MENU
電子書籍「ミニマリスト式シリーズ」を出版中
ミニマリスト式超節約術:月10万円でも楽しく暮らす

※Kindle Unlimited読み放題対象です

ミニマリスト式超自炊術:質素な食事で愉快にくらす

※Kindle Unlimited読み放題対象です

ミニマリスト式超片付け術:散らかった部屋を整理する10の特効薬

※Kindle Unlimited読み放題対象です

ミニマリスト式超貯金術:20代1,000万円貯めた6ステップ

※Kindle Unlimited読み放題対象です

ミニマリスト式超ヒュッゲ術:少ないお金で毎日を心地よく暮らすアイデア33

※Kindle Unlimited読み放題対象です

ミニマリスト式超Twitter術:1日1ツイートで人生を豊かにするツイッターの使い方

※Kindle Unlimited読み放題対象です

【限定公開コンテンツをお届け】なにおれ公式LINE
【9/23まで】Amazon Music Unlimited3ヶ月無料キャンペーン
30歳ミニマリストが買ってよかったもの21選
20代・30代男性におすすめのファッションアイテム
お得なサービス10選
Kindle Unlimitedで読める面白かった漫画まとめ
サラリーマンがやるべきこと
マイプロテインを1kg2,000円未満で買う方法
プロフィール
れもん(29)
20代後半の倹約家サラリーマン。月6万円の生活費で一人暮らしをしています。

社会人4年目に苦手な営業から転職したことをきっかけに、自分にとって理想の暮らしを真剣に考えることに。

現在は、生活コストを徹底的に抑え、本業×副業でお金を稼ぎ、余剰資金を米国高配当株ETFに投資に回すことで、経済的な自由を目指しています。
サイト情報
なにおれ
きっと何者にもなれない俺たちのライフスタイル。通称「なにおれ」。

ミニマリズムをベースに、少ないお金でも楽しく暮らす方法について発信しています。

何者にもなれなかった大人たちに、ゆるく気楽に生きていくライフスタイルを提案。
【9/21まで無料】Kindle本『ミニマリスト式超Twitter術』を出版しました

1日2食の朝食抜き生活を365日続けて実感した5つの効果

朝ごはんを食べない1日2食生活って体に悪い?太りやすいって本当?メリットはある?

そんな疑問に答えます。

なにおれ

こんにちは、なにおれ (@lemologue) です。朝食抜きの1日2食生活を1年以上続けているミニマリストです。

結論からいえば、

朝ごはんを食べない生活で…
  • お金が貯まり、
  • 自由な時間が増え、
  • 体脂肪が落ち、
  • 体調が良くなり、
  • 集中力が増した

と、感じています。

「ちょっといいすぎかなあ」と思いつつも、朝食抜き生活がいい作用をしていると実感しています。

本記事では、朝ごはんを食べない1日2食生活を1年以上続けて実感しているメリット・デメリット、朝食抜きの1日2食生活を無理なく続けるコツを紹介します。

目次

1日2食生活には朝食抜きをおすすめする理由

まずは、1日2食生活では朝ごはんを抜くのがおすすめの理由を紹介します。

もし昼食を抜くとすると…

朝から夜までの12時間近くなにも食べないことになります。昼間は仕事でエネルギーをたくさん使うので、お昼を抜いてしまうと、仕事のパフォーマンスが低下するかもしれません。

