MENU
30歳ミニマリストが買ってよかったもの
20代・30代男性におすすめのファッションアイテム
お得なサービス10選
【2021年7月】Kindle Unlimitedで読める面白かった漫画まとめ
サラリーマンがやるべきこと
おすすめのプロテイン
プロフィール
れもん(29)
20代後半の倹約家サラリーマン。月6万円の生活費で一人暮らしをしています。

社会人4年目に苦手な営業から転職したことをきっかけに、自分にとって理想の暮らしを真剣に考えることに。

現在は、生活コストを徹底的に抑え、本業×副業でお金を稼ぎ、余剰資金を米国高配当株ETFに投資に回すことで、経済的な自由を目指しています。
サイト情報
なにおれ
きっと何者にもなれない俺たちのライフスタイル。通称「なにおれ」。

ミニマリズムをベースに、少ないお金でも楽しく暮らす方法について発信しています。

何者にもなれなかった大人たちに、ゆるく気楽に生きていくライフスタイルを提案。
【無料で資産形成の相談のります】なにおれ公式LINE
>>30歳ミニマリストが買ってよかったもの

一人暮らしの社会人男が毎朝10分で弁当を作る5つのポイント

一人暮らしの社会人男でも続けられる弁当作りのコツが知りたい。

そんな方に向けて。

なにおれ

ここんにちは、なにおれ (@lemologue) です。毎朝弁当を作っている30歳の一人暮らし社会人男です。

お弁当作りは、毎朝1からおかずを作ろうとするとかなり大変。

一方で、ポイントさえ抑えておけば、10分もあれば栄養満点の弁当が作れます。

本記事では、男の社会人一人暮らしでも弁当生活を続けられるコツを紹介します。

目次

一人暮らしの社会人男が毎朝10分で弁当を作るポイント

結論からいえば、ポイントはこちらの5つ。

楽な弁当作リのコツ
  1. 弁当の基本の型を決める
  2. 米はまとめて小分け冷凍しておく
  3. 週末に作り置きをしておく
  4. 卵焼きだけは毎日つくる
  5. 漬物を常時ストックしておく

弁当の基本の型を決める

まず第一に、弁当の基本の型を決めることです。

「漠然と弁当を作る」と考えると難しいですが、パターンさえ決まれば弁当作りは作業になります

私が実践している型はこちら。

弁当の基本型
  1. 白米
  2. メインおかず
  3. 卵焼き
  4. 漬物

「白米」、「漬物」、「卵焼き」がレギュラーメンバーで、バリエーションとして変えるのはメインのおかずだけ。

後述しますが、メインのおかずは週末に作り置きを3〜5品ほど作ってローテーションします。

「メインのおかずを冷凍食品にする」パターンもありますが、自炊よりはお金がかかってしまいますよね。

いずれにしても、基本の型を決めることで弁当の中身に迷う時間がなくなります。

米はまとめて小分け冷凍しておく

男の弁当の主食は、白米の一択。

白米は値段も安く、パンチの効いたおかずからヘルシーなおかずまでどんな料理にも合います。

とはいえ、毎朝米を炊くのは大変です。

そこで、米はまとめ炊きして、ラップで1食づつ小分け冷凍しておくこと。

小分け冷凍しておけば、電子レンジで2~3分加熱するだけでOK。

これなら忙しい朝でも楽ですね。

冷凍したお米をおいしく食べるコツは、炊き立ての熱々の状態でラップに包むこと。

炊き立ての蒸気ごとラップに包むことでお米が保水され、レンジで解凍してもパサつかずにおいしく食べられます。

メインのおかずは作り置きしておく

一番大変なところですが、メインのおかずは週末に作り置きしておくこと。

メインおかずさえ作り置きしておけば、あとは弁当箱に詰めるだけです。

3~5品ほど作っておけば、おかずのローテーションも組めます。

「作り置きするほうが大変なんじゃ…」

と思うかもしれませんが、慣れれば5品でも2時間もあれば作れます。それに、まとめて作っておけばお昼の弁当だけでなく、夕食のおかずにもなります。

そう考えると、毎食料理するよりも、1度にまとめて作ったほうが明らかに効率的。

男なら好きですよね、効率化。

作り置きを保存しておくための、保存容器だけは買っておきましょう

ダイソーで200円ほどでガラス容器が買えますが、ちょっと高くてもお気に入りを買ったほうがいいです。自炊のモチベーションが上がるので、元はすぐに取れます。

なにおれ

野田琺瑯(のだほうろう)の「レクタングル深型」を愛用しています。圧倒的に美しい…。

created by Rinker
野田琺瑯(Nodahoro)
¥1,185 (2021/07/30 01:59:06時点 Amazon調べ-詳細)

