2020.07.12

【超お得】楽天モバイルへの乗り換えキャンペーンで通信費が最大月8,500円の節約になる

 

ドコモ・au・softbankに並んで、4つ目のキャリア回線となった楽天。

 

料金プランは、月額2,980円で高速通信使い放題の『Rakuten UN-LIMIT』のただひとつだけ。

 

そんな楽天が新規顧客の獲得のために、超超お得な5つのキャンペーンを同時開催中!

  1. 月額2,980円の料金が1年無料
  2. オンンライン申し込みで3,000ポイントGET
  3. Rakuten Link利用で3,300ポイントGET
  4. 楽天回線対応スマホ購入で最大15,000ポイントGET
  5. 楽天モバイル紹介特典で2,000ポイントGET

 

当記事では、楽天モバイルのRakuten UN-LIMTの特徴、開催中のキャンペーン概要、楽天モバイルに乗り換えることのメリット・デメリットについて紹介します。

 

お得に乗り換えられるチャンスはいましかないので、この機会にぜひ!

 

公式サイト:楽天モバイルの申し込みはこちら

 

楽天モバイルRakuten UN-LIMITの特徴

 

Rakuten UN-LIMIT (楽天アンリミット) の特徴をまとめるとこんな感じ。

  • 楽天回線エリアなら高速で使い放題 (対象エリアの確認はこちら)
  • エリア外でもデータ容量5GB/月 + 1Mbpsの速度で使い放題
  • 楽天アプリの利用で国内通話かけ放題
  • 利用期間縛りや早期解約のペナルティが一切ない

 

最大の魅力は、楽天エリアなら高速通信が使い放題で月額2,980円と格安なこと。

 

エリア外でも、パートナー回線 (au) を5GB/月、使い切っても1Mbpsで使い放題!

 

「1Mbpsってどのくらいの速度?」

 

という疑問への回答は、Youtubeの動画画質480pならストレスなく見られるレベルです。Amazon Primeで映画も途中で止まることなく見られます。

 

実際、私は以前に楽天モバイルのスーパーホーダーイSというプランを契約しており、1Mbpsの速度で通信していたので確認済み。

 

過去のレビュー記事はこちらを参考にしてください。

関連記事:【口コミ】楽天モバイル「スーパーホーダイS」を半年間使った感想

 

公式サイト:楽天モバイルの申し込みはこちら

 

楽天モバイルのキャンペーン概要

キャンペーンは5つ同時開催中!

 

概要のまとめはこちら。

  1. 月額2,980円の料金が1年無料
  2. オンンライン申し込みで3,000ポイントGET
  3. Rakuten Link利用で3,300ポイントGET
  4. 楽天回線対応スマホ購入で最大15,000ポイントGET
  5. 楽天モバイル紹介特典で2,000ポイントGET

 

1. 月額2,980円の料金が1年無料

今回の目玉キャンペーンです。

 

【概要】

内容 月額2,980円の料金が1年無料
期間 先着300万名まで
条件 楽天モバイルへの乗り換え
注意点 1回線まで適用

 

「1年無料」という意味不明なキャンペーンです!

 

月額2,980円なので、単純に年間で35,760円の支払いがなくなります。

 

これだけでも乗り換える価値ありです。

 

公式サイト:楽天モバイルの申し込みはこちら

 

2. オンライン申し込みで3,000ポイントGET

 

オンラインで契約すれば、3,000ポイントGET。

 

【概要】

内容 3,000ポイントの付与
期間 2020年7月10日~終了日未定
条件 SIM開通、Rakuten Linkの利用
注意点 Rakuten Linkを利用した月の翌々月下旬までにポイント付与

 

店舗で契約せずにオンラインで契約して、通話アプリのRakuten Linkを設定するだけなので、確実にポイントGETできるキャンペーンです。

 

誰でも絶対にポイントGETできるのでぜひ利用しましょう。

 

公式サイト:楽天モバイルの申し込みはこちら

 

3. Rakuten Linkの利用で3,300ポイントGET

 

