MENU
プロフィールの画像
プロフィール
れもん(29)
20代後半の倹約家サラリーマン。月6万円の生活費で一人暮らしをしています。

社会人4年目に苦手な営業から転職したことをきっかけに、自分にとって理想の暮らしを真剣に考えることに。

現在は、生活コストを徹底的に抑え、本業×副業でお金を稼ぎ、余剰資金を米国高配当株ETFに投資に回すことで、経済的な自由を目指しています。
サイト情報の画像
サイト情報
なにおれ
きっと何者にもなれない俺たちのライフスタイル。通称「なにおれ」。

ミニマリズムをベースに、少ないお金でも楽しく暮らす方法について発信しています。

何者にもなれなかった大人たちに、ゆるく気楽に生きていくライフスタイルを提案。
インスタグラム 毎日(20:00)更新中

ミニマリストのキッチンに必要なものは?おすすめのキッチン用品を紹介。

 

ミニマリストにおすすめの必要最低限のキッチン用品が知りたい。

 

そんな方に向けて。

 

こんにちは、なにおれ (@lemologue) です。私は少ないものだけで暮らす20代後半のミニマリストです。

 

ごちゃごちゃとしたキッチンは不衛生に見えるだけでなく、機能的ではありません。

 

スッキリと使いやすいキッチンにするには、必要最低限のお気に入りのキッチンツールに絞ることが大切です。

 

当記事では、料理をする上で最低必要なおすすめのキッチン用品を紹介します。

 

目次

ミニマリストのキッチンに必要なものは?

最低限のキッチン用品を揃えるコツ。

 

それは、「多機能なキッチンツールを選び、特定の用途だけに使うものは持たない」という考え方が重要になります。

 

雑貨屋さんなどを覗いていると、つい便利なキッチンツールが欲しくなります。

 

ですが、ほとんどの場合においては不要だと思います。

 

あったとしても、少しだけラクになる程度です。

 

  • フライパンと鍋が1つづつあればOK
  • 包丁が1本あれば、フープロやピーラーは不要
  • 食器類は毎日使うものだけを持つ

 

このように、少ないキッチンツールでも十分に快適をすることは可能です。

 

ミニマリストにおすすめのキッチン用品

1. 調理器具

フライパン

自炊をする上では、フライパンの存在は欠かせません。

 

フライパンは炒めるだけでなく、お湯を沸かす鍋になったり、一時的に食材を入れておくボールにもなったりもします。

 

フライパンは小さすぎると使いにくいので、26cmのものがおすすめです。

 

鉄製フライパンのほうが料理がおいしくなりますが、メンテナンスの手軽さと油を使わなくてすむテフロン製を選ぶ無難。

 

フライパンは消耗品と割り切って、Amazonや楽天市場で評価の高い2,000円程度のフライパンを購入すればいいと思います。

created by Rinker
サーモス(THERMOS)
¥2,100 (2020/09/18 12:08:43時点 Amazon調べ-詳細)

 

片手鍋

一人暮らしの方であれば大きな鍋は不要です。

 

一人分のお湯を沸かしたり、簡単な調理をするために、16cm程度の片手鍋が1つあれば十分です。

 

おすすめはオールステンレスの片手鍋です。

 

オールステンレスのものは値段は高くなりますが、錆びないので、いつまでに美しい状態をキープすることができます。

 

狭い一人暮らしであれば、フライパンや鍋を収納するスペースはないので、吊るして見せる収納をするのが一番です。

 

そのためには、見た目がおしゃれで綺麗なキッチン用品を揃えることは大切です。

created by Rinker
無印良品
¥4,900 (2020/09/18 01:06:14時点 Amazon調べ-詳細)

 

まな板

料理をする上で、まな板も必須です。

 

おすすめは100均などのペラペラなものではなくて、木製の分厚いまな板です。

 

木製のまな板は使い心地がいいだけでなく、流し台をまたいで使うことで、狭いキッチンスペースでも調理がしやすくなります。

 

また、木製のものは圧倒的に見た目がよくなるので、料理すること自体が楽しくなります。

 

ガス台に適当に立てかけておくだけでも、おしゃれじゃないですか?

 

木製のまな板は値段が少し高くなりますが、チャバツリーの「カッティングボード 」はおすすめです。まな板は大きいほうが使いやすいので、Lサイズがいいと思います。

created by Rinker
¥3,960 (2020/09/18 12:13:14時点 楽天市場調べ-詳細)

 

包丁

無印良品 オールステンレス 三徳包丁

 

無印良品で3,000円で購入できるおすすめの包丁です。

 

オールステンレスの包丁は、錆びずに使え、持ち手の部分まで継ぎ目がないことでゴミが挟まることもありません。そのため、愛着を持って、ずっと清潔に使うことができます。

 

包丁が刃こぼれしてきたら、簡易的な方法ですが、陶器の食器の裏側で研ぐこともできます。それでも長く使っていると切れ味が悪くなるので、100均でもいいので、砥石を買ってきて研いであげるといいと思います。

 

シリコンスプーン

無印良品 シリコーン調理スプーン

 

無印良品のキッチンツールの中でも、最強の呼び声高い商品です。

 

最大の特徴は、すべてシリコン素材でできているので、スプーンの部分が自在に変幻することです。そのため、フライパンやボールの縁まで吸い上げることができます。

 

また、熱にも強い仕様なので、フライパンで調理するときにもそのまま使えるのもいいところです。

 

菜箸・木べら・お玉のいいところをすべて合わせたような画期的な商品です。

 

お玉

無印良品 ステンレスお玉

 

