MENU
買ってよかったもの13選
20代・30代男性におすすめのファッションアイテム
仕事に不満・不安のあるサラリーマンがやるべきこと
節約術まとめ22選
お得なサービス8選
お得なサービス
自宅で筋トレおすすめグッズ10選
プロフィール
れもん(29)
20代後半の倹約家サラリーマン。月6万円の生活費で一人暮らしをしています。

社会人4年目に苦手な営業から転職したことをきっかけに、自分にとって理想の暮らしを真剣に考えることに。

現在は、生活コストを徹底的に抑え、本業×副業でお金を稼ぎ、余剰資金を米国高配当株ETFに投資に回すことで、経済的な自由を目指しています。
サイト情報
なにおれ
きっと何者にもなれない俺たちのライフスタイル。通称「なにおれ」。

ミニマリズムをベースに、少ないお金でも楽しく暮らす方法について発信しています。

何者にもなれなかった大人たちに、ゆるく気楽に生きていくライフスタイルを提案。
【無料で資産形成の相談のります】なにおれ公式LINE
自炊しないで、安く、健康的な食事をする方法

お金をかけずに楽しめるデートプラン5選【予算1,000円以内】

デートがしたいけど金欠でどこにも行けない。お金をかけずに楽しむアイデアは?

そんな方に向けて。

こんにちは、なにおれ (@lemologue) です。

私は、月8万円の生活費で一人暮らしをする倹約家ミニマリストです。

少ないお金やもので暮らすことを日常にしていると、「お金をかけずに楽しめることって、意外とたくさんあるなあ」ということに気が付きます。

予算1,000円もあれば十分です。

当記事では、実際に私もやったことのある、お金をかけないおすすめのデートプランを紹介します。

目次

お金をかけずに楽しめるデートプラン5選

予算1,000円でも楽しめるデートプランは5つ。

  1. 一緒に餃子を作って食べる
  2. 図書館で図鑑や写真集を一緒に見る
  3. 降りたことのない駅周辺を散策する
  4. お弁当を作って公園にピクニックに行く
  5. 無料イベントがなにか探してみる

一緒に餃子を作って食べる

  • 予算:1,000円
  • つぶせる時間:3時間

ビバッ、餃子を作ろう!餃子を!!

カップルで一緒にして楽しい料理の共通点は、「一緒に作業ができるかどうか」。

この一点に左右されます。

オムライスやハンバーグといった定番料理は、どうしてもどちらか一方だけがコンロの前に立つことなります。

しかし、餃子には、”一緒に餡を包む” という作業が絶対に存在します。

ぺちゃくちゃとくだらないとお喋りしながら、一緒に餡を包むのって楽しそうじゃないですか?

たまにふざけて変な形の餃子を作ったり、トリッキーな食材を入れてみたりね。

それに、餃子ってめちゃくちゃ安く作れることを知っていますか?

材料
  • 豚ひき肉:200円
  • にんにく:100円
  • しょうが :100円
  • にら:150円
  • 白菜:100円
  • 餃子の皮:200円
  • 調味料 (ごま油、醤油、お酢)

材料がシンプルなので、一人500円もあれば山盛りの激うま餃子ができます。

一緒にスーパーに買い出しに行って、餡を作って、二人で餡を包んで、ゴリゴリ焼いて、ガシガシ食べる。

全行程で3時間は楽しめます。

誰かと作る餃子は超絶楽しくて、超絶おいしいですよ~!

図書館で図鑑や写真集を一緒に見る

  • 予算:0円
  • つぶせる時間:2時間

「普段、本なんて全然読まないよ~」

そんな普段は本を読まないカップルにも図書館デートはおすすめです。

これは、図書館には図鑑や写真集なんかもあるからです。

  • 宇宙の写真集
  • オーロラの写真集
  • 面白い動物の写真集
  • 世界の絶景写真集
  • アーティスティックな写真集
  • 北家具の写真集
  • 面白い植物の図鑑
  • 元素の図鑑