Rakuten Linkの利用で、3,300ポイントGET。

 

【概要】

内容 3,300ポイントの付与
期間 2020年7月10日~終了日未定
条件 SIM開通、Rakuten Linkの利用
注意点 Rakuten Linkを利用した月の翌々月下旬までにポイント付与

 

キャンペーンの位置付けとしては、新規事務手数料で発生する3,300円を埋めること。

 

このキャンペーンのおかげで、楽天モバイルの新規事務手数料は実質ゼロ円になります。

 

公式サイト:楽天モバイルの申し込みはこちら

 

4. 楽天回線対応スマホ購入で最大15,000ポイントGET

新規申込時に、対象機種の購入した場合に最大15,000円のポイントGET。

 

【概要】

内容 最大15,000円のポイント付与
期間 終了日未定
条件 新規申込時に対象機種を購入すること
注意点 開通完了月の3ヶ月後の下旬頃までにポイント付与

 

Rakuten UN-LIMITの動作保証機種が限られているため、対象機種購入の大きな補助金になります。

 

Rankuten UN-LIMITが利用できる機種は、iPhoneは全モデル対象外。Androidでも多くの機種が対象外となっています。

 

後ほど説明しますが、抜け道の裏技が一般の口コミから報告されていますが、動作保証外になるので、無難に対象機種への乗り換えを考えたほうがいいでしょう。

 

後ほど、おすすめの機種も紹介します。

 

公式サイト:楽天モバイルの申し込みはこちら

 

5. 楽天モバイルの紹介特典で2,000ポイントGET

申し込み時に紹介者楽天モバイルIDの入力で2,000ポイントGET。

 

【概要】

内容 2,000ポイントGET。
期間 終了日未定
条件 申し込み時に紹介者のモバイルIDを入力
注意点 開通月の翌々月下旬頃までにポイント付与

 

楽天モバイルのオンライン申し込み時に、以下のような楽天モバイルIDを入力する画面が出てきます。

 

その際に、当サイトの楽天モバイルIDをコピペして、「適用する」を選択してください。

 

当サイトの楽天モバイルID:DByMsKeeHAJv

※個人情報などが当サイトに送られてくるわけではないので安心してご利用ください

 

公式サイト:楽天モバイルの申し込みはこちら

 

楽天モバイルへの乗り換えるでいくら節約できるか

「楽天モバイルへの乗り換えでいくら安くなるのか?」

 

ここが一番重要ですよね。

 

下記3パターンの2年間の総支払額で比較したいと思います。

  1. 大手キャリア + WiFiから乗り換え
  2. 格安SIM + WiFiから乗り換え
  3. 旧楽天モバイル + WiFiから乗り換え

 

結論からいえば、3パターンとも月3,500~8.500年の通信費の節約になります。

 

前提として、楽天モバイルへの乗り換えのタイミングでWiFiは解約することにします。

 

現実的にWiFiはなくても生活できるレベルなので、節約重視なら解約してしまっていいです。

 

※今回のシュミュレーションでは、楽天回線対応スマホを持っていない前提で試算しているため、すで持っていればさらに節約効果は大きくなります

 

1. 大手キャリア + WiFiからの乗り換えの場合

まずは大手キャリアとWiFiの二刀流からの乗り換えの場合。

 

乗り換え前が264,000円に対して、乗り換え後はキャンペーンのポイントバックを差し引いて63,000円。つまり、201,000円の節約になります。

 

めちゃくちゃ大きいです。

 

月額で8,500円近い節約になる計算。

 

【乗り換え前】合計264,000円

  • スマホ代・・・168,000円 (月7,000円 × 24ヶ月)
  • WiFi代・・・96,000円 (月4,000円 × 24ヶ月)

 

【乗り換え後】合計81,000円 – 18,000円(ポイントバック)

  • スマホ代・・・36,000円 (1年無料 + 3,000円 × 12ヶ月)
  • 解約違約金・・・9,000円
  • MNP転出料・・・3,000円
  • 新規事務手数料・・・3,000円
  • スマホ機種代・・・30,000円
  • WiFi代・・・0円 (解約)