シリコンスプーンですくう機能は十分なのですが、味噌汁などの作るときには、底の深いお玉があったほうがやっぱり便利です。

 

無印良品のお玉の特徴はステンレスで錆びにくいこととと、お玉の部分にメモリがついているので、軽量スプーンが不要になります。

 

ステンレスボール

無印良品 ステンレスボール

 

和え物やハンバーグを作ったりする時に、大きめのボールが1つあるとかなり便利です。無印良品のステンレスボールは、内側にメモリもついているので、機能性は抜群です。

 

ステンレス製なので、当然、錆びずにずっと使うことができます。値段は1,000円ちょっとするので高めではありますが、コスパで考えればこれほどの商品はないと思います。

 

無印良品 ステンレスメッシュザル

 

合わせて、メッシュザルもあるといいです。こちらもかなり優秀な商品で、水切りの能力が抜群に優れています。

 

サラダを作るために野菜を洗っても、かなりしっかり水を切ることができるのでストレスがたまりません。また、網目の粗さもちょうどよくて、米の水を切っても落ちていかないです。

 

おろし金

無印良品 ステンレスおろし金

 

使いやすさでだけでいえば、もっと大きなおろし金がいいのですが、なんといっても壁に吊るしてもおしゃれなところがいいです。

 

おろし金といえば安っぽいものであったり、場所をとる平置きのものが多いですが、コンパクトで見せる収納ができる点で、無印良品のおろし金はおすすめです。

 

一人暮らしであれば、にんにくとしょうがくらいしかすりおろさないので、サイズはこれくらいで十分です。

 

食器類

食器

一人暮らしであれば、たくさんの食器は必要ありません。

 

  • ご飯茶碗
  • 汁椀
  • ワンプレートができる皿
  • 深めの椀
  • 小鉢

 

毎日使う食器を1セット持つだけで十分です。

 

ただ、食器は一度買うと割れるまでずっと使うことになるので、最初の食器選びが重要だと思います。

 

料理は「見た目」ともいいますが、料理の盛り付けは、料理の味を一気に引き上げる上でかなり重要な役割を果たします。そのため、100均などでつまらない食器を買うのではなく、人の手で作られた食器を持つのがやはりおすすめです。

関連記事:料理好きミニマリストが愛用する食器10枚。一人暮らしに必要な数は?

 

ガラスタッパー

作り置き用にタッパーがいくつかあるといいです。

 

おすすめは「ダイソー」に売っている耐熱のガラスタッパーです。

 

プラスチックのタッパーと比べて、見た目が圧倒的におしゃれなので、料理が楽しくなること間違いなしです。

また、ガラスタッパーは、プラスチック製に比べて食品のにおいがつきにくいので、衛生的なところもいいところです。

 

他にも、そのまま電子レンジで温めることもできるので、そのまま食器として使うこともできます。

 

調味料類

必要最低限の調味料でもいいのですが、料理のレパートリーの幅を広げるには、スパイスなども揃えるといいと思います。

 

私の場合は、日本酒、醤油、お酢の他に、10種類近いスパイスを持っています。

 

カイエンペッパーやコリアンパウダーはかなり使い道が広いので、おすすめですね。

楽天市場の「アメ横大津屋」がおすすめです。

 

料理するのにちょうどいい100gから、いろいろなスパイスを安価で購入することができます。100均のガラス瓶に詰めかえれば、適当に置いておくだけでもおしゃれです。

created by Rinker
¥301 (2020/09/18 14:21:52時点 楽天市場調べ-詳細)

 

関連記事:自炊歴5年の倹約家が教える必要最低限の調味料5選

 

狭いキッチンは吊るして見せる収納がおすすめ

少ないキッチン用品に絞っても、一人暮らしの狭いキッチンであれば、収納に困ると思います。

 

そんなときには、吊るして見せる収納がおすすめです。

 

100均でS字フックを買ってきて、換気扇付近で吊るせそうな所になんでも吊るすだけなので、だれでもカンタンにおしゃれな見せる収納ができます。

 

そのため、キッチン用品を選ぶこと気は、S字フックで吊るせるように、吊るす用の穴が空いているものを選ぶのが絶対条件です。

 

詳しい見せる収納については、別記事でも紹介しているので、参考にしてみてください。

関連記事:ミニマリストが実践したシンプルなキッチンを作る4つのコツ

 

最後に

キッチンをスッキリ使いやすくするために、おすすめなキッチン用品を紹介しました。

 

当記事をまとめます。

  • キッチン用品は、多機能なものを選ぶ
  • キッチン用品は、吊るして収納できるように穴があいたものを選ぶ
  • キッチン用品は、機能面だけでなく、デザインがお気に入りのものを選ぶ

 

ついつい便利だけでも出番の少ないキッチン用品を買わずに、本当に必要なものを持つだけでは、キッチンは劇的にスッキリと衛生的になり、快適な空間になると思います。

 

以上

ミニマリスト男の厳選愛用品

20代後半のミニマリスト男が毎日使っているコスパ抜群の愛用品たちを紹介。

不用品買取おすすめサービス23選

「断捨離で出てきた不用品を少しでも高く買い取ってほしい!」

そんな方におすすめの買い取りサービスをまとめました。

運営者

20代後半の倹約家サラリーマン。月8万円の生活費で一人暮らしをしています。社会人4年目に苦手な営業から転職したことをきっかけに、自分にとって理想の暮らしを真剣に考えることに。現在は、生活コストを徹底的に抑え、本業×副業でお金を稼ぎ、余剰資金を米国高配当株ETFに投資に回すことで、経済的な自由を目指しています。

コメント

コメントする

目次
閉じる