2020.01.23

一人暮らしのめんどくさいご飯は『1汁2菜』を基本型にするのがおすすめ

 

一人暮らしをしているいけど、ご飯を作るのがめんどくさい。でも、お金をかけずにおいしいご飯が食べたい。

 

そんな悩みを持つ方に向けて。

 

こんにちは、なにおれ (@lemologue) です。私は、月8万円で生活する倹約家サラリーマンです。ほとんど外食はせずに、自炊した料理を食べるのが習慣になっています。

 

当記事では、めんどくさい一人暮らしのご飯を、安く・健康的に・簡単にするポイントを紹介します。

関連記事:一人暮らしミニマリストの毎日の食事内容!食費は?自炊のコツは?

 

めんどくさい一人暮らしのご飯は『1汁2菜』を基本型にするのがおすすめ

まずは結論から。

 

1汁2菜を食事の基本型にすることです。

 

ご飯をつくるのがめんどくさい理由って、「どんな料理をつくろうかあ」って考える時間にあります。

 

献立やバランスを考えるのがめんどくさい。

 

だから、結局はコンビニ弁当やインスタントラーメン、スーパーのお惣菜に手が出てしまうわけです。

 

そのため、食事の基本型を決めておくことで、めんどくさい料理のハードルを下げることができます。

 

また、この基本型をお金をかけない型にすることによって、食費を抑えながら、健康的でおいしい食事にすることも可能です。

関連記事:【筋トレ飯】一人暮らし男の1ヶ月の自炊内容を紹介!食費はいくら?

 

【主食】白米は小分け冷凍しておく

仕事終わりに毎回ご飯を炊くのは大変です。

 

そのため、週末に白米をまとめて炊いて、サランラップで小分けして冷凍保存します。

 

簡単なことですが、これだけで毎日白米を食べることができます。

 

冷凍ご飯をおいしく保存するコツとしては、炊きたての熱々の状態でサランラップに蒸気ごと包むこと。

 

蒸気も一緒に封じ込めるように包むことで、お金が乾燥してパサパサになることを抑えることができます。

 

とにかくご飯を炊いたらすぐにラップに包む。

 

これだけ覚えておけばOK。

 

【一汁】味噌汁はインスタント

一人暮らしの狭いキッチンには一口しかコンロがないことも多いです。

 

そのため、食事の度に汁物を作るのは大変。

 

そのため、汁物はインスタントの味噌汁でOK。

 

電子レンジでお湯を沸かせばそれだけで食べられます。

 

また、インスタントの味噌汁には具材が全然入っていないので、乾燥わかめをストックしておくことで豪華な味噌汁に早変わりします。

 

【主菜】週末に作り置きする

食事のメイン。

 

週末に平日分として数品作り置きをしておくのがおすすめです。

 

週末にまとめて作り置きをすることで、冷蔵庫で食材を腐らせることもなくなり、仕事終わりでもレンジで1分温めるだけでおいしいご飯にありつくことができます。

 

料理に慣れないうちは時間がかかるかもしれませんが、続ければ続けるほどスキルとして蓄積されて、安く、早く作れるようになりますよ。

 

▼予算1,500円で6食分の作り置き (調理時間:1時間)

 

「どうしても料理するのがめんどくさい!」

 

そんな人は、冷凍食品をストックしておくのもいいと思います。

 

スーパーで買ってもいいですが、楽天市場などでコスパのいい商品をストックしておくのも悪くない選択。

 

▼1食当たり306円でお肉の冷凍食品

 

▼1食当たり320円で魚の冷凍食品

 

関連記事:【作り置き筋トレレシピ集】「安い・うまい・カンタン」の男の筋肉料理

 

【副菜】豆腐を皿に盛り付ける

副菜が一品あるだけで、食事が明らかに豪華になります。

 

とはいえ、手の込んだ料理は必要ありません。

 

絹ごし豆腐を小鉢に盛り付けるだけでOKです。

 

豆腐一丁で、筋肉を合成するたんぱく質が10~15g、体を機能させるミネラル類も豊富に摂取できます。

 

食事が白米やお肉に偏りがちな一人暮らしの食生活にはちょうどいいですね。

 

あと、余力があれば、おひたしを作るとベスト。

 

野菜を食べられて、食事の彩もよくなります。

 

作り方はめちゃくちゃ簡単。

①ほうれんそう、小松菜、チンゲン菜などの緑野菜にお湯をぶっかける

②めんつゆをぶっかけて容器で保存

 

これだけです。

 

料理は器をこだわると劇的においしくなる

おいしい料理において、調理方法や味付けはもちろん重要です。

 

ですが、「どんな器に盛り付けるか」ということも超重要。

 

逆をいえば、いい感じの器さえ揃えておけば、冷凍食品をチンしただけでもめちゃくちゃおいしいそうな料理に見えます。

 

なにげない毎日の食事ですが、「食事を作業ではなくて、毎日の楽しみ」にできたら最高ですよね。

 

そのため、100均で安価な量産品を買うのではなくて、インテリアショップや陶芸作家の作品なんかを好みに合わて買ってみることをおすすめします。

 

きっと一人暮らしの味気ない毎日の食事がもっと楽しくなりますよ。

 

ちなみに、一人暮らしであればこれだけ食器があれば十分です。

  • 茶碗 ×1
  • 汁椀 ×1
  • 大皿 ×1
  • 小鉢 ×2
  • 耐熱グラス ×1

 

「私だったらこんな感じの買うな~」って商品を紹介しますね。

 

★大皿。丸い白の大皿はどんな料理にも合う。

 

★小鉢。ガラス小鉢はサラダや漬け物を盛り付ける用。

 

★小鉢。電子レンジ対応の小鉢があると便利。

 

★茶碗。ブルー系はご飯がおいしそうに見える。

 

★汁椀。木製がおすすめ。

 

★グラス。おしゃれな耐熱グラスは汎用性が高い。

 

関連記事:ミニマリストが愛用する食器を紹介。一人暮らしに必要な食器枚数とは?

 

最後に

一人暮らしのめんどくさいご飯は『1汁2菜』を基本型にすることについて紹介しました。

 

当記事をまとめます。

  • 1汁2菜を食事の基本型にすることでご飯がめんどくさくなくなる
  • 主食の白米は、炊き立てのご飯をサランラップで小分けして冷凍保存
  • 汁物はインスタントの味噌汁に乾燥わかめを加える
  • 主菜は週末に作り置きを数品作っておく
  • 副菜は豆腐かおひたしを作り置きしておく
  • 味気ない料理でも器をこだわるだけでおいしくなる

 

家事から炊事まで、なんでも一人でやらないといけない一人暮らしは大変です。

 

ですが、食事は日常に幸せを感じる重要なイベントであり、大切な時間にしたいですね。

 

だから、料理は男であろうと間違いなくできたほうがいいです。

 

料理のスキルは身につけてしまえば一生使えるため、早く身につけるほどコスパが良くなりますよ。

関連記事:男でも料理ができるほうが絶対に人生は豊かになる理由

 

以上

毎日使う愛用品

20代後半ミニマリスト男が毎日使っている愛用品

Amazonおすすめ商品

月8万円で暮らす20代後半ミニマリストがAmazonで買ってよかったもの8選

映画・ドラマ・アニメが無料で見放題

映画・ドラマ・アニメを289日間無料で見放題にする方法を紹介。

不用品買取・回収サービス

不用品をまとめて処分できるおすすめの不用品買取・回収サービスまとめ23選

レンタル・シャアリングサービス

持たない暮らしに最適なレンタル・シェアリングサービスまとめ10選
by
関連記事