MENU
30歳ミニマリストが買ってよかったもの
20代・30代男性におすすめのファッションアイテム
お得なサービス10選
【2021年7月】Kindle Unlimitedで読める面白かった漫画まとめ
サラリーマンがやるべきこと
おすすめのプロテイン
プロフィール
れもん(29)
20代後半の倹約家サラリーマン。月6万円の生活費で一人暮らしをしています。

社会人4年目に苦手な営業から転職したことをきっかけに、自分にとって理想の暮らしを真剣に考えることに。

現在は、生活コストを徹底的に抑え、本業×副業でお金を稼ぎ、余剰資金を米国高配当株ETFに投資に回すことで、経済的な自由を目指しています。
サイト情報
なにおれ
きっと何者にもなれない俺たちのライフスタイル。通称「なにおれ」。

ミニマリズムをベースに、少ないお金でも楽しく暮らす方法について発信しています。

何者にもなれなかった大人たちに、ゆるく気楽に生きていくライフスタイルを提案。
【無料で資産形成の相談のります】なにおれ公式LINE
>>30歳ミニマリストが買ってよかったもの

ミニマリストが実践!キッチンをスッキリ整える4つのポイント

ミニマリストのキッチンをスッキリさせるコツが知りたい!

そんな方に向けて。

こんにちは、なにおれ (@lemologue) です。

私は、1k8畳の部屋の一人暮らしをしている20代後半のミニマリストです。

ほとんど外食はせずに自炊をしているので、キッチンは使い勝手がよく、スッキリ整うように工夫を重ねてきました。

大事なことは、断捨離と見せる収納です。

当記事では、一人暮らしミニマリストが実践しているキッチンをスッキリ整えるポイントを紹介します。

目次

一人暮らしミニマリストのキッチンを公開

まず、こちらが我が家のキッチンになります。

1kの間取りによくある玄関とリビングスペースの間にあるキッチンタイプ。

自炊をしているので、比較的ものは多いかもしれません。

ですが、スッキリと片付いていて、使い勝手もいいです。

キッチンの床には、なにも置いていません。

キッチン

後述しますが、ごみ箱もないです。

キッチンの床にはなにも置かないことで、広々と使いやすく、見た目も清潔なキッチンになります。

クイックルワイパーで一拭きするだけなので、掃除もかなり楽です。

ミニマリストが実践するキッチンをスッキリ整えるポイント

私が実践しているキッチンをスッキリさせるポイントは4つあります。

キッチンをスッキリさせるポイント
  1. なくても困らないものは断捨離
  2. お気に入りは吊るして収納
  3. キッチン家電はブランドを揃える
  4. ものの置き場所を決める