関連記事:野田琺瑯 レクタングル深型の魅力をレビュー!どんな使い方ができる?

卵焼きだけは毎日焼く

男性の場合、メインおかずだけでは少し物足りないです。

そこでおすすめは、卵焼きだけは毎朝焼くこと。

卵焼きだけなら3分もあれば焼けます。

卵焼きは簡単に調理できるだけでなく、安くて、タンパク質も豊富で、食べ応えもあります。

弁当に卵焼きが入っているだけで、彩りも満足感も全然違います。

味付けは、スタンダードに塩こしょうや醤油でもいいですが、白だしだけを加えれば、簡単に激ウマのだし巻き卵も作れます。

弁当には、だし巻き卵のほうがいいかもです。

ちなみに、卵焼き専用のフライパンがなくても、普通のテフロンのフライパンでも全然作れます。

なにおれ

我が家のフライパンは、キプロスターの「業務用アルミフライパン」の1つだけ。2,000円ほどと安く、火の通りが早いので時短できます。

created by Rinker
KIPROSTAR
¥2,780 (2021/07/30 08:30:25時点 Amazon調べ-詳細)

関連記事:【レビュー】キプロスターのフライパンの魅力は?安い、使いやすい、かっこいいの三拍子!

漬物を常時ストックしておく

漬物は、お手軽な副菜になるだけではありません。

漬物には塩やお酢が使われているので、食材が腐食することを防いでくれます

できれば漬物も自分で作るのがおすすめ。

実は、漬物は5分もあれば超簡単に作れます。

漬物の簡単な作り方

好きな野菜を適当な大きさに切ってポリ袋に入れ、「塩、お酢、塩昆布、白だし」のどれかを入れて、冷蔵庫で30分ほど置いておくだけ

「大根、ニンジン、玉ねぎ、キュウリ」など、野菜ならなんでもOKです。

ただ、シュウ酸 (アクっぽいやつ) の多く含まれる「小松菜、ほうれん草、チンゲン菜、オクラ、なす」などの野菜は、水で濡らしてサランランプで包んで電子レンジで1~2分ほど加熱しましょう

わざわざ鍋で湯でなくても、これだけでOKです。

「漬物を自分で作るのがめんどくさい」という方は、市販品を買ってもいいです。漬物はそれほど高いものでもないので。

忙しい社会人でも朝の10分でお弁当を作る流れ

弁当作りの流れは大まかに4ステップ。

流れを簡単に紹介しておきます。

ステップ1:電子レンジで米を解凍する

まずは米を解凍します。

最初に米を電子レンジに放り込んでおくことで、他の作業と同時進行できて効率的

ステップ2:米を解凍している間に、卵焼きを作る

電子レンジで米を解凍しながら、卵焼きを作っていきます。

たまご2個と白だしを混ぜて、フライパンで焼くだけ。

米の解凍が終わるころにはできると思います。

ステップ3:盛り付ける

解凍した米と作った卵焼き、それに、作り置きしたおかずと漬物を弁当に盛り付けます。

それっぽく盛るだけです。

すぐに弁当のフタを閉めると白米と卵の蒸気で腐りやすくなるので、粗熱がとれるまで放置しましょう。

ステップ4:洗い物をする

弁当を放置しながら、卵焼き作りで使ったフライパンや菜箸を洗います。

この4ステップおおよそ10分くらい。

簡単ですよね。

一人暮らしの社会人男におすすめの弁当箱

ぜひ、お気に入りの弁当箱を買いましょう。

毎日使うものなので、多少高いものでも満足度は高くなるからです。

なにおれ

我が家では、野田琺瑯の保存容器を弁当箱にもしています。(ミニマリストなので…笑)