一方、夕食を抜いた場合…

お腹が減りすぎて寝つきが悪くなるかもしれません。良質な睡眠は、健康的に暮らすためには絶対にないがし ろにできません。

その点、朝ご飯を抜いても生活に大きな影響がありません。

むしろ朝食はなにも口にしないことのほうがメリットは大きいと思っています。

詳しくはこれから紹介します。

朝ごはんを食べない1日2食生活で得られる効果

朝食抜きの1日2食生活を1年以上続けて実感している効果は、5つあると思っています。

朝食抜き生活のメリット
  1. お金が貯まる
  2. 体脂肪が落ちる
  3. 家事の時短になる
  4. 体調がよくなる
  5. 頭の中がスッキリする

お金が貯まる

まずは、お金のこと。

単純に1食減るので食費が減り、お金が貯まるようになりました

朝ごはんを食べることが習慣になっている人の中で、「毎日自炊している」という人はどのくらいいるでしょうか。

朝ごはんといっても、コンビニでおにぎりやパン、サンドウィッチを買っている人も多いはずです。

コンビニで朝ごはんを買うことの大きなデメリットに、一緒に飲み物やコーヒー、お菓子を買ってしまうことがあります。

「おにぎり1つだけ買うつもりが、コーヒーとグミも買っていた」

そんなことってよくありますよね。

しかし、朝ごはんを抜くことで、朝食代に余計な買い物をすることがなくなりました。

たとえば、朝ごはん1食に300円使っていたとすると、1ヶ月で約1万円。

1年に換算すると、約12万円にもなります。

月1万円の昇給も難しい現代において、月1万円を節約するメリットは大きいとわかると思います。

体脂肪が落ちる

朝ごはんを抜くことで、体脂肪がガンガン落ちます。

人間の体というのは、空腹中に脂肪が燃焼されます。

活動エネルギーとなる食料をとらないことで、体内に蓄えた脂肪からエネルギーを作り出そうとするため、自然と余分な体脂肪が減っていくという仕組みです。

空腹期間を作るには、朝ごはんを食べないことが最も手っ取り早いのです。

たとえば、前日の19時に夕食をとったとして、翌日の12時にお昼を食べたとしましょう。

すると、17時間はなにも口にしていないことになります。

これだけの時間、胃の中を空っぽの状態にできれば、脂肪はエネルギーとして使われます。

実際私も、朝食抜き生活をするようになって、体脂肪率12%をキープできるようになりました。

「全然ダイエットがうまくいかない…」

そんな人には、朝食抜き生活は特におすすめです。

ただ、ひとつ注意しなければいけいないのが、「間食をしないこと」です。

せっかく朝食を抜いても、間食でお菓子を食べてしまったらダイエットにはなりません。

朝食抜きでお腹が空いても間食しないコツは後述します。

家事の時短ができる

朝ごはんを抜くことで、自由な時間が増えます。

これは、買い物の時間、朝食を作る時間がなくなるためです。

サラリーマンや共働きで忙しく働いていると、自由に使える時間を捻出するのってけっこう大変ですよね。

自由な時間といえば、仕事が終わった夜の1, 2時間だけ。

そんなことはよくあります。

しかし、朝ごはんを食べないことで、朝に自由な時間ができます。

その分たくさん寝てもいいし、空いた時間で本を読んだりもできます。

私の場合は、朝にブログを書いたり、毎朝30分の読書ができるようになりました。

「新しいことを始めたい!」

そんなサラリーマンの方は、「細切れの時間をなくして、まとまった時間を作ること」が大切です。

朝の時間というのは、貴重なまとまった時間になります。

体調がよくなる

朝ごはんを抜くと、健康面で不安を感じるかもしれません。

しかし、個人の実体験としては、健康的な問題は起きていません。

体脂肪率12%を維持できているし、会社の健康診断でもオールAが続いています。

また、朝食を抜くことで、内臓を休められるメリットもあります。

特に、「腸は第二の脳」ともいわれており、腸の働き次第では、病気を防ぐだけでなく、メンタル面にも効果があるといわれています。

created by Rinker
¥2,980 (2021/09/17 20:50:42時点 Amazon調べ-詳細)