 

すぐにでも乗り換えることをおすすめします。

 

公式サイト:楽天モバイルの申し込みはこちら

 

2. 格安SIM + WiFiからの乗り換えの場合

続いて、格安SIM + WiFiの二刀流からの乗り換えの場合。

 

このケースが一般的だと思います。

 

乗り換え前が144,000円に対して、乗り換え後はキャンペーンのポイントバックを差し引いて63,000円。つまり、81,000円の節約になります。

 

格安SIMからの乗り換えでも、月額3,500円近い節約になります。

 

【乗り換え前】合計144,000円

  • スマホ代・・・48,000円 (月2,000円 × 24ヶ月)
  • WiFi代・・・96,000円 (月4,000円 × 24ヶ月)

 

【乗り換え後】合計81,000円 – 18,000円(ポイントバック)

  • スマホ代・・・36,000円 (1年無料 + 3,000円 × 12ヶ月)
  • 解約違約金・・・9,000円
  • MNP転出料・・・3,000円
  • 新規事務手数料・・・3,000円
  • スマホ機種代・・・30,000円
  • WiFi代・・・0円 (解約)

 

よほどのことがない限り、乗り換えをおすすめします。

 

公式サイト:楽天モバイルの申し込みはこちら

 

3. 旧楽天モバイル + WiFiからの乗り換えの場合

最後に、旧楽天モバイル 通話SIM + WiFiの二刀流からの乗り換えの場合。

 

旧プランを以前より契約している人は、しばらくはそのまま使用可能の予定ですが、新プランへの切り替えで安くなるのか?

 

旧楽天モバイルからの切り替えには、解約違約金とMNP転出料が発生しないことが大きいですね。

 

乗り換え前が144,000円に対して、乗り換え後はキャンペーンのポイントバックを差し引いて51,000円。つまり、93,000円の節約になります。

 

旧楽天モバイルからの乗り換えでも、月額4,000円近い節約になります。

 

【乗り換え前】合計144,000円

  • スマホ代・・・48,000円 (月2,000円 × 24ヶ月)
  • WiFi代・・・96,000円 (月4,000円 × 24ヶ月)

 

【乗り換え後】合計69,000円 – 18,000円(ポイントバック)

  • スマホ代・・・36,000円 (1年無料 + 3,000円 × 12ヶ月)
  • 新規事務手数料・・・3,000円
  • スマホ機種代・・・30,000円
  • WiFi代・・・0円 (解約)

 

旧楽天モバイルからの乗り換えでもかなり節約になるので、乗り換えをおすすめします。

 

公式サイト:楽天モバイルの申し込みはこちら

 

楽天回線対応で高コスパのおすすめ機種

OPPO Reno A」の一択でいいと思います、

 

OPPO Reno A特徴をまとめるとこんな感じ。

  • 端末代が35,000円と比較的安価 (ポイントバックで10,000円)
  • フロントカメラが2,500万画素と自撮りでもきれない写真を撮影できる
  • 画面占有率91%と広く、FHDで解像度が高く、液晶スペックが最高
  • ボディカラーにブラックがあって男女問わず使いやすい
  • RAM6GBのメモリで高画質ゲームもサクサク動く
  • 128GBの大容量で動画も写真も大量に保存できる
  • おさふケータイ対応 & 防水仕様が便利
  • DSDV仕様で2枚のSIMを切り替えて使用できる

 

結論、相当クオリティの高いスマホに仕上がっています。

 

しかも、端末代は35,000円と元々が安価なのに、キャンペーンで10,000円のポイントバックがあるため、実質25,000円の負担。

 

相当コスパのいい機種になっています。

 

スマホが古くなってきている人はいい交換タイミングだと思って、乗り換えると幸せになれると思います。

 

公式サイト:楽天モバイルの申し込みはこちら

 

楽天回線非対応機種を使えるようにする裏技

楽天ン回戦非対応の機種は、楽天では動作保証外となっています。

 

ただし、多くの機種でもそのまま楽天回線を使用することができるようです。

 