弁当箱でおすすめは、天然木を使った「曲げわっぱの弁当箱」。

木材には水分を吸収する働きがあるので、白米やおかずの余分な水分をほどよく吸ってくれます。すると、冷めてもおいしいお弁当になります。

また、水分は腐食の原因にもなるので、腐りにくくもなるメリットもあります。

三好漆喰の「まげワッパくん」なんていいですね。

created by Rinker
三好漆器
¥3,000 (2021/07/29 21:48:47時点 Amazon調べ-詳細)

ご飯がおいしく見えるおしゃれなビジュアル。

700mlの中サイズと、900mlの大サイズがありますが、大人なら中サイズで十分だと思います。

あとは、弁当を入れるための袋が必要です。ただ、夏場は腐りやすいので、保冷バッグ仕様を買っておくといいと思います。

時間がない社会人は宅配弁当noshで弁当を作るのもあり

「時間がなくて弁当はなかなか…」

という社会人の方であれば、宅配冷凍弁当サービスの「nosh(ナッシュ)」を上手に活用して、弁当作りするのもありです。

というか、めちゃくちゃコスパいいです。

ナッシュとは、低糖質・低塩分・高たんぱく質に特化した宅配弁当サービス。専属の一流シェフが調理しており、味が抜群においしいことでも評価が高いです。

ナッシュは普通に食べると、送料込みで1食700円ほどかかってしまいます。

しかし、1食を2食分に取り分けて使う方法であれば、かなりおすすめできます。

主菜と副菜はナッシュでカバーできるので、あとは冷凍ご飯を温めて、だし巻き卵でも焼けば、超健康的な弁当が5分もあれば作れます

1食を2食分に取り分ける
1/2食分を弁当のおかずにする

しかも、1食400円ほどとコスパも◎

また、栄養とコストのメリットだけでなく、60種類以上のメニューから好きなおかずを自分で選べるメリットも大きいです。そのおかげで、毎日のお弁当が好きなおかずばかりになります(笑)

詳しくは、「「nosh(ナッシュ)宅配弁当×半自炊」がコスパ最強!一人暮らしが1ヶ月使ってみた体験談」の記事で解説しているので、見てみてください。

最後に

一人暮らしの社会人男が毎朝10分で弁当を作るコツを紹介しました。

当記事をまとめます。

まとめ
  • 一人暮らしの社会人が節約するなら、弁当生活はおすすめ
  • 弁当作りを続けるには、弁当の基本型を決めておくと楽
  • 白米はまとめて炊いて、サランラップで小分け冷凍しておく
  • 週末にまとめて作り置きをして、メインのおかずにする
  • 卵2個と白だしのだし巻き卵焼きだけは、毎日作るといい
  • 漬物は副菜となるだけでなく、防腐効果もある
  • 白米を温めて、卵焼きを焼き、盛るだけなので所要時間10分
  • 弁当箱には吸水効果のある天然木の「曲げわっぱ」がおすすめ

「弁当作りは食費の節約のため」という側面が強調されますが、栄養のある食生活になりやすいメリットがあります。

外食やコンビニ弁当は、油や砂糖、塩が大量に使われていることがほとんどなので、適当に作った弁当でもずっと健康的です。

節約と健康のためにも、弁当作りに挑戦してみてください。

▼関連記事

「一人暮らしでご飯がめんどくさい…」という方には、朝食抜きの1日2食生活もおすすめ。詳しくは、「1日2食の朝食抜き生活を365日続けて実感した5つの効果」の記事を見てください。

以上

よかったらシェアしてね!

コスパ最強の食生活

「宅配弁当nosh×半自炊生活」であれば、自炊しないで、健康的な食事を楽しみながら、食費の節約もできます。

運営者

30歳のサラリーマン×ミニマリスト。月8万円の生活費で一人暮らしをしています。社会人4年目に苦手な営業から転職したことをきっかけに、自分にとって理想の暮らしを真剣に考えることに。現在は、生活コストを徹底的に抑え、本業×副業でお金を稼ぎ、余剰資金を米国高配当株ETFに投資に回すことで、経済的な自由を目指しています。詳しいプロフィールはこちらから

目次
閉じる