1日3食しっかり食べていたら、1日の中で腸が休まる時間もできません

腸を休めて正常に働かせる上では、1食抜くことはとても自然なことだと思っています。

「1日3食しっかり食べないといけない」

そういった固定概念を疑ってみることも大切だと思います。

頭の中がスッキリする

最後、5つめのメリット。

頭の中がスッキリとクリアになった気がします。

朝ごはんを食べると、食べた物を消化するためエネルギーが使われます。

また、朝ごはんになにを食べるかを考えたり、コンビニでなにを買おうか迷ったり、気が付かないうちに選択によって脳が疲弊しています。

その結果、1日の中で最も集中力が高いとされる午前中の時間、頭がボーッとしてしまう。

そんなことが多くなります。

しかし、朝食を抜く生活では、頭の中はいつもクリアになります。

消化によるエネルギーの消費も、朝食を悩む時間もないからです。

午前中でも脳が疲れておらず、集中力が長く続くようになったので、朝の副業や仕事も捗 (はかど) るようになりました。

朝食抜きの1日2食生活のデメリット

「朝食抜きの1日2食生活にデメリットはある?」

という疑問に対しては、個人的には、特に思い当たりません

しかし、強いていえばひとつだけ。

それは、間食するとすぐに太ってしまうことです。

間食するとすぐに太る

朝ごはんを食べない代わりに会社でお菓子を食べていたら、太ることは簡単に想像できると思います。

朝食を抜くことで体脂肪が落ちるメリットがありますが、そのためには2つの条件が揃っている必要があります。

朝食抜きで痩せる条件は…
  1. 1日で16時間近くの空腹期間を作ること
  2. 摂取カロリーをコントロールできること

この2つです。

つまり、1日の消費カロリー以上に食べないこと、空腹期間を作って体を飢餓状態にすることです。

間食をしてしまうと空腹期間もできず、カロリーコントロールもできません。

正直、朝食を抜いた最初の1ヶ月は空腹でつらいと思います。

でも、大丈夫です。

人間の体は良くも悪くも順応する力があるので、続けていればそれが当たり前になり、次第に我慢は必要なくなります。

朝食抜きの一日二食生活を続けるコツ

「朝食抜きの1日2食生活のメリットはわかったけど、お腹も空くし、実際に続けるのは難しそう…」

そんな方におすすめの方法があります。

それは、朝にたんぱく質を補給することです。

たんぱく質には、「食欲を抑える働き」があります。

1日2食生活が続かなくなる最大の敵は、「食欲の暴走」です。

しかし、たんぱく質を朝に摂ることで、午前中に空腹で集中できなくなるようなことはありません。

私も以前は、たんぱく質を摂るためにプロテインを飲んでいたのですが、現在は、GALLEID(ガレイド)の「スマートフード」という完全栄養食を愛用しています

「スマートフード」のなにが良いかというと…

  • 1食あたり166円と格安
  • 1食でたんぱく質10g
  • 1食で1日に摂ったほうがいいビタミン・ミネラルをほぼカバー
  • 1食60kcalと低カロリー

というメリットがあります。

プロテインではたんぱく質しか摂れないですが、同じくらいの値段で1日に必要なビタミン・ミネラルまで摂れてしまいます。もちろん、空腹期間をしっかり作れるのでダイエットにもなります。

プロテインのようにシェイカーで飲むだけなので、お手軽で長続きもします。

詳しくは、「【1食166円の完全栄養食】ガレイド スマートフードをレビュー!朝ごはんの置き換えに最適」の記事を見てください。

最後に

1日2食の朝食抜き生活を続けて実感した5つの効果について紹介しました。

当記事をまとめます。

まとめ
  • 1日2食生活をするなら、朝食抜きがハードル低めでおすすめ
  • 朝ごはんを買わなくていいため、食費の節約になる
  • 人間の体は空腹中に脂肪がエネルギーとして使われるため、体脂肪が落ちる
  • 朝食を作る時間や買い物の時間ががなくなり、自由な時間が増える
  • 1食抜くことで腸を休めることができ、体調やメンタルが改善する
  • 朝ごはんを食べることによる消化が必要ないため、午前中に集中力が高まる
  • デメリットとして、朝食を抜いても間食してしまったらすぐに太る
  • 朝食抜きの空腹感を抑えるには、朝にたんぱく質を摂るのがおすすめ

朝食抜きの1日2食にはメリットがたくさんあります。

お金が貯まり、体脂肪が落ち、自由な時間が増え、体調がよくなり、集中力も増します。

いきなり目に見えて劇的な変化はありませんが、健全な方向にシフトしていることを感じられるはずです。

朝ごはんを抜いても間食すると太ってしまいますが、朝にたんぱく質を摂れば食欲も抑えられますよ。

▼関連記事

朝ごはんの代わりにプロテインを飲む生活の大きな魅力は、体脂肪を簡単に落とせることだと思います。詳しくは、「簡単に体脂肪を減らすシンプルな方法!朝食をプロテインに変えるだけ」の記事を見てください。

以上

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コスパ最強の食生活

「宅配弁当nosh×半自炊生活」であれば、自炊しないで、健康的な食事を楽しみながら、食費の節約もできます。

運営者

月6〜8万円で暮らす30歳ミニマリスト。社会人4年目に苦手な営業から転職したことをきっかけに、自分にとって理想の暮らしを真剣に考えることに。現在は、生活費を徹底的に抑え、本業×副業でお金を稼ぎ、余剰資金を米国高配当株ETFに投資に回すことで、経済的な自由を目指しています。電子書籍も5冊出版中。

目次
閉じる