MENU
電子書籍「ミニマリスト式シリーズ」を出版中
ミニマリスト式超節約術:月10万円でも楽しく暮らす

※Kindle Unlimited読み放題対象です

ミニマリスト式超自炊術:質素な食事で愉快にくらす

※Kindle Unlimited読み放題対象です

ミニマリスト式超片付け術:散らかった部屋を整理する10の特効薬

※Kindle Unlimited読み放題対象です

ミニマリスト式超貯金術:20代1,000万円貯めた6ステップ

※Kindle Unlimited読み放題対象です

ミニマリスト式超ヒュッゲ術:少ないお金で毎日を心地よく暮らすアイデア33

※Kindle Unlimited読み放題対象です

ミニマリスト式超Twitter術:1日1ツイートで人生を豊かにするツイッターの使い方

※Kindle Unlimited読み放題対象です

ミニマリスト式超買い物術:無駄遣いをなくす「5つの考える力」を鍛える

※Kindle Unlimited読み放題対象です

ミニマリスト式超引っ越し術:人生を変える攻めの引っ越しの技術

※Kindle Unlimited読み放題対象です

【限定公開コンテンツをお届け】なにおれ公式LINE
30歳ミニマリストが買ってよかったもの21選
20代・30代男性におすすめのファッションアイテム
楽天ROOM
お得なサービス10選
Kindle Unlimitedでおすすめの本・漫画50選
サラリーマンがやるべきこと
マイプロテインを1kg2,000円未満で買う方法
なにおれ (30)
naniore
30歳の倹約家ミニマリスト。月6〜8万円の生活費で一人暮らしをしています。

社会人4年目に苦手な営業職から転職したことをきっかけに、「住む場所に縛られずに生きる」という自分の理想とする暮らしを目指すことに。

現在は、「質素倹約生活 × 副業 × 米国株投資」のおかげで、サイドFIREの条件をクリア。
なにおれ
少ないものとお金で楽しく暮らす
きっと何者にもなれない俺たちのライフスタイルを綴ったブログ。通称「なにおれ」。

ミニマリズムをベースに、「少ないものとお金でも楽しく暮らす」をコンセプトに情報を発信。

何者にもなれなかった大人たちに、ゆるく気楽に生きていくライフスタイルを提案します。
【10/19まで無料】Kindle本の新刊『ミニマリスト式超引っ越し術』を出しました

【体験談】つみたてNISAに年40万円投資を2年間続けた結果を公開

年40万円を限度に、20年間で得られた利益が非課税になるつみたてNISA。

ただ、非課税分だけお得になることがわかっていても、「元本割れが心配で手を出しづらい」と感じることもあると思います。

当記事では、つみたてNISAに年40万円を投資して2年経過した私が、運用結果を公開します。また、つみたてNISAで投資している具体的な投資信託、投資のポイントも紹介します。

目次

つみたてNISAに年40万円投資を2年間続けた結果

結論からいえば、約24万円の含み益になっています。

2年間 (24カ月) の運用なので、単純計算ですが、1ヵ月で1万円増えたことになります。

すごいですね。

詳しくは後述しますが、やったことといえば、投資する投資信託を決めて、毎月3.3万円の自動積立の設定をしただけ

あとはこの2年間、本当に一切なにもしていません。コロナショックで全世界的に株価が大暴落もしましたが、淡々と自動的で積み立てるだけです。

その結果、月1万円が自動で増えていることになります。(もちろん、リスクとして元本割れすることもありますが…)

もし現時点で利益確定すると、24万円の利益に対して約20%の税金がかかるので、約5万円は税収されてしまいます。

この5万円分が非課税になるメリットはやはり大きいですね。

つみたてNISAは、税優遇されたお得な資産形成手段だと思います。

つみたてNISAでやっていることをまとめ

つみたてNISA関連で私がやっていることをまとめました。

5つ紹介します。

やっていること
  1. 楽天証券で口座開設
  2. 投資先は「楽天VIT」に100%
  3. 毎月3.3万円の自動積立設定
  4. 楽天ポイント投資設定
  5. なにがあっても自動積立をやめない

