアリングサービス

持たない暮らしに最適なレンタル・シェアリングサービスまとめ10選
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。