図書館には面白い図鑑や綺麗な写真集がたくさん置いてあります。

ぷらぷら散歩がてらに図書館まで歩いて、気になった図鑑や写真集を探して、空調の効いた快適な空間でくつろぎながら一緒に眺める。

どうですか。

なんてことのないお金をかけないデートですが、意外と新鮮で楽しいですよ。

初めて降りる駅周辺を散策する

  • 予算:1,000円
  • つぶせる時間:3時間

どこか目的地を決めるのではなくて、適当な駅で降りて近所を散策してみる。

これかなりおすすめです。

毎日を仕事で忙しく過ごしていると、身近な美しいものや面白いものを見逃してしまいがち

電車や車などの乗り物はたしかに便利です。

でも、スピードが早すぎるがゆえに、街に存在するなにげない魅力を見逃してしまうのですよね。

  • 道端で休んでいる野良猫
  • 細い路地裏に佇む怪しい店
  • 気持ちのいい街道
  • おしゃれな雑貨屋
  • 古ぼけた喫茶店
  • 小さな個人の花屋
  • きれいに整備された公園

そして、繋ぐ手と手。

あと、ぜひやってほしいのが、見つけた小さな個人商店にも勇気を出して入ってみること

お店側にとっても、私たちにとっても、お互いが新鮮な交流になって面白い化学反応が起きるかもしれません。

散歩で歩き疲れたら喫茶店でちょっとコーヒー休憩。それなら一人500円もかかりません。

自分の住んでいる街を「つまらない」と感じている人もいるかもしれませんが、それって “タダ見逃しているだけ” かもしれませんよ。

お弁当を作って公園にピクニックに行く

  • 予算:1,000円
  • つぶせる時間:4時間

春や秋の暖かい季節であれば、自分たちでお弁当を作って公園でピクニックすることもおすすめ。

スーパーでお弁当やお惣菜を買うのもいいですが、ちょっと味気ないし、お金もかかります。

お弁当は自分たちで作るのがおすすめ。

自分たちで料理したほうが経済的だし、お弁当を作ること自体もきっと楽しいはずです。

少し硬めにご飯を炊いておにぎりを握り、ウインナーは皮をパリパリに炒めて、ちょっと甘めの卵焼きも焼いたりして。そして、水筒には熱いホットコーヒーを。

スーパーやコンビニでお菓子を1つか2つだけ買ってもいいかもしれません。

できれば、大きめのラグやシートがあるといいです。

公園にラグを敷いて寝そべって、自分たちで作った料理を食べながら過ごす時間はきっと素敵ですよ。

無料イベントがないか探してみる

  • 予算:1,000円
  • つぶせる時間:3時間

都市部に住んでいるのなら、無料のイベントがどこかで開催されていないかを調べるのもいいです。

支出は交通費くらいなものです。

イベントはぷらぷらと歩いているだけでもお祭り感があって楽しいです。

「来週末はあのイベントに行ってみようかあ~」

と、シリーズ的に楽しめる面白さもあります。

最後に

お金をかけずに楽しめる金欠デートプランを紹介しました。

当記事をまとめます。

  1. 一緒に餃子の餡作りから、餃子を一緒に焼いて食べる
  2. 図書館で、綺麗な写真集や面白い図鑑を一緒に眺める
  3. いつもは降りない駅で下車して、近所を散策する
  4. 暖かい季節ならお弁当を作って、公園でピクニックする
  5. 都市部であれば、無料のイベントを探して参加する

どのプランも二人で1,000円もかかりません。

ショッピングモールで買い物デート、観光地の温泉旅館デートなど、お金をかければできることはたくさんあるのは事実です。

ですが、お金をかけずとも工夫すれば楽しいことって、世の中に本当にたくさんあります。

「楽しいこと=お金を使うこと」という先入観は捨てて、一緒に料理や創作活動をしてみたり、時間がないとできないことを一緒にやってみたりも面白いかもしれません。

先入観は捨てて、発想を豊かに持つことで、きっともっと楽しく暮らせますよ。

▼お金のかからない一人の趣味を探している方は、こちらの記事も合わせて参考にどうぞ

以上

よかったらシェアしてね!

年間100万円貯まる節約術

「節約は我慢」ではありません。工夫次第で、お金をかけずに楽しく暮らすことも、おしゃれに暮らすことも、豊かに暮らすこともできます。

月6万円の生活費で一人暮らしをしているミニマリストが実践している節約術を、まとめて紹介します。

運営者

20代後半の倹約家サラリーマン。月8万円の生活費で一人暮らしをしています。社会人4年目に苦手な営業から転職したことをきっかけに、自分にとって理想の暮らしを真剣に考えることに。現在は、生活コストを徹底的に抑え、本業×副業でお金を稼ぎ、余剰資金を米国高配当株ETFに投資に回すことで、経済的な自由を目指しています。

目次
閉じる