楽天証券で口座開設

つみたてNISA口座は、「楽天証券」で開設しています。

証券口座は、ネット証券で開設が圧倒的におすすめです。

というより、これからつみたてNISAを始める人は、必ずネット証券で開設してください

実店舗での口座開設のメリットはありません。むしろ、デメリットが多すぎます。

  • 投資信託を運用するため手数料が高すぎる
  • 投資信託の数が限られている
  • 手数料の高いぼったくり商品をすすめられる

など。

その点、ネット証券であれば、オンライン上で30分もあれば口座開設できます。そして、世界中の優良投資信託をクリック3つくらいで購入可能。

ネット証券は、「楽天証券」か「SBI証券」を選んでおけば間違いありません。

安心してください、なにも考えずにこのどちらかを選んでおけばいいです。

私は楽天経済圏で生活しているので、楽天証券を選んでいます。楽天経済圏はお得に暮らすための必須環境なので、楽天証券がやっぱりおすすめ。

投資先は楽天VTIに100%

投資している投資信託は、「楽天・全米株式インデックス・ファンド」です。

通称、楽天VTIともいいます。

アメリカの世界最大の投資運用会社であるバンガード社が運用する「VTI」という商品を、楽天で買っている感じです。

VTIとは、アメリカの上場企業3,600社に分散投資された商品。いってしまえば、アメリカ全土の株式会社に投資していると思えばOKです。

要するに、アメリカ経済が今後も成長すれば、株価も必然的に上がるということ。

私は、今後もアメリカ主導の経済になると思っているので、アメリカに全投資していますが、世界中のどの国が経済成長しても恩恵が受けられるように、全世界に投資してもいいと思います。

それが、「楽天・全世界株式インデックス・ファンド」です。

よりリスクをとれる人は「楽天・全米株式インデックス・ファンド」、リターンは下がってもいいからリスクを抑えたい人は「楽天・全世界株式インデックス・ファンド」を選ぶといいと思います。

毎月3.3万円の自動積立設定

つみたてNISAで2年間自動積立をしたことを説明するスクリーンショット

購入する商品が決まれば、あとは自動積立の設定をするだけ。

つみたてNISAの年間上限金額は40万円です。

そのため、月33,333円の積み立てを設定しています。

自動積立を設定せずに、株価が下がったタイミングで40万円分まとめて投資することもできます。

ですが、勉強の必要性も出てくるし、勉強したわりには株価の動きは誰にも読めない原理原則があるので、結局は毎月の自動積立を設定して放置するほうが楽だし、結果も出ると思います。

自動積立の設定は超簡単です。

楽天証券にログインして、何回かクリックするだけ。

一度設定してしまえば、もうあとはなにもやることがありません。

毎月3.3万円以上の黒字になる家計を維持して、20年間を過ごすだけです。

楽天ポイント払い設定

楽天証券でつみたてNISAで投資するときは、楽天ポイントも使うことができます。

ポイントを投資信託に変えられるので、まさに現代の錬金術ですね。

また、楽天ポイントを使って、1回500円以上の投資信託に投資すると、楽天市場でのポイント還元率が1%アップします。

楽天経済圏で効率的にポイントを稼ぐための重要な要素のひとつです。

1回で500円以上が条件ですが、楽天ポイントは1ポイントで、現金499円でも問題ありません

そのため、つみたてNISAの購入時に楽天ポイントを1ポイントだけ使う設定をしておきます。

これだけで、毎月ポイント還元率+1%の状態をキープできます。

▼詳しい設定方法については、こちらの記事を参考にしてください。自動積立の方法と合わせて、画像付きでわかりやすく設定方法を解説しています

なにがあっても自動積立をやめない

この先どのような株価暴落が起こっても、つみたてNISAでは自動積立をやめないこと

このことをマイルールにしています。

毎月一定額を投資する手法を、「ドルコスト平均法」といいます。

株価が高いときは少ししか買えず、株価が安いときはたくさん買えるという伝統的な投資手法です。

重要なことは、株価が安いときにどれだけ多くの株を買えるか

そのため、株価が暴落しているときこそ積み立てをやめてはいけません。

つみたてNISAの非課税期間は20年と長期なので、20年後に株価が成長していればOK。

目先の暴落を気にしてはいけないと思っています。

最後に

つみたてNISAに年40万円投資を2年間続けた結果と、やっていることを紹介しています。

当記事をまとめます。

  • 年40万円を2年間運用した結果、約24万円の含み益
  • つみたてNISA口座は、楽天証券で開設
  • 楽天VTIに毎月3.3万円の自動積立を設定して放置
  • 楽天ポイント投資も設定して、楽天市場でのポイント還元率+1%
  • 株価の暴落が起ころうとも、自動積立はやめないことがルール

「投資」というとハードルが高く感じるかもしれません。

ですが、やっていることは簡単です。

ネットで楽天証券とつみたてNISA口座開設の申し込みをする。口座が開設したら、投資商品を決めて、自動積立の設定をして、あとは完全放置。

たったこれだけ。

ネットの扱いに慣れている現代の人ならだれでもできます。

おそらく、最もネックになるのは「投資商品を決める」ところだと思います。

ですが、アメリカか全世界に広く分散された投資信託を選んでおけば間違いありません

暴落がきても驚かず、淡々と長期期間の積み立てを続けていれば、きっと利益は膨らみます。

▼関連記事

つみたてNISAでおすすめの投資信託や理由については、こちらの記事でも詳しく紹介しています

▼楽天証券での口座開設はこちらからどうぞ

以上

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

運営者

月6〜8万円で暮らす30歳ミニマリスト。社会人4年目に苦手な営業職から転職したことをきっかけに、「住む場所に縛られずに生きる」という自分の理想とする暮らしを目指すことに。現在は、「質素倹約生活 × 副業 × 米国株投資」のおかげで、サイドFIREの条件をクリア。

目次
閉じる