格安SIMとスマホ比較」というサイトで詳しく解説されています。

 

※公式では非推奨なので自己責任でおねがいします

 

1. iPhoneの場合

楽天回線では、iPhoneは全モデル動作保証対象外です。

 

しかし、SIMロックが解除できるモデルなら使用できる裏技があります。

 

【スマホで簡単な設定するだけで使える機種】

  • iPhone XR
  • iPhone XS
  • iPhone XS Max
  • iPhone 11
  • iPhone X11 Pro
  • iPhone X11 Pro Max

 

ただし、Rakuten Linkが使えなかったり、パートナー回線でSMSの送受信できなかったりするようです。

 

詳しい方法は以下のページをご参考ください。

参考記事:実は楽天モバイルはiPhoneが使える?Rakuten UN-LIMITをiPhoneで使ってみたら、使えたけど要注意(eSIMの注意点、SMSの送受信問題)

 

【パソコンの設定で使用できる機種】

  • iPhone 6
  • iPhone 6plus
  • iPhone 6s
  • iPhone 7
  • iPhone 7plus
  • iPhone SE (第1世代)
  • iPhone 8
  • iPhone 8plus
  • iPhone X

 

比較的古いモデルでも使えるようですが、パソコンで設定が必要なので若干ハードルは高め。

 

詳しい方法は以下のページをご参考ください。

参考記事:iPhone6s、iPhone7、iPhone8でも楽天モバイルのUNLIMITが使えるようになる裏技は本当?←本当に使えた!(要PC、iPhoneXとiPhoneSE第1世代も使える)

 

▼ちなみ、iPhone SE (第一世代) では開通しました。Rakuten回線でフルバーです。

 

2. Androidの場合

相当古いスマホとかでなければ使える模様。

 

ただし、Rankuten Linkが使えなかったり、通話ができなかったりする事象があるようです。

 

そのため、楽天回線対応機種を購入するのが無難にいいです。

 

高コスパの機種がキャンペーンでかなり安く購入できるので、損をするようなことはないと思います。

 

詳しくは以下のページをご参考ください。

参考記事:楽天UNLIMITで楽天回線対応製品は本当に必要?通話ができない?今使っているスマホは楽天モバイルで使えないのか徹底解説+APN設定情報

 

最後に

楽天モバイル Rakuten UN-LIMITについて紹介しました。

 

当記事をまとめます。

  • Rakuten UN-LIMITは月額2,980円で高速通信を使い放題
  • 先着300万人まで1年無料キャンペーンを実施中
  • 最大23,600ポイントのポイントバックキャンペーンも同時開催中
  • 大手キャリアからの乗り換えなら月8,500円、格安SIMからでも月3,500円の節約になる
  • 楽天回線対応機種は『OPPO Reno A』が断然おすすめ (ポイントバックで実質25,000円)
  • 楽天回線非対応機種でも裏技で使用できる可能性があるが、無難に対応機種を購入するといい

 

なんといっても、1年無料のキャンペーンの効果が強すぎます。

 

2020年5月時点では、まだ先着300万人に達していませんが、到達するのも時間の問題だと思います。

 

他にも、達成条件がかなり簡単なキャンペーンでポイントバックがあったり、この機会に楽天モバイルへの乗り換えはかなりおすすめです。

 

楽天回線エリア内なら高速通信、エリア外であってもパートナー回線で1Mbps (Youtubeで画質480pならストレスなく見られるレベル) の速度で使い放題なので、WiFiを解約してスマホ1台生活なんてことも普通にできますよ!

 

利用期間縛りの解約料も一切かからないので、ダメなら解約してしまえばいいだけです。

 

公式サイト:楽天モバイルの申し込みはこちら

 

以上

毎日使う愛用品

20代後半ミニマリスト男が毎日使っている愛用品

Amazonおすすめ商品

月8万円で暮らす20代後半ミニマリストがAmazonで買ってよかったもの8選

不用品買取・回収サービス

不用品をまとめて処分できるおすすめの不用品買取・回収サービスまとめ23選
by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。