なくても困らないものは断捨離する

料理する方の場合、便利だからとキッチンツールが増えがちです。

ですが、なくても困らないものはできるだけ断捨離すること。

特に、大きな目立つものは、少なければ少ないほどスッキリと見えます

参考に、我が家のキッチンにないものを紹介します。

  • ゴミ箱
  • 三角コーナー
  • 水切りカゴ
  • 電気ケトル

ゴミ箱

一般的な家庭なら絶対にあるゴミ箱。

ですが、必ずしもゴミ箱を持つ必要はありません

ゴミ箱がなくなるだけで、キッチンはかなりスッキリと見えます。

おすすめは、シンク下をゴミ置き場にすること。

シンク下に、ダンボールや大きめの紙袋を置いて、ごみ袋をかぶせるだけ

これでゴミ置き場ができます。

そもそも、シンク下は配管も通っている湿度の高い場所なので、料理器具や食料品をストックする場所には適しません

その点、ごみ箱を完全に目隠しでき、嫌なにおいが広がることも抑えられ、調理中の動線もよくなります。

▼ゴミ箱のシンク下収納については、こちらの記事で詳しく紹介しています

三角コーナー

三角コーナーも不要。

雑菌の溜まり場になるだけです。

生ゴミは、スーパーでもらえるポリ袋に入れて縛り、シンク下のゴミ置き場に捨てる。

これだけOKです。

三角コーナーがないことで、シンク掃除もずいぶんと楽になると思います。

水切りカゴ

水切りカゴはあると便利です。

ですが、狭いキッチンには邪魔になります。

清潔なふきんなどを敷いて、その上に洗った食器を並べるだけで十分です。

ふきんには、無印良品の「落ちワタ混ふきん」がおすすめ。

12枚で500円と安く、見た目もおしゃれです。

created by Rinker
¥499 (2021/07/29 13:56:59時点 楽天市場調べ-詳細)

電気ケトル

電気ケトルも便利。

ですが、お湯がほしいときは、片手鍋やフライパンで沸かす。

そんなに大変なことでもありません。

もしくは、耐熱グラスやマグに水を入れて、電子レンジで1分チンしてもいいです。

電気ケトルを手放せれば、キッチンから目立つものが減り、スッキリと見えるようになります。

▼電気ケトルなし生活については、こちらの記事で詳しく紹介しています

お気に入りは見せる収納

断捨離でものを減らしたら、次にやること。

それは、お気に入りのものは見せる収納をすることです。

棚や引き出しにごちゃごちゃと収納するよりも、お気に入りのものは目に触れる場所にあるほうが、テンションもあがります

また、出しっぱなしのほうが調理の動線もよくなるので、料理のストレスも減ると思います。

我が家で実践している見せる収納はこちらの4つ。

  1. 調理器具はレンジフードに吊るす
  2. まな板は立てかける
  3. スパイスはガラス瓶に詰め替える
  4. 食器はお気に入りを揃える

調理器具はレンジフードに吊るす

調理スプーンやお玉などの調理器具は、すべて吊るしています。

レンジフードに100均のS字フックをひっかけるだけ。

デザインのいいものを揃えたかったので、無印良品で買い揃えました

無印良品の調理器具
  • スレンレスお玉
  • ステンレスおろし金
  • 木べら
  • シリコーン調理スプーン
  • オールステンレス三徳包丁
  • ステンレスおろし金

無印良品の調理器具は吊るす前提で、穴が開いているのもいいところ。

片手鍋やフライパンも同様に吊るしています。

シンク下などに収納するよりも使いやすいです。

ステンレス製品は見た目がおしゃれなだけでなく、錆びにくいので、吊るし収納には最適。

業務用厨房機器メーカーKIPROSTAR (キプロスター) の「ステンレス片手鍋」は、値段も手頃で、火の通りが早い三層鋼でおすすめ。

created by Rinker
KIPROSTAR
¥2,490 (2021/07/29 19:56:30時点 Amazon調べ-詳細)

▼必要最低限の調理器具とおすすめアイテムは、こちらの記事でまとめているので合わせてどうぞ

まな板は立てかける

まな板も収納場所に困るアイテムのひとつ。

見せる収納のために、おしゃれな木製のまな板を選ぶといいです。

適当に立てかけておくだけでも、かっこいいですね。

値段は少し高めですが、チャバツリーの「カッティングボード L」がおすすめ。

created by Rinker
¥3,960 (2021/07/30 10:07:42時点 楽天市場調べ-詳細)

見た目がいいだけでなく、分厚いので包丁が気持ちよく使えます

また、料理を盛り付けてお皿としても使える優れもの。

スパイスはガラス瓶に詰め替える

調味料やスパイスは、同一規格のガラス瓶に詰め替えること

同じ規格のガラス瓶に統一することで、おしゃれ感が一気に増します。

セリアやダイソーなどでおしゃれなものが手に入ります。

収納してしまうより、出しっぱなしのほうが使い勝手もよくておすすめ。

食器はお気に入りを揃える

器も見せる収納ができるように、お気に入りを揃えるのがおすすめ。

北欧テイストでも、シンプルでも、陶器でも、自分の好みの食器を揃えるといいと思います。

100均やニトリなどでも必要十分な食器が手に入りますが、少しこだわった食器を数点持つだけでも違います。

マグカップは、S字フックで吊るせそうな場所を探してみてもいいです。

キッチン家電はブランドを揃える

冷蔵庫や電子レンジなどのキッチン家電は、キッチンの印象を大きく左右します。

つまり、スッキリと統一感のあるキッチン作りには、アイテム選びが重要です。

家電の揃え方は、ブランドを揃えるのが手っ取り早いです。

メーカーによってテイストが異なるため、ブランドをバラバラにするとチグハグ感が生まれてしまいます。

値段は高めになりますが、無印良品の家電は鉄板におすすめ

無印良品の家電はどんなキッチンにも似合い、誰でも簡単におしゃれな空間を作れます。

▼一人暮らしの家具家電選びには、無印良品がおすすめの理由を紹介しています

ものの置き場所を決める

4つめのポイント。

それは、ものをキッチンのものの置き場所は決めること。

我が家でいえばこんな感じです。

ものの置き場
  • レンジフード:調理器具
  • コンロ横:調味料、カトラリー
  • シンク下:ゴミ箱
  • 引き出し:サランラップなど
  • 吊戸棚:食器

収納する場所をきちんと決めて置き、使い終わったら元に戻す。

整理整頓の基本中の基本ですね。

レンジフード周り:調理器具

先に紹介した通り、レンジフードに調理器具を吊るします

持っている料理器具はすべて吊るしてしまい、棚には収納しないようにしています。

コンロ横:調味料類

コンロ横には、調味料やガラス瓶に詰め替えたスパイスを置いています。

調味料類は、棚にはしまわずに全て見せる収納。

このほうが調理の快適度も上がります。

シンク下:ゴミ箱

こちらも先に紹介した通り、シンク下はゴミ置き場にしています。

においが移るので、調理器具や食品などは入れません。

引き出し:サポートツール

引き出しには、サランラップやキッチンペーパーなどのサポートツールを収納。

あと、吊るしきれない包丁や菜箸なども一緒に入っています。

吊るし棚:食器

キッチン上の吊るし棚には食器を収納。

食器の数もできるだけ厳選し、増やさないようにしています。

▼こちら記事では、一人暮らしミニマリストが愛用している食器をすべて紹介しています

最後に

ミニマリストが実践するキッチンをスッキリ整えるポイントを紹介しました。

当記事をまとめます。

  • ゴミ箱、三角コーナーなどのなくても困らないものは断捨離する
  • お気に入りのものはあえて見せる収納をする
  • キッチン家電はブランドを揃えると統一感が生まれる
  • ものの置き場所は決めて、使ったら元に戻す

まずは、なくても困らないものを徹底的に捨てる。次に、お気に入りのものは見せる収納。残ったものは、置き場所をきちんと決める。

この流れを意識するといいと思います。

スッキリと片付いたキッチンでの料理は気持ちがいいです。

ぜひ、断捨離からはじめてみてください。

▼関連記事

1k8畳の部屋をすべて公開しています。ミニマリストの部屋に興味がある方はご覧ください

ミニマリストが実践しているインテリア術を紹介。おしゃれな部屋作りのコツをまとめているので、合わせてどうぞ

一人暮らしのミニマリストがこれまでに捨てたものをまとめています。これから断捨離を始めようという方の参考になると思います

以上

よかったらシェアしてね!

買ってよかったもの

30歳ミニマリスト男が、これまでに買って本当に良かったものだけを厳選して紹介しています。

運営者

30歳のサラリーマン×ミニマリスト。月8万円の生活費で一人暮らしをしています。社会人4年目に苦手な営業から転職したことをきっかけに、自分にとって理想の暮らしを真剣に考えることに。現在は、生活コストを徹底的に抑え、本業×副業でお金を稼ぎ、余剰資金を米国高配当株ETFに投資に回すことで、経済的な自由を目指しています。詳しいプロフィールはこちらから

目次
閉じる