2020.04.13

料理好きミニマリストが愛用する食器10枚。一人暮らしに必要な数は?

 

ミニマリストはどんな食器を使っているの?一人暮らしに必要な食器の数って?

 

そんな疑問を持つ方に向けて。

 

こんにちは、なにおれ (@lemologue) です。私は料理が好きなので食器にはこだわりを持っています。それでも所有している食器は6種類と10枚だけ。

 

食器は料理の味を何倍にも引き出す魔法のアイテムです。

 

100均で程度のいい食器が揃う時代ですが、お気に入りのこだわりの食器を持つことで豊かな食生活を送ることができるようになります。

 

当記事では、一人暮らしのミニマリストが愛用している食器について紹介します。

 

料理好きミニマリストが愛用する食器10枚

私が愛用している食器はこちら。

  1. ご飯茶碗 ×1
  2. 汁椀 ×1
  3. 平皿 ×2
  4. 深皿 ×1
  5. 小鉢 ×2
  6. 豆皿 ×3
  7. マグカップ ×1

 

陶器が好きなので、レンジが使えなくて不便ですが陶器で揃えています。

 

1. 茶碗

陶器の小ぶりで浅めのご飯茶碗。

 

小ぶりの茶碗で山盛りご飯のビジュアルがなんとなく好きなんですよね。

 

ご飯は主食になるので、ご飯茶碗はとびっきりのお気に入りを見つられると最高です。

 

2. 汁椀

シンプルな汁椀。

 

汁物は一人暮らしが野菜を大量に食べるために絶好の料理です。

 

スーパーで旬の安い野菜を買ってきて、味噌汁の具材としてぶち込むだけ。これだけでビタミンと食物繊維たっぷりの食事が簡単にできます。

 

そのため、汁物を入れる汁椀を1つ持っていたほうがいいです。

関連記事:一人暮らしでも栄養を摂る。安くて簡単にできる意識高い系の自炊術。

 

3. 平皿

一人暮らしでメインの食器になるのが平皿。

 

平皿はワンプレートでたくさんお料理を盛り付けることができます。

 

私の場合、毎日卵3個とひきわり納豆のオムレツと作り置きした料理を一緒に盛り付けています。

 

平皿はもう1枚持っています。

 

こちらの皿はリムのないタイプで、見た目が美しいのが気に入っています。

 

お刺身を盛り付けたり、チーズやサラミなどのおつまみを並べて晩酌のお供に、なんて使い方をする平皿です。

関連記事:たんぱく質不足を解消!卵3個とひきわり納豆のオムレツを毎日食べる

 

4. 深皿

深めの皿が1枚。

 

汁気のある料理の盛り付けように深さのあるお皿は1枚あったほうがいいです。

 

パスタやカレーなんかにも使えますね。

 

料理するのがめんどくさい時は、ご飯を盛って焼いた肉でも乗せれば丼ものにもなります。

 

5. 小鉢

小鉢も2枚あります。

 

1枚はシンプルに白色の小鉢。

 

白い皿のいいところは万能なところ。

 

メインの料理からおひたしなんかの副菜、スイーツやお菓子など、なにを盛り付けてサマになります。

 

もう1枚は独特の深緑の小鉢。

 

サラダを盛り付けたり、煮物を盛り付けたり、白い皿にはない個性があって料理の見た目を美しく引き立ててくれます。

 

6. 豆皿

陶器の豆皿とガラスの豆皿。

 

黒とグレーの色違い。

 

漬物を盛り付けたり、醤油刺しにしてみたり。

 

盛り付けに困る小さな料理に最適です。

 

もう1枚はガラスの豆皿。

 

ガラス製のお皿は、冷製の料理を盛り付けるのに最適。

 

夏場にキンキンに冷えたトマトを切って盛り付けるだけで、普通に食べるよりも2倍はおいしく感じますね。

 

7. マグカップ

マグカップが1つ。

 

陶器のお気に入りのマグで土曜日の朝にホットコーヒーを飲む時間は幸せそのものです。

 

9. 箸 & スプーン

箸が1膳とスプーンが1つ。

 

何本も箸があっても仕方がないので、お気に入りの箸を1セットだけ。

 

あとは、スプーンも1つ。

 

汁物やどんぶり、ヨーグルトなどのデザートを食べるときには必要ですね。無印良品の「ステンレススプーン」を使っていますが、ステンレスで錆びないので衛生的に使えます。

 

一人暮らしミニマリストに必要な食器の数は?

一人暮らしに必要な食器の数は決して多くありません。

 

最低限これだけあれば十分です。

  • 茶碗 ×1
  • 汁椀 ×1
  • 平皿 ×1
  • 深皿 ×1
  • 小鉢 ×1
  • 箸 ×1
  • スプーン ×1

 

ご飯と味噌汁、平皿にワンプレートで盛り付ければOK。

 

あとは小鉢が1つあれば煮物やおひたしなんかを副菜を盛り付けられるのでいいですね。

 

とはいえ、必要以上に食器の数を減らしすぎるのはやめたほうがいいと思っています。

 

食事をするだけなら丼1つだけをあればいいかもしれませんが、白米の上に具材をぶっかけるだけの食事では寂しすぎます。

 

一人暮らしには、「一汁二菜」が栄養や手間のバランスがいいと思うので、最低でも茶碗と汁物、主菜と副菜を盛り付けるだけのお皿は揃えておきたいですね。

関連記事:一人暮らしのめんどくさいご飯は『1汁2菜』を基本型にするのがおすすめ

 

一人暮らしミニマリストの食器収納方法

「備え付けの棚や引き出しに収納」がシンプルでいいと思います。

 

枚数を厳選していれば、どんなに小さい棚でも収納できるはずです。

 

キッチンにちょっとした引き出しが備え付けられていれば引き出し収納でもいいですね。

 

食器棚を置いて食器を並べるのも素敵ですが、実用性を考えると棚か引き出し収納が楽。

 

キッチンにはできるだけものは置かず、吊るして収納することでスッキリとすることができます。

関連記事:ミニマリストが実践したシンプルなキッチンを作る4つのコツ

 

最後に

料理の好きのミニマリストが愛用する食器について紹介しました。

 

当記事をまとめます。

  • こだわりの食器は料理の味を何倍にもおいしくする
  • 茶碗・汁椀・平皿の3種類があれば最低限はOK
  • 小鉢があると華やかな盛り付けができる
  • 箸はお気に入りの1セットだけを持つ
  • 狭いキッチンでは備え付けの棚や引き出しに食器を収納する

 

自炊でおいしい料理を食べたいなら食器にはこだわったほうがいいです。

 

1枚3,000円前後の作家さんの食器を揃えても、茶碗・汁椀・平皿・小鉢で10,000円程度です。

 

毎日使う食器、一度買えば何年も使える食器などで、多少の初期投資で豊かな食生活が送れるようになりますよ。

 

▼自炊で食費を下げる方法を解説しています

関連記事:無理せずに食費を月1~2万円にする超具体的な方法【一人暮らし】

 

▼一人暮らしで自炊するなら作り置きがメリット大です

関連記事:一人暮らしで自炊するなら作り置きがおすすめな理由

 

▼料理の上達には知識があったほうが間違いなくいいです

関連記事:自炊初心者がまず覚えたい「料理が上手くなる10のテクニック」

 

以上

毎日使う愛用品

20代後半ミニマリスト男が毎日使っている愛用品

Amazonおすすめ商品

月8万円で暮らす20代後半ミニマリストがAmazonで買ってよかったもの8選

不用品買取・回収サービス

不用品をまとめて処分できるおすすめの不用品買取・回収サービスまとめ23